鼻の潰れたピエロスピーカー
$web デザイン ことはじめユニット:DENONのサラウンドスピーカーについていたやつ
いわゆるガラス瓶スピーカーである。低音は出ないが、とにかく元気のいいメリハリの利いた音がする。
馬鹿丸出し3連発スピーカー
$web デザイン ことはじめユニット:パチンコの景品レベルのサラウンドスピーカーについていたやつと、ELECOMのPCスピーカーについていたやつ
まあ、安ものの代表のようなスピーカーを3個並べてみただけのものである。一応ナチュラルダクトが仕込んである。で、音はと言うと、もちろん高音質なわけはないが、悪くもない。カラリと乾いた音で元気良く鳴る。明るくて音離れがよくて悪くはないのである。しかしまあ、けして良くもない。
積み木スピーカー
$web デザイン ことはじめユニット:出所不明の小型ユニット
PC用のアクティブスピーカーの部品だと思われる2インチほどのユニットを4個セットで入手したので、必然的に2発づつになった。見た目よりは低音が出るが、見た目ほどに高音が鳴らない。落ち着いた聴きやすい音色である。小さなスピーカーらしい音の広がりがミニホールっぽくて楽しいスピーカーになった。
段ボールスピーカー
$web デザイン ことはじめユニット:壊れたSONYのラジカセから取ったやつ
四半世紀愛用していたが、ついに壊れたソニーのラジカセから外した2ウェイスピーカーを100円均一の木箱と段ボールに納めてみた。一応バスレフである。なんとも悲惨な外観ながら、最近のユニットとは異質な音色が意外といい。コーンを感じさせない軽くてスピーディーで明るい音色である。薄くて軽いコーンに貧相なマグネットの良さがよくわかる一品となった。それなりの口径なのでそれなりの低音も鳴る。
植木鉢スピーカー1号
$web デザイン ことはじめユニット:NECのミニコンポから取ったらしきやつ
さすがNEC、ルックスも音色も、なんとも華のないユニットである。植木鉢に入れたせいで、さらに地味な音になってしまった。まあ、ヴォーカルや弦がしっとりとした感じになるのが救いである。永く聞いても疲れない音なので、ネットラジヲをかけっぱなしにするのに愛用している。
小型スピーカー
$web デザイン ことはじめユニット:オンキョ8cmトッカユニット S080701
ハードオフで衝動買いしたサラウンドスピーカーのうちの2本に、バーゲン品ユニットS080701を付けただけのものである。この小さなエンクロージャーは、どんなユニットに交換してもなさけない音しかしなかったのだが、S080701 はボンボンと低音が鳴る。メリハリが効いているのに少しひっこむような独特の音色である。小音量でも低音、高温に音圧があって、ニアスピーカーとしてはなかなかのものである。PCでムービーを見るときにはこいつが一番しっくりとくる。
一つ目スピーカー
$web デザイン ことはじめユニット:DAY AUDIO SA/F80AL
低音が鳴るのにも定評がある個性的なユニットなので、あえて密閉にしてみた。独特のちょっと金属的で明るい音色が楽しい。やはり金管などがいいようである。室内管弦楽なども楽しい。
植木鉢スピーカー2号
$web デザイン ことはじめユニット:コイズミ無線オリジナル TOYO 70FB02BC
一個480円と、安価なユニットある。見た目も実にチープで泣かせる。コイズミ無線も、なんでオリジナルなのにこんな形なのか説明できるのだろうか?普通にならしてみると、見た目通りキンキンしてどうにもならない感じがした。しかしながら、いわゆるハイアガリではないかという意見をネットで見かけたので、ナチュラルダクトにしてみた。結果、やはりハイアガリだったのである。なかなか豪快に低音が響く。明るい高音域、中音域と、軽快で豊かなナチュラルダクトの低音がアコースティックジャズにベストマッチである。
2発でどうだスピーカー
$web デザイン ことはじめユニット:TangBand W3-832SE
DIATONE PW-0814CM
謎のカタログにないたたき売りユニットと、不可思議なウーファーを付けた、ナチュラルダクトスピーカーである。W3-832SEの繊細さに不可思議なウーファーと、程よくできそこないのナチュラルダクトが加わって、すこぶる豊かで厚みのある音がする。音が押し寄せてくるようで、やや聴き疲れするような気もする。何もしないで音楽を聴くときにはいいスピーカーである。
AD
まず、モバイルとはなにかだが、これは「いつでも、どこでも、だれとでも つながる」インターネット環境といえるだろうか。ここ数年で、日本人すべてがこの環境を利用できるようにしようというのが総務省のU-ジャパン政策である。あらゆるメディアがモバイルに飲み込まれていく。すでに始まっているのは実感しておられる方も多いだろう。PC業界とて例外ではない。電気店の店頭では、モバイルノートとデータ通信の大売り出しである。もう、この流れは止められない。「名刺」はどうだろうか?これはやっぱり紙だからこそ価値があると思いたい。グラフィックデザイナーの私など、切実にそう思いたい。しかし、メディアとして考えた場合、書籍と同様、いつまでも紙でいられるものでもあるまい。書籍はまだ嗜好品、プレミアムとしての紙製は残るだろう。名刺もプレミアムとしてはそうかもしれない。しかし、中小企業のビジネスマン諸兄の名刺は実用性が第一であろう。そこで最近は「電子名刺」「デジタル名刺」といったものが多く出てきた。まだまだこれらは紙の名刺の概念、名前交換の概念から抜け出るものではないようだ。SEEDモバイル電子名刺がそれらと異なるのはモバイルマーケティングによる販売促進機能など、ビジネスに役立つモバイル環境を網羅してパッケージにしているところだ。これはモバイルによる商店の売上アップで最大の実績とシェアをもつアットメールだから出てきた発想だろう。つまり、SEEDモバイル電子名刺のバックボーンは、日本最強の商用モバイルASPである。
では、実際にSEEDモバイル電子名刺で何ができるのだろうか?オプションを付けると月額3,000円近くになってしまう!高いか安いか?私など、駄目な職人は高いんじゃないかと思ってしまうが、販促のプロや、マネージャー職、経営者はほとんど安すぎて不安だと思うらしい。まあ、下の図を見れば一目瞭然だが、考えてみれば驚くほど安い。これはSEEDモバイル電子名刺だからではない、U-ジャパン政策で、そういう時代になってきたということなのである。

SEEDモバイル電子名刺 イメージ



$web デザイン ことはじめ-トップ
携帯をSEEDにかざすだけで・・・
web デザイン ことはじめ

$web デザイン ことはじめ-名刺
名刺情報
web デザイン ことはじめ
$web デザイン ことはじめ-プロフィール
プロフィール
web デザイン ことはじめ
$web デザイン ことはじめ-アドレス
電話帳登録
web デザイン ことはじめ
$web デザイン ことはじめ-マップ
地図表示
web デザイン ことはじめ
$web デザイン ことはじめ-会社
会社案内
web デザイン ことはじめ
$web デザイン ことはじめ-パンフ
商品パンフレット
web デザイン ことはじめ
$web デザイン ことはじめ-見積もり
自動見積もり
web デザイン ことはじめ
$web デザイン ことはじめ-カート
クレジット機能付きショッピングカート
web デザイン ことはじめ
$web デザイン ことはじめ-メール
モバイルマーケティング・セールスプロモーション


まあ、すぐに紙媒体が不要になるわけでもあるまいが、急速にデジタル化されていることは間違いない。大手企業も生き残りの為に莫大な時間と予算を投じて、あらゆる販促活動をモバイルに移行しようとしている。でも大丈夫、中小、零細企業にはSEEDモバイル電子名刺がある。
AD
エレクトーンで白人ジャズシンガーが歌っているバージョンがあるのだが、見つからなかった。
上のが一番雰囲気が似ていた。
もとのシャルル アズナブールも英語で歌っていて、いまいちなので、フランス語のにたようなのを貼っておいた。意味不明の行為である。







Yesterday when I was young
the taste of life was sweet as rain upon my tongue.
I teased at life as if it were a foolish game,
the way the evening breeze may tease a candle flame.
The thousand dreams I dreamed, the splendid things I planned
I always built alas on weak and shifting sand.
I lived by night and shunned the naked light of the day
and only now I see how the years ran away.

Yesterday when I was young
so many drinking songs were waiting to be sung,
so many wayward pleasures lay in store for me
and so much pain my dazzled eyes refused to see.
I ran so fast that time and youth at last ran out,
I never stopped to think what life was all about
and every conversation I can now recall
concerned itself with me and nothing else at all.

Yesterday the moon was blue
and every crazy day brought something new to do.
I used my magic age as if it were a wand
and never saw the waste and emptiness beyond.
The game of love I played with arrogance and pride
and every flame I lit too quickly quickly died.
The friedns I made all seemed somehow to drift away
and only I am left on stage to end the play.
There are so many songs in me that won't be sung,
I feel the bitter taste of tears upon my tongue.
The time has come for me to pay for yesterday when I was young.
$web デザイン ことはじめ

「電子名刺」「デジタル名刺」というものはいくつか存在するようです。有名なOUTLOOKも、実は電子名刺だそうです。なんだかピンときませんね。おおむね、電子名刺はそんな感じで、なんだか名刺とはずいぶんと違うイメージのプロフィール交換手段であることが多いようです。しかし、今回@メールの姉妹商品として発売になったSEEDモバイル電子名刺システムは、ありそうでなっかった、電子名刺、デジタル名刺のイメージ通りの電子名刺(デジタル名刺)です。しかも、プロフィールの交換にとどまらず、携帯を利用することで、URLや電話番号を転送して日常のコミュニケーションを円滑にします。さらに、企業情報、画像付きプロフィール、商品情報まで名刺と一緒に送る事ができます。オプション機能を利用すれば、セールスプロモーション、見積もり自動作成、クレジットでの商品販売、ポイントの発行まで可能です。ありそうでなかった電子名刺が、ついに実現した!という感じですね。詳細はこちらです。

8pwebで購入できます。