こんにちは。

バレンタイもとっくに過ぎました!学生時代は朝から緊張した。

そういえば今「オリンピック開催中」でしたね。特別な期間!

金メダルも何とか…銀も銅も、安心。

東京オリンピックは2020年!もう直ぐ!

何となく「先の話」だと思っていたけど…

立派な中日劇場も間もなくかぁ~小学生の頃、行ったなぁ~

回るレストランも数回だけ、屋上ビアガーデンも行ったなぁ~

飲まないけど「こういう所にも!」と年上の方に誘われて…

私、若干20~21歳?後に『浜松マハラジャ店長』になった人^^

今は、どこで何をしているのかなぁ~真面目で好感もてました。

 

待ち合わせは日産ギャラリーか、中日ビル1階だったね。

丸栄も役目を終え、セントラルパークもリニューアル計画、

やっと「ヘラルドオゾン」の後に高級タワーマンション建設!

こんな、のんびりなら、あのまま「あと暫く営業出来た」でしょ。

完全にパラパラブームも終わり、トランスもピーク後だった?

あとは名古屋キング&クイーン跡地・・・ここの行方は未知。

天下のアビームの跡地は駐車場。ヴァーゴ跡はサウナ。

 

カーニバルの跡地はゲームセンター&カラオケだっけ・・・

残念ながら「バジール跡地」とは、誰も言わないですね。

それでも私は5回位は行きました。

入って直ぐの洞窟の様な席も独特でした。

そんなBAZILの動画を偶然に見たので…

ココで紹介してみました。時代を感じます。

1990年より少し前でザッツ・ユーロビートが全盛時代!

ほとんど皆さん、ふつーーーに踊っています。一瞬の憩いの場。

中間あたりにヴァーゴで長年責任者を務めた長身のあのH様。

この系列のディスコって、入口にディスコの人とは思えない方々。

良い意味で「オジサン」が風俗営業なノリもなく安心感あった。

 

さらには、完全にベテランDJといえる顔ぶれも!関係者必見。

DJブース付近に私本人が登場するのではないかと興味津々!

似ている顔も3:45あたりに??でも他人です。確かに似ていた。

当時の私はスリム??動画は少しフクヨカだったので空似です。

*****************************************

関係ないけど珍しいDisco BAZIL バジールの動画。懐かしい!
当時の音源は入っていないのですが、十分楽しめます。

*****************************************

ユーチューブの動画も出てきた。こんな時代なんですね。

レニーの動画も歴史の1コマみたいになっていくんですね。
2017/10/27 80's Disco & 80's Eurobeat in 名古屋レニー 
DISCO MEGA-MIX 2/27はステージが「お立ち台」になる予定。
何やらMCしているのは^^私^^ミスターメガミックスです。
場内の雰囲気も味わえます!パソコンの場合、顔は横向きで。

*****************************************

 

話を「バレンタイン」に戻して・・・

男は基本的に頂く立場しか体験した事がないのですが、

女性には少し楽しみ。かなり大変。気を使いそうで面倒かも。

イベント的には盛り上がって、チョコ好きには良い行事!

思春期~男女が存在する職場では「永遠の課題」も…

あげる人、あげない人、もらう人、もらえない人、もらわない人

今では、身内、家族から頂けなくても「逆に気楽」な本音です。

女性の皆様「ご苦労様」でした。

 

さらに特別と言えば、春からのディスコパーティ情報もあり!

2/27のジュリアナ時代もあるけど、先に最新情報から・・・

3/11の日曜は「80年代ディスコ」要するに80's Shaonkaiです。

久し振りの日曜です。懐かしい新会場です。最新の店です。

新会場の名は IBiza NEXT です!宜しく。

何と言っても2017年にオープンした大人系クラブを貸切!!

ここはフライヤーに書いてある通り、ディスコ世代には有名な地。

現在、若者で「ごった返す」行列の出来るクラブがあるビルです。

80’s Shaonkai CD Part. ⑤ MR.MEGA-MIX (2018/3/11)

謝音会 MC ミスターメガミックスで、

雰囲気を味わえる音源も公開!

https://www.mixcloud.com/%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89/80s-shaonkai-present-cd-part-5-mrmega-mix-2018311-80s-%E8%AC%9D%E9%9F%B3%E4%BC%9A-mc-%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/

 

 

**********まとめ***********

そして、今年から復活の元プラチナム名古屋「レニー」の予定!

これが各ジャンル思い出の名曲満載でアラフィフ~アラフォー

もしかして30代の方も、テレビでCDで聞いて見ていたジャンル?

平日あり、祝日前あり、ゴールデンウイークあり、土曜日あり。

ブログ限定で、試作も含めて先行掲載。(実際、時々変更あり)

 

第一弾は・・・2/27 発表済 懐かしいジュリアナ東京があった頃

もしかして、イベント1週間前なんです。

曲は結構、色々楽しめます。つい手振りしてしまいそうだけど…

初心に戻って、原点回帰、扇子振って、腰振って、音に乗ろう!

 

第二弾は・・・3/20 祝日前 バブルディスコ2大ジャンル満載

名古屋は特にブンブンダラー世代も多くヘルプミー!ジャイブ!

そして2月に続いて、ジュリアナ世代のリクエスト満載予定です。

 

第三弾は・・・4/18 水曜日 久しぶりの広々パラパラ&ユーロ

ジュリアナブーム後にやってきた第2次ブームは、徐々に来た!

イケイケお姉さんが急にパラパラを踊りだして驚いた記憶です。

あの「きしめんダンサーズ」がユーロ派になっって腰を抜かした。

 

次に、1999年頃の「第3次超ブーム」はベテランからギャルまで

日本中がV6安室MAX浜崎ELTディズニーの曲まで巻き込んで、

スマスマ、キムタクから、物凄い事になりましたね。もう20年位前。

ブームの盛り上がりがトップだっただけに「今の谷間は深い」よね。

第4次ブームの兆しも、種まきも、環境整備も、ホボ無風状態。

ツインスターも、ヴェルファーレも、オゾンも、何もないので、

もしも、万一、奇跡的に…

次のブームが来たら^^今回こそ曲が膨大過ぎてカオスかも^^

 

**********GW***********

当店の主催ではありませんが、金山ホテルディスコが復活です!

通常のディスコイベントとは別世界の雰囲気を楽しめますよ。

GRAND COURT DISCO 70’s-80’s DISCO HITS

★日時:4月29日(日) ★出演DJ OSSHY

★時間/17:30~21:30 (ドアオープン17:00)
★会場/ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋 7F
★料金/スタンディングエリア 前売り ¥7,500/当日¥8,000 等

 

※更に当店とは無関係なのですが、ディスコフリークは要チェック

4/11(水)オッシー登場のマハラジャ 名古屋 “DISCO FEVER 40”

もありますので、ファンの方は、あちらこちらに、お出掛け下さい!

 

第四弾は・・・5/1 未確定 ジュリアナ or 80'sユーロビートかな

ホテルディスコと、打って変わって「イケイケ&ノリノリ」選曲。笑。

要するに「バブルディスコ」シリーズ。この時代が最も華やか!

ちなみに、このフライヤーと5/1とは全く関係ありません。(試作)

 

第五弾は・・・5/5 (土) 子供の日ですが「大人の日」になります。

時間は未定で「午後のディスコ」または「夜のディスコ」予定!

 

確定なのか、どうなのか、詳細はホームページで随時公表!

まぁ、フライヤーが出来ているという事は、開催決定でしょう。

4月以降については「内容未定」で「会場未定」で、追加も??

いずれにしても毎月同じジャンルも飽きる?飽きない?楽しみ?

名古屋にも沢山ディスコファンがいると思います。あとは知名度。

ここで小さく発進!あとは皆様の口コミ&SNSに完全に頼って…

地味に盛り上がっていって欲しいです。

ディスコって混み過ぎでも困るけど、混んでいた方が楽しい。

 

イベントでも金メダルを欲しいが、

やはり、TV局、ラジオ局、有名雑誌、有名企業の協賛など必要!

これだけ揃えば、同じ内容、同じ会場、同じDJでも大盛況確実。

そんなもんです。知名度&話題性が最優先!

当方のパーティの存在を知っている人は2000人位いるでしょう。

でも半数はスルー。予測では10%前後が検討してくれるかな。

これが、金メダルレベルになると、分母が違ってくる!

2万人以上に伝わるので、軽く集客1000人で盛り上がりも数倍!

次は銀メダル!

これも、最低限の協賛・協力・後援みたいなものが必要でしょう。

20年以上前からディスコイベントを開催してきていますが、

当時はSNSがないのだから、レコード店からの情報発信でした。

結果、お客様も若く、興味も幅広くあった時代なので大健闘!

そんな中、現実的には銅メダルが欲しい!けど…

6位入賞。予選通過でも凄い!出場できるだけで凄いので、

Eventを企画して、実際にPartyを開催できる事だけでも、

自画自賛で快挙!

そう考えて、メダルのプレッシャーもなく、

Mr.MEGA-MIXの趣味が入りつつ、一風変わった内容だったり、

NojimaxのコダワリのDJが実現し、参加した方の記憶に残れば、

記録に残らなくてもOK。

そんな想いも是非、感じつつ、

人それぞれ好みも違いますので、色々な要望も寄せられてます。

他のイベントより1曲が短いなぁ~とか、沢山かかるなぁ~とか、

あんな曲もかけてくれたらイイのになぁ~とか、大袈裟に言えば、

毎回「悲喜交交 (ヒキコモゴモ) の瞬間の積み重ね」でしょう。

興味あるジャンルの日に御参加下さい。お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

思えば【2018/1/22】雨が雪になる心配な予報の月曜はね~~
それでも遥々来て頂いた方々ありがとうございました!
今日も空気は非常に冷たい!雪は観光資源だけど強敵です。
DJブースで孤軍奮闘する … Nojimax with M. ♪ 雨の慕情 ♪
久々に平日の通常営業的な小さな興奮を味わいましたよ。笑。
三々五々来るお客様の当たり前の風景が久々に懐かしかった。
DJ Nojimax は御覧の通り全曲をアナログレコードのみで貫徹!

 

*********端的に*********
本来の貸切パーティですと開場と共に賑やかなものですが、
通常の平日のディスコ営業ではOPEN直後は数組から徐々に…
お客様がホドホド整ったところで、DJは頭と気を使う瞬間で、
座って談笑している方々の心が温まって一息ついて、店も暖まり、
程よい人数が踊る雰囲気になるまで逆にピークの選曲より大切。
そんな中で、オープン15分後 19:00 趣味で The Dooleys / I Spy
初ON-AIRできちゃた。イギリス系の
女性3人男性5人の計8人組

ノーランズ、アラベスクなどと並ぶほど知名度を上げ意外に凄い。

日本でビックリ50万枚も売れたのはウォンテッド(Wanted)でした。

オリコン洋楽シングルチャートでは1979年10週連続1位を獲得

単なるキャッチーな曲ではないのです。大ヒット名曲なのです。

本編では Wanted でなく哀愁の名曲 Body Language を紹介…

*********リスト**********
19:30過ぎ Cyndi Lauper - Girls Just Want To Have Fun
Duran Duran – Reflex , Wham - Bad boy
Culture Club - Miss me blind あたりの平和なディスコ
19:45 Bonnie Tyler ‎– Holding Out For A Heroでした。

 
20時から前半はバブルなディスコ時代~六本木心中まで
Cha Cha Cha、Show MeからPWL、デッドオアアライブ
前回より落ち着いてますが、写真のイメージで一安心。
 
昭和歌謡曲はDiscoで初めて紹介「渚のシンドバッド」等
20:50 チークタイムに私がかけた2曲目は八代亜紀。
何故か歌う男性が登場「スポットライト」を浴びていた。
本来のムードあるチークを希望の方には失礼しました。
*********出来事*********
青春時代東京で暮らし伝説のDiscoビブロスに通った女性
素敵なリクエスト有難う!レコードDJの性。また次回!
他にもどんな曲が好きだったのか教えて下さい^^
F.R. David - Words 前回オンエアした時は感動の鳥肌。
アメリカビルボードにランクされないにも関わらず、
日本のディスコ&ラジオでは人気のヨーロッパヒット!
https://www.facebook.com/DavidFRAnastas/
今も現役。公式ホームページもあります(1982年の名曲)
Words, don't come easy to me
How can I find a way to make you see I Love You
Words don't come easy
 
Words, don't come easy to me
This is the only way for me to say I Love You
Words don't come easy
 
サーファーディスコの名曲も本日かけれなかった曲も
たまたまプレゼントお土産CDに色々入っているかも…
 
*********オマケ①*********
1984年のサーファー雑誌「ファイン」から見知らぬ方から!!
渋谷の有名Disco「Candy Candy」ディスコチャート(右)の記事を…
勝手に拝借して懐かしんでみた ♪
これを拡大してみれば、リアルな当時の人気曲が分かりますよ~
さて、全曲の中で7割分かれば「80's謝音会」に参加下さい!
半分も分からない方は焦らず「歴史の勉強」の気分で少しずつ。
一般的な50代のディスコFanには9割が基本の全国ヒットかな…
要するに、結構、幅広く皆さんが楽しめる優しいチャートですね。
当時はネットもないので雑誌の東京の情報は非常に貴重でした。
1曲でも見知らぬ曲がチャートインしていたら探すのが大変。
問合せも無理。検索も無理。頼みは「六本木ウイナーズ」です。
伝説となった老舗の輸入レコード店。ココなら一発で解明!
 
*********オマケ②*********
参考までに、私、個人的には・・・
マハラジャ名古屋の広さから言えば集客150人が分岐点!
150-300人が理想的な賑やかディスコ。500人は混み過ぎ
100人程度ですと時間帯によって寂しく感じる箱ですね。
(箱とは店自体の事です)
昔『最近は500~600人しか入らなくってね~』なんて、
これは1994年の「ジュリアナ東京」のDJの話だった記憶。
Discoって店のキャパによって500人でも閑古鳥に見える。
逆に50人以下でも『今日は盛り上がってるね~』って箱もある。
 
マハラジャ名古屋は平日~月曜でも最低限、計100人欲しい!
そういえば、昭和時代のディスコの週末は今のクラブと似ている。
中規模の店で500人。大型店は1000人以上が普通の賑わいで、
そもそもカーニバルもラジオシティーも現マハラジャの広さ3倍?
まさに今、20代が踊っているClubのディスコ版。そんなイメージ。
あくまで当時の記憶…店内で友達を探せない程度の混雑でした。
 
写真は余裕の月曜(本来定休日)特別営業のマハラジャ名古屋。

 

*********御案内*********
いつも夜9時過ぎにディスコへ行く方。
たまには、オープン直後のクラブやディスコに行ってみよう!
パラパライベント以外なら、通常「喫茶店状態」が長いと思う。
当然なんだけどParaParaPartyは、朝一、お客数人でも踊る踊る
完全に踊る為だけに来ているからね~2018年月には開催目標!
詳細は「ユーロビート感謝祭」のFacebookページから御案内。
やはり、雪で来られなかった岐阜、三重、愛知の山間部の方、
少なからずいましたね。次の80年代パーティは春頃?先です。
その前に「ジュリアナ時代」までの音に興味がある方は是非!
 
要するに、名古屋レニーで初めて1991年から一斉風靡したディスコ「ジュリアナ東京」の誕生と共に、全国で人気となった当時のテクノハウス等を手軽に踊れるパーティが開催されます。
タイトルは『ジュリアナ時代』です。
バブルディスコと言えば、80年代後半の豪華ディスコを中心とする「80’sユーロビート時代」と、バブル崩壊後も賑わった「90年代前半のジュリアナテクノ」が双璧です。
会場は、元ディスコ「プラチナム」があった松坂屋北館地下の同じ場所に、新たに誕生した大型ライブホール「名古屋レニー」です。
興味がある方は、お気軽な入場料金ので、会社帰りにでも寄ってみると、当時の懐かしいサウンドが楽しめると思います。
今回の特徴は当時の雰囲気を求める事。
昨今の流行などに全く影響されず、音楽的にはジュリアナ東京が存在していた頃までの過去のディスコミュージックに特化して、90年代中盤以降の曲は対象外。
最近のディスコ事情も気にせず、振り付けがなかった状況を重視して、踊りはフリースタイルとして「振付ご遠慮」という、大人しい方も参加しやすい珍しい御提案での開催です。
 
当時のディスコは混んでいて振付は出来ない状況なのでした。
昔、満員のフロアーで振付自体が無理だったので皆様が地味。
歩幅も小さく、派手に踊れば邪魔で、お立ち台の上すら面積は小さく、ひしめき合っていたのでした。
そして、禁煙ブームも考慮して、会場内は「分煙」で、喫煙派にも嫌煙家の方にも安心して共存できるイメージです。
※お店は率先して「禁煙」や「分煙」に踏み切れないと察します。
※お店から皆様に「振付ご遠慮」の協力を得る状況も困難であり。
飲食店も徐々に…ディスコも一部で実施…難しい課題ですね。
是非、皆さんの御理解と御協力で遊び場を育てていきましょう~
((このイベントに関しては振付が大好きな方にはスミマセン))
振付が楽しめる「パラパラ」は4月頃に開催なので別世界です!
イベント自体が大盛況で最大級という意味ではありませんが、
広さ的には名古屋最大級の空間でダイヤモンドホール位の印象。
 
【まとめ】
1/22のPartyの頃から東京、名古屋、大阪、日本中が「雪」模様。
1月前半は比較的、暖かかったのですが、今もまだ寒い冷たい!
こんなタイミングで記念の写真展も微妙に見栄えがね・・・
ほぼ1日中DJブースにいたので、客席ウロウロしてない。
(Discoで1日中とは24時間ではないよ)
記念でなく「記録」になってしまった。開催できただけで幸運!
そんな本年の初回のディスコパーティでした。やっと一息休憩中。
明日から短い2月。1ヶ月が28日しかない。そして3月 弥生です。
暖かい季節になるまで、時には街に出かけて運動しましょう。
 
そして・・・・・また春頃、懐かしく♪♪
暖かくなった頃に、開催したい気分です。寒い冷たい冬は遠慮。
 

 

 

 

 

AD

2018/1/22(月)80年代ディスコ

テーマ:

本日はディスコ。東京は雪の予報。名古屋は微妙にOK!?!

朝も降ってない。夕方から@@数時間だけ雨が降る@@のみ!

夜!帰る時間は「晴れ」なのに…

月曜もフラリと来てしまえば、なにげなく、意外に楽しい。

今回も先着でCDお土産プレゼント。夜9時は昭和歌謡曲の時間。

基本的な選曲は80’s DISCO、懐かしい定番から幅広く紹介。

20代、30代といった若い方々も、各世代もバブル世代も是非!

初めての方も安心して遊べる開店から1年の新マハラジャ です。

お一人でも、グループでも、カップルでも、会社帰りでも 、是非。

マハラジャ未体験の方は、ドレスコードもないので気楽な貸切へ

試しに「ディスコ」という空間を体験下さい!

では、何とか傘なしで歩ける位の天候になるとイイですね~~

さすがに、本日、イベント当日なので…かなりシンプルなブログ。

宜しかったら、現場でお会い致しましょう!

 

普通の雨なら、まだしも、雪が心配される予報がでると、やはり、

少し遠い方は、遠慮しちゃうし、敬遠しちゃうでしょうね。

 

AD

思えば今、映画サタデーナイトフィーバー日本公開から40周年

エイベックスのユーロビートは30周年。

1983年に「TM NETWORK」を結成してからは「くしくも35年」で、

更に東京ディズニーランドも35周年。1983年(昭和58年)4月15日

忘れもしない。当時の私はミッキーよりディスコだった。この際、

たまたま出てきたカードなんかを並べてみた。(つい懐かしい)

こんな頃、ディスコではNew Order ‎– Blue Monday が新曲!

東京に行った時、新宿ツバキハウスの2号店「玉椿」なんてね

興味本位で懐かしい「森永LOVE」の角を曲がり入ってみた。

まぁ、名古屋で言えばOZかな。要するにNew Wave系かな。

よく考えて欲しい。ネット情報は全くない。ディスコ雑誌もない。

初めてのディスコに入る勇気!これは想像以上に緊張した。

 

こんな思いの方!今のクラブディスコは本当に気軽にOKです。

でも、もし…あなたが「今夜ディスコに行ってきます!」と言って、

それを親や一般人が聞いたら多少は驚くので注意です!

これら、たまたま適当に撮ってみた。これより少し昔分は後日!?

マハラジャ・キングは小さい文字をみないと店が区別できない。

といっても、保管しておく趣味もないので、他の方に任せます!

スマホだとPCより拡大できちゃうから、青山キング&クイーンも

隠れミッキーならぬ『隠れMr.MEGA-MIX』も見付けられるよ。

 

【ディスコ初めて物語】

初めてのディスコは栄のカーニバル!高校の同級生に誘われ

皆で行ったけど、全員17歳位。よく入れたなぁ~そんな時代です

初回は忘れもしない「全くダンスフロアーで動けず」単に横切った

それでも勇気が必要だった。青い飲み物をシャモジですくってた

(初めてコークハイを飲んだのは、この2年後になります)

2回目は見よう見真似で少し体を揺らした。正直、今もその程度。

その後、真面目に受験勉強でディスコの存在を完全に忘れる!

今の様なディスコ好きになった第一段階は18歳の春休みかな。

正々堂々と入場できる。ヒヤヒヤしなくて良い。毎日が暇だった。

自動車学校&勉強からの開放感&ディスコ。

色んな人を誘ったが・・・

大体OKなのは5人程度?上手く分割して,今日は◎◎,次は◎◎

毎週、行ってくれる人がいないので、順番に共にしていた記憶。

この時、まだディスコには複数人で行くもの。だと思っていた(笑)

そんな春休みも過ぎると、友人も忙しい。それでも行きたくなる!

必然的に「思い切って1人でディスコに行ってみよう」なんて思った

ここがディスコ人生の岐路だったのか。いや、まだ普通だった。

単なる趣味で、単なる音楽好きで、ついでに交友関係も広がる!

さらには、フリードリンク・フリーフード。お得な割引カードも魔力。

(ここで、更に写真も準備したい所ですが、各自ネットで宜しく)

 

こんな頃、日本にマハラジャもなく、アビームの前身ガルボもなく

笹島にラジオシティー(ステージ7)があって、会社員で大盛況!

栄には若者のディスコ登竜門「ペントハウス」が君臨しており、

当然、全員が無料でボトルキープ出来て飲食もフリーだった。

ただ何故か私は、名古屋「栄」のカーニバルは好みだった。

♪ ディスコは栄のカーニバル ♪ ラジオCMも流れていたし、

AMラジオでDisco番組もやっていたんです。(CBC 小堀勝啓)

名古屋の人にはツボイノリオより懐かしい小堀勝啓じゃない?

『カトレヤミュージック』『今夜もシャララ』水谷ミミも元気かな。

 

話はカーニバル(新宿のカーニバルではない)に戻って・・・

ココは振付も全くなく。いたって普通の大学生・社会人が一杯。

土曜だけは見違える程、すし詰めで元気な男性が目立ってた為、

平日はカーニバル。週末は他のディスコ巡り。主にこのパターン

私の同級生の初ディスコの大半はニバル派とペン2派に分かれ

時に「ファンタジー」とか「トゥエンティーワン」と、「ニューヨーク」

名古屋ディスコ事情の創世記を飾る中大型店の歴史上の存在。

他はロジック,ワッツ,最後の20セント,納屋橋の名宝会館だったり…

とにかく、中日ビル南にマハラジャが誕生するまでは平穏です。

ラテンクウォーター全盛期。ボーリング場の延長の遊び場でした。

 

後にヴァーゴ店長となる背の高い◎◎さんとか、細身の偉い人、

これがまたパチンコ店系列のディスコながら真面目な感じでね。

パンチパーマ、リーゼント、サンダルなどは入場禁止って感じ。

マハラジャの「ドレスコード」前から健全な若者の遊び場を目指し、

模範的な風俗営業のディスコでした。アッパレ。DJ-Yo。。さんね。

この頃のMID50歳以上のベテランDJは、ほとんど、今いずこ・・・

名古屋には活躍中の還暦近いDJがホボいないでしょ。ね~

35年前のDJの方々も時には同窓会して欲しいね。凄い光景!

名前がね~マハラジャならジャッキー・トニーって日本人ですよ。

鈴◎、今◎、内◎(現在は何処かな。スパルタで有名だったね)

少し馴染みある、中◎、和◎、ジョン万の立◎、第二世代かな。

他にもお世話になったけど、忘れている方、沢山。失礼します。

 

私の好みも幅広いのですが、1983年のメモを見ると笑えるよ!

まだボットゴシップが新曲の頃、飛びついた(フフフ~~って曲)

昔はDJに「この曲なんですか」なんて聞いていた時もあったけど、

男が聞きに行くと…面倒くさそうで、聞き取れない事もあった。

でもカーニバルは優しかった^^確実にメモしてくれた^^一部保管

もちろんFMで流れている有名曲は聞く必要がないからメモなし。

思えば、当時はDisco独自のヒット(家では聞けない曲)が多数。

マイケル、アース、アラベスク、(デッドオアアライブ誕生前も多数)

ここは基本サーファーディスコがコンセプトでAORも好きだった!

AORとはアダルト・オリエンテッド・ロック「大人向けのロック」です。

TOTO、ボビーC、クリストファーC、ボズ・スキャッグス等、爽やか。

(曲名が気になる方は、スマホから見て拡大して下さいね)

別の掘り出し写真もあったがパソコン内の保管場所不明でした。

 

【ディスコの目的】

これは十人十色どころか皆さん様々でしょうね。

飲食?会話?踊り?気分転換?人材交流?出会い?見学?音楽???

私も時と場合により変化すると思いますが基本はミュージックです

ですから、皆で行くと、喋っていて「何がかかったのか」分からず

ついディスコは「お一人様」がベスト!そんな人種なのです。

経営者なら、適度に踊って適度に飲んで食べて欲しいでしょう。

でも、

お一人様が100人くらい「曲にくらい付く位のマニア客大集合」で

山盛りウンチクを語り、

DJの選曲と繋ぎと雰囲気に注目する状況も…

お一人様限定の有名歌手のコンサートの様で「あり」かも。

しかも、お一人様ディスコは…

何時にきてもOK。何時に帰ってもOK。いたって自由なんです

DJもお客様と雑談&挨拶して、つい先程かけた曲をまたかける!

なんて私的には御法度で、驚くべき出来事なんですが、

これは長年の経験上、よくあり過ぎ。時には10分以内にかかる!

そりゃ~同じジャンルの曲に繋いだのだから、つい選ぶよね。

 

そして遂に話題の高級ディスコが名古屋に誕生

それが後にバブルなディスコ時代を築く事になるマハラジャ本店!

勿論、本店でなく単なる『マハラジャ』まさかWest,Eastなんて

想像もしていない頃、少し強烈な兄弟社長がスパルタ営業でした。

(私には優しい笑顔で接してくれたが、社員は大変そうだった)

最初にマハラジャに足を踏み入れた時の光景は鮮明です!

想像を絶するキラビヤカな照明&ディスコ照明の芸術作品で、

青年の私には別世界「リッチで洒落た遊び人達の社交場」的。

初めて見るコジンマリしたVIPルームには、社長らしき人の宴。

DJも洒落た制服で、カッコ良く豪華なDJブース。広くオープン。

単なる大音量ではなく、降り注ぐ様な優しく迫力ある音と照明。

チークタイム後のライティングショーは当時「鳥肌もの」で、

過去、見てきたどの裏方的なDJブースとは違い輝いて見えた!

さらに化粧をしたウエイター、スマートな黒服。どれも素晴らしい。

(考えてみよう!今まで予想すらしていない豪華空間です)

日本しか知らない人が、海外の凄い場所を訪れた感じ?

長島スパーランドや東山公園しか知らなかった名古屋人が、

初めてディズニーランドやUSJを見た時の感動に近い記憶。

これくらい「大袈裟な表現」が当てはまる程、キラビヤカ!

 

そして・・・

キング&クイーン、ヴァーゴなど千人級の大型ディスコが同時期

1987年頃オープン。完全に「第2次ディスコブーム」のバブルです。

更に、昔のマハラジャ祇園!ここがまたデカイ。場所は今と同じ。

中央は花壇ではなく、せり上がるお立ち台。上のネットは不思議!

いやいや、これは名古屋マハラジャ本店にも一時期に設置された。

風船でバレーボールやったのかな(笑)とにかく演出の道具だね。

ネットて素晴らしいなぁ~ちゃーーーんと、写真も出てきたよ。

何ともバブル。キングの様なマハラジャっていう当時の印象でした。

あ・・・店内は似ているので、時々写真が別の店だったら失礼…

 

時代は進んで最近の海外のクラブは凄いね。写真だけで楽しい!

 

こんなディスコが日本に出来たら「ジュリアナ」どころではないね。

平日から満員にならないでしょうから、平日はコンサート会場かな。

北海道の「キングムー」もデカイ。新木場の「アゲハ」も広いけど…

でも、海外の規模はレベルが別格!ここで80'sは似合うかな~

 

そして、1988年代になると、同級生は徐々にディスコを卒業して、

お店の常連、ディスコで会った知り合いの友人などと通うように?

ほぼ後輩&私より若い。一人ディスコ&グループの「二本立て」で、

誰も行かないなら「一人でOKなディスコライフ」が確実!

 

1/22は月曜日で雨模様な予想。夕方から傘なしで向かいたい!

雪でなければOK。雨にも負けず、雨降って地固まるってね。

天候は仕方ないけど、荷物運びの準備までに晴れて欲しい。

夜、帰る頃には雨は上がる?それだけでも有難い話です。

 

その前に、今夜の「お知らせ」です。

1/20は晴天。陽気も良くDJ Nojimax & Bobby Q バッラーレ!

イベント日~独自の世界が繰り広げられる~BAR-DISCO です。

80'sも幅広く、90年代前半の頃も、色々めまぐるしく楽しめる。

詳細はコチラです。

https://www.facebook.com/events/1531581790262123/

 

2月は・・・・・

 

 

 

 

 

 

こんにちは。まずは最新情報。トースト・パスタも提供あり!

貸切特別営業の為、フードお休みの予定でしたが変更になり、

飲食(有料)を注文できる様になりましたので、少し安心です。

 

皆さんもディスコ以外での特技あるよね。

私は色々かじっているけど、将棋は普通。囲碁は入門挫折。

麻雀は脱落。禁酒禁煙。ノー博打。相当に地味目です。

まぁ普通でしょうけど、破天荒ではない事は確実。

 

あ~向陽高校!今では進学校で上位でイメージアップ!

菊里高校と組んでたから向陽高校は賢くなったと想像。

古かった校舎も無事に完成して地下鉄も便利で言うことない。

何故、急に向陽高校って、たまたま新しい校舎を見たから…

私の出身高校ではありませんので、お間違いのない様にね。

【当時は行きたい高校に行けない!直接受験できなかった群】

成績余裕でも駄目。家が近くても無理。確率50%理不尽な頃ね~

1群:菊里は館ひろし(中区で当店の近所出身)の千種高校、

千種は天下の「旭丘高校」と組んでいたから「群」は影響力大。

旭丘と明和は私服OK服装自由で、人気も学力も良かった!

 

といっても私の話も記憶の限りです。記憶は曖昧です。

となると今回のブログは高校巡り?いや、興味ないでしょう。

どちらにしても、ちょっと勘弁。数も多いし対象も広域。

でも、時には何十年振りに皆様も思い付いて母校に行こう!

 

当時は遊びっ子が山盛りの私学が進学校になってる!

単なる男子校が制服のイメージも変わり共学になった!

私学は今でも単独試験で当時とレベルが変わった程度だけど、

近年、公立高校は変わって理解するのに少し時間がかかる。

当時は英数国3科目。今は国語.数学.社会.理科.英語で大変。

 

それたけでも、もうテストも嫌だけど試験もイヤですよね。

でも、ここで考えよう!!

一部の大企業や、公務員で昇格試験がある方は今でも勉強!

だけど、大半の社会人は「勉強に関しては気楽」全て自習のみ。

これだけでも凄く楽。

普通に毎日を暮らせるだけで楽。

人間関係も深く考えなければ楽々。

ましてや「ディスコに行こうかなぁ~どしよう」なんて平和の極致!

遊びに行こう!踊りに行こう!聴きに行こう!なんて幸せな事。

自由に動ける。門限もない。暖かい自宅も捨てがたいけど…

やっぱり、運動ってイイ。音楽ってイイ。郷愁ってイイ。

そんな思いで、ディスコに行こう!母校にも行こう!温故知旧です。

温故知新でなく、温故知古でもなく、最近は「おんこちきゅう」です。

 

やっぱり初心に戻る。青春時代を歌いたくなる。初々しい。

いまどきの生徒と昔の自分を重ね合わせてみたりする。

昔、フラリ母校の学祭に行ってみた事もあった。

昔、フラリ放課後の職員室を訪問したこともあった。

昔、後輩の部活風景を見て、懐かしさがにじみ出た。

数年に1度は、母校の近くを通ると正門まで行ってみる。

数年に1度は、母校のホームページを見て時代を感じる。

まれに母校の朝の登校風景を目の当たりにして微笑む。

まれに当店の顧客が母校の後輩だったりすると驚く。

先日、ディスコイベントの「いいね」とか「シェア」された人の自己紹介に母校の名があった時は、さすがに不思議な感覚。当校の後輩にもディスコ好きがいたんだねって(当たり前)何せ高校時代に停学覚悟でディスコに行ったのは全校生徒の3%もいない状況だったので、晴れて18歳以上になってディスコが好きになったのかな。最近のクラブは二十歳以上で身分証明も厳密の様なのですが、当時は18歳から入れるし、年齢確認なんて超アバウトで、粋な先生ならディスコで出会っても苦笑いでOKなんて話も聞いています。そんな先生なら「現在は確実に還暦60歳以上」でしょ。例えば、ブンブンダラーが好きな65歳だって沢山いるはず!!ザッツ・ユーロビートを聞いてきた70歳の方がいて…おかしくない。年配者はソウル・ファンク・ダンスクラシックスしか似合わないこともない。現実にデッドオアアライブやバナナラマとなれば、30代から60代まで愛されている名曲も多い。

You Spin Me Round [Like A Record] (1984年)

Venus (1986年)

I Heard a Rumour (1987年)

こんな感じなんだけど、私が初めて聞いたバナナラマは…

『キスしてグッバイ』 - Na Na Hey Hey Kiss Him Godbye (1983年)

『ちぎれたハート』 - Cruel Summer (1984年)

この様な普通の曲だったので、ヴィーナスの何が凄いのか!

エポックメイキングって言うのか、要するにPWLなんです。

ストック・エイトキン・ウォーターマンとのコラボ。これが "Venus"

曲のノリが素晴らしくなる訳です。数々の名曲がPWLです。

これも凄い~写真だけでなく動くから、今の技術はアッパレ。

 

さて、よく「特技」の話から、ここまで話が長くなるものだね。

ここから曲の雑学になったら、話が本を出版できる位まで?

果てしなく長くなるので…ここで休憩です。夢の昨年の雑誌(笑)

 

さて、今、本当にバブルというフレーズが取り上げられている。

NHK教育テレビ(Eテレ)にDJオッシーが出演して話題になって、

東京なんて、あのスカイツリーの展望台がディスコになってる!

もう羨ましいの限りです。がんばれ!NAGOYA!

 

バブリーダンスといえば、登美丘高校ダンス部。社会現象レベル。

注目のアカネコーチは我々と同世代かと思いきや20代中頃とは…

使っている曲のネタが完全に40-50代だからね。荻野目洋子以外、

アバ、アース、アラベスク、マドンナ、デッドオアアライブだからね~

あと、マキシマイザー「キャントアンドゥージス」まで、

メインビデオで踊っているあの場所は、あそこ!ひと目で分かる?

大阪のクラバーならね。私も同じ場所で踊ったと思うとタイムリー

映画館からディスコというかクラブになった梅田のピカデリーだね。

名古屋の人には馴染みがないと思うけど、大型LEDが印象的。

個人的には広さといい天井の高さ二層構造といい好みの店。

照明も最新でありながら古典的な表現も出来るイイ感じでした。

正面DJブースパターンで、お客様が500人で理想的なキャパ!

 

そういえば通常の会話の中で、さらりと「体言止め」なんて使って、

話が成立していたけど、国語で習う用語なので知名度50%かな。

結構、私のMCも体言止めだったりします。この機会に検索して、

知識を身に付けておきましょう。本日の「ミニ雑学」でした。

 

こんな所に書いても何ですが、1/22マハラジャのフード提供の件、

前回はフード提供なしでしたが、急遽、フードは通常営業と同様!

もちろん有料ですが飲食できます。あ~良かった。キッチン有難う。

来週の月曜日、忙しくなければフラリ当日参加も大歓迎です!

なんてね…前売券もないのだから「全員が当日参加」です。

これは、直前最新フライヤーです。

 

 

 

80'sディスコの日の10日前です!

テーマ:

こんにちは。2018/1/22は…

月曜日の80年代ディスコパーティ開催!!!

ディスコ巡りした人が多い時代。写真を見てもバブルな内装です。

 

早くも10日前になりました。正直、月曜日。

何の変哲(ヘンテツ)もないマニックマンデー、ブルーマンデー、クールマンデー、どんな名称を付けても明るい兆しはないが、世の中はバブルディスコに注目が集まり、80年代ディスコに関しては東京を中心に既に大人気!

だ・か・ら・とにかく・開催してみる訳です。

やっぱり月曜でもディスコが休んでいられない。月曜だから遊びたい、月曜だから遊べる。そんな職業の方や、そんなスケジュールの方も意外に多い事は分かっています。あとは「ディスコに行く気分になれるのか」という、意気込みの問題。ホボ大寒だから、外は確実に寒い。空気は冷たい。でもマハラジャ名古屋では店内を暖めて皆様の御来店をお待ちしていると思います。いや、顔なじみのキャッシャーの方も、多分、本気で、毎日お待ちしています。

懐かしい!期待のマハラジャが名古屋に復活の看板!

お気に入りの「マハラジャ名古屋」の綺麗な店内の写真!

 

そんな中、先日、朝の番組で、バブルなディスコで踊る元気な50代みたいな特集を放送していたという事で、ディスコへの風向きは追い風、盛り上がる気運も整い、あとは、皆様、一人ひとりの決断で空気も温まります。

 

いつも誰もが思う言葉…バブル

経済的には1990年より前なのですが、ディスコ的にはジュリアナ東京 (1991-1994) の様子が常に出てきます。

正式名称は…長いのです。

JULIANA'S TOKYO British discotheque in 芝浦

毎週末3000人で入りきれなかった店も、たった数年で数百人しか入らなくなった。

これが本当のバブルだったのかな。

晩年のハード過ぎたテクノ、諸行無常の響きあり。

 

途中から要望に応え、有線放送も「ジュリアナ」から生放送したけど賛否両論。やっぱり「行かなくても曲を味わえる」のは、どうでしょう。安室やサザンや各種コンサートも全てが専門チャンネルで何でも聴けちゃう時代が来るか?何でも観れちゃう未来が到来するのか、それは有料でも難しいと思う。

ただ、お客様が減ったキッカケは別の所にあったと思うけど、デカイ店の人気を維持するのは至難の業でしょうね。

あんなに凄かった芝浦ゴールドも今はないからね。

 

話は「バブル」に戻って、日本国内で1978年、映画「サタデーナイトフィーバー」公開から40周年記念(アメリカでは1977年)で、ここから大衆ディスコ時代、そして、1980年代中盤から豪華ディスコ時代で、1980年代後半が本当にバブルなディスコ時代かな。

 

歴史を学べば、伝説のディスコ「赤坂ムゲン」がオープンしたのは、50年前の昭和43年(1968年)でした。当時はゴーゴークラブと呼ばれ、モンキーダンス、ゴーゴーダンスが流行り、新宿、赤坂、六本木、横浜にはゴーゴークラブが誕生。

黒人生バンドとサイケデリックな大人っぽく豪華で上品な店だったので、超一流の有名人の遊び場、三島由紀夫、川端康成、丹下健三、篠山紀信、三宅一生、コシノジュンコ、加賀まりこ、沢田研二…

隣の「ビブロス」と「ムゲン」は人気を2分しつつ1987閉店。

これまた伝説のディスコ「ムゲン」からジャスト50年なんです!

 

【オマケ】

TOKYO BAY 『EDEN ROC』 は『郷ひろみ』プロデュース

当時、ディズニーランドとセットで行くリゾートディスコ(ホテルのディスコ)ですが、私はココを目的で遥々訪問。ちょうどDJ DICK / WEEKENDが流れていた時代。

 

大阪の日航ホテルにもディスコが出来たね。大阪も沢山あった!

昔はね、どこに行ってもディスコが笑えるくらい色々あったので、

レコード店を始める会社員時代から楽しく行脚していました。

我ながら精力的!趣味の旅!新しいものが好き!変わり者 !!?

好奇心旺盛?この頃、私の趣味の欄は『社会見学』だったか…

本当に「走馬灯の様に思い出される」と書きたいところですが、

記憶は薄れていく。でも上品でコジンマリしたディスコでした。

名前はネットで出てくるから嬉しい【サンバ クラブ】あのビルです。

スマホもなくカメラ持参もないので映像で何も残ってない所が、

かなり残念です。使い捨てカメラ位はあった時代なのに・・・

写ルンですは、1986年7月に発売したレンズ付きフィルム

「写るんです」と「ルンルン気分」とを合わせ、(うつルンです)

最終的に「るん」を片仮名にした「写ルンです」という名前に決定。

 

郷ひろみと言えば大阪でもディスコをプロデュース!

ネット情報も何もなく、見知らぬディスコの誰かに「一度行くと良い」と薦められて行きましたよ~名古屋で言えば上品で客層が良いアビーム的な存在のイメージで、商店街のド真ん中のエントランスから入り二層構造で、大阪の地方チャンネル有線放送はココからっだったかな。

要は「ここでかかる曲は関西に影響力大」ホテルで聞くからね。

今も珍しいが、当時は自宅に有線を引く人も少ない昭和時代。

郷ひろみとプロデュース!と知ったのは共に訪問後だった@@

 

大阪は話題も豊富で、現在のなんばグランド花月にあるディスコ。

地下1階は当初、映画館として計画されたのに急遽ディスコに変更。「デッセ・ジェニー」がオープンした。店名の由来は明石家さんま。吉本を皮肉って「銭でっせ」ともじり命名した話は有名!かなり広くて豪華でした。昨年かな、興味本位で跡地を見てきた。お洒落に階段を降りていく雰囲気は残っていました。

1回だけ行きましたが、段々のフロアーは写真の通りです。

当たり前だけど「さんまさんも若い」もちろんネットから拝借写真

ベイサイドジェニーも作ったりして立地的には話題になった。

郊外といえば梅田のラジオシテーでなく阿倍野ラジオシティー

今では「阿倍野」と言えば「あべのハルカス」で有名だけど…

当時は?要するに天王寺!これでも一般には分からないよね。

無理やり例えるなら、名古屋・栄・そして、今池?金山かなぁ~

名古屋のラジオシティーも80年代からの特徴だけど、

フリーフードで味も上出来なディスコだったんですよ。

単に「焼きそば・ピラフ・から揚げ・ポテト」だけでなかった記憶。

ハルカスの隣あたりのラジオシティーのビルも健在でした。

 

大阪と言えばディスコではないけど伝説のクラブQOOも御紹介!

名古屋のアビーム火曜の上海麗舞が満員の頃、木曜日が凄かった。

今では世界的有名なDJになったヨージビオメハニカのプレイは圧巻!これはタマラン!と思って記念撮影&御挨拶。この世界的人気DJのテクノハウス♪これが本当に馴染めてカッコ良かった。短絡的に書けば大阪の正統派な硬派のジュリアナ状態。下の写真だけではスケールが伝わりにくいけど、行った事がない人は勿体無い。何でも体験しておかないとね~数回行った。

正直、当時から声をかけるには独特の存在感がありました!

プレイ中は近づきにくいのでレコードのネタ箱を見つめていた。

どんな曲がレパートリーなのか、2アンリミテッドもあって安心。

 

後にメガミックス経由ココイチからのイベントでDJだったね(秘)

今の時代、DJがRecord店に行かなくて済む時代になるとは…

2018年、今でも大活躍なのだから、素晴らしい。うらやましい。

YOJI(ヨージ)YOJI BIOMEHANIKA 今年も1/7は名古屋!

今年はFabtastica 2018 New Year Party at CLUB MAGO!

東海エリアのハード好きは全員集合。どうだったのかな~

Wikipediaでは、この時代が小さく1行(私にとっては大きな1行)

 

ジュリアナといえば、本当に大阪に進出したって知ってた??

【Xy】 心斎橋筋 心斎橋ビブレ地下1・2階です。

ジュリアナ大阪のキャッチフレーズで1994年5月にオープンした!

この『ゼクシィ』ですが、この年号で気付きますよね。時代背景&タイミングが悪く、1995年直ぐにクローズ!本当に大金が水に流れました。DJはジュリアナ東京から◎◎も来て頑張ってました。正直、話題曲も少なく厳しい時代だったので、元気に楽しく踊っていたオーディエンスを上から眺めながら「ん~本当に楽しいかな」って感じていました。結構、最初は超盛況で大行列だった。並んだよ。あれ?特別ご招待だったかも。

ここには有名だった『ゲネシス』があって、改装して『オキシジェン』になって、『ゼクシィ』で、最後はディスコから完全に転換された地下の巨大空間でした。個人的にはビル名のビブレっていう響きの方が懐かしい。ビブレ(VIVRE)はニチイ系のファッションビル(笑)。名古屋の人には「ニチイ」が分からないよね。イオンじゃなくてジャスコって感じとも違う。ユニーじゃなくてアピタ?とも違うかな。松坂屋でなくパルコというイメージでしょう。

 

大阪といえば元祖マハラジャ1号店。懐かしいビル。名古屋で言えばディスコが同居する観光ビルのイメージ。

3F ペント2ハウス、4F 赤とんぼ、5F 最後の20セント

少しカジュアルな大阪では人気だった「ジジック」にも行きました。後にキング&クイーン2号店として改装されてしまう訳ですが、日本で最初に閉店したキングです。

5F 大阪マハラジャ・6Fジジック(キング&クイーン)

思えば、名古屋で流行っていた「最後の20セント」も週末は超満員だったのですが改装して「マハラジャイースト」になり、微妙な存在だった記憶。

大阪のマハラジャウエストも名古屋に似て二層構造。心斎橋のジュビレーションの近くでしたね。

それより存在感があったのは「マハラジャマルビル」でしょう。オフィス街だけあって広いフロアーは賑わっていました。

このあたりはネット情報が充実しているので割愛。

 

キング&クイーンといえば、1号店は天下の青山にできた「アオキン」ここは売上新記録が出来る程、本物のバブルです。まだドレスコード・服装チェックが厳しく、色々な意味でドキドキしながら地下に降りていった記憶。

川崎キング、神戸キング、四日市キング、金沢キングにも一人見学ツアーした。静岡県でもキングとマハラジャ2店舗なのに、行けなかった長野県にはキングとマハラジャで計3店舗もあったんで、本当にバブル時代を感じさせます。

愛知県のマハラジャ系は計7店(東京都は計4店かな)

名古屋のキング&クイーンは全国3号店で青山より広くマサニ「大人の社交場」でした。ジュリアナ時代は社交場というよりバブルのメディア拠点となって派手な印象だけが流布しているけど高級ディスコです。

(ココでMEGA-MIX NIGHTが出来るとは夢にも思ってない頃)

そして、ディスコが冬の時代になり、曜日別、ジャンル別のディスコ時代になり、最後は世の中のディスコがクラブ化していった歴史だったと思います。

その過程で、当店の様なレコード店が特別なコネで「ある曜日のディスコを仕切る」という、私にとっては「夢の様な話」が舞い込んできたり、お店のDJではないDJを使えたり、何ならレコード店の店長DJまでが可能になって、ディスコの力だけでは「お客様が集まらない時代」すなわち、曜日別のオーガナイザー、主催者に集客を委ねる時代になっていった店もある訳です。

もし全国のマハラジャグループの会社が消滅していなければ、平日でも満席だったので楽しい日々が続いていたと思うと、誠に勿体無かった経験もしました。

当時は、最も私の理想とする広さと雰囲気の店でした。

更に出世したコネでバブルアゲイン!夢の続きも見てみたい。

(コネと言ってもWin-Winギブ&テイクの相乗効果!シナジーね)

2018年、正月時点では閉鎖中。ココが見事に生まれ変わるのか!

 

そもそも、昔は一部の金持ちや、大きな学生サークルが日曜の昼間のディスコを借り切ってパーティやイベントを開催していたけど、基本的に夜は月曜から日曜まで通常営業!通常営業を休んで人に貸したり、いわゆる「箱貸し」なんてホボなかった。もちろんディスコに定休日はない。365日営業。休んでいたら『勿体無い』時代でした。

バブルの晩年、時々「本日は貸切パーティーの為、オープンは20時からです」なんて事を頻繁に受付し始めた。

実はコレは当時の状況からして私的には「これをすると店の顧客は減るのになぁ~」と思っていた。

よく考えれば分かる。

わざわざ遠方から交通費を使い友人と待ち合わせて目的のディスコに行く!

行ってみたら黒服が立って説明している。または、貼紙1枚で入れない!

お店は「来週の◎◎は20時開場です」とはアナウンスしていたが、

そんな事は超常連以外の一般客には伝わっている訳がない。SNSなんて全くない時代。

そして、早い時間に行くのをためらったり、行く事自体をやめてしまう一因になっていく。

最終的に客離れ。

まぁ実際には「時代の流れ」ですけどね。

流行ったものは飽きる。ブームは去る。バブルはハジケル。

そんなパターンです。

 

ちなみに「レコードは飽きたのでもなく、世の中の技術革新で、存在自体がホボ消えてしまったんです」けどね(笑)

完全に想定外!まさかDJがレコードを使わない時代が来るなんて、1990年には想像外。しかもCDすら使わない。

近未来には、パソコンすら使わない時代になっていく…凄い発展!!?

でも、映画も、テレビも、新聞も、本も、雑誌も、ゲームコーナーも、衰退はしても「消えてはいかない」のでしょうけどね。

レコードDJは絶滅危惧種?天然記念物?

となると、逆に「無形文化財」とか「国宝」になっていくのかな…

少なくとも、原子力発電よりは先に「珍しい存在」になっていくでしょう。

少なくとも、そろばん・習字よりは先に「貴重な存在」になっていくでしょう。

少なくとも、公衆電話・固定電話よりは先に「大切な存在」になっていくでしょう。

 

やはり「レコードを指の先に乗せてクルクル回す」パフォーマンス。

やはり「レコードのAB面を確認してひっくり返す」仕草。

やはり「レコードを直接触って、止めたり擦ったり、時には針飛びしたり」そんな光景。

レコード盤を素手で持ってターンテーブルに乗せるだけで驚かれたのには驚いた。DJは盤面に指紋をつけたい放題!

(レコードの淵と中心を慎重に持つのは売物のみ)

そもそもB面?それが通じない。針?何それ?ジャケット?レコードの溝?LP?全ての当たり前の用語が消えていく。

この状況も「いとおもしろい」なのかな。

 

話は「ディスコ」に戻って、

ディスコは短期間で流行って儲けて、次の形態に改装して、飽きない様に「手を変え品を変え」て、あの手この手で店名は変わっても「オーナーは同じ」これが理想のパターンなんです。

 

近年、一部の特別なイベントでは、我々を含めて、主催者が一生懸命に宣伝したり、DJがSNSで営業したり、涙ぐましい努力の上に個別のクラブ、ディスコパーティが成り立っている印象なんです。

しかしながら、楽しむのはお客様。お客様が増えれば盛り上がるのはお客様。お客様が楽しくなればDJも気合が入って得をするのはお客様。

そして、昨今のディスコでは古今東西を東京・大阪・名古屋を問わず、何故か「早い時間に入場」すれば安かったりするけど、

ちょっと待てよ~~~

早く来たら沢山踊れて、長く楽しめる訳だから、人気の店になれば、お客様はコゾッテ早く御来店!となるのが自然の流れではないのかな?と、思ったりしています。そんな理由があるのかないのか、「このイベントにはハッピーアワーというシステムはなく」早く来ると好きな席に座れる!というインセンティブで皆様の早い時間帯でのお越しを期待しているのです。

お店の立場からすれば滞在時間が長ければ沢山飲んで、沢山食べてもらえるから嬉しい!

DJの立場からすれば、早い時間((イワユル朝の時間))ダンスフロアーが20人よりは50人の方が乗ってくる!

主催者の立場では、前売券のないディスコなので、少し冷や汗が出る時間帯が長くなる可能性がある!

 

もちろん、20世紀の頃、たまたま、夜8時過ぎで、お客様が100人なのに、踊っている人が0人なんてこともあった(笑)

あれは、思いっ切りDJブース横で苦笑いしてた記憶。皆さん「お食事中」だったのか、いや、負の連鎖だった。

こんなにいるのに誰も踊ってないから誰も踊りださない。様子見の15分間だった。DJはキツかったでしょう。

原因は分かっています。その日のゲストはスルーザファイアーで人気だったGTSで、正統派のハウスファンが大半。

そんな中、そのメインタイムのジャンルを避けて選曲してたなどの複合的な理由です。

今の言葉で言えば『忖度し過ぎた』という事かな。

後先の事は気にしなくても、いいんです。後のDJも上手く考えてプレイするから何とかなるので、イイんデス。そんな経験を思い出した。

 

何が言いたいのか、それは「年末年始で皆様も疲れているから、正月のクラブ&ディスコは年末の大盛況に比べて、少しエンジンがかかりにくい」という印象になりがちだという事です。

それでも、1月、2月、3月、冬でも、雨でも、雪でも、毎日ディスコは営業しているのだから、社長=経営者は大変なんですね。

あ~~~月に1回程度で良かった~~~

こんな思いで毎日を迎えていたら朝からヤキモキです。

 

 

以上、時には変わった立場で少し語ってみました。

でも、ディスコ人気がTVで話題になる時流です。

本当に親子で来る光景をプラチナムでは見たよ。

是非、出掛けよう!是非、お誘い合わせの上!

DJ:Nojimaxの応援も兼ねて、重い腰を上げて!

前々日にバラーレに参加する予定の方も連ちゃんで!翌々日のダンスクラシックに行く予定の方も連ちゃんで、マハラジャ名古屋に!

私も思えば、10代の頃、毎日ディスコ。20代でも毎日ディスコ。30代では仕事も兼ねて毎日ディスコ。5日連続は基本で、最高は6日連続でした。さすがに7日目には「今日、行ったら1週間連続来たねって思われちゃう」なんて、余計な恥じらいと、無駄な遠慮で、行きたい気持ちを抑えて自宅待機だった記憶ですが、7日連続の自己新記録くらい作っておけば「小さな武勇伝」というか「ささやかな自慢話」になったのに…と1ミリくらい残念な判断だったと思います(大袈裟)

 

では、毎度、長く文脈が微妙なブログを最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

あまりに長いと「読んでもらえないよ」と言われてますが、つい右手が止まりません(左手も使いたい)

よし!!!いい事を考えた!!!

ブラインドタッチは理想だけど、まず「両手でパソコン入力」これも『2018年の目標』にしよう!!!

長文を書いたお陰で目標が出来た。

皆さんも少し無茶な目標を立てよう!

知らない曲でも踊る!振付なしで踊る!トイレ休憩以外は座らない!曲名が分からない曲は解明する!………

どうでしょうか。楽しくないか~失礼。

検討お願いします(ジャパネット)

 

【準備中を含めて個別の御案内は以下にまとめました】

80's ディスコ→https://www.facebook.com/80s-Shaonkai-Disco謝音会-571522139688088/


ジュリアナバブルディスコ→
https://www.facebook.com/ジュリアナ時代-2213862288840735/


昭和歌謡曲→https://www.facebook.com/昭和ディスコティック歌謡祭-127923091239359/



ユーロビート感謝祭→https://www.facebook.com/ユーロビート感謝祭-2083780771850566/



ミーハーナイト→https://www.facebook.com/100ミーハーナイトパラパラ同窓会-1704668246448101/

まだ未知の世界。白紙。

気分は超ハイエナジー→https://www.facebook.com/気分は超ハイエナジー-1737176363021094/



FMナイトフィバー→https://www.facebook.com/Fmナイトフィーバー同窓会bpm親睦会-144826959267958/

まだ未知の世界。白紙。


以上、名古屋レニー、マハラジャ名古屋、新会場などで開催!

 

そろそろ、当店からのダイレクトメールも一部の方には届きます。

かなり古典的。SNSが無料の時代に、郵便代金って万円単。

でも、年賀状もタダではないのに廃止になってないから見習って、

春からの新しい会場の案内も「なんとなく」掲載しています。

では、ディスコ or プレゼントCDで、お会いいたしましょう!

 

 

そして【新しい事】80's Disco以外の復活も御紹介致します。

多方面からの要望ありがとう!満を持して気楽なバブルParty!

当然、80年代ディスコも、80年代ユーロビートも最高に楽しい。

バブリーディスコも色々ありますが、今回はジュリアナ時代です。

会場としては名古屋では最も似合うという事で厳選して確定!

名古屋レニーリミテッド&ジュリアナ東京・・・広々感は十分OK

ジュリアナの2000~3000人規模とは違いますが天井が高い!

やはり、元ディスコ「プラチナム」なので所々にゴージャス感も…

東京でもルイード系で「レニー」といえば分かる方もいるでしょう。

 

メガミックスレコードが1990年代で一番輝いていたジャンルです。

日本中に影響を与えたジュリアナテクノハウス、今でも刺激的!

久し振りに聞くとカッコイイ曲も多い!特に定番曲以外の渋い曲。

有名なジュリアナCDに入らなかった曲も改めて気持ち良いね。

 

思えば、パラパラ全盛時代にも「ザッツ・ジュリアナナイト」を開催

昔は、名古屋ではデカイ☆ダイアモンドホールを借りた思い出。

レコード店からの視点で開催すると「意外に面白い」と感じます。

それぞれ持ち味があるので色んなPartyに参加してみて欲しい!

 

【昔し話タイム】

当時、1991年、東京では噂になっていたジュリアナ東京を初体験

まだジュリアナテクノと呼ばれる前で、タイム・アジアレーベルも!

要するに、ジョンロビンソンも That's Eurobeat を堂々とオンエア。

お客様も何の違和感もなく、完全なオールジャンルディスコで…

KLF、Kick Back For The Rave Alarm 、Get Ready For This でも、

‎Heavy D. & The Boyz – Now That We Found Love でもハウスでも

何でも盛り上がる単なる平和な「巨大ディスコの誕生」でした。

 

☆既に芝浦では3000人規模の『ゴールド』が君臨していたので…

まだ、この時点で将来の地位は固まっていない頃でした(多分)

ちなみに「GOLD」は「ツバキハウス」「クラブD」「トゥーリァ」など、

時代を象徴するディスコを 手がけて来た方の最新クラブだった。

TVでも頻繁に取り上げられて、もちろん「私もウロウロ」したよ。

確かに名古屋にはないスケールと大音量でハウス天国だった!

何でも「百聞は一見にしかず」です。噂や雑誌情報以上の価値。

タイムマシーンで体験できない訳なので「年の功」も大切です。

実際に体感した経験は、今から真似も出来ないですからね~

動画もテレビ局が大放出してくれたら有料でも観るに値します。

遂に「いにしえディスコ&クラブ放送局」でも設立すべき時かも…

 

この歴史表は一部ですが、是非、暗記。または、保存です。

※写真の通り、お立ち台以外の男女は、服装も普通ですからね。

 

【昔のエピソード①】

こんな頃、当店「メガミックスレコード」も開業から2年目でして、

ユーロビート専門店として立ち上げた経緯ながらテクノに興味!

お店が夜8時に終わって、常連のお客様と何気ない会話の中

話題は「ジュリアナ東京」で、当時から営業後はディスコを訪問

でも、まさか、この日は、既に9時近い時間?今から乗ってもね

ん~頭の中で新幹線の時刻表と、12時迄の営業時間が交錯。

油断している客に「ん~っじゃ!行こう」ってね。

 

そんな無謀な、そんな無茶な!なんて言われる事もなく(笑)

客「間に合うんですか」私「上手くいけばね。多分」そんな調子

良く考えて計算すれば、当時、品川駅もないから結果は明確

一般の方は現在「のぞみ」なら名古屋~品川90分なので…

いくら当時でも間に合ったんじゃないか??と思うでしょう。

でも、新幹線の歴史から研究する必要があるね。

そもそも NOZOMI は、1992年(平成4年)3月14日に出来た訳

となると、乗るのは東京まで2時間の「ひかり号」でした。

 

その夜、日頃は勿体無いのでタクシーを使わない生活だが、自分の車に乗って駐車場に止める時間もないので、とにかく名古屋駅へ、とにかく切符、とにかく乗車、とにかく田町、とにかく「敵はジュリアナにあり」みたいな(本能寺?戦国時代風に言えば、でも、敵じゃない)弾丸ツアーでした。

そしてジュリアナ東京の正面にタクシーが止まり「もう終わりですよ」というジュリアナのエントランスの言葉を振り切り、中に入りました。その日は平日。期待と不安で・・・・・

ラストナンバーに間に合った!23:58分??

くしくも、KLF「ラストトレイン」がかかっていた!

店内は週末のピーク同様の超満員で大変に感動した。

24:00音楽は止まり、しばし、ざわついた店内を満喫!

何も踊らず、何も飲まず、余韻を30分以上味わった。

楽しかった!!行って良かった!2人とも笑顔でした!

その夜、多分、どこかのデイスコに行ったのでしょうけど、

記憶はない。想い出はジュリアナ東京で完結していた。

(同行した常連客も今は何処?読んだら連絡欲しいね)

 

【昔のエピソード②】

ある時、時間に余裕を持って恒例のディスコツアーの日。

フラリ「ジュリアナ東京」に一人で出掛けたこともあった。

ここでもバッタリavexの当時有名な◎◎さんに遭遇した。

多分「ジュリアナのCD出すから宜しく」って言われた記憶!

マハラジャ「Maharaja Night」というCDは出していたけど、

ユーロビートしか興味がない会社だと思い込んでいたので…

ん~~何でもやる会社なだ~って感じた。でも当然の話。

 

後に、こんな私の趣味の企画レコードが誕生したのです。

この時、当時使っていた「発狂テクノ」から名前を発想して、

MIX名はスペシャルクレイジーミックスとなっているのです。

(マハラジャ生サイレンを収録したのも私でした)

 現在、入手困難。

 

【昔のエピソード③】

avex rave '93 / avex rave '94 東京ドームも懐かしい!

一緒に「きしめんダンサーズ」と記念写真を撮ったなぁ~

また長いブログになりそうなので、ここでブレイクタイム♪

 

☆やっと、話は本題に戻ります。

ちょっとしたジュリアナイベントでは忘れられているピークタイム前~avexジュリアナCDシリーズにも入っていないけど当時は人気の曲。大阪QOOでヨージビオメハニカが炸裂させていた一味違うテクノ。ジュリアナの現場や名古屋キング、名古屋アビーム上海麗舞など、昔のマハラジャ祇園('86~'96)、各地のテクノナンバーにも注目!さらには、そこに至る前の洒落たイタローハウス!

たまりません。忘れかけた名曲も多い。

 

そんなミスターメガミックス(Special Crazy Mix)時代の想いも込め、お客様がいてもいなくても、平日!今回は「火曜日」に開催です。週末なら遠方からも、郊外からも沢山来られるかもしれませんが…あえて伝統の火曜日。

何と言っても当時のアナログレコードファンもホボ解散状態なので未知!

 

しかも、情報も皆様に行き渡るのか?

全く見切り発車です。笑。それでイイんです。

DJノジマックスも想定外の「店長独断」止めても止まらないパターンで、会場担当者も大人の80年代ディスコだと思っていたらバブル時代!しか、もキラキラ80年代のEurobeatかと思いきや、ワンレン・ボディコン・ジュリ扇で、今回、ステージ上はDJブースで使用ではなく、お立ち台仕様のステージを検討で、ゲストに「荒木師匠」でも呼んでこなくてはいけないのかと思わせる雰囲気(実際には交渉すらしていない現状)だけど、

いつもの様に王貞治の様な完璧イメージではなく、

長嶋茂雄の直感。そんな独特の感性で失礼します。

全国ディスコブームも、実際、80年代ユーロ前、ユーロ全盛期、ジュリアナ時代など、解釈や内容も多岐に渡るでしょ。

とにかく、時代はジュリアナ、凄いヤツ♪MC・AT!!

 

こんな感じで80's Shaonkai と Shaonkai Rave 二本立て!

さらには平和なユーロビートと昭和歌謡曲も是非是非。

移動型ディスコには春から新会場が加わり心機一転

日々の暮らしに復活したディスコ生活の中のスパイス。

たまには DISCO MEGA-MIX にも足を運んで頂けたら…

本当に嬉しい。誠に幸いです。ホトンド口コミ頼みです。

 

皆様の情報拡散能力に期待!私の好きな「他力本願」で、

来て頂いた方の全員の満足は目指していません。

やっぱり好みは多種多様・千差万別、小さな感激で十分!

是非、一度、スケジュール表に◎印を付けて調整下さい。

 

【オマケ】

ジュリアナ東京が開店した1991年はバブルが崩壊した年なので注意。バブル絶頂期のディスコの基本は「ユーロビート」ですからね。それでも、バブル時代の余勢はなお根強かった頃、テクノハウスの誕生と、DJの絶叫という演出が成功し、女性客たちがお立ち台で腰をくねらせるようになった。普通の会社員や学生たちがどっと押し寄せた。「ジュリアナーズ、トキオ!」の掛け声で熱狂は最高潮。たばこのキャンペーンガールをお立ち台に乗せたら「負けられない」と女性客の露出は激しくなり、後に行過ぎて問題となる話。たまたまエアコンが故障したとき、紙の扇子をたくさん配ったら、もっと目立つ羽のついた大扇子が持ち込まれ、コレがイワユル「ジュリ扇」です。ちょっとしたアイデアが社会現象に発展していくから面白い。

はとバスツアーに組み込まれる程のブームを超えた観光名所でしたね「一部ファンのものだったディスコの遊び方を普通の人に広めたのがジュリアナだった。」

(当時のフロア責任者石井脩一の言)

でも、そこまで到達したジュリアナの末路も「つぶさに聞き体感」してきたので、本当に『栄枯盛衰』そのものでした。

 

【追加オマケ】

いや・・・キリがないので、またの機会があれば。

でも、もっと詳しい東京の常連、元従業員も沢山いるので、

小さな思い出話程度に受け止めて下さい。では、また宜しく!

 

アンケート:あなたはジュリアナ東京に何回行きましたか?

アンケート:あなたは芝浦GOLDに何回行きましたか?

基本:あなたは昔のマハラジャ麻布十番に何回行きましたか?

歴史を語る上では、1度は見ておきたいバブルの原点!

 

        AD

             

 

 

 

 

 

 

 

2017年お疲れ様 2018年こんにちは

テーマ:

ハロー。時に長いブログを読んで頂き有難う。

2017年、平成29年も、本日1日で無事に終わり!

人類の永遠の課題。

『世界平和』『日本の平和』『家内安全』・・・

平穏でなければ「ディスコ」の話題どころではないですから~

今、家にいる貴方も、ディスコの貴方も、どこの貴方でも、

少しでも当方との交流があったという点をキッカケに?

今後も宜しくお願い致します。色々発信していきます~

 

アッケラカン。天真爛漫。いい言葉かも。是非、世界中!

家庭円満・人類みな兄弟の気持ちで良き新年を迎えましょう。

何でも本音で語ったらいろいろある

本音は少し控えて、妥協と大人の対応で、安心安全が第一!

たまたま変な人が隣にいたら、親・親戚だと思ってみれば??

誰にでも優しい気持ちになれる。そんな心構えが大切。

迷惑オジサンも、危険な [ あおり運転 ] もなくなるでしょう。

((身内に対しては、誰もが配慮して良い人になるでしょ))

気持ちだけでも穏やかにすれば、自分も周りも心地よい。

人間、あたたかい所で、ゆったり暮らせたら最高みたい!

だ、か、ら、ハワイが人気なんでしょうね。アローハ~~~

こんな広いフロアーの気持ちで豪快に腰振って踊って欲しい!

平和にリズムをとって、雰囲気に合わせて音楽に乗って下さい。

 

ジュリアナ東京を企画し、ヴェルファーレを立ち上げ、企業を育て、

時に挫折して、一時はよく分からない時期もあった元社長さん。

アメリカで成功していたなんてね。人生まさに色々(感心)です。

 

たまに、私の理想とする「ジュリアナパーティー」も考えてみた。

それは『謝音会』のホームページに少し書いてあります。多分。

【  90's SHAONKAI 】

社会現象となった扇子の「バブル時代」頃までを、イタローハウスや、洒落た「各時代の名曲」をヒット曲と共にお届けします。

ジュリアナ誕生の1991年から全盛期時代迄の雰囲気でバブルに華やかな理想を追求。(要するに1992-1993の雰囲気が好き)

※ジュリアナ時代の中では断然CD②③の頃。

※ダンスクラシックの時代の中では、80年代は幅広く良い。

※バブルディスコ。これが人によって好みと解釈が分かれます。

 

新年から『80年代ディスコ』と『ジュリアナ時代』の2パターン!?

さらに時々、個人的な趣味の『平和なユーロビート大会』かな。

もちろん『昭和ディスコティック歌謡祭』これも実を結びたいよ。

これまた、毎度の事ながら完全な目標以前の思い付き程度です。

勝手な希望レベルです。でも語っておかないと何も始まらない。

書いておかないと忘れてしまう。(本当に記憶力は低下します)

 

それより、私より、また別の知らない世界で大きなプロジェクト?

あったりするのでしょう。日本全国にデッカク面白い事をしたい人

想像以上!でも最終的に実現しているのは、僅かな方々だね。

毎度、書くけど、ディスコより、巨大なエンターテインメント???

要するに「日本のラスベガス・マカオ・シンガポール」を宜しく!

わざわざ海外まで行かないと、あのスケールは味わえないから…

出来れば鉄道&日帰りで行ける日本のどこかに一箇所~

欲しい! Yes!◎◎クリニック! ソフトバンク! 世界のトヨタ!

 

結局、開催確率50%だった、ディスコ新年会は、どうやらボツで、

年末年始を次のパーティの準備期間と本業に費やしてみたい。

皆さんは、お近くのクラブ・ディスコ・イベント・買物・食事などなど、

 

有意義に!お過ごし下さい。。。では、平成30年に会いましょう!

 

more 安心

more 安全 

more 健全 and .....

more BIG FUN !

 

        AD

        

 

        AD

             

 

        AD

             

 

 

2017/12/25
小さな『音のクリスマスプレゼント』です。
月曜日、来られなかった方、CDを貰えなかった方、気になる方は、約80分間、何かしながら通して雰囲気を味わって下さい。
画像の下のアドレスからミックスクラウドへアクセス下さい。

→ https://www.mixcloud.com/%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89/80s-shaonkai-present-cd-part-4-mrmega-mix-%E9%9F%B3%E6%BA%90%E7%99%BA%E8%A1%A8-20171027-80s-%E8%AC%9D%E9%9F%B3%E4%BC%9A-mc-%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/

 

次回の開催地は 2018/1/22 マハラジャ名古屋。

月曜ですが、宜しかったら時間を共有しましょう。

このパーティは「お立ち台でイケイケ」のバブル時代ではなく、

間違ってボディコンで来ると、あれ?ってなるので御注意下さい。

サタデーナイトフィーバーからの誰もがディスコに行った頃です。

まぁ大半がディスコで『ねるとんパーティ』を体験した前あたり。

でも、キッカケは様々として、やっぱり大音量は気持ちイイ!

