子どもがどうにもこうにも言うことを聞いてくれずに苦労した、、、ということはよくありますよね😭

ついつい叱りつけてしまいがちですが、それでは事態が悪化するばかりですガーン


例えば、とても面白そうな遊具があったとします。でも「遊べるのは身長何センチから」などと書いてあります。
それでも子どもが「やりたい!やりたい!」とわがままを言ったとします。


こういうとき、「わがままを言うんじゃありません!」と叱ってしまう人も多いかと思います。


それでも子どもが諦めなくて、さらに激しく「やりたい!やりたい!」とわめき出すこともあります。
そうなると、親の方も「わがままを言わせてなるものか」という気持ちでさらに激しく叱る、ということになりますよねあせる

実はこういうときは、まず子どもの気持ちに共感してあげることがポイントです。


つまり「遊びたいよね。おもしろそうだもんね。」と言ってあげるのです。


もちろん、ここでルールを破って遊ばせるわけにはいきません。
でも、子供の気持ちに共感してあげることは、ルール違反ではありません。


そして不思議なことに、親が共感してあげると、子どもは意外なほど素直になります。


なぜかというと、実は、子どもはやってはいけないということはわかっているのですガーン


でも言ってみたいのですガーン


言っても仕方がないけど言ってみたいのですほっこり


そこで親が共感することで「あ〜。わかってもらえた」と少し安心するのです。


それによって、「遊ぶことはできないけど、気持ちをわかってもらえたからまぁいいか」ということになって、帰って我慢できるのですおねがい


親が共感的な対応をしてくれれば、子どもは必要以上にわがままを言わなくてすむのです合格


その反対に、親の方が全くきく耳を持たず、「ダメなものはダメ!」という正論の一点張りですと、子どもは自分の気持ちの持って行き場がありません。


やりたいのにやれない、その上、親も全くわかってくれない、ということで、二重にストレスがたまり、どうして良いのかわからなくなり、余計に騒ぐようになるのです。



ですので、たとえノーと言わなければならない時も、たっぷり共感的に聞いてあげたあとで言うようにしましょう




とはいえ、どんな時でも聞き分けの良い子どもなんていませんよねあせるあせる

子どもが今やっていることをやめさせようと、

「早くしなさい!」
「いい加減にしなさい」
「ダメだと言っているでしょう」


など、言うことを聞かせようと躍起になりヒートアップすればするほど、子どももヒートアップしてしまいますびっくり


ところが、どんなに言おうと、いつまでたっても子どもが聞き分けが良くなることはありませんガーン


なぜならば、自我が完成していない子どもに聞き分けを求めることん自体、ハードルが高すぎますよね、!!


どうしても言うことを聞いてくれない時は、最後の手段として、興味がある別のものや好きなものに気を向けるなど、気持ちの切り替えの手助けをしてあげましょう。



そもそも言い争っている時というのは、心理状態で言えば、ちょっとしたパニックに近い状態ですえーん


パニックになって、何が何だかわからず泣いたり暴れたりしていると、当の本人もいつのまにか、何故こんなに泣いて暴れているのかわからなくなっていますので、意識を変えてあげましょう上差し



例えば私たち大人も、どんなに混乱したり、嫌なことがあって落ち込んで、頭の中がそれでいっぱいだとしても、「目の前にゴキブリがいる!」と言われたら、「どこにいる?!」と驚き、意識がそちらに移りますよねDASH!


それと同じですひらめき電球



とりあえず今やっていることと違うことをやってみたり、意識や興味関心の目先を変えるだけで、困ってしまう状況は打開できることが多いのです。



ぜひ色々トライしてみてくださいねキラキラ



〜マハトマ・ガンジーの言葉〜
世界の不幸は誤解の四分の三は、敵の懐に入り彼らの立場を理解したら消え去るであろう。

AD