2016年度の役員体制と新卒入社

先日、弊社の株主総会が終了し、新たな役員体制で臨むこととなりました。

2015年は多くの挑戦をし続けた年であり、様々な投資を行いました。理由はシンプルで、我々が価値提供すべき顧客に対してサービスを拡張していく為です。
それは自らが先駆者となり、市場創造を実現していきたい、つまり多くの日本企業の皆様がネット事業を立上げ、その成功を支援したい、という事でもあります。

ヤフーとの資本・業務提携を行った事も、その実現に向けた一つの取り組みでもあります。志を共に出来たヤフーさんとであれば、市場創造を実現できると確信できた為、提携を行いました。

2015年に挑戦した事は、幾つかあります。
Webマーケ支援領域では、低価格でサポート付のマーケティングツールを多数生み出し、提供していきました。またネット広告の運用に特化した、少額の広告予算でもサポート出来る仕組みでもあるクラウドソーシングのDraft(ドラフト)を立上げました。(現在では約250人もの広告運用者が登録しています。)
また越境ECサービスとして、中国第2位のECモールであるジンドンの中に日本生活館というサイトをオープンしました。またインバウンド向けに対しても中国検索エンジン最大手の百度と一緒に商品開発し、提供していきました。
他にも、人材紹介会社のグロウスギア社を立上げ、人材不足に悩む企業を採用という側面から支援を行っています。そしてネッパン協議会(略称)という一般社団法人を立上げ、これからネット事業を初めて立ち上げる方々への支援を行うべく、多数のネット企業の皆さんに参画頂く事が出来ました。

こうして市場創造を実現すべく、多数の挑戦をしていきました。今年は更に事業を強化し、サービスを磨いて提供価値を高めていきます!
その為、今まで以上にマネジメント体制を強化すべく、2016年は新役員体制で経営に臨んでいきます。

新体制は以下の通りです。


■新役員体制
代表取締役社長CEO 荻原猛
取締役 山家秀一
取締役CFO 池村公男
取締役CMO 長谷川智史
取締役 龍桂悟(ヤフー株式会社)
取締役 山田圭祐(株式会社オプトホールディング) ※1
社外取締役 田中洋(中央大学大学院戦略経営研究科教授) ※1
※1 非常勤取締役

今回、大変光栄な事に、田中先生に社外取締役に就任頂く事になりました!!
田中先生は私が大学院に通っている際に、マーケティングとは何か、ブランドとは何か、を徹底的に教えて貰い、鍛えて頂いた恩師でもあります。
マーケティング論の大家でもある田中先生に取締役として就任頂き、様々なアドバイスを得る事で、弊社も更にもう一段上のステージへと成長していきたいと思います。

そして2016年4月1日の同日、2016年の新卒が入社してくれました。今年は20人。理念を共にした仲間が増えました。優秀な学生の皆さんからも弊社を選んで頂けるようになり、本当に嬉しい限りです!



我々はこれからも技術を磨き続け、顧客貢献に邁進していきたいと思います。
AD

2016年度の新卒内定式

2015年10月1日、2016年新卒の内定式を行いました!

総勢21名、とても素晴らしい人財を採用できたと思います。
入社を決めてくれた16新卒の皆さん、これから共に素敵な歴史を創っていきましょう!
関係者の皆様、ご支援いただき誠にありがとうございます!

2016年はソウルドアウト社にとっても新たなチャレンジに踏み出す大切な年でもあります。中国越境ECのサービス拡張、マーケティングツールの開発、ネッパン協議会の発展、運用型広告の技術アップ等、理念に即して展開していく事業をより研磨して価値提供していかなくていけません。とても大切な1年になると思っています。

常に社会や市場は変化する、という事だけが不変な事。我々はベンチャー企業ですので、それを認識し、「前進こそ正義」と捉え、数多くの挑戦をしていきたいと思っています。我々は先駆者であり、ロールモデルは存在しない、という意気込みを持って、取り組んでいくつもりです。

理念に共感し、入社を決めてくれた皆と語り合いながら、挑戦を繰り返す事で、サービスも組織も、人格も磨いていきたいと思います。新卒の皆さんには、正式入社後は新規事業にもドンドン配置していくつもりです。

ホント今日は幸せな一日でした。
仲間が増える!経営者としてこんなに幸せな事はありません(涙)
一致団結、鉄の結束でソウルドアウト社の使命を全うしていきましょう!
16新卒の皆さん、これからよろしくね!

AD
2015年9月19日、中央大学大学院戦略経営研究科の修了式・学位授与式がありました。私も無事に修了する事が出来ました。関係者の皆様、本当にありがとうございました!心より感謝申し上げます。

入学した2013年9月から修了するまでの2年間は私にとって貴重な、一生の宝とも言える時間でした!周囲の方々のご支援を頂きながら、何とか修了する事が出来た為、2年間ビジネススクールに通い、どんな学びがあったのか、私なりに感想を記し、ブログに残したいと思います。

そもそも、私のビジネススクールへの入学動機は、一流の経営者になりたい、ソウルドアウト社の社長として、更に自分を鍛え上げなければならない! そんな危機感というか使命感、責任感のような思考が起点でした。

そこで私は、現在の仕事の領域であるマーケティングを専攻し、経営全般を学ぼうと考え、マーケティング論やブランド論においての第一人者でもある田中洋教授のいる中央大学のビジネススクールを選択しました。そして入学してマーケティングを専攻しました。授業では、マーケティング領域はもちろん、経営戦略やイノベーション、人的資源やリーダーシップ、法務やファイナンスなど、戦略経営とは何か、を体系的に学べた事は今後の実務に生かす事が出来る、とても大きな財産となっている事は間違いありません。

しかし今回は、授業で得た知識ではなく、ビジネススクールに通ったからこそ得られた「学び」をブログに記載してみたいと思います。

一つ目は、何と言っても田中先生との出会いにより、「マーケティングの魅力」を再確認できた事です。私にとって何よりも大きな財産となりました。経営におけるマーケティングの役割の重さ、範囲の広さ、専門性の深さは想像以上であり、学習が進むにつれて知識欲がより一層刺激されました。例えば、田中先生のブランド戦略論の授業では、目から鱗の話ばかりで、理論やケースに触れる度にハンマーで殴られたような衝撃がありました。また私は、田中ゼミに入れて貰う事が出来た為、授業だけではなく何度も田中先生と会話をする機会を得る事が出来ました。先生との対話の時間が私の中で最も貴重な時間だったと言っても過言ではありません。

といいますのも、田中先生は私が質問した事を全て返答して頂けるのです。私は調子に乗って様々な相談をさせて貰っていました。その際は、分かりやすくケースを用いて教えてくれたり、先回りして落とし穴を教えてくれたり、考え方の切り口を指南いただけたり、それどころか質問の内容を整理してくれる事も何度もありました。田中先生とお話しすると、いつも刺激で溢れ、アイデアがドンドンと湧いてきます。今から振り返ってみますと、田中先生と話をしたいが為に、相談に乗って欲しい為に、マーケティングをトコトン学び、勉強をした2年間であったような気がしています。個人的には、田中先生には感謝の念しかありません。心から尊敬しています!卒業後も更にマーケティングを学び、田中ゼミの名を汚さぬよう精進していく事を誓いたと思います。

二つ目の学びは、時間管理について、今まで以上にシビアに考え、行動できるようになった事だと思います。これはビジネススクールに通ったからこそ得られたスキルだと思っています。通常の仕事をしながら学校へ行き、レポート提出を授業ごとに行わなければならないという状況は当初考えていた以上にハードであり、時間が幾らあっても足りません。私の場合、会食や出張も多かった為、優先順位付けをする事、時間配分を計画する事が必須な状態でした。そうしないと誰かに迷惑をかけてしまう事態に陥ります。改めて、ビジネススクールに2年間通った事で時間の重要性、優先度の意思決定能力、同時並行のマルチタスク技術を学ぶ事が出来たと思います。

三つ目は、多様性の破壊力を知った事です。私はネット業界にいる為、同業界には多くの知り合がいます。しかし全く違う業界の方々との交流は限定的でした。恐らく多くの方がそのような状態にあると思います。しかしビジネススクールの場合、多方面の業界や多種多様なキャリアをお持ちの方々がいるので、特にブレストを行う時には新たな発見の連続でした。切り口の違いに何度も驚きました。しかしこの多様性こそが、新たなアイデアの基となり、革新性の高い提案が出来るのだと実感できました。この体験は私にとって大きな学びでしたし、思考の枠を外して窓を広げる事、ダイバーシティの重要性を理解出来た事は大きな学びでした。

これら3つが私にとってビジネススクールを通じて得た「学び」だったと思います。振り返ってみて、自身を鍛える事が出来た貴重な機会であったと心から思います。

また、もう一つ加えるのであれば、周りへの感謝の気持ちが今まで以上に強くなった事も挙げられるかも知れません。土日に学校へ通う事を許してくれた家族への感謝、学校の勉強に時間を割く事を快く認めてくれて、且つ、気遣いをしてくれた会社の仲間への感謝、また素晴らしい同期の皆さんや田中ゼミの皆さんに励まされ、支援して頂いた仲間や先生の皆様への感謝など、簡単には言い尽くせない程、存在します。

修了式を迎えた事で、自分の中の感覚としては、あっという間の2年間だったような気もする一方、濃くて充実した2年間でした。私はこの2年間で学んだ事、得られた事を最大限、現在の仕事に生かして結果を残し、ソウルドアウト社を誠実で挑戦し続ける企業へと飛躍させていきたいと思います!


最後、修了式に出席してくれた娘と田中先生との記念写真。良き思い出です!



AD