「核保有の議論必要」 中川・自民政調会長が認識

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/20061015/20061015_011.shtml

(西日本)

中川昭一氏「私は核武装反対論者」と釈明

http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20061016-104485.html

(日スポだけど


まず枕として西村慎吾さんの時の発言と同じ。

議論もいけないという一見俗事に良い風の批判。

でも西村先生の時とは背景が違う。

中川先生はわかって言ってますね。

核武装論を匂わす事とそれに対する批判が起こること・・・

この二つの要素が消えないように定期的に目立たせる必要があることを。


中川先生は当然↓のDavid Frumって言う人の論説見てると思います。

Mutually Assured Disruption

(AEI)

日本が核武装することを承認せよ(みたいな感じ)


↑は2chでもスレッド立ちましたがNewYorkTimesに掲載されました。

NTです。全国紙です。


AEIは↓で出てきたシンクタンク(共和党)

http://ameblo.jp/disclo/entry-10017326798.html

(これはヨタなので)

ブッシュの元大統領補佐官(いつか報道官って書いてしまったけど似たような・・)


この人のこと先日書いたと思うけど

「日本が核武装するかどうかの懸念など愚かな杞憂」

として

「何故なら宣言すればそれで核保有国」

と言った人です。


つまり本心では「日本の核武装を現実にどうこうではなく

”日本が核を持つかもしれない”事が武器になる」とわかっている人です。


でもちろん中川さんも少し昔に

「非核三原則だけであとの可能性は0と思わせるのは政治的にどうか」

と講演会でおっしゃっている。

具体的に核保有が軍事オプション的にどういった効果がある・・なんか

実はナンセンスで、「いつでもすぐに核保有できる状態」のほうが意味がある。


別の共和党系シンクタンクはこんなこと言ってました。

「日本の核保有に要する時間はMLBのワンシーズン」


つまり現実に核保有するより、いつでも核武装できる状態を構築し

「いつ保有国になるかわからない」オーラを放ちつつ

唯一の被爆国且つ非核国としてのメリットを生かした外交を展開する事が

強烈なアピールになるっていうのがわが国のカードです。


だから反核団体の存在も必要なのです。


中川さんが匂わすだけで一、二年は芳香剤の効果が持続すると思います。

文句言われたら適当に釈明しとこ・・・って感じで。


政府内で文句言っている人は二通りってことです。

禁酒破戒なんていう週刊誌ありましたが

むしろもっと飲んでほしいです。酒はいいです。ほんとに。


自由党小沢党首は「核武装は簡単」と発言


中川政調会長「核発言」に批判噴出 与野党過剰反応?

(産経)


太田昭宏

中川正春
長妻昭

久間章生
阿部知子
山崎拓
加藤紘一
久間章生

この中で外交カードのことを考えている人は誰でしょう?

AD