din LOPPIS 北欧雑貨とアンティークとくらす

アフリカのジンバブエ、ロンドンを経てスウェーデンへ。
スウェーデン人と北欧雑貨、ビンテージ食器やアンティークなものに囲まれて田舎暮らしを満喫中。
いつかアンティークショップをまるごと大人買いしたい、と妄想の日々。


テーマ:

家の前に植えてあったヘザー。

凍ってる・・・・

 

 

 

 

 

どーもす。

ろっぴすです。

 

 

 

北極圏の朝晩の冷え込みはやっぱり堪えるわー・・・・

でも家の中の暖かさは尋常じゃないからこんなでも室内なら日本よりも断然過ごしやすいのよね。

さて。

この日の予定は今回の旅行のハイライトでもあるアイスホテルへ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・だったんだけど?

ほら?

宅のキングは気まぐれなのでね。

IMG_20180209_142133455.jpg

 

 

 

 

山の天気は不安定。

でも天気予報では天気が安定してるっぽいし、今太陽出てるし←ってことで急遽↓

ノルウェーまで行っちゃう?

とか言い出したんだけども・・・(こんなこと予定してない

 

 

 

 

え?

ちょと待って。

アンタたち(おぺーと子供たち)はスウェーデン人だからいいけどさ?

アタシパスポート持ってねぇわ?

国境で止められたらどうすんの???

・・・って思ったんだけど?

「大丈夫大丈夫」っておペーが言うもんだからさ?

まぁ入れなかったらその時だ、ってことで?

せっかくここまで来たし!

行けるところまで行ってみようってことになりまして(笑)

 

 

早速出発!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひたすら続く圧倒的な景色。

息をのむとか。

声すら出ないとか。

アタシが知っている言葉を総動員したってこのすごさは半分も表現しきれない。

圧巻。

恐怖すら感じる美しさって言うのを初めて見たかもしれない。

 

 

 

そんな景色の中をひたすら北上。

・・・・してたら↓

あっ!

 

 

 

野生のトナカイだ!!!

 

 

 

ん?
ってか?
このトナカイ全然逃げないの(笑)
人慣れしてるって言うのか、人に慣れてないのか。
対向車が来ちゃってるのに悠然と道路を横切るのよ。
 
 
 
この土地の主のように悠々と(笑)
うちの自宅近くでもトナカイとか鹿とか見るけどみんなすぐ逃げるのに。
 
 
 
 
更に北上したら↓
!!!!!!!!!
 
 
これがかの有名なトナカイランド?(観光地(違
観光地かどうかは分かんないんだけどとにかく何百頭って言うトナカイが放牧(って言っていいの?)されてるところを発見。
 
 
 
 
丁度管理主さんたちがいて一頭の本当に「美しい」って言う感じのトナカイを連れて行くところだったんだけど?
こんなにたくさんどうやって世話してるのかしら?
ってか?
トナカイさんたちはこのクッソ寒い地域で何食べて生きてるの?←
用意された餌箱的なところ以外の単なる地面を「もぐもぐ」やってるトナカイもいたんだけど・・・
何食べてるの?(2回目
 
 
 
トナカイランドの後は昼休憩。
・・・って言っても何もないところだし?
トイレも借りるついでに国境付近に唯一あったスーパーマーケットに立ち寄ることに。
それなりの広さのスーパーなのに・・・・
 
 
 
売られてた野菜と果物はこれだけ(笑)
ってか?
果物も全部冷蔵庫に入ってるって・・・
冷蔵庫の中「暖かい」もんね「4℃(+)」だし。
ってことらしい。
恐ろしや、北極圏。
てか?
一枚前の写真の向こう側半分に見えるセクション(店の半分)は炭酸飲料と弱アルコール飲料と量り売りのグミの山だかんね?
恐ろしや北極圏
 
 
 
 
 
このスーパーに隣接してたワゴン販売のテイクアウト(?)をこれまた隣接してたTipiと呼ばれる簡易テントで食べることに。
見た目結構ペラッペラなレジャーシート的素材。
中では暖かい空気が巡回するような暖房器具が一個置いてあるだけだったのに。
これがどうして中々暖かい。
 
 
 
トルコ系移民らしい人たちが作る焼きそば風の何か←を食す。
味付けは醤油ベースなんだけど・・・・一体何だったのかって言うと形容しがたい感じの食べ物だったわ?
子供たちは美味しいって言って食べたから良しとする。。。
 
 
 
更に車を進めていよいよノルウェーとの国境へ。
ノルウェーはスウェーデン語ではノルゲと言います(笑)
ってか標識霜で見えない。
 
 
 
 
まぁ国境って言ってももちろんここを境に景色が変わるわけもなく(笑)
 
 
 
 
ってかこんなところに乗り捨てられた(?)トラックが一台。
これ絶対動かないやつでしょ・・・
 
 
 
 
そして国境ですから。
やっぱりやることは一つ。
国境de反復横跳び
滑って危ないからただ国境またぐだけになりましたが。
 
 
 
ノルウェーに入ってからは↓
 
 
 
 
フィヨルド付近の海岸線だからね。
風力発電所。
なんかこんなものまで自然と一体化して「見る甲斐ある景色」みたいになってるから不思議だったわ?
 
 
 
 
スウェーデン国境から一番の最寄りであるNarvik(ナルビーク)と言う街に行く途中。
フィヨルドの一部。
もうこの景色とか!
みんな見て!!!
て感じだったわ。
この写真じゃこの感動が1ミクロンも伝わらないのよ!!!
パノラマでお届けしたい!
 
 
って思って撮ったのがこちら
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どーん。
でもこれだよと写真が小さいし。
やっぱり伝わらないー。
うーーーーー。
でもそのうちフィヨルドを巡る旅もしたいなー。
その場合は陸からよりもフェリーの方が絶対良いだろうなー。(でもこのクルーズツアーはめちゃくちゃ高いらしい。。。)
 
 
 
 
フィヨルドの雰囲気だけちょこっと堪能してこの日の宿泊先であるキルナに移動。
バイバイノルウェー。
また来るよ(笑)
 
 
 
途中おぺーがどうしても見たいと言っていたこちら↓
・・・ええと?
これは?
な写真ですみません。
でもこの正面に写る一か所「スコン」と抜けがある山並み。
これがどうやら有名な観光地らしいの。
 
 
 
こっちの方が分かるかしら?
これはLappotrten(ラポーテン/ラップポルテン)と呼ばれる珍しい地形で、スウェーデンの人は「ラップランドのゲート」と言う呼び方をしたりするんだって。
巨人が来てそこだけ食べちゃたみたいな不思議な形。
まさしく「門」のような、ラップランドへの入り口というかむしろ寒さとか相まって
黄泉の国への入り口
みたいな雰囲気が醸し出されてたけども←
イマイチだった視界が晴れてこの姿が見えた時は感動したわー。
 
 
 
 
 
とにかく何もかもが雪と氷に埋もれる極寒の地。北極圏。
この日のお宿はオーロラツアーなんかで有名なキルナ。
ここでもひと悶着←
 
 
 
・・・・続く。

皆さんのその一手間にパワーをもらってます♡

1日1クリックずつしていってね♡↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

 

Facebookのdin LOPPISページです。「いいねいいね​」お待ちしております。

 

 

  

Instagram

↑ろっぴすIGこちらから

 

↑Twitterはこちらから

 

Add Friend

(もしくは@ffx1807iで検索)

↑気軽に商品のお問い合わせもできる!LINEでのお友達登録もお待ちしてます♡
 

 

北欧雑貨とビンテージ食器のお店

din LOPPIS

(画像クリックでお店にGO♡)

 

大手ツアー会社では経験できない北部スウェーデンの世界遺産を巡る旅はこちらから
Unique Travel Sweden

(画像クリックでサイトにGO♡)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ろっぴすさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。