 

パンダもTVで見たほうがアップで良く見える!でもね…

野球も断然TVの方が…、解説ならラジオ!なんだけど…

やっぱり、現場の臨場感は大切。実際の空気感も重要。

あとから「音だけ聞けばイイ」なんて私も一時思ったり・・・

面倒だから、わざわざ行く事も少なくなってきた昨今・・・

でも、やっぱりディスコは最低限、確実に『生放送』です。

テレビの場合、生放送とノンカット録画放送と、通常の編集放送・・・

色々あるけど、やっぱり運動になる。頭の体操にもなる。

日本中に80'sファンは何人いると思ってるの?35万人?

人口1億人として、アラフィフで1400万人、ディスコ経験者が半分の700万人、今でもディスコが好きな人が10分の1で、70万人。

そして、実際に遊びに行っても良い人が半数!35万。

この数字が多いのか、少ないのか、単に数字遊びです。

一般的なエイティーズファンは、もっとモットいるでしょう。

実際にディスコ系の懐かしい企画CDも売れたりする訳で、100万枚は無理としても、結構、売れるみたいですからね。実際には35万人どころではないとすると、80年代ディスコに限って言えば、来店頻度が昔と格段に違いがありますね。

(単にDiscoと書いてますが80's Discoの意味です)

【12/25夜】見逃さないで!

実際のディスコも最高なんですが、ギンギラギンにさりげなく♪

クリスマスという事もあって幸せな「楽しい情報案内」をします。

2017年12月25日(月) BSなので限定視聴者ですけどね。
BS日テレ22時放送「ディスコ・マニア~君の瞳に恋してる~」
総合司会、DJオッシーテレビ出演のお知らせです。DJ OSSHYがナビゲート! ディスコミュージックが大好きな人にお届けする2時間番組
▽懐かしのディスコナンバーから最新ディスコミュージックが満載!!
▽歌って踊れる!JPOP歌謡ディスコ
▽豪華!早見優のダンシングヒーロー!?
▽必見!25分!! SAM & DJ KOOによる90年代SPパフォーマンス!
▽クリスマスSPミックスディスコも!
毎度、この種の番組は、正直、DVDで出して欲しい位、12/26以降に気付いた人にも見てもらいたい!

そしてまた昭和の昔話になりそう(笑)

ディスコフリークや、芸能人の中にも、マック(マクド)経験のある方は少なくない。

あれ、どうしてマックのミートの話?

1980年代のマクドナルドは、ミートパティも手動で焼いていた・・・当たり前?なんだけど、現在は置けば自動的に最高の状態で両面が同時に焼きあがる!裏返したりする職人芸が要らない。男性なら、専門用語的に『トゥウェルブターンレイ』だね。忙しい時に飛び交う指令。この言葉が分かるか分からないかで、マクドナルドの厨房に入った事があるかないかが明瞭でしょ。これがロッテリア経験者ですと、また違う世界がある。もちろんモスも、ドムドムも、スワローもね。

 

女性なら、例えば『ツーマック、ツーフィレ、プリーズ』なんて、お客様の注文をコールしていた!そんな懐かしい光景にも巡り合えない。今では黙々と商品が取り揃えられて提供されていく。各レジ前の行列も消えて、今では銀行の様な1列対応 or 番号札方式も増えてきた。近年、灰皿の灰を片付ける事も必要ない全面禁煙だけど、あれだけキッズにアピールしていたマクドナルドが、かなり最近まで分煙だった記憶。

 

まぁ、ドライブスルーは、ワイヤレスなコミュニケーションシステムになって、大型店のピーク時では支払い窓口と、受取窓口がセパレートになった位かな。名古屋で言えば、一社店レベルの繁盛店になれば、ドライブスルーの注文マイクも2レーンあって大量にさばかれていきますが、あとはコーヒーの味の進化?昔はね~私はコーラしか飲まない派でしたが、今では何とかブラックで飲めるまで「私も商品も育った」共に大人になった。というイメージです。

 

まさかDJも似てる言いたいのか?

曲を並べれば、自動的に綺麗に繋がる。ここは1番まで、ここは理想的なブレイクで、この曲はロングミックスで、なんて選択すれば、いとも簡単にオートマティックDJの誕生!

MCすら、マイケル富岡とか、小林克也、バッキー木場、はたまた、カッコイイ外人の英語でも可能。それがボタン一発!完璧なタイミング、人工知能AIで抑揚もハジケ具合も臨機応変に流せてしまう!

そんな時が到来したら、逆に!

アナログレコードDJの真骨頂!生のMCも必要になり、見せるDJが活躍!もちろんレコードを所有してないと出来ない。

更に半年レベルの練習では人前で披露できない。

ま・さ・に・・・【伝統芸能】となる夢の時代の幕開けなんです。

って、また超大袈裟。でも~工芸品も手作りが貴重でしょ~

だから自動運転の前に、マニュアルミッションも知っておこう。

(運転はオートマチックでOKだけど、原理を知って損はない)

AB面間違えたり、回転数が違ったり、音量すらバラバラとか、

かけている方の針を上げてしまったり、人間味はあります。

大きい事はイイことだぁ~基本的に広いディスコが好きなんです。

写真は名古屋レニーのステージ上のDJブース。気持ち良いよ~

どんな時代でも「まだレコードDJが大好き」でいるのかな~

DJ:Nojimaxの10年後、未来になった時に真価が問われます。

将来「驚き!名古屋にレコードDJがいる」と記事になる時まで!

こんな人達で2020年【日本アナログDJの会】でも作ってみよう。

今はまだ、全国に100人以上いそうだから。時期尚早ですね。

 

そして、また思い出した。

今度は、車の話。と言っても車載テレビ!

今ではスマホや携帯で、どーしても見たい番組をデパートや電器店のテレビ売場まで見に行くなんて事もしなくなったと思いますが、10代の頃は特にテレビは娯楽の基本。

やはり、画像が荒いが、これが私の二代目の愛用テレビ。今でも保管してあります。ちなみに初代は白黒テレビでした。今では当たり前のチャンネル設定も「チャンネルを回す」時代からプリセット、そしてリモコン、今ではハンドルの手元スイッチ。何でも進化しますね。

16歳の誕生日に免許を持って、自動二輪にもラジカセを載せて走っていた。これは反省!大迷惑!走りながらディスコミュ-ジックや歌謡曲を聞いていたが、私本人は満足していても、ご近所にはバイク&音楽の騒音でした。よく隣のカミナリ親父から苦情がこなかったなぁ~と思っています。時に爆走はしtけど暴走はしていません。高校生ですから、真面目な近距離ツーリング程度。

18歳で中古の車に乗って、何故か、カーステレオで大音量を出したかった年頃、テレビも搭載した。専門用語で言えばダイバーシティーアンテナを付けていたが、安全も考えて、走行中は画面の乱れもあり、音声だけを楽しんでいました。

(もちろん昭和50年代、車内にテレビは完全に常識外でした)

 

そんな頃、思っていた事はバックカメラ!!

今では当然の便利機能!バックカメラなしで車庫入れが出来なくなる程、頼ってしまうけど、当時も若いながら車のバックには気を使っていたので、車の後ろにカメラを付けて、安全を確認したいなぁ~と思っていました。

結局、カメラ自体も今ほど安くなく、小型化もされておらず、配線、器機固定の観点から夢のアイデアとして実現しなかった。

その後、21世紀になり、忘れもしない2003年、近年、標準装備になりそうな、このカメラ機能が12代目クラウンに採用され、メルセデスでカッコ良かったサイドミラーのウインカーも同時に取り入れられ、即。いわゆる『ゼロクラウン』です。今では自動ブレーキと、BSM(今、安全運転に一番有効だと感じる斜め後ろの車を感知する機能)付きのSUV派ですけどね…

ここまでの親切なガイドは期待してなかったが、本当に感心した。

SUVや大型車は前方&側面カメラも標準装備にすべきですね。

 

最後にセブンイレブンの名古屋進出の話。

まだCMだけが有名で東京に行った時にだけ経験した名古屋人には未知で期待のセブンイレブン。

地元的にはサークルKに愛着はあるものの、凄く興味があって、パラパラブームからトランスブームになった頃、名古屋にセブンイレブンが一気に誕生するタイミングで、出来たらコンビニ経営したいなぁ~なんて思って少し研究していたりしました。

そして、何と、平成14年末に名古屋1号店が当時のメガミックスレコードから目と鼻の先に誕生した!!

懐かしい。錦通り。この店から100m位でガラス張りの理想的な「メガミックスレコード」がありました。当たり前だけどエアコンも効くし、事務所もあって、倉庫もあって、作業ルームもあって良かったのですが、郊外の居酒屋の人生も変わったように、路上駐車の制度変更がターニングポイントでした。地下鉄の出口に近いとコインパーキングも安くなく、専用駐車場も取れなかったので、在庫が溢れてきたこともあり、また、また、また、?引越しをしたのでした。

あぁぁ~もう昭和の話ではないので、ここで休憩。

また後日!!

 

マッチングビジネスが盛んです。

ディスコに行きたい人、ディスコで一緒に踊って欲しい人と、ディスコに沢山来て欲しい主催者との「マッチング」なんて・・・ディスコはいつでも開いてます!って感じで、これは「ない」ですね。

ならば、ディスコ経営をやりたい人と、ディスコ運営をやって欲しい人との、マッチングは?それは数人ずつしか集まらないので、個々の人脈でどうぞって事でしょう。

でも、実際には、バブル復活って騒がれてきた近年なので!

すでに、この手の商談のまとまりは、常に現実となってます。

あの店も、その店も、オーナー、社長、店長、お金を出す人、

企画を考える人、実際に現場を取り仕切る人、いろいろ。

古く言えば、ジュリアナ東京も社長は、あの有名な人ですが、

(ヴェルファーレも立ち上げた方、次回12/26TVに出てきます)

 

20171226日(火)ガイアの夜明け 追跡!マネーの"魔力"

【第3章:元ヒルズ族・折口雅博氏】

 「今だから語る...!あの熱狂の時代と今」1991年にジュリアナ東京をオープンした折口雅博氏。事業を急拡大し異色の起業家として名を馳せた。しかし、その後、会社内での数々の不祥事が報じられ、アメリカに渡り、メディアの前から姿を消した。再びバブルの機運を見せ始めたニッポンを、どう見ているのか?激動の時代の光と影を知る男を、独占取材!

日商岩井(商社)とイギリスの企業・ウェンブリーの共同出資

誰もいない時間のJulianaダンスフロアー

(JR田町駅から歩くかタクシーか微妙に迷う距離でしたね)

sosite,

mata,

長文になってしまいましたが、全て読んで頂いた方!有難う!

更に改めて「ギンギラギンにさりげなく」って懐かしくイイ曲です。

ギンギラギンにさりげなく♪を含めた歌謡曲ノンストップは後日

今回は特に歌謡曲ノンストップではありません。あしからず。

 

AD

まず、季節柄、都会のイルミネーションと観覧車と夜景!?

基本は名古屋駅前付近。栄も青く豪華だったけどビルなら名駅!

この写真からの展開で、また長文になるとは、我ながら面白い。

 

次に、やっぱり笹島のグローバルゲートも都会の大学とのコラボ

 

参考までに、昼間の都会のアオシス?ちょっとした屋上庭園

ついでに、中京テレビも笹島へ、来年には再建のユニーも笹島。

お笑いマンガ道場の中京TVは旧社屋解体で足元まで丸見え。

 懐かしい『5時SATマガジン

そして、名古屋港の観覧車も綺麗なんだけど、こちらもシンプル。

特別点灯のモリコロパークを背景にリニモとイケアの三位一体!

 

そして月曜の提案と研究のミニレポート等

11月には月曜ディスコでパーティを開いてみたけど巷の月曜は?

当店の近くのボーリング場。これが意外に盛況で本当に驚いた。

月曜の夜。屋上のテニスもフットサルも寒空の中で走り回ってた。

 

ここもマンデーナイト!老舗をチラ見。昭和の店内は満席状態!

ホステス60名?当たり前の様に週末の賑わい。凄い昭和パワー

飲む人、踊る人、そしてキャバレーに曜日は関係ないのか感心!

