舛添要一前厚生労働相が旗揚げを予定している新党をめぐり、舛添氏とともに22日、自民党を離党した矢野哲朗参院議員が同日、宇都宮市内で、記者団の質問に応じ、「(参院選で)比例代表に10人擁立する予定だが、人数がそろわなければ、(自分が出馬する)可能性は全くないとはいえない」と参院選への出馬に含みを残した。

 新党への参加理由は「今の自民党は内向きになっており、舛添さんのことを党内批判ととらえ、排除の論理が働いている。国民に期待され、支持率の高い舛添さんの思いを生かし、支えたいと思った」と説明。今後の活動については「新党の党勢拡大に努めたい」と述べるにとどめた。

 矢野氏は同日、同市内で開かれた支持者の集会でも「いざというときには(出馬も)ありえる。もうひと汗、国家のために働きたい」と話したという。

【関連記事】
舛添新党、その名は「新党改革」 自民に離党届提出
共産・志位氏、舛添氏をバッサリ「離党は逃避」
舛添新党との連携、橋下知事が否定
「自民党のエースが夜逃げ」 民主・山岡国対委員長、舛添氏離党に
舛添前厚労相が自民に離党届提出 自民は議員辞職要求

“最後の大物仕手筋”公訴を棄却 大阪地検、脳梗塞で訴訟能力なし(産経新聞)
川端康成文学賞に高樹のぶ子さん(時事通信)
中尊寺副住職、女子高生にワイセツ(スポーツ報知)
救援衣料、延べ1万トンに 大阪のNPO法人(産経新聞)
「事務系副大臣」を検討=事務次官は廃止-仙谷担当相(時事通信)
AD