ダイエットを楽しむ方法 | 船田和成のハッピーダイエットライフ

ダイエットを実践すると、体が楽になり、気持ちが明るくなり幸せになる方法。そんなダイエット法をご紹介したいと思います。食事や運動はもちろん、精神的な問題もお伝えしますね。

ダイエットを楽しむ方法|船田和成のハッピー☆ダイエットライフ








NEW !
テーマ:
油は人体に必要ですが、ダイエットを妨げる物でもあります。
しかし、オイルには健康に良い油と、健康に害がある油があるのです。
油を見分ける方法は簡単で、健康によい油は色付き瓶に入っています。
色付き瓶化粧箱に入ったオリーブオイルアマニ油シソ油エゴマ油)を選びましょう。

詳しくは、本文へ続きます。

いらっしゃいませ。

ご訪問に心より感謝致します。

ダイエットコーチとブログ起業サポート、
ハッピー☆ダイエットライフの船田和成がご案内します。

このブログではダイエットを楽しく続ける方法、
ダイエットで体が楽になり、気持ちが明るくなるダイエット法をご紹介します。

それでは、
この良い油を見分けるダイエット法を詳しく学んでゆきましょう。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

痩せる油を見分ける方法

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・


ダイエットにも油は必要です。

油を食べないと細胞膜やホルモンが作れず、
精神的に不安定になり、脚もむくみやすくなるんですよ!

完全に油抜きダイエットをすると、
短期間はいいのですが、長期的には病気になりやすくなります。

人間の脳は殆ど油脂で作られています。
だから長期間油を抜きすぎると、精神的なストレスが増しますよ。

ダイエットにも油は必要なのですが、
良い油は、便秘解消と美肌の薬でもあります。

健康のためにも、ダイエットのためにも必要な油ですが、
何でも良いというわけにいかないのが、ややこしい所ですね。

絶対に避けたい油もあります。
これは健康を害する恐れもあり、肥満も加速する油です。

まず一番避けたいのが、トランス脂肪酸。
マーガリンやショートニングに多く含まれています。

当然、それらを使った加工食品も危ないですね。
今は美容や健康に気をつけている方は知っている方が増えました。

でも、この国は何も規制をしませんね・・。
いらない所の規制は多いのに、本当に必要な規制は作らない・・。

国民の健康は後回しなのですね。
医療の分野は利権の塊なので、病人が減ったら困るのでしょう。

すでに欧米では、トランス脂肪酸は規制されていて、
必要以上に食品に含まれる事は「違法」となっていて処罰の対象です。

でも、日本は野放しです。
意図的に放置しているとしか思えません。

政府や役所は本当の事を言いません。
かといって学者や医者も本当の事を言いません。

医者と学者は自分でお金を稼げませんから、
大企業や行政から収入を得て、その見返りにウソの情報を発表したりします。

私のブログにさえ、時々攻撃的なコメントが付きますからね。
本当の事を言われたら困る業界に雇われて攻撃コメントしているのかもしれません。

だからこそ、船田のような人間が必要なのだと思います。
私は「本当の情報」を紹介することで、収入を得ていますからね。

私の仕事は、情報のリストラ業です。
あふれる情報の中から、良い物を集めて分かりやすく再構築してお伝えする事。

今は自営業者ですが、
やがては国全体の方向性を変える影響力を持ちたいですね。

余談でした・・笑

トランス脂肪酸は、食べるプラスチックと言われています。
自然界に存在しない油なので、代謝されにくく、長く体内に蓄積します。

マーガリンだけではなく、サラダ油にも入っていますよ~!
もともと、サラダ油って、どうやって作るか知っていますか?

その工程を知ったら、食べる気無くなります。
原料を粉砕して、石油系の有機溶剤を混ぜて、油を抽出します。

そして、油を高温にすることで、石油系溶剤を揮発させる。
それが、現在サラダ油として売っているオイルの正体ですよ。

ちなみに私の実家はクリーニング店だったのですが、
やはり有機溶剤を使って衣服の油汚れを抽出していました。

汚れを分離したところを遠心分離機で油を飛ばし、
その後、油っぽい衣服を高温の乾燥器で溶剤を揮発させます。

基本的に、同じですよね・・怖
洗い場に染みついた石油の匂いは青春の思い出・・笑

ちなみに、もっと怖いのが、ファストフードの揚げ物です。
マクドナルドのポテトは、そのままショートニングで揚げています。

私は30年前にマクドナルドでバイトしたことがあり、
フライヤーに真っ白なショートニングをいつも補充していました。

これは、今でも変わらないようです。
ショートニングはトランス脂肪酸がいっぱい含まれています。

油と言うのは、基本的に高価な物です。
だから、昔は「盆と法事」位しか、揚げ物が食べられなかった。

天ぷらは御馳走なのです。
昔の油は、圧力をかけて搾っていたので、とっても高価なのです。

今でも、自然食品店で売っています。
1リットル1000円位しますが、それが本当の価格です。

しかし、そのような圧搾法の油であっても、
菜種とか大豆とか紅花とかの油は、食べない方がいいです。

これは必須脂肪酸なので人体には必要なのですが、
普通の食生活をしていれば摂取できるので、油で食べる必要はありません。

これらをオメガ6系脂肪酸とも言います。

逆に必要な油は、オメガ3系の脂肪酸です。
この「3」と「6」のオイルバランスが、健康を左右するのです。

健康のために食べた方がいいオメガ3系の脂肪酸は、
動物性なら魚の油、植物性なら、アマニ油やエゴマ油にシソ油。

特殊な油にしか含まれていません。
また、オメガ9系脂肪酸であるオリーブオイルも健康に良いですね。

オリーブオイルは他のサラダ油と違って、
有機溶剤を使わず、豊富な油分を圧搾法で搾り出しています。

これをエクストラバージンオリーブオイルと言うのです。

しか~し、いまはそうでもないらしい。
オリーブオイルが体に良いのはみんな知ってきましたね。

だから、安いオリーブオイルは、
やっぱりサラダ油と同じような作られ方をしているようです。

安い油は避けた方がいい。
これは、どうやら法則のようです。

もうひとつ、確かな見分け方があります。
油と言うのは、光にあたると劣化してしまうのです。

だから、光の当たらない涼しい所に置く必要があります。
そのため、品質の良い油は金属製の容器か、色つきのガラス瓶に入っています。

プラスチック容器の油は、光が当たっても劣化しない。
つまり、搾った油ではないので、品質が悪くならないのです。

基本的に、油は生鮮食品です。

しかも、プラスチック容器は、環境ホルモンの危険もあります。
だから品質の良い油は、プラスチック容器に入れるわけにはいかないのです。

いくらオリーブオイルと言っても、
プラスチック容器に入っている物は避けましょうね!

つまり、
「健康に良い油は色つき瓶に入っている」
「もっと健康に良い油は、光を通さない缶や化粧箱に入っている」

これが結論です。

あなたの将来が、
輝いた人生となりますように・・。





・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

オイルの秘密

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

もう少し、脂質(オイル)の話をしましょう。
これ、けっこうわかりにくく、混乱しているんです。

オイルを日本語で書くと、「老いる」です。
まあ、これは冗談ですが、下手な油を食べると当たらずとも遠からずですね・・。

ダイエットにとって、オイルは大事なことです。
一般的な女性で、1日に必要なカロリーは1500cal前後だと思います。

ところが、このオイルというのは、大さじ1杯(12g)で111カロリーもあるんです。
仮に、昼と夜に、大さじ2杯の油を使うと、それだけで、1日のカロリー15%に相当します。

砂糖も太ると思っているかもしれませんが、大さじ1杯では35カロリーしかありません。
このように、超高カロリーのオイルは、ダイエットの敵と考えてもおかしくありませんね!

ところが、ただ、オイルを食べないようにすれば良いのかといえば、そんなことはありません。
必須脂肪酸といって、人間のカラダを維持するために、オイルは絶対に必要なのです。

18年ほど前、美白で有名になった、「鈴木その子」さんを覚えている方も多いでしょう。
この方は、美白で有名でしたが、料理研究家であり、SONOKO式ダイエット提唱者です。

実は、ワタシも、鈴木その子さんの全著作を読みました。
大変素晴しい方で、尊敬申し上げますし、SONOKO式ダイエットも挑戦してみました。

たしかに、論理的でもあり、効果のある方法だと納得しました。
実践するには、ちょっと、手間がかかる(もしくはお金がかかる)のが難点でしたが(笑)

この鈴木その子さんのダイエット法というのが、「油抜き」ダイエットなのです。
もちろん、それ以外にもいろいろあるのですが、中心なのが、油を抜くという下処理です。

油を抜くと同時に、農薬や添加物なども一緒に排除するので、とても痩せやすくなります。
調理に油は使わないし、お魚やお肉の脂分も徹底的に抜くので摂取カロリーは減ります。

痩せるのはいいのですが、肝心の鈴木その子さん、わずか68歳で亡くなってしまいました。
公式発表では、肺炎ということでしたが、健康法を指導していた方としては、残念なことです。

まあ、亡くなった本当の原因はわかりません。
でも、ひとついえるのは、必須脂肪酸の摂取量が少なかったのは事実でしょう。

脂肪というのは、お腹のぜい肉になるだけが仕事(?)ではありません。
脂肪はカラダの細胞膜の原料になりますし、ホルモンの材料にもなる、大事な栄養素です。

ところが料理に油は使いませんし、食材の油も、下処理ということで、なるべく減らします。
肉類の脂肪を減らすのは良いと思いますが、健康に必要な油も減らしている可能性があります。

だから、油を抜けばダイエットできるのは事実ですが、健康上の問題があるのです。
必須脂肪酸とは、オメガ6脂肪酸(リノール酸)と、オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)です。

リノール酸は植物の種に多く含まれています。
大豆、コーン、菜種、紅花などから取れますが、これは現在、とりすぎの油です。

α-リノレン酸は、アマニ油、エゴマ油と、魚に多く含まれるDHA・EPAのことです。
これは、現在、ほとんど食べられなくなりつつあり、オイルバランスが狂う原因です。

その他、有名なのはオリーブオイルで、これはオメガ9脂肪酸(オレイン酸)といいます。
オリーブオイルは、必須脂肪酸のオイルバランスに影響をあたえないといわれています。

健康のためには、リノール酸を減らして、α-リノレン酸を増やさないといけないのです。
この、オメガ6脂肪酸のリノール酸ですが、ひと昔前は、健康食品といわれていました。

当時、ファーストフード店では、動物性脂肪(ラード)を使って揚げ物をしていました。
ところが、このラードは健康に良くないということで、植物性の油を使うようになったのです。

栄養学的にも、必須脂肪酸のリノール酸は健康によい油として宣伝されていたのです。
なんか、リノール酸と聞くと、健康に良さそうな気がするのは、そういう理由によります。

しかし、現状を知ると、とんでもないことがわかります。
ただでさえ、摂取量の多いリノール酸ですが、作られ方が問題なのです。

むか~し、むかし、植物性油は「貴重品」でしたね。
よく、仕事がはかどらない事を「なに、油売ってんの!」という言い方がありました(笑)

これは、油は粘度が高く、販売するときに、ゆっくりやらないと、器に移せないからです。
なにしろ、貴重品ですから、手早くすると、お客さんの器に全部移らないのです。

昔は、お盆や、法事など、親戚や知人が集まるときに、よく「天ぷら」がでました。
これは、油が貴重品であり、天ぷらを出すことは最高のもてなしになるからです。

この天ぷらに使われるのが、リノール酸のオメガ6脂肪酸です。
昔、貴重品だったのは、作り方が違うからです。

当時は、圧搾法という、伝統的な方法で油を搾りだしていたのです。
その名のとおり、圧縮して搾り出すので、素朴ですが、非常に効率が悪い方法です。

現在は、圧搾法で油を作るところは少なく、売っていても通常の2倍程度の価格です。
まあ、高価な油なので、少ししか使わないし、カラダにもちょうど良かったのかもしれません。

いま主流になっているのが「抽出法」という方法で、溶剤を使って溶かす方法です。
カンタンに言えば、溶剤を使って油を抽出させ、その後、溶剤を揮発させるのです。

石油から作られた、ノルマンヘキサンという溶剤を使って、原料から油を溶かします。
そして、溶かしたものから、ノルマンヘキサンを揮発させ、油を抽出するのですね。

これだけでもコワイですが、さらに、アルカリ処理をし、脱臭をし、脱色をします。
これらの工程には、強アルカリで劇薬のカセイソーダ等が使われているのが現状です。

カセイソーダというのは、飲み物ではありませんよ!
劇薬ですので、触ると手がヤケドするほどの危険物なんですから・・。

でも、こういう工程を経ないと、安定した油が手に入らないのです。
こんな理由により、現在は油が比較的、安く販売できるようになったのです。

市販されている植物油には、狂った油と言われるトランス脂肪酸も数%程含まれています。
これは抽出する工程で出来る物なのですが、欧米で使用規制されている危険な脂質です。