改めて、店の人が店頭に立っていない昼間に写真を撮ってみた。

 

ならば月曜のディスコが盛況でも不思議ではないという強引な話。

クラブでは定休日になる平日ですが、昔のディスコは365日営業。

ここで、2018年1月22日の御案内です。その前に「新年会」も……

まぁ、フラリと気楽に立ち寄る曜日ではないのかもしれないが、

意外に、土日は仕事で、休みではない人も多いのですから、

月曜だからパス。なんて意識なく。逆に土曜より楽しみやすい!

 

さて地域限定名古屋のミニレポートの続きです。

昼間に、ついでの名古屋巡り?大学巡り?そして名城公園など

看板確認…噂の名古屋城の入口「金シャチ横丁」は来春開店!

伊勢神宮の「おかげ横丁」を見習って、規模は違うが努力は歓迎

金シャチ予定地の左奥に小さく見えるのは「名古屋市役所」です。

日進市から都会の笹島に引越した愛知大学に続き!

愛知大学とは違い、こちらは一部の学部のみの新設がらみです。

以下、名古屋の大学に興味なくても、一応、読んでみて下さい。

大学という所は、ほぼ一般の人も自由に入れたりしますのでね。

学食は、一般人価格で割安でない事もあるけど、時にはどうぞ!

若者に紛れて「お茶している主婦」もチラホラいるので安心です。

名城公園の『tonarino(トナリノ)』と愛知学院大学

大学のキャンパスライフもスタイリッシュに様変わりしましたね~

 

ナゴヤドーム隣にはノーベル賞で知名度UPの名城大学

こちらの基本は天白区。一部の学部のみ新しい校舎で学べます。

南にイオンモール。東にナゴヤドーム。西には広大な三菱工場

もしもMITSUBISHI様が引っ越したら名古屋最大の商業施設

昔、お祭り騒ぎの大曽根アーケードも今は昔!残る期待の土地

写真は構内を散歩した時の図書館あたり。若いっていいですね~

 

①参考までに、現在の名城大学の本拠地。ココも豪華になった。

昭和時代に学祭で行った事のある人も、改めて散策してみよう。

昔の古びれていたコンクリート校舎の印象も御覧の通りです!

最寄り駅は八事からも可能ですがシオガマグチ「塩釜口」です。

エントランスの正門もスッキリ整理されて上り坂も優雅に見える。

(今も薬学部だけは隣の「八事駅」が最寄で昔のままだと思う)

 

中京大学(豊田キャンパスもあるけど)今も八事!

昭和時代に比べて、立派&有名になって意外に内部は広いよ~

名古屋の大学の中で唯一?雨に濡れず、地下鉄直結で行ける。

大通りに面しているけど内側には憩いの場もあったり散歩もOK

毎月の縁日 5日・13日で有名な八事山興正寺に隣接しています。

細かい写真は、ネットで各自検索して下さい。どの大学も奥深い。

八事山興正寺~毎月21日に開かれる「興正寺マルシェ」も人気。

 

南山大学(この度、完全に名古屋校舎に復帰統合)

昭和50年代、NHK、広岡瞬「太郎の青春」の舞台になったロケ地

名古屋の私学としては理想的なキャンパスと留学生で雰囲気◎

国立「名古屋大学」の近所。偏差値も隣り合っていると思います。

外国人が陽気にフリスビーをしていた昭和時代が懐かしい!

あれから変わらぬ風景!コジンマリした噴水エリアが上品です。

気候の良い季節には、この芝生に座って夢を語らう。なんてね。

新しい高層棟も増えたけど、長い歴史を感じられて趣があります。

 

入学式シーズンには桜も出迎えてくれる右から読む伝統の正門。

大学って丘陵地にあったりして坂道が絵になる青春の1ページ。

名古屋で有名でも全国的には微妙。上智大学と姉妹校なんです。

こう考えると分かりやすい。大半が自宅通学で下宿生は少ない。

文系のみだったが東海地区の方にとっては近年、理系も出来て、

国公立に行かないなら「なんざん」に入りたいって感じの大学!

昔は地下鉄「杁中」駅のみだったけど、今は3駅からアクセス可

 

参考までに④金城学院大学、椙山女学園大学、愛知淑徳大学

参考までに⑤名古屋大学、愛知県立大学、名古屋市立大学

先駆けは2007年に早々と熱田区に移転した名古屋学院大学

 

いわゆる通称【SSK】分かる人には、名古屋人の証かもです。

私の中ではSSK+南短。としていた(南山短大は今ありません)

大学シリーズの続き各自で、お願いします。

音大、県芸大、学泉大、日本福祉大学、名工大、愛工大、名商大、名女大、東邦大、愛知教育大学、愛知みずほ大学、東海学園、名古屋学院、中部大(中部工業大学)、名古屋経済大学(市邨学園)、名古屋芸術大学(名古屋自由学院)・・・まだあるけど、何か懐かしい名前。30年振りに思い出した!すっかり忘れている名前もあった。名前が変わっている大学もあるしね。

(パソコンがなかったら思い出せない名前もあった)

 

受験生を持つ世代のディスコフリークも昼間に大学巡りをどうぞ。

(社会人の入社よりも、高校、大学の環境が人生の岐路となる)

現実には、親の希望&本人の希望、何より学力で選ぶ余地は…

正論では『どこで、何を学ぶか』かが重要です。でも勉強は苦手!

30代までは定期的に“勉強テスト試験”に焦る夢を見ていた記憶

こんな歳になって授業や講義がないだけで「本当に気楽」幸せ!

 

大学、そもそも学校に興味がない方も、このブログは雑学として読んでね。

ディスコ大好きだけどクラブに興味がない方、そもそも夜の店に興味がない方も、雑学の延長で、

音楽は好きだけど、レコード屋さんには興味がない方、そもそも曲名やアーティスト名に興味がない方も、基本は雑学の集合体です。

仕事も、家事も、日頃の生活も、雑学の蓄積。少しの知恵とアイデアと経験で物事がスムーズに運んだりするものです。

 

だってね~~~今の知識と心構えと根性が、もし18歳の青春時代にあったなら???

皆様も今より出世。今より活躍。今より有意義な人生になっていたかもしれないって思うでしょ。

だ、か、ら、勉強も大切だけど、勉学より雑学。

良い経験が良い子を育てる!

会えない時間が愛を育てる!

こんなイメージで。何気ない「私の言葉」も、どこかで誰かの心には響いていて雑学の肥やしになっていく訳です。(苦笑)

 

まだ、中学高校シリーズもあるけどキリがない。よくも、本題の前に、夜景からキャンパスライフまで話題がそれ、写真まで掲載して熱心に書いている。暇なのでしょう。いや暇ではない。多分、思い出の記録?記憶の整理。昭和時代のディスコ以外の「なるほどシリーズ」でした。

名古屋以外の方には内容が面白くないかもしれませんが・・・このブログ。漫画ではないので、DJ同様、自己満足が一番大切でしょう。まずは「自分が満足」そして「知り合いも満足」更に「皆様もホドホド満足」でOK。仕事もブログもそんなイメージです。おそらく、世の中のDJも・・・世の中、皆さんも自己満足の積み重ね。

要するに@社長の語録というか、max matsuura 『仕事が遊びで遊びが仕事』みたいなものです。

30代の私の語録【良いものは良い】懐かしい!

20代の語録【・・・・・】私の????に書いてあります。

40代の語録【・・・・・】私の心の中に書いてあります。

今回の語録【自己満足が大切】今だけの話です。

 

話は、少し戻り、眺望が良い大学の高層化は慶応大学のビルが印象的だけど、学校が都心の高層ビルの中にある。名古屋では発想外だった。でも、近年、都会ではよくあること。名古屋でも驚かない。そこで、愛知大学もオフィスタウンの真ん中に堂々とやってきた。長らく世話になった旧愛知キャンパスを全て廃校にして大胆な決断。名駅からZEPPへの客の行列が、OL、ビジネスマン、観光客、学生の行列に変貌した。

 

これが東京、関東圏、大阪、関西圏の話になったら書ききれない。名古屋ならではのスケール。ほどほどに都会で田舎。ほどほど広く小さい。

会社では給料を貰うので、有能な人材をセレクトされても当然、でも、特に有名高校や有名大学は、入学金も授業料もキッチリ払うのに試験でセレクトされて、好きな学校には必ずしも入れない。

でもでも「ディスコは選べる」当たり前に有難く幸せ!

1984年頃のハイソなディスコや、1992年頃のジュリアナ東京は確実に入れるとは限らない。芸能人でも、金持ちでも、時には断られていた。しかも、単なるドレスコードではなく、雰囲気&トータル的なドアマンの判断で“排除”だったのだがら小池百合子もビックリの仕分けの先取り。問答無用な対応。ある意味、この体験がドレスコードを気にする我々の世代で、賛否両論のディスコの世相でした。

 

あぁ!!長文になりそう!って事で、ココで♪コーヒーブレイク♪

そして、このまま、本日のブログは完了予定。

 

本題!?!

ディスコで「何をかけて欲しい?」と、DJに聞かれたら・・・

これは、一般的に言ってご家庭で「今日の夜、何が食べたい?」のケースに似て奥深い。

こんな何気ない言葉、気楽に聞いている時と、困って聞いている時と、時と場合によるから複雑。

「何でもいいよ」が正解か、具体的に「◎◎の☆☆」がイイが正解か、それとも・・・

外食なら、和食、洋食などシンプル。店に着いてから好みを選べばOK

でも、主婦や主夫の立場なら選択肢は山盛りあるからね。

時には、このシンプルな質問の中に『冷蔵庫の中身、食材の期限、スーパーの特売、デパートで買ってきたもの、旬、栄養バランス、などを考えながら、自分も食べたくて、皆からも好まれて、実際に料理できて、準備から完成までの家事時間と、気分や、心の余裕までシュミレーション』した上で、じゃぁ~まぁ弁当!になる事もあり、面倒で凝った料理になる事もある。

そんな、日々悩みながら毎日こなしている料理!

大人の好み、年寄りの好み、若者の好みなど幅が広い。

これがDJで言うところの選曲って事になる強引なお話です。

気分、年齢層、お客様の好み、常連の好み、初めての方の好み、育ったディスコでの好み、青春時代のお住まい、たまたま今の旬・・・・・

 

ディスコで「何をかけて欲しい?」

例えばダンスクラシックパーティと、オールジャンルパーティでは選択肢の数が違う。

50~60代のパーティと、アラフィフパーティと、40~50代パーティでも違いは大きい。

昔、この様な事は聞かれない。聞かないもので、お客様とDJと会話する程の接点があるのは限られた人だけでした。

それがディスコ冬の時代になり、クラブ時代になり、21世紀になり、SNS時代になり相当に変遷して現在に至っている感じですね。

と言っても、よほどフレンドリーでリクエストボックスでもある位のイベントでなければ聞かれる事はないでしょう。

昭和時代、経験上、私からリクエストをした事はゼロで、DJにも頼んだ記憶はないです。

平成時代、新宿「ゼノン」でリクエストボックスがあったので1曲書いた記憶はあります。

もちろん、一般の客としてディスコに行っていた頃~完全に「まな板の上」状態です。

知ってる曲がかかる事は多いが、聞きたい曲が流れてくる事は少ない。

特に地元以外のディスコ!九州、神戸、大阪、同じ東京でもカルチャーショック位に別世界。

時々、馴染みの曲がかかってホットしていた。

思えば・・・

20世紀のディスコ全盛期には「リクエストされたら逆に意地張ってかけない」なんてDJと、

OK!!バッチリ後でね。って言いつつ忘れてしまう調子の良いDJと、即、出来るだけ早くかけるDJなどがいて色々でした。

 

レストランなら注文通りの品が出てくるけど、

クラブディスコでは他のお客様もいるからDJは複雑

 

以上、先日ツイッターに短く書いた事に対する説明でした。

行間には・・・ 単純に 貴方が踊りたい曲、聞きたい曲、好きな曲 そして 今日のイベント場合、客層の場合、客数の場合 さらに DJがかけたい曲、持っている曲、得意な曲、忘れかけていた曲 結局 上手くかけるか、唐突にかけるか、流れ重視でかけられないか 結論、特に正解パターンはありません。

人生いろいろ。ディスコも色々、DJも色々です。