全国的に百貨店の閉店が相次ぐ中、伊勢丹吉祥寺店(東京都武蔵野市)が14日、38年余の歴史に幕を閉じた。

 JR中央線吉祥寺駅周辺の商業地域の中核として、「都内で住んでみたい街」に常時ランキングされる「吉祥寺」のイメージアップに貢献してきたが、競合店との競争激化や長引く消費低迷で撤退に追い込まれた。

 この日は別れを惜しむ常連客などが殺到し、店内は満員電車並みに混雑した。営業終了の午後7時、「蛍の光」が流れるなか、吉田栄一店長はじめ店員やスタッフが深々と頭を下げて感謝を表し最後の客を見送った。

 跡地は複数の専門店が入る新たな複合商業施設として10月にオープンする予定。都内では伊勢丹吉祥寺店に続き、西武有楽町店(12月25日)の閉店が決まっている。

【関連ニュース】
松坂屋:名古屋駅店8月閉鎖発表 正社員は本店などに転属
百貨店が苦戦している/3 再編して生き残り?
松坂屋:名古屋駅店、8月めどに閉鎖へ
京都ロフト:京都市中心部に再び 大型店閉店相次ぐ中「ミーナ」に移転決定 /京都
中合:会津店が閉店 神明通りで46年間営業、最終日にぎわう--会津若松 /福島

京大、授業料免除5300人に拡大 独自予算「安心し勉強を」(産経新聞)
インフル、流行指標下回る―患者6週連続減で(医療介護CBニュース)
福井・敦賀1号機が運転開始から40年(産経新聞)
<参院選>公約策定で政府、党が主導権争い(毎日新聞)
彬子さまが米国へ出張(時事通信)
AD