1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-01 10:20:40

ダイエットの停滞期が起きる理由と停滞期を乗り越える方法

テーマ:■ダイエットの基本

・ダイエットの停滞期が起きる理由と停滞期を乗り越える方法

 

こんにちは。

 

久々の投稿となりました。

 

ダイエットで悩んでおられる方で誰しもが一回は経験のある、停滞期。どうしてもダイエットの成果が出ない、出にくくなった、痩せない、体重が落ちないという経験はありませんか?

 

ダイエットの停滞期が起きる理由は「今やっているダイエットの内容では体が慣れてしまう」ということが大きな要因です。

 

例えば、食事制限をして普段の半分くらいしか食べない、カロリーを摂取しないというダイエットをやっていたとすると、そのカロリー摂取で大丈夫なんだ、これで維持しようという体の働きが起こるため、これ以上食事制限を続けてもなかなか体重が落ちなかったらリ痩せたという実感もないというのが停滞期です。

 

消費カロリーがダイエット以前より落ちているということです。筋トレして消費カロリーをアップさせようといってもそれ以上の体の働きがありますし、毎日有酸素運動をたくさんするのは難しいので運動以外の対策を行う必要があります。

 

つまり、”体の慣れ”というのが要因なので、体を慣れさせないということをすれば停滞期を解消・克服できます。

 

停滞期を脱するポイントとしては食事制限をされていた場合においては1週間に一回ドカ食いしてみることです。

 

ボディビルダーもやっていますが(試合前はやりませんが)、食事制限をし続ける中で好きなものをたくさん食べてカロリーも大幅に摂取するということをやっています。

 

以前、ビビる大木さんもやっていましたね。カルボナーラやステーキなど炭水化物も関係なしで食べまくるということをダイエット期間中にやっていました。

 

これをやることで摂取カロリーが急激にアップするのでこのカロリーを消費しなくてはという体の作用が生まれます。

 

よって、たまにの摂取カロリー過多という状況を作ることで消費カロリーを正常にまた戻すということをやる必要があります。

 

ダイエットの停滞期で悩まれている方は是非取り組んでみてください。

 

どか食いは自分の場合、普段の2倍のカロリーを取るようにしています。炭水化物もOKです。

 

それではまた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-05 22:30:06

正月太りしてしまう理由とは?正月太りを解消するダイエット

テーマ:■ダイエットの基本

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

 

今年も少しずつですが、ブログを書いていきたいと思いますので宜しくお願い致します。

 

さて、正月太りが気になる時期になってきました。

 

正月太りを解消、ダイエットするには?というブログになりますが、そもそも何故正月太りになってしまうのか考えてみたことはありますか?

 

正月太りになる理由は、大きく分けて2つあります。

 

1つ目は、やはり普段の活動に比べて自宅に留まることが多いため、消費エネルギーが少なくなるということがあげられます。

 

寝正月と言う言葉もあるようにこたつに入って寝てばかりということもあるでしょう。

 

普段、学生生活や社会人生活をしていると電車に乗ったり、歩いたり、仕事や学業で動き回ったりすることが多くあると思います。

 

ささいな活動でも消費エネルギーとして見るとウォーキング何キロ分という単位になるでしょう。

 

正月太りとなると理由の2つ目は、食事ですね。そもそもの食事の量と質に問題があります。

 

正月で食べる料理はそもそもカロリーが多くなりがちです。1品でもそのひとつひとつのカロリーが高めです。特におせちなんかは野菜や肉中心といっても塩や砂糖が多く使われており、それほど体に良いものではありません。

 

炭水化物も多くなりがちですね。ご飯は食べてないという方でも野菜などにも炭水化物は多く含まれていたりしますので意外にも栄養素の量でいえば普段より摂取していることも多くあります。

 

ではどのように解消、ダイエットしていけば良いでしょうか。

 

基本的には以前の食事に戻すことが重要です。正月太りしていた頃の量をそのまま継続して食べてはいけません。

 

まずは普段の食事に戻して、バランス良く栄養を摂取することです。

 

無理に炭水化物を減らすようなことはしないほうが良いでしょう。筋肉も落ちる可能性がありますので長い目でみれば基礎代謝の低下、リバウンドにも繋がります。

 

あとは運動を心がけるということです。そもそもの代謝が落ちていることが多いのでウォーキングなどで体を温めつつストレッチをして基礎代謝の上昇を促してください。

 

一気に太った分は一気に痩せようとせずゆっくりダイエットしていくことが重要です。

 

あまり考えすぎずに正月太りのダイエットを心がけてゆっくりやってみてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-12 23:04:11

ストレッチと筋トレだけでも体型は維持できる

テーマ: ┣基礎代謝アップ

ストレッチと筋トレだけでも今の体型は維持できるということを今日はお伝えしたいと思います。

 

今日のフジテレビのノンストップという番組でストレッチの話が出ていました。

 

体が硬い人でもストレッチを継続していけば柔らかい体になる、股割りができるまで可能ということでした。

 

今日のテレビの内容を見て確かにできそうだというのは実感しました。

 

でも、何のためにやるのかというのがもう少ししっかり伝えられていれば良いと思ったのでここで改めて解説したいと思います。

 

ストレッチはその意味を訳すと伸ばすという意味です。ですので、体を伸ばすということになります。企業の業績目標でストレッチ目標というのもありますが、背伸びをしてもっと高い目標、といった意味合いもあります。

 

ストレッチは体を伸ばすということなので、筋肉をほぐす効果もあります。ですので、筋肉にはすごく良い効果があります。

 

テレビでもやっていましたが、きちんと正しいストレッチをすると筋肉痛になります。ストレッチでも筋繊維が切れて筋肉痛になるというわけです。

 

そうなると良い筋肉が後からつきますし、柔らかい体になることで筋肉の質も向上します。

 

そうなると、最終的には代謝がアップして痩せにくい体ができます。

 

痩せにくい体ができれば基礎代謝量がアップするということですので、同じ食事の量をとっても痩せたり、太りにくいという結果に繋がります。

 

ダイエットとして考えても痩せにくい体はいくら食事制限しても痩せませんし、リバウンドの原因にもなりますので基礎代謝の向上は重要なポイントになります。

 

ストレッチをすることで筋肉がほぐれて血の巡りがよくなり、体だけでなく気持ちの面でも良い方向に向かうと思います。

 

さらにここから筋トレを行えば筋肉もつきやすくなりますし、筋肉を痛めたりすることが少なくなるのでケガをしにくい体を作るという意味でも良い効果が生まれます。

 

特にダイエットをし始めた方だと運動して腰を痛めたり、足を痛めたりケガをしてしまう可能性が高いのでストレッチは運動前と運動後にしっかり行うようにしたほうが良いでしょう。

 

自宅でもストレッチが出来ますので、筋トレなどの運動をしないときでも毎日ストレッチをしたほうが良いと思います。

 

ストレッチは毎日、自宅でも自重筋トレだけでも体型は十分維持できます。

 

体が柔軟になるのも楽しいですので日に日に柔らかくなる体を感じながらストレッチを続けてみるのも良いでしょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。