観光&ホスピタリティコンサルタントDiTHiのホスピタリティ観光で地域魅力UP!日本を盛り上げよう!

観光・ホスピタリティ専門コンサルティングDiTHiのブログ。観光地域の活性化や、観光地振興、ホテル・旅館業、観光協会に為になる記事を、日々の観光に関するニュース・事例と共にお届けしています。


NEW !
テーマ:
観光資源として、今やなくてはならない存在が「明かり」です。

夜景は元より、イルミネーションやライトアップなど、明かりによる演出も多く活用されていますね。


そんな明かりですが、最近では青色LEDが話題になりましたが、そもそも「電球」があったからこそ、「明かり」という概念が生まれたとも言われています。

この電球こそが、今日の主役。

『1879年10月21日 - 電球の生みの親、エジソンが京都産の竹を使ってフィラメントを作成』

日本電気協会などの電気系組織が1981年に制定。

このフィラメントを用いて白熱電球を完成させた日なんです。

この事から、「あかりの日」となっているんです。

エジソンが発明しなかったら、すべての研究が遅れると言われます。

それだけ明りというのは、大切なんですね。

しかし、中にはこの明かりという考え方に、少々やっかいなものと考えている地もあります。


例えば、ニュージーランドのテカポ。

星空を大切にし、世界遺産へと考えている地です。

人口の明かりもイイのですが、そもそも宇宙空間から降り注ぐ明かりは、圧倒的にすごいです。

ちなみに私は、この星空を、

見てます!!


ペタしてね読者登録してね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード