東京オアシス

テーマ:


ディスコードの缶詰あけました


私は超人見知りである。


もう三年以上勤める職場にでさえいまだに慣れきれていない。


職場の人との会話だってまだ緊張するし、


自分から自分の事を話すなんて全然できない。


壁を作るから、周りも壁を感じて遠慮する。


わかってるんだけどね。どうにもこうにも。



だけどもそう。


映画館でたまたま隣に座った人を、その瞬間から知り合いだって思ったっていいじゃない。


だって何かしら縁があるはずだものね。きっとさ。


それならより深い関わりを持つ人達なんて、もっともっと強い縁があるってことで。


自分と縁で繋がった人達なんだもん、


それはもうまったくの他人なんかではなく、「縁がある」という何ものかを共有する仲間なのだ。


もっと甘えても、図々しくっても、自分を預けても、


もはや「縁がある」というたったそれだけでも、


前提を持つという事がすごく大きくて、


そう思うとなんだか何かしら心強い気がして。



「プール」も「かもめ食堂」も「マザーウォーター」も「めがね」も大好きだけど、


その一連の流れの中にあるこの作品はその中でも特に地味で、けしておすすめはしない。


けれど私が受け取ったメッセージは、


私の中でたまたま大きく響き、これから歩む道を、ほんの数ミリ動かしたかもしれない。


とにかく今、心の中で何やら温かいものが渦巻いている気分です。


まる。


AD


ディスコードの缶詰あけました


草花は虫がつくのが嫌だから置かないって決めてたけど、


このくらいなら大丈夫かね?と小さな緑を家に招き入れた。


そしたら今度は花が咲くのが欲しいなんて思ってしまうこの頃です。


本来は好きなんですよ。花だって緑だって。


でもね、こういうのってある程度生き物と一緒で責任が生じてくる気がして。


更に悪い虫なんてついたら父親ばりに嫌悪しますよそいつを(違った意味で)。


別に悪い虫でなくても虫全般ダメなんですけどね。へへ。


しかしながら天気のいい日にですね、


我が家の僅かながら日の差し込む貴重なスポットに彼らを置いて、


光を気持ち良さそうに浴びる姿をぼんやり眺めては癒されるひととき。


たったこれっぽちの緑で。


ふむ。悪くないけどね。


だからと言って庭が欲しいとか花に囲まれたいとかは思わないのは、


それはなんのことはない面倒臭がりなだけです。


まる。


AD

模索中。

テーマ:

少し前からそこのメロメロパークの上にこそっと張り付けたパーツ。


そうなんです、Tシャツのデザインなんか始めて、


更に販売なんか始めちゃってる訳なんすよ、奥さん。


デザインなんてド素人なのでね、


それはまぁあれなんですけどもね、奥さん。



ハマる人にはたまらないけども、ハマならない人にはとことんハマらないデザイン。


といったところでやっております。


驚くことにポツリポツリと買ってくださる人がいるんですよ!


嬉しいですね~。



しかしながら早くもちょっと行き詰まってるというのはこれいかに。


いやいかんいかん。楽しむのだ。


売ろうなんて考えだすからいけないのだ。うおーうおー。


でも正直売れるとうひゃっほいなのだよ~。


とにかく飽きるまでは頑張るどー(笑)


まる。


AD

「なんか楽しいことないかなー」と誕生日にこぼしてるあたり駄目な気がする373です、こんばんは。


どうなんですか?みなさん。


みんな日々やはり生き甲斐だとか夢だとか揺るがない自分の居場所だとかを持って生活しているんでしょか。


はたまた自分らしさとか自分らしくいる事の意味だとか大事さだとかを考えたりするんでしょか。


それともみんながこんなことを考えだしたら地球がうまいこと回らなくなってしまうんでしょか。


なんかこいつ変なこと言い出したぞと思われるかと思いますが。


あ~いい大人になったってのにまだこんな事で眉間にしわを寄せているなんて。ぐおー。


でもやっぱりどうしても考えないわけにはいかないんだもの。人間だもの。


うあーやばいね。うんやばい。


いろいろ考えすぎて自分の頭の中だけじゃ留めておけなくなってしまった。


とりあえず友達作りたいな。


こっちに来てから全く友達できないってお話どうなの?


うはーやばいね。うんやばい。


いまだに毎日COOKPADでレシピ見ながら料理してるってどうなの?


レシピ見ないで作れる料理がないって話よ。


・・・・これはいいか。うん、まぁいいか。え、よくない?いやいいよね。


とにかく、今年はいっぱい楽しいこと作りたい。を、希望。うむ。


じゃ、また。


まる。



こんばんは。寒いですね。


寒いと言うから寒いのだと、誰に言われたって寒いもんは寒いのです。


ついでにもう年末で、あと数日後には新しい年が来るそうで。


いろいろあった年ではありましたが、


結婚式は無事に終えることができました。


自分達でやれることは極力やりました。


こだわり気質な夫婦だもんで、あちこちに自分達らしさが散りばめられた式となったと思います。


その分、準備は大変でしたけどね。いい思い出です。


そしてやっぱり式は挙げて良かったです。


その時じゃないとできないこと、見えないこと、言えないこと、聞けないこと、いろいろあるから。


うーん、楽しかった。


しかしほんとドレスって歩きづらいんですね。


何度も裾を踏んでそればかりが気になってしまい、


歩く時に下を向きがちになってしまったのが悔やまれます。


あとはばっちり腕に刻まれた虫刺され痕ね。しかも一つじゃない。


写真にもばっちり写っており、夏の日のがむしゃらに掻きむしったあの時を悔やむのです。


まっ、でもね、結婚式というこの日だけはそんな花嫁でもチヤホヤしてくれるのです。


その日限りの姫待遇ではありますが、充分に堪能させて頂きました。えへへ。



これが今年最後のブログとなると思うので、ちゃんと挨拶しとかなきゃですね。


あんまり更新できなかったけど、今年も覗いてくれたみなさんありがとうございます。


また来年もマイペースでいきますのでどうぞよろしくお願いしまする。


それでは良いお年を~。


まる(´ー`*)




ディスコードの缶詰あけました
ディスコードの缶詰あけました
ディスコードの缶詰あけました


ウエルカムボードのイラストは旦那さんが描きました。

私はまわりの飾りつけ担当。



夏に想うあれこれ。

テーマ:

動きや音を感じられるのが生活だとすれば、


都会では一日が朝の7時に始まり夜の12時に終わる。


田舎の一日は、朝5時に始まり夜10時に終わる。


だいたいそんなところだと感じたお盆。


実家に帰るととにかく朝が早い。


その分、一日が長く感じるかと言えば、


夜の10時にはあたりまえのように眠くなっているんだから、


結局のところそうでもないんだよね。



そういえば今年は実家で蚊にさされなかった。


うちの庭には草木がいっぱいなもので、まさに蚊の巣窟と言ってもいいんですが、


毎年それはもう見事に何十箇所とさされる訳ですよ。


それが今年は一度もさされなかった。


こっちの家にいても今のところたったの二回。


人より数倍さされやすい私がですよ。


うーむ、今年は蚊が少ないのかなー。それとも元気がないのかなー。


まぁ今年は10月に延期になった結婚式が控えてるので、


さされないに越した事はないですけどね。


背中に虫さされ痕がある花嫁なんてかっこ悪いもんね。


むしろ今後も気をつけないといけないな。


言ってるそばから背中が痒いんですが。


どれだけさされても(あるいはそれを掻きむしっても)痕の残らない体なら、


私はもう少し蚊に対して寛大になれると思う。


まる。


一週間。

テーマ:

一週間がとんでもなく早いことの不思議。


いや不思議じゃないかべつに。


むしろ、一週間がとんでもなく早いことのもっとも。かも。


同じ曜日に働いて、同じ曜日に休む。


同じような週末を過ごして、つるりとまわる一週間。


それがいけないことなのか、そうでもないのかわからないけど、


楽しくもあり、恐ろしくもあり・・・。


時間があっという間に経つというのは何故にこんなにも恐怖なのでしょか。


消耗、と感じるからでしょか。


ま、それもこれも自分次第ですよね。


わかっちゃいるけどはてはて一体、どんな生き方すれば消耗ではなく消化と感じるのか。


あーいやわかるよ、うん、わかるんだけどもね、


あくまで自分の話でありまして、うん、


あーそれにべつに今の消耗の日々がけして嫌いな訳でもないしむしろ嫌いじゃないから困るみたいな、


みたいな。


ぐだぐだ言ってごめんなさい。


ぐだぐだ言うのも楽しいんです。ええ。



さぁて、いつも通りの時間にいつもの通りだけの時間、眠るとするか。


冒険はしない性格です。


えへ。


おやすみなさい。


夏の始まりの日。

テーマ:

次の季節を感じられる日ってわくわくする。


梅雨が来ればたぶん、また少し肌寒い日が続いたりするんだろう。


でもなんか一足先に、お試し期間的な、夏。


うん、悪くないね、この感じ。


まだ半袖じゃはりきりすぎなようで、


でも心の中じゃ夏色のスイッチを半分くらい押し込んでいる。


うん、悪くないね、この感じ。


そういえば知らない間にブログのデザインにお金のかかるものが登場していた。


馬鹿らしいと思いつつ、猫となれば我慢できない駄目人間っぷりです。


ふん、私に課金させるとはやるじゃないか。


猫となればいろんなところゆるんゆるんな私です。


意外と簡単です。


こういうのは一回手を出すとね、うん、怖いよね。


残ったアメGとやらでどれを買おうか早くも悩んでる駄目人間っぷりです。ああ。


梅雨すっ飛ばして夏こいやー。おらおら~。


まる。

生まれ育った土地。

テーマ:

地震が起きた時、真っ先に震源が気になった。


職場にいた私は、揺れが落ち着いてからとにかく着の身着のまま外に非難となった。


震源はどこなの?ここならいい、ここでないとして、


こっちがこれだけの揺れなのだから、震源はとんでもないことになってるんじゃないか・・・。


そればかりが頭の中をぐるぐると回った。


この時の私には予感があった。


いや以前から頭の隅に常にあった心配でもあったから、予感ではないのかもしれない。


外に出てから、震える手で震源を調べると、案の定、震源は三陸沖とあった。


信じられないような震度がそこには記されていた。真っ青になった。


もちろん、宮城にいる家族や友人とは全く連絡がとれない。


どうしよう、どうしよう、ついに来てしまった、いつか来ると言われていた、大きな地震・・・。



心臓がつぶれそうなほどの心配と、被害状況の衝撃。


見慣れた景色が、知っている土地ばかりがニュースに出てくる。


だけど画面に映ってるのは、私の知ってるそれとは全然別のものになっていて、


そんな場所に、私と繋がる人たちみんながいるだなんて、とても信じられなかったし、恐怖だった。


ポカンと馬鹿みたいに口を開けて、ひたすらに画面を見つめるしかなかった。



日を追うごとに悲惨な状況が明らかになっていく。


そんな中、家族、そして友人達みんなの無事が、確認できたのです。


少しずつ連絡が取れ始め、


昨日やっと海沿いに住む、最後の連絡の取れなかった友達から無事だと連絡が入りました。


皆、大きな怪我もなく、なにより命がある。


奇跡、と言ってもいいのかもしれません。


硬くなった心臓から、だいぶ力を抜くことができました。


良かった、というのは不謹慎かもしれません。


でも、あの見慣れない異常な景色の中ででも、


私と繋がってくれている人達が、必死で生きてくれてること、感謝したいです。



今回のことで、来月予定していた自分達の結婚式はいったん中止にするつもりです。


そんなことより今はとにかくみんなの無事に感謝、それだけです。


こっちにいる私達には具体的な手助けというのがなかなかできず申し訳なくなるけど、


できる限りやれることをやれればと思います。


そして今後もできるだけ早く、できるだけたくさんの方の無事が確認される事を祈っています。


どうか。どうか・・・。




それはもう間違いなく自分の一部で。


それこそ一時も休むことなく、離れることもなく、ぴったりと寄り添ってきた仲で。


それを私はとても・・・てほどでないにしてもおおむね愛していたし気に入ってもいた。


それが突然、上と下とでバラバラに切り離されて別の誰かがおさまっている。


なんという具合の悪さ。なんという切なさ。


残った方だけではやっぱり完全なる自分でないみたいで。


それはそれは結婚したって事よりも、よっぽど重大な出来事に思えたのです。


ふんだ、男の人にはわかるまい。



てなわけで名前がちょっぴり変わりました。


これからは新しい名前で生きていくのだなぁ。


正直、名前が変わるのは「ガガーン」て感じだったんですけど、


今はまぁ「むずむず」って感じです。


よい流れです。


とうとう奥さんってやつになったのかー。


まだ式は挙げてないので実感はないです。


いやしかし女の人というのはこと結婚と出産に関しては見事にプレッシャーをかけられるものなんですね。


まわりはそんなつもりで言ってるんじゃないのはわかってるけども。


大変だ。いやー大変だ。


ま、それに限らずなんにしても自分を貫き通すって大変なことなんだなと感じるこのごろ。


あーでも自分は結婚できるとは思わなかったなぁ~。


と言いますか、そういう自分を全く想像できなかったんですが、


そんな私にもそういう時はやってくるもんなんですねぇ。


旦那さんですってよ、私なぞに。ひゅー。


できるだけ幸せに暮らしていけたら。うん、いいよね。


めちゃめちゃハッピーで星とハートが飛び交ってキラキラしてて、ってのももちろん素敵だけど、


陽だまりの中に寝転がって猫を撫ぜるくらいの幸せを、ずっとほんのり感じていけたらいいと思う。


できるかな?


できるよね。


きっとすでにもうそれが始まっているからこそ私の名前は変わったんだから。


こうやって文字にしてみて、少しずつ実感して、自分の中におさまってくる覚悟や気持ち。


大事にしなくちゃな。



それでは、ちょっとした報告おわり。


まる(´ー`*)