民主党の小沢一郎幹事長は12日午後、党本部で記者会見し、夏の参院選に向けたマニフェスト(政権公約)見直しに関し、「半年前の国民との約束を変える方が変だ」と述べ、大幅な修正に否定的な見解を示した。一方で、「細部のいろいろな、現実の施行をどうしたらいいかという方法論はいい」とも述べた。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

橋下知事「スケベ心は持たぬ」 大阪維新の会、国政と一線(産経新聞)
<高速道路>本四連絡道の上限料金設定を批判…仙谷担当相(毎日新聞)
<南丹市長選>現職の佐々木氏が再選 京都(毎日新聞)
【from Editor】小さなエコを考える(産経新聞)
家具厚生年金基金の元常務逮捕=600万円超受領、収賄容疑-警視庁(時事通信)
AD