仙谷由人官房長官は16日午前の記者会見で、大相撲の大関琴光喜関らによる野球賭博問題について「厳正な調査をして改革策をつくってもらわないといけない」と述べ、日本相撲協会への指導を強化するよう文部科学省に求める考えを示した。
 仙谷長官は「協会は徹底的にうみを出すと言っているが、果たしてマネジメント能力が協会にあるのかないのかが指摘されてきた」と強調した。 

【関連ニュース】
琴光喜関を再聴取へ=賭博関与で警視庁
申告力士らの聴取検討=大相撲野球賭博問題で警視庁
複数の力士が野球賭博=相撲協会に申し出
「チケット流出経路の把握を」=暴力団幹部の大相撲観戦で文科相
2親方「認識不足」強調=相撲協会、27日処分

水柱80メートル!! 神戸港で機雷爆破処理(産経新聞)
参院選60議席目指す=岡田外相(時事通信)
わずか3分…小沢氏、枝野幹事長引き継ぎ(読売新聞)
<菅首相>「官僚の経験、知識は活用」鳩山政権の反省踏まえ(毎日新聞)
阿久根市長告発を受理=職員降格問題―鹿児島地検(時事通信)
AD