おもしろ画像とつれズレブログ

デイリー更新のおもしろ画像と、クロスバイク:Trek7.4FXネタ等。
いろんな嫌なことを一瞬でも忘れてもらえるようなブログを目指します!!(`・ω・´)ゞ
笑っていこうやー☆

そして、みそじおやじのダイエットブログ跡地w


テーマ:

年始のブルベへの参加モチベーションが急降下していますが、

 

 

それとは無関係に、練習はしないといけません。

 

 

・・・ということで、久しぶりにぶどう坂に行ってみました。

 

 

前回来たときは「二度と来たくない」と思いましたが、

 

 

坂嫌いの私にはこういう練習も必要だろうと来てみました。

 

 

↓前回の記事

 

105化したTrek7.4FXでぶどう坂ヒルクライムに再挑戦!

 

 

 

↑向かってる最中の大和川での一枚。

 

 

気温のせいか、この日も山に霧がかかっていました。

 

 

最近は朝早くに出ると、だいたい山に霧がかかっています。

 

 

漠然と、「頂上付近は寒いんだろうなー」と思った後、

 

 

すぐに「そこに登りに来たんだっけ・・・」と気づき、ぞっとします('A`) 

 

 

今現在の服装はアンダーアーマーのインナーと、

 

 

冬用の長袖サイクリングジャージですが、

 

 

念のためにウインドブレーカーも持ってきておいてよかったと

 

 

胸をなでおろしながら山に向かいます。

 

 

 

↑ぶどう坂の入り口に到着。

 

 

あの「ぶどう」の看板よりも上に行かないといけないのか・・・

 

 

と、登る前からぞっとしますσ(^-^;;

 

 

少し話がそれますが、以前

 

 

トレック7.4FX、ブルベ仕様(ほぼ)完成

 

 

という記事で、フレームバックはこれで決まり。なんてことを書きましたが、

 

 

残っているバッグはサドルバッグとトップチューブバッグだけになってしまいましたσ(^-^;;

 

 

↑前回記事投稿時の状態。

 

 

ボトルケースとトップチューブにぶら下がっているバッグが今現在は封印されています。

 

 

ステムポストのボトルホルダーがなくなったことで、

 

 

フレームのボトルホルダーを使う必要が出てきたのと、

 

 

砲弾型のバッグは傾くことが多く、そうなると太ももに当たってしまい、

 

 

ペダリングに集中できないので

 

 

↑mont-bellのトライアングルバッグに変更いたしました。

 

 

また、気温が下がっていることで、

 

 

100~150kmくらいのミドルライドであれば

 

 

ボトルは2本あればまず大丈夫なので、

 

 

ボトルの本数を減らして補給食やモバイルバッテリーなんかの積載を優先しています。

 

 

↓以前南大阪に行った際は、ボトル1本でした。

 

 

↑改めて見ると、この時点ですでにmont-bellのトライアングルバッグがついていますねσ(^-^;;

 

 

この写真でもわかりますが、mont-bellのトライアングルバッグは私の

 

 

トレック7.4FXのフレームサイズだと、ぎりぎりボトルに干渉するかしないかの

 

 

ぴったりサイズということで、収納容量がフレームの限界いっぱいまで使い切れるので

 

 

私のTrek7.4FXにはピッタリだと思っています。

 

 

まあ、そう言っていてもいつの間にか違うバッグに代わっているかもしれませんがσ(^-^;;

 

 

 

 

 

さて、話は戻って、ぶどう坂です。

 

 

前回来たのは8月の夏真っ盛りでしたが、

 

 

今回はもう冬に差し掛かっています。

 

 

気温が下がっているせいか、前回よりも遅い時間にもかかわらず、

 

 

私以外に走っている自転車は見かけません。

 

 

車はじゃんじゃか走っていましたが('A`) 

 

 

ただ、コース半ばまで来たところで後ろから来たローディに抜かれました。

 

 

一瞬後ろに着いていこうかなんて考えがよぎりますが、

 

 

まずついていけないので諦めますw

 

 

自分のペースを崩さないよう、まったりゆっくりと登っていき・・・

 

 

 

↑何とか到着。

 

 

脚こそつかなかったものの、ヘロヘロです。

 

 

こんなコースをアウター縛りとか、20分切るとか、

 

 

全く理解もできない世界です。

 

 

帰りは写真を撮りながら、ゆっくり降ります。

 

 

↑コース半ばあたりから大阪市内を見下ろした写真。まだ薄暗いです。

 

 

↑急カーブ+急斜度の一枚。

 

 

前回はこの少し上でガードレールに突っ込みましたが、

 

 

今回は今のブレーキにも慣れてきたので、最後まで何事もなく降りきりました。

 

 

↑スタート直後の急カーブ+急斜度その2。

 

 

↑スタート直後の急カーブ+急斜度その1。

 

 

気合を入れて登ろうとした矢先、この2か所で出鼻をくじかれそうになります。

 

 

この2か所を越えるとほんの少しだけ楽になります。

 

 

 

 

 

また、登坂でエアロバーを使えるかな?なんて考えもあったのですが、

 

 

私の体力ではエアロバーを使っての急斜度での登坂はまだまだ無理でした_| ̄|○

 

 

車体がふらついてしまい、維持できません・・・。

 

 

そもそも、エアロバーの練習量自体がほとんどないので、

 

 

操作に慣れていないというのも原因でしょうが・・・。

 

 

ということで、大和川に戻って人のいない区間でエアロバーの練習をすることに。

 

 

30分ほどエアロバーの練習をし、角度の調整をしますが、

 

 

その中でライト2個の取り付け位置の調整の必要が出てきました。

 

 

今のレックマウント+フラット部取り付けでは

 

 

エアロバーと干渉したり、ゲージが見えないなどの問題が出てきたためです。

 

 

また出費が重なりそうです・・・(´・ω・`)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年からほしいと思っていた、Roeckl(レッケル)の手袋をついに購入しました。

 

 

というのも、最近早朝に走ることが多くなったので、昨年から使っている

 

OGK kabutoのKG-12Wではさすがに厳しくなってきたためです。

 

 

この手袋も5℃までは対応らしいですが、

 

 

早朝の川辺は11月でも3℃前後まで下がったので、さすがに厳しいです。

 

 

そこで今回買ったのは、Roeckl(レッケル)のRebelvaというグローブ。

 

 

メーカーの商品紹介ページは → こちら

 

メーカーサイトの紹介分は、

 

WINDSTOPPER®ソフトシェルを採用しグリップ時のゴワつきを感じさせません。
手首周りのフィット感・ロングリブが寒気の侵入を防ぎます。

 

とのこと。かなりあっさりです。

 

 

昨年からこのRoeckl(レッケル)の手袋は目をつけていたのですが、

 

 

たかが手袋に1万円オーバーはさすがに試着せずには買えません。

 

 

にもかかわらず、取扱店が少ないうえ、取り扱っていても入荷数が少ないらしく、

 

 

全然現物が見られないまま昨年は終わってしまいました。

 

 

今回はベックオンさんで現物を発見したので、

 

 

試着したうえで速攻で購入しました。

 

 

 

 

↑写真中央上側の、ウインドストッパーのロゴが安心感がありますね。

 

 

↑着いていたタグ類と、説明書。

 

 

説明書は、お約束通り日本語表記はなし。

 

 

 

↑手袋の裏と表。手のひらのパッドは結構厚め。

 

 

実際につけて自転車に乗ってみると、

 

 

気温6度前後だと、走り出しこそやはり寒いものの、

 

 

20分も乗ると汗ばむほどです。

 

 

パッドは厚いのですが、実際に自転車に乗っていると、

 

 

そんなに違和感のないハンドルの握り心地と、

 

 

パッドなしのグローブとそん色のない操作性です。

 

 

値段相応かと聞かれると割高な気もしますが、

 

 

寒さで手を悴ませながら走るよりはよっぽどいいです。

 

 

 

 

これからは通勤用はまだしばらくはオージーケーカブトのKG-12Wを使用し、

 

 

早朝からのライドには出発時にはRebelvaを使用し、

 

 

温かくなってきたらKG-12Wに履き替えることになりそうです。

 

 

サドルバックの増量がいりますね・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、ポジションを合わせたTTバー(T2+DL)の試走と、

 

 

年始に予定されているブルベのコースを3分割で走ろうと思い、

 

 

柏原市 → 河内長野市 → 貝塚市 → 泉佐野市

 

 

というコースを走ってみました。

 

 

まずはいつも通り、大和川経由で柏原市へ。

 

 

↑まだ暗いですが、それでも遠くの山まで見渡せるほど、この日は空気がきれいでした。

 

 

ここからは1月のブルベのコースを想定し、いったん奈良まで走ってから

 

 

仲村ぶどう園さんのあるグリーンロードの入り口をかすめ、

 

 

富田林市経由で大阪狭山市へ。

 

 

富田林市では大平和祈念塔の横を通りました。

 

 

ここからは大阪狭山市に向かって走るのですが、

 

 

市街地?的な道路も多くなり、交通量も増加。

 

 

走っていて面白いどころか、怖い道路が続きます。

 

 

景色もお世辞にもいいとは言えず、個人的には苦痛を感じるコースでした。

 

 

そんな中、少しだけでもましだった道路で撮った写真が↓こちら。

 

 

 

↑おそらく岸和田市に入る手前の山の中です。

 

 

この後、岸和田市に入って少し行ったところで、

 

 

トレック7.4FXで初めてのチェーン落ちを経験。

 

 

↑チェーン落ち記念で撮影w

 

 

コンポ交換の前も合わせて今まで一度もなかっただけに、不安がよぎります。

 

 

そこで、ちょうどいいのでチェーンを戻したあとに、

 

 

補給も含めて3分間の休憩を取りました。

 

 

ここから再度走り出し、貝塚市に入ったあたりで

 

 

古き良き日本の街並みといった感じの道にでました。

 

↑少しだけ上り坂になってるのがみそ。

 

 

気づかないうちに体力を削がれますw

 

 

 

↑こういう道は走っていても気持ちがいいので、モチベーションが戻ります。

 

 

・・・が、坂も多くなってモチベーションと反比例で体力が減りますσ(^-^;;

 

 

↑街並みはいいですが、ずっと坂が続きます・・・。

 

↓撮影ついでに後ろを振り返ると、ずっと坂が続いています。

 

 

あー、こんだけ登って来てのか。がんばったなー

 

 

と、自画自賛しながら再出発。

 

 

撮影のため以外には足つきもありません。

 

 

今のところ体力にもまだまだ余裕があります