1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-16 13:27:26

顧客満足はどこに?

テーマ:ブログ
私の仕事において、
顧客満足というテーマは
とても微妙な側面があります。
一般的には、顧客=発注者なので、
私の仕事における顧客は
広告制作を依頼してきた方です。
つまり、私は顧客に満足してもらうことに
全力で取り組むことになります。

そもそも顧客の満足というものは
どこにあるのでしょう。
その捉え方により、仕事の取組み方が違います。
「素晴らしい原稿を作る」
「高いクオリティ」
「早く仕上げる」なども顧客を喜ばせること。
顧客満足の1つの側面ではあるでしょう。

しかし、根本的な顧客満足は、
より多くのレスポンスを獲得して、
売上アップに貢献すること。それが出来なかったら、
素晴らしいデザインも、クオリティも、
早さも意味がないのです。
発注者が気に入るか、気に入らないか、
発注者の好みか、好みでないか、
そんなの関係ないのです。
高いレスポンスがあれば、
顧客満足を与えたことになります。

私的には、こういう考え方で仕事をしているので、
顧客と衝突することもしばしば(笑)
お金を出しているのは、顧客だから
言うこと聞いたらいいじゃない、と
関係者から言われることもありますが、
私が「それじゃ、売れない」と思うことを
受け入れることは、顧客満足を与えることと
反することになるのです。

でも、私も人の気持ちは多少考えます。
発注してくださった方の考えや好みに同調してあげたい。
もちろん、納得できる売れる要素については受け入れます。
が、ここは譲れない所、というのはあります。
なぜ、譲れないか、それは根本的な顧客満足を
実現できないかもしれないから。

このことを理解していただくのはなかなか難しい。
また、毎度このことで悩むのです。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-25 09:40:14

ハードル高い?紙媒体(その6)

テーマ:ブログ
通販においてクリエイティブの良し悪しは
たいへん重要なポイントです。

1つはネットの広告と紙の広告との大きな違いは、
視線誘導のあり方です。
ネットの場合は、主にスクロールさせることで
順番にメッセージを伝えられます。なので、
視線誘導は意識しなくてもいいのです。

紙の場合は、限られた紙面の中で、
見る人の視線を順に誘導してかなければなりません。
画像や文字、そしてその大きさ・色などを計算して、
見る人が理解しやすいよう、
また、気持ちを購入へ至らせるよう、導かなければなりません。
これはなかなか難しいものです。

紙の通販広告制作は感性だけでなく、
ロジカルシンキングでつくらないといけないのです。
グラフィックデザイナーを10年以上やってきました、
という人でも通販広告はどう作っていいかわからない、
といいます。
紙の通販広告の制作は独特の世界なのだと思います。

もう一つは、表現の規制です。
ネットではまだ薬機法などの規制をオーバーして
過激な表現で売っていますが、
紙の場合は、媒体審査などがあり、
過激な表現だと通りません。
ネットだけでやってきた方は、ここで
紙媒体展開に消極的になってしまうのではないでしょうか。

しかし、ここで諦めると、今後の発展成長もないので、
紙媒体でも売れるクリエイティブを
作り上げていかなければなりません。
ここは辛抱が必要かもしれませんが、
乗り越えていかなければなりません。
紙媒体での展開は、ネットにも好影響を与えます。
ぜひ、挑戦してください。







AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-05-23 09:02:58

ハードル高い?紙媒体(その5)

テーマ:ブログ
今日は
「紙媒体は手間と時間がかかりそうだけど…」に
お答えします。

私的には、紙の世界でずっとやってきたので、
手間や時間がかかるようには思えないのですが、
ネットの人からすると、印刷や媒体手配しなど
少々面倒を感じるかもしれません。

でも、紙の広告は作業やシステムが標準化されているので、
ネットのように、システムによる細かい対応などがなく、
スムーズに進行できます。また制作作業はDTPになり、
印刷も速くなっています。
新聞広告(モノクロ)なら
最悪1日前に入稿すればOKです。
(事前審査が必要ですが)

ただ、ネットの場合は、後で修正もできますが、
紙は印刷してしまったら修正がききませんから、
間違いのないようにだけ気をくばりましょう。

紙媒体への本格的な展開をしていくのなら、
紙媒体に強い広告代理店・制作会社・印刷会社さんを
選んでいくことも重要です。

次回は一番大切な
「紙のクリエイティブ」について お楽しみに!






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-20 10:40:46

これが、一番読まれている我がブログネタ

テーマ:ブログ
ハードル高い?紙媒体(その5) 
「紙媒体は手間がかかりそう」という話は次回にして
今日は別ネタで。

当ブログも長年やってきましたが、一番読まれているのが
「ブラッシュアップじゃなくてブラッシュダウン」という記事
http://ameblo.jp/directvision/entry-10780369229.html
です。

なぜなのか?
推測するに、
①ブラッシュダウンって何?ということが気になったから
②日頃、上司やクライアントさんから作っている原稿の
ダメ出しを頻繁に受けているから

この「ブラッシュアップじゃなくて
ブラッシュダウン」という記事内容は
原稿制作の中で、『いろんな人の意見を汲み取って制作すると、
売れる広告は作れない』ということを書いたものです。

上司が言うから仕方ない、クライアントが言うから
言うこときかないと・・・という気持ちもわかりますが、
すべて聞いていたら
上司やクライアントの好みを反映させたものができるだけで、
本来買って欲しい消費者に売れるものが
できないこともあるのです。(大概、売れない)

私の経験からも
クライアントに気に入られるように作ってしまった原稿は、
そこそこのレスポンスで終わることが多いです。
自分の意志を通して、これが売れるんです!と嫌われても、
次仕事こなくて信念突き通したものが
大ヒットの鉄板原稿になっていることが多いのです。

通販広告は信念・勇気・度胸で作るのです!!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-19 11:16:42

ハードル高い?紙媒体(その4)

テーマ:ブログ
今日もご来訪ありがとうございます。

今回は、紙の費用対効果って
見えにくくない?に答えます。

ネットだけでやっている場合は、
受注もほぼネットでしょうから、数値を把握しやすいはず。
また、クリック数や表示などの数値が一目瞭然。
しかし、紙の場合は、受注経路が
電話・ハガキ・ネットと多岐にわたります。
電話受注の場合お客様が答えてくれないことも多い。
また、チラシを見て→ネット検索して→ECサイトから
注文なんてことも多いのです。

また、紙媒体の場合は、どれだけ広告を見てくれたか、
というデータは入手できません。
最終的にどれだけ受注したか、
それしか効果を測るものはありません。

こうやってみると紙媒体は投資行為に対して
得られるものが少ないような気がします。
が、費用対効果というのは、
広告投資に対してどれだけ売れたか、です。
どれだけ見てくれた、というデータは売上ではありません。
知らせることが使命の一般広告に対して、
通販広告はモノ・サービスが売れないと意味がないのです。

もちろんデータは価値あるものですが、
それを費用対効果として捉え、満足していてはいけません。

紙媒体の広告の効果判断は、
受注経路が多岐にわたるため、
想像力と仮説をもって行わないといけません。
紙の広告展開により、
ネットからの受注も変化しているのでは?と
診る視点も必要です。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。