福岡いじめ自殺:事件後も別の生徒に繰り返す 同グループ

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061103k0000m040169000c.html

(毎日)


中2男子生徒(13)がいじめを苦に自殺した福岡県筑前町立三輪中で、

この男子生徒をいじめていたとされるグループが

事件後も別の生徒にいじめを繰り返していたことが分かった。

学校側は遺族側に「再発防止を目指す」と繰り返しているが、

いじめ対策が進まない現状が浮き彫りになった。


この問題については

http://ameblo.jp/disclo/entry-10019121393.html

で書きましたが再度

おそらく自殺した児童以外にもいじめの対象者となった児童がおり、

・・というよりこういったいじめが複数常態化していて

それに教師も加担しているケースが他にもあるのではないでしょうか。


この構図は同和問題と日教組問題が絡んで

実態として解放同盟と日教組が同化しているとも言える地域・学校では

多数見受けられます。


まったく一緒なのです。


ようは子供のことは何も考えない解放同盟と日教組の責任と

それらを放置してきた保護者の問題です。

放置が異常な加害児童を生み出しました。


それを他の問題も絡ませようとするのは実態隠しです。


地元筑前町、そして三輪出身の

民主党 神本美恵子参議院議員(日教幹部)は

何ら見解をはっきりするわけでもなく

地元の日教組=解放同盟と対応策・・・・といっても対外工作の

打ち合わせに必死です。マスコミの取材対応もほとんど無責任。


http://www.kamimoto-mieko.net/index.html

HP上での意見・見解も何もなし。

日記の最終日(10/10)のタイトルは

「子供たちを『美しい国』行きのバスに乗せるわけにはいかない」です。


それ以降の意思表示はどこに?


問題は解放同盟と日教組の同化です。

こんなところ全国には多数あります。


それと加配同推教の担任の事をきちんと説明するべきです。


現在三輪中の日教組教員は何も対策をしていません。

完全に放置です。


AD