このトランス脂肪酸というのは、マーガリンに多く含まれますが、普通に販売しています。
でも、トランス脂肪酸は分解されにくく、内臓脂肪を増やし心臓疾患を増やす元凶なのです。

ちなみに、マーガリンは、油に水素を添加することで、液体の油を固体にしているのです。
これ、想像したくありませんが、原料はプラスチックと同じなんですね。

つまり、マーガリンというのは、柔らかいプラスチックを食べているようなものです。
この、キケンな脂質を、日本政府は欧米より摂取量が少ないという理由で野放しにしています。

まあ、ここまでいうと、市販の油なんて恐くて使う気はしませんね。
ダイエットに良くないのはもちろん、健康を害するキケンが高いです。

ここで登場するのが「オリーブオイル」です。
なんと、オリーブオイルは、このような危険な製法ではないのです。

オリーブオイルは、低温のまま、生の果肉を絞って放置すると、果肉と脂分が分離します。
そのため、薬品を使わなくても油が抽出できるため、オリーブジュースともいえる油です。

当然、オリーブオイルには、ポリフェノールやビタミンEなど、栄養成分が生きています。
だから、ダイエットはもちろん、健康を考えるかたにもオリーブオイルはお勧めです。

ここで気をつけて欲しいのが、オリーブオイルのランクです。
効率よく油を抽出するため、溶剤抽出法で作っているオリーブオイルもあるからです。

現在では、つぶした生の実を、遠心分離機にかけて抽出しています。
こうしてできた油が「エクストラバージンオリーブオイル」というオイルです。

当然、のこった実のカスにも、油が大量に含まれています。
そこに、石油溶剤を混ぜて作った油が、ただの「オリーブオイル」です。

オリーブオイルにも、ランクがあります。
その点だけ、注意してください。

揚げ物はもちろん、普通の炒め油にも、オリーブオイルは最適です。
普通の油より、ちょっと高いですが、昔の圧搾法で製造した油に比べれば安いものです。

それに、オリーブオイルは、美肌効果、便秘予防にも使えます。
それこそ、そのまま飲んでも健康によいほどですから、ドレッシングにも最適ですね。

ぜひとも、日常的に使う油は、「エクストラバージンオリーブオイル」にしましょう。
こういうことは、調べればわかりますが、報道されることはありません。

つまり、自分のカラダは自分で守る必要があるのです。
同じように、自分でダイエットをするときも、変な広告にだまされないよう気をつけましょう。






<今日の結論>

油は色付き瓶入りの良質な物を選ぼう




最後までお読み頂きありがとうございました。

■質問、感想、いいね!は歓迎です。
■下にあるFBやツイッターのボタンを押すと、
  この記事があなたのタイムラインに自動投稿されます。
■この記事をあなたのブログで紹介したい場合、
  私も多くの方に読んで欲しいので船田の承認は不要です。
  紹介した記事から、このページにリンクを作って頂けると嬉しいです。
■アメーバいいねも押して頂けると嬉しいですラブラブ
読者登録してね*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ドキドキインフォメーションラブラブ

無料のテキストとダイエットのメール講座30日があります。
◆船田作成のダイエット無料テキスト◆

船田和成のハッピー☆ダイエットライフのサービス一覧
◆船田和成の教材とサービス一覧◆

過去記事を読む方はこちらから
過去記事をテーマから探す
※スマートホンの方は、このリンクをクリックすると「ダイエットブログ」のテーマが開きますので、その記事一覧の下にある「テーマ一覧」を開くと全てのテーマが一覧できます。

11月前半の人気記事です。
アクセスの多い順になっています。

1.太もも痩せに足パカエクササイズ
2.お勧めダイエットレシピ集|ハッピーダイエット
3.白米おにぎりダイエットの方法
4.白湯で朝レモンダイエット
5.しょうが紅茶ダイエットの効果
6.お菓子の過食を防ぐ秘密の習慣
7.森永卓郎さんが警告する、糖尿病を招く節約生活
8.MEC食の効果と問題点!
9.パン食の問題点は高カロリーで添加物とアレルギー!
10.美脚コンテストの結果|2013年芸能人
11.ダイエット出来ない人の特徴
12.10代20代女性の糖質制限ダイエットは危険
13.50代から見た目年齢を若く保つ方法
14.北川景子のダイエット
15.玄米食の効果を感じた船田の体験談
お勧め.インターネット起業塾であなたの知識を仕事にする
ダイエットを楽しむ方法|ハッピーダイエットライフTOP

AD
いいね!(135)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。