観光&ホスピタリティコンサルタントDiTHiのホスピタリティ観光で地域魅力UP!日本を盛り上げよう!

観光・ホスピタリティ専門コンサルティングDiTHiのブログ。観光地域の活性化や、観光地振興、ホテル・旅館業、観光協会に為になる記事を、日々の観光に関するニュース・事例と共にお届けしています。


NEW !
テーマ:
日本一を探す旅。

日本一級が3つそろった「三大○○」を追いかけています。

暖冬と言われた今年も、ようやく冬らしく寒い日が続いていますね。

そんな日はやはり、お鍋にすき焼き。

風邪をひかないように焼肉ですか?

そんな時の主役「お肉」の三大○○です。

『日本三大和牛 - 松阪牛・近江牛・神戸牛』


日本では去年頃でしたでしょうか?

「赤身ブーム」が始まり、日本がこれまで得意としてきた「霜降り」から離れる傾向が表れてきました。

もともと、欧米では日本人が好む霜降り肉というのは「脂多過ぎのゴミ肉」と扱われています。

アメリカ牛やオーストラリア牛をスーパーで見ると、赤身ですよね。

赤身のほうがお肉お味がする!と、日本人にも分かったのでしょう。

そこで、実はすこーしずつですが、日本の和牛にも変化が表れています。

そう、赤身ブームです!

そんな和牛ですが、日本には「三大和牛」があります。

「肉の芸術品」との異名を持つ「松阪牛
歴史が最も長いとされる「近江牛
兵庫県の花「のじぎく」をかたどった印が押される「神戸牛

そこに割って入るか?というお肉が「米沢牛」です。

松阪牛は、実はその歴史が浅く1935年(昭和10年)に開かれた「全国肉用牛畜産博覧会」で名誉賞を受賞したのがキッカケで、戦後にブランド牛になったんです。

かわって神戸港の開港に併せて、外国人が目を付けたのが「神戸牛」。

農作業用に飼われていた但馬牛が始まりとされています。

その当時のお肉は、農作業用だったともあって、立派な赤身肉だったそうです。

今でも、脂の溶ける融点が低いので、焼いた際に脂分が抜け、さっぱりしたお肉になることが外国にも評価されています。

そして江戸時代に彦根藩から徳川将軍に献上されたとされるのが「近江牛」。

近江商人が活躍したこともあって、知名度が急上昇!


ペタしてねアメンバー募集中
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。