2014年01月26日(日) 23時56分43秒

D5クリーンディーゼル車の実力

テーマ:デリカ D5
D5が続きディーゼルターボ車も2インチUPブロックキットを取付
エンジンとメンバーを下ろすにはテーブルリフトが便利
   
2014012602
   
  
タイヤサイズが純正だから2インチUPと言えども車高が上がっている事を実感
    
2014012603
  
  
フロントマスクはカッコ良くても後ろ姿がイマイチだと思う車が多い中
D5はリアビューも似合ってる
   
2014012601
  
  
オーナーさんが踏んでいいよと言ってくれたのでアクセルを踏んでみた
エルフォードの燃調システムが装着されているせいもあり、速い
4速ホールドでアクセルを踏むほど加速する感覚は素晴らしい
高速道路でもシフトダウン無しでどんどん抜いていけそうな気配
   
脇道から本線に出るような場合、アクセル全開で他車の迷惑にならないように走るのだけど
FFで走行中にはフロントが浮き上がりタイヤが空転しそうになる
真っ直ぐのゼロ加速時にも同じようになりハンドルをしっかりと持っていないと
どちらかに取られそうになる
  
ここで思ったのがフロントストロークを少なくするサスペンションでのリフトアップは危険
アクセルをゆっくりとしか踏まない人にはいいけれどアクセルを踏みたい人には
フロントはたっぷりと伸び側のストロークが欲しい
   
ただ、フル加速時においてリアの沈み込みを無くせば大丈夫にはなる
少しのリア上がり、リアスプリングの強化、ショックの前後の特性を最適化するなど
出足の加速を安全にするにはしっかりと考えたサスペンションセッティングが必要になる
本気のサスペンションじゃなければ性能を大幅に落としてしまう
   
フロントグリルから見える純正インタークーラーも改造車のように見える
今までの四駆車には見られなかったデザイン
   
2014012604
  
  
ディーゼルターボ車にしては大きなインタークーラー
アクセルを踏んだときの加速の感じからブースト圧が高いのでは? と想像
ターボで圧力を高めるほど空気は熱を持つので冷やす必要があるのかと思ったり
単に排ガス対策で多くの空気が必要なのか、データが無いから分からず
   
外装パーツを装着してるD5はもちろんカッコ良いけれど
純正でも十分イケテルスタイル
D5の楽しみ方はたくさんありディーゼル車の追加で久しぶりのヒット作となる三菱車となりそう
大真面目にこの燃調チューン済みのディーゼルターボ車は面白いマシンでした
 
 
    
AD
2014年01月24日(金) 23時54分01秒

特撮に出てくるようなマシン

テーマ:デリカ D5
デリカD5 合計3インチのUP
初めはサイドステップが擦りそうな低さだったけれど
たった3インチがスタイルを変化させた
  
なにより、すでにカスタムされていた特徴あるフロントマスクが特撮映画に出て来そうなスタイル
  
2014012402
  
  
サイドビューは四角かった車が矢のように改造され、突き進んで行きそうな気配を感じる
  
2014012404
  
   
    
デリカD5 2インチアップブロックにアンチロールスプリング1インチUPサス
ビルシュタインはハートランドセッティング
   
2014012403
   
  
2インチブロックパーツはそのうち目立たなくなりそうな予感
   
2014012401
  
  
昨年のお盆に注文をいただいていたリフトアップ改造
阿波踊りの時期から真冬となってしまった
  
3インチUPすることで外装に押しつぶされないようなワイルド感が出てバランスが良くなった
バランスの高さが問題で、車高の高さ勝負だけではない楽しみもある
車のカスタムは奥も深いけれど幅も広くてそれぞれに楽しいもの
 
 
    
AD
2014年01月22日(水) 23時53分35秒

三菱クリーンディーゼル

テーマ:デリカ D5
直噴コモンレールディーゼルエンジンの小型のトラック
中にはエンジンの音が壊れていそうなぐらいに聞こえる叩くような音がする
高いノッキング音を聞くとついつい気になるのは仕事柄だろう
  
ボッシュのCMでは心地よさそうなクリーンディーゼル車が流れるように紹介される
xトレイルやパジェロも出て来てイメージアップ
  
デリカD5のディーゼルターボも気になる車の一つ
   
2014012201
   
  
軽く試走してみた
アクセルをゆっくり丁寧に踏む範囲ではダイレクト感は少なめ
走らない訳では無いけれどアクセルペダルの感触はやはり排ガス対策エンジンだった
スペースギア後期の電子制御ディーゼルターボのような急に立ち上がる感覚ではない
グッと踏めばそれ以上なのかも知れないけれど
新車だし、エンジンのチューニングで預かったのではないので終始丁寧に運転
  
全開運転はディーラーの展示車で走ることにしよう
なんかカッコイイエンジンのカバーに見えるのでした
    
2014012202
  
  

  


AD
2013年03月27日(水) 23時56分30秒

デリカスターワゴン

テーマ:デリカ D5
デリカには抜群相性がいいルシュタインショック
パジェロと同じスタイルで下部マウントがクロスンになる
   
既製品としてはすでに廃番商品
 
四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」-2013032701
  
     
 
車両からのカチカチという異音はクロスピンからだったのをお客様が発見
ブッシュとピンを圧入すれば直るので補修部品購入しようと阿部商会へ電話
   
回答は、すでに廃番商品だからブッシュの大きさが違うモノしか無いとのことなんだけど
ブッシュのリングごと交換すれば問題は無いらしい
   
と言うことで、工場で切断されたリングと潰れていたブッシュ
   
四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」-2013032702
  
   
   
リングを切り取り、新しいサイズのリングをケースに溶接してブッシュとピンを圧入
最後にペイントをして完成
   
四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」-2013032703
   
   
   
ついでに、ショックもオーバーホール
前回のオーバーホール時に減衰力を強くしたからそのままの仕様で作業依頼
オーバーホール出来るビルシュタインショック
特に三菱車にはなぜか相性が良く感じてる
   
 
今ではあまり見かけなくなったデリカスターワゴン
いボディーと四駆っぽいスタイルが魅力で、当時スーパーエクシードが人気&高価でした
 
 
 
 
2012年08月20日(月) 23時56分59秒

D5のアイテム

テーマ:デリカ D5
横から見れば薄く装着している重たさがない
足を置くときには、しっかりと置けるスペースあり
付けたぞ感よりも、付けているのを見せたくないぞパーツ
   
それはマッドジェイソン・サイドステップ
なかなか面白い発想のパーツだと感心  
   
四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」-2012082002
  
  
ハートランド2インチブロックキットを組み込んだサスペンション
純正マフラーでは装着は無理がありすぎ
でもこのマフラーなら付けようによっては、ほぼベストポジション
ガナドールのチタンテールが眩しい
   
四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」-2012082001
  
  
なんと言ってもリフトアップされたD5を支えるのはハートランド仕様のビルシュタインショック
分かりやすく言うならば、固すぎず柔らか過ぎずの乗り味
   
スプリングはノーマルで車高が上がってロールが増えるのも当然のこと
それでも安心出来れば問題無し
    
四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」-2012082004
  
   
このビルシュタイン、初期の動きから強くするスポーツカー的な味付けではなく
初期はすんなり動くけれどしっかりと効いてる感があるショックの味付け
   
舗装の路面の悪い所を走るとき、ショックが初期から強ければゴツゴツ感が伝わってくるし
強すぎればタイヤの動きがスムーズではなく、車が左右に揺れる原因にもなり得る可能性あり
かといって、ただ弱いだけだと車の揺れが収まらなくなる
  
初期は強くてロールも押さえられているように感じても
スピードを上げて行くとしっかり感が無いのは困る
初期をマイルドな設定にしてロール感があってもショックがしっかりと効いていれば
走行に不安感は無い
強い弱いではないショックの性能
車を安定して走らせられることが出来ればそれでいい
   
タイヤサイズやアルミホイルサイズ、特にオフセットなど
サスペンションは車の条件により同じモノでも大きく変わる
突き上げがあると感じても大径タイヤにすれば減るのも事実
ロール感もタイヤの種類やホイルのオフセットで変わるから
すべてが同じ仕様じゃないと比較は出来ないもの
  
いまのことろのお気に入りD5仕様に
ハートランド仕様ビルシュタインは外せない 
昨年初めて6インチアップのD5に取り付けてからのファンとなってます
 
 
 
   
2012年08月10日(金) 23時59分58秒

D5の2インチアップ

テーマ:デリカ D5
デリカD5
ハートランド製2インチアップキット + ハートランドオリジナルビルシュタインショック
タイヤはジオランダーA/T-S 235/70R16
       
四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」-2012081001
  
   
純正のD5に感じる突き上げ感も無くなり自然な走り
ロールを減らそうなんて思わないサスペンションの好バランス
  
高性能とは普通はそうだろうと思う価値観の先にあるとは限らない
D5に限らず、サスペンションセッティング&バランスは奥深いものだと思うのでした
次回はこのD5を例に考えてみます
 
 
    
2012年05月15日(火) 23時58分21秒

笑顔のご家族

テーマ:デリカ D5

新車を購入したばかりのご家族

そんなご家族の仲間入りをしたD5

   

リアシートに乗るお子さんには便利なサイドステップ

このステップに足を乗せて乗り込みます

   
四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」-2012051501
  

      

お父さんだけじゃなく奥さんも子供さんも楽しめる車

それはずっと以前のモデルからで、今も健在

   

ちょっとパーツを取り付けるだけでググッと四駆らしく変身

  
四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」-2012051502
   

オフロードを走るばかりが四駆じゃない

四駆はどこでも走れる車のイメージ

どこでもの中には街中を快適に、舗装スペシャルステージでは全開で

オフロードはたくましく、雪道は安全・確実に

そんなオールラウンダー的な車が四駆と言う車に求められていると思ってる

   

考えただけでも楽しい性能を持つ車

これから色んなステージを走り楽しい場所へ出かけて行く事だろう

たくさんの笑い声でいっぱいのD5になりますように

 

 

   

2011年12月06日(火) 23時58分59秒

車も人も魅力あり

テーマ:デリカ D5

デリカD5ノーマル車は、トヨタで言うならノアのような大きさに見える

四駆らしい野性的なイメージはない

  

そのD5もリフトアップして改造する事で違った車に見えてくる

よく見てたら、単純にD5のスタイルに惚れると言うだけではなく

古き良き時代の四駆の改造スタイルを彷彿させるものあり

   

旧世代の四駆にあった改造してカッコ良く変身

そんな時代の四駆と共通するものを感じる

完成度が高い今の現行モデルには無いようなものと言うべきか

   
四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」-2011120601    

    

   

車高があがると想像以上に乗り降りがしづらくなるけれど

電動サイドステップなるものが発売されていて、開けば下りてくるし普段は見えない最強アイテム

  

   


四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」-2011120603
   

ビルシュタインショックが入り、素早くタイヤが動いているような軽いコツコツとした乗り味も好き

ランクル好きの人も、このD5に一度乗れば想像以上との声が聞こえてくると思われる

   

車両のスタイルの好き好きはもちろんあるとしても

とにかく僕の中では想像以上の出来映えでした

そんなD5のオーナーさんをご紹介

   
四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」-2011120604
  

ハーレーでツーリングを楽しむ、とってもオシャレで渋い魅力のオーナーさん

なんとD5のナンバープレートは、亡くなった奥さんの生年月日

強さと優しさを持ち合わせたような理想の男らしさを感じます

D5は幸せ者でしょう

 

 

  

2011年11月28日(月) 23時58分41秒

デリカカスタムブック撮影

テーマ:デリカ D5

昨日までのイイお天気とはガラリと変わり

朝から雲に覆われて太陽の位置さえ分からない空

デリカカスタムブックの撮影日だったので近くのいつもの場所に移動

   

さえない天気だけどプロが撮るとキレイなんだろうと期待してます

  
四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」-2011112801
     

  

D5の位置を変え、色んな角度から撮影

近くの盛り土の上からも撮ったりとイイ感じで撮れたに違いない

いつもの事だけどカメラマンさんの撮影が終わるまではカメラは手にしない

同じアングルで撮るのは、盗み撮りみたいで気が引ける

   

撮影も終わったからちょっと撮ってみた

最後の撮影位置のままでまあいいかっと思い、そこから動かすことなく自分が動いて撮影

   
四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」-2011112803
  

   

このリアビュー好きです

四角いボディがいい感じ

   

タイヤは265/75R16でサーフやプラドの2インチアップ車と同じサイズのタイヤを装着

リフトアップ量は6インチ

  

前から見てもなかなかの男前です

   
四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」-2011112802
  

D5の良いところ

6インチアップしても乗り心地がいい

柔らかく良いのではなくて、乗り味が良いという表現が適切かも

  

タイヤからの入力はコツコツと素早くタイヤが動いてる感触

でも突き上げ感は無い

心地良いリズムで僕の中では好感度大

   

D5の改造、どこまでが普通に良いんだろうって考えてるオーナーもいるはず

このサイズなら目線が高くなった以外はごく普通

スペースギアとはまったく車が違い、何かにつけてとにかく軽い感じ

絶対的な大きさや広さは違うけれどD5の魅力も確かにある

完成したD5を運転してそんな風に思ったのでした

   

改造箇所やオーナーさん紹介は明日に続きます

 

 

     

2011年11月23日(水) 23時56分34秒

嬉しい仕事の依頼

テーマ:デリカ D5

黒のデリカD5

フルノーマルの状態だけどスプリングとショックを装着したいとの問い合わせだった

   

初めてのお客様と思いきや、聞いてみるとちょっと違ってた

ダートウエイオリジナルビルシュタインなどを組み込んだスペースギアに乗っているとのこと

当社でサスペンションを改造したお客様から中古車として譲ってもらったらしい

   

そして、11年間気持ち良く最後まで走ってくれたから

今度の車もダートウエイで組んだサスペンションで走りたいですとのご依頼

   

純正よりもしっかりとしてるJAOSサスペンションと黄色いビルシシュタインに交換

   
四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」-2011112301
  

25mmUPするスプリングとビルシュタインは、コツコツっていうけれど

突き上げはなく、フラフラすることもない

まずは標準ビルシュタインで乗ってもらうことにした

  
四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」-2011112302
   

   

色んな種類のバルブが装着されているヘッドライトユニット

   
四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」-2011112303  
   

どんな仕事でも依頼があれば嬉しい

頼られてると思うとモチベーションも上がる

そんな毎日の中でも、とくに嬉しい仕事となった

    

11年と言わず今度はもっと長く乗り続けて欲しい

家族で楽しい思い出をたくさん作れるように願ってます

 

 

   

[PR]気になるキーワード