船田和成のハッピーダイエットライフ

正しいダイエットをすると、心も体も気持ちよくなります。辛いダイエットはリバウンドするのでやめましょう。しょうが紅茶、グリーンスムージー、プチ断食、健康チョコレート、グルテンフリーなど、健康に良い方法で痩せる秘訣をお教えします。


テーマ:
ハッピーダイエットライフ

以前46歳でダイエットしたことがあります。
それで、やってみたところ、いろいろ発見がありました。

あと販売ページを作成する関係で、
他の方の販売ページもよく参考にしています。

どんなことが書いてあるか、
注意深く読んでみるとけっこうおもしろいですね。

よく、ダイエット教材の販売ページには、体験談が載っています。
本人のものや、モニターさんのもの、読者からのものなど、いろいろあります。

中には、「これ、ホントかいな・・」というのもありますが(笑)
まあ、だいたい、何キロ痩せましたとなっていて、感想文がついています。

それを見ると、やっぱり若い人が多いですね。
20代、30代の人が多くて、40代の方はちらほら・・・。

これ、自分でやってみて、納得です。
どうも、ダイエットには年齢のボーダーラインがあるようです。

他の人の教材を見ていると、
体験談で痩せている人は圧倒的に若い人が多いです。
中には40代の人も少しいますが、かなり少数派となっています。

50代の方は、今のところ1人だけ発見しましたが、成果はたいしたことありません。
やはり、30代と50代では、ダイエットに「大きな違い」があるようです。

私はその時、46歳です。
その前に成功したのは39歳のときです。

たった7年前ですが、この違いはかなりありました。
まあ、あえて前回とは違う方法でチャレンジしました。
でも、方法論としては、より成果のでる方法で挑戦したつもりです。


しかし、前回よりも、けっこう難しいというのが実感です。
もちろん、痩せてきたのは事実ですし、証拠写真もありますよ。

$ハッピーダイエットライフ


しかし、どうも年齢というのはひとつのキーワードだと感じました。
それで、その点を注意して、他の教材を見ていたのです。

そしたら、ある方の教材では、「27歳」をボーダーラインにしていました。
つまり、27歳の前と後では、ダイエットのやり方が違うと主張していたのです。

その方は現在、42歳で魅力的な女性ですが、これも納得。
私も、20代の後半に、始めて「老化」を感じましたからね・・・・。

実際のところ、女性が一番輝くのは24歳だと聞いています。
25歳を超えると老化現象が始まるため、あちこちに問題が発生します。

この、24歳~27歳程度で、ひとつめの老化現象がハッキリするということでしょう。
私も、25歳で体調の変化を感じて食事療法を始めていましたからね・・・。

つまり、この20代前半と、20代後半では、
ダイエットにも変化があって当然です。

その点をこの女性の教材では強調していて、おもしろかったですね。

でも、その女性に教えてあげたいですね・・・

本当の老化現象はこれからですよ・・・、
というより、もうすぐですよって・・。

これは、統計ですが、
日本人が「老眼」になるのは、平均45歳なんです。

老眼なんていうと、
お年寄りみたいですが、現実には中年でなるんですね。

これは、明らかな体質の変化です。
女性では、更年期障害なども現れてきます。

この45歳ですが、もうひとつ、
はっきりした話を聞いたことがあります。

これは、わたしのオススメする
「しょうが紅茶」を広めた石原先生に聞いたことです。

石原先生は30代のころから、
朝食は「しょうが紅茶」を飲んでいたといいます。

そして、お昼ごはんは「ソバ」が中心で、
1日2食を患者さんにもすすめていました。

ハッピーダイエットライフ

そして、1日2食で、バリバリ仕事をこなし、
毎日4キロのランニングを日課にしていました。
さらに、毎週2回はバーベルをもって筋トレをしていたというのです。

しかし、45歳から、その生活で「太り始めた」というのです。
毎日2食で、運動もしていたのに、お腹にぜい肉がついてきたのです。

そこで、時間短縮にもなるので、
お昼も「しょうが紅茶」にしたのです。
つまり、1日1食の生活になったのですが、それでやっと元に戻ったそうです。

それも、その後もずっと、
1日1食を続けていて、しょうが紅茶と生ジュース生活です。

1日1食で、快適な生活と、
もとのスリムで筋肉質のカラダが戻ってきたといいます。

石原先生は、30代の方は「しょうが紅茶」を勧めています。

40代の方には、
「しょうが紅茶」+「にんじんリンゴジュース」を勧めているのです。

ハッピーダイエットライフ

やはり、30代と40代では、明らかな違いがあります。
そして、そのボーダーラインが「45歳」なのです。

ようするに、45歳の「前」と「後」では、
ダイエット法を変えないといけないのです。

または、同じ方法を実践するにしても、
「効果に差がある」ことを理解しないといけません。

だいたい、他の教材を見て、
短期間で「激ヤセ」しているのは共通点があります。

それは、代謝が悪くて、
水ぶくれで超太っている若い人が激ヤセに成功しているのです。

そうすると、1ヶ月で10キロ痩せたとか、
2ヶ月で25キロ痩せたとかが可能になります。

このような体験談を読んで、
それをうのみにして実践しても、ぜったいそんなに痩せません。

これも、一般的な話ですが、
ダイエットの成果は「1ヶ月に2キロ」で順調なのです。
だいたい、一ヶ月で5キロ以上痩せると「リバウンド」の危険があります。

人間のカラダには「恒常性機能」というものがあります。
これは、今までの状態を保とうとする、カラダの防衛反応です。

だから、急激なダイエットに対しては、カラダが元に戻ろうとします。
そんなに急激に体重が減ることを、カラダは許さないのです。

だから、標準的な統計で1ヶ月に2キロなのです。
これが45歳以上だと、もっと厳しいと思います。

まあ、45歳以上で、
1ヶ月に2キロ痩せたら、大成功といえるでしょう。
これが標準体重か、それよりちょっと小太りの方で現れる成果です。

これだって、1ヶ月に2キロなら、半年で12キロですからね!
要するに、半年続けられれば、必ず「ダイエット成功」となるのです。

だいたい、もともと、
水ぶくれの激太りの方はすぐ体重が落ちます。

まあ、仮に体重が100キロ近ければ、
10日で10キロはカンタンですよ。

これは、体内の余分な水分が排出されただけですから。

この後、停滞期になりますが、
要するに、始めに減る体重は「水分」なのです。

この、停滞期の後に減ってくる体重こそ「脂肪」が燃焼した分なのです。
だから、停滞期の前にリバウンドした方は、水分がリバウンドしただけです。

世間一般でいう、リバウンドとは「水分のリバウンド」なのです。

短期間で激ヤセするのは、
脂肪が燃焼しているのではなく、水分が出て行ったからです。

こんなの、本当の意味でのダイエットとは言えません。
もちろん、体調もよくなるし、イイコトだと思いますが、違うんですね!

ハッピーダイエットライフ

私だって、自慢じゃありませんが、
2日で3キロ落とすのはカンタンです。

少し多目に食べた日から、
次の日に少食にして岩盤浴やればカンタンに落ちます!

そんな、激太りの方と、
自分の成果を比べるのは止めましょう。

そんな方と比べると、
「自分の成果が出ていない」と感じてしまいます。

実際は、45歳を超えている方は、
必ずどこかに体調不調を感じています。

40代になって、カラダの
どこも不調がない人などいないでしょう。

つまり、40代というのは、
健康管理に注意している年代なのです。

日ごろから、何らかの
健康管理をしていた方は、そんな急激に痩せることはありません。

だから、1ヶ月に2キロでも大成功だと思ってください。
ようするに、それを続けられるかどうかが問題なのです。

だって、普通、45歳をすぎれば、
少しずつ太るのは確実ですからね。

私の元職場で、もうすぐ60歳の女性がいました。
小柄な彼女は若い頃、健康ですが39キロしかなかったそうです。

それが、だんだん、よぶんなお肉がついてきて困っていました。
それで、「しょうが紅茶」ダイエットを教えてあげたのです。

そしたら、着実に1ヶ月で1キロずつ痩せてきました。
たいした成果ではないようですが、これで大成功なのです。

実際は、便通もよくなって
体調がよくなったと喜んでいました。

コレくらいなら、リバウンドもなく、
徐々に体重は減ってゆくでしょう。

だいたい、こんなものです。
しかも、ウォーキングや筋トレをすると、なお体重は減りませんから。

筋肉というのは、脂肪よりもかなり重いのです。
脂肪が減っても、筋肉が増えると、体重が変わりません。

体重は変わりませんが、お腹周りはスッキリするはずです。
ダイエットでウォーキングをしても、筋肉は増加します。

プロの運動選手が有酸素運動しても、筋力は増えません。

しかし、日ごろ、運動不足の方が
有酸素運動をすれば、筋トレみたいな効果があるのです。

私もだいぶ脚がなまっていました。
ウォーキングで筋力アップしたのを実感しています。

だから、よけい体重が減らないのです。
でも、ダイエットの本質は「体重」ではなく「サイズ」です。

体重がいくらあっても、
ウエストが細ければ関係ありません。

問題は、ウエストに
細いズボンやスカートが入るかどうかなんです。

だから、体重なんか気にしないでください。

カラダが調子よくなって、
元気にダイエット生活ができればダイジョウブです。

半年、一年後には、
見違えるように変身しているはずです。

ダイエットは、短期集中でやるのではなく、
「生活を変えること」だと知ってください。

それが、45歳からのダイエットです。
短期集中ダイエットは、激太りの若い方に任せましょう(笑)

熟年のダイエットは、「生活を向上させること」です。
熟年のダイエットは、「生きかたそのもの」なんですよ。

ぜひ、あきらめずに頑張りましょう。

おすすめ教材 (船田の作成したテキストです)
「40代からオトナのダイエット」

ハッピーダイエットライフ


9月の人気記事ベストテンを集計しました。

ダイエット無料テキストプレゼント

第一位、秋のダイエットコンテスト参加者一覧
9月1日から初めている、ハッピー☆ダイエットコンテストの参加者一覧です。
写真付きで掲載している方もいるので、ぜひ応援してください。

第二位、低カロリーメロンパンの問題点とは!?
コンビニの低カロリーメロンパンにひそむ問題を指摘。
合わせて糖質制限食の危険性も考えてみよう。

第三位、ヘルシーなのにダイエットに向かない食材!体重を増やすヘルシー食品とは?!
ヘルシーな食材とダイエットの食材は違います。
ヘルシーというのは、ある意味、なんちゃってダイエットで意味がありません。

第四位、アラフォーダイエットの方法!40代から痩せない理由?
20代と40代では、体質が違うので、ダイエット法も変える必要があります。
年代が高くなるほど難しい、40代からのダイエットとは?

第五位、お菓子の過食を防ぐ方法!お菓子を食べないと禁断症状でイライラします!
ズバリ、お菓子の過食を防ぐ方法です。
やめたいのに、止められずに困っている

第六位、ダイエットの朝食は、パン派、ごはん派、それとも・・・
パンの朝食はカロリーが高いうえに、違う問題もある。
知らない人は、この機会に知っておいた方がいいです。

第七位、ミスユニバースのダイエット!世界一の美女を作る方法とは?
ミス・ユニバースジャパンのトレーナーが書いた本を紹介。
はたして、世界一の美女をつくる方法とは?

第八位、幸せなダイエット生活の始め方!?もう迷わないで痩せる!
ハッピー☆ダイエットライフの特徴を書いたものです。
船田のダイエット法がどんなものか、簡単に学んでみましょう。

第九位、お菓子の過食を止める方法!お菓子を止められない貴方へ!!
ダイエットにお菓子は禁物ですが、止める方法を書きました。
ムリに我慢してもダメですから、かしこく止める方法を実践しましょう。


第十位、アラフォー世代の主婦から喜びの体験談を紹介します!

船田のダイエット面談を受けた方から、喜びの声を頂きました。
過去の体験談も合わせて、ハッピー☆ダイエットの体験談特集です。



番外編、グルテンフリーダイエットを知っていますか?小麦粉を抜くダイエット

パンは高カロリーですが、もっと危険な問題があったのです。
10月9日(水)TBSの「水トク!」で紹介されて、この記事にアクセスが集中しました!



いかがでしたか?
感想、体験談募集中です。

次回も、お楽しみに!

ホームページ「船田和成のハッピー☆ダイエットライフ」

このブログのトップページ

ハッピーダイエットライフ
ペタしてね

質問、感想を歓迎します。
参考になったなーと思ったら読者登録、
「いいね!」「ツイート」「シェア」がありがたいです♪

また、よろしくお願いします^^

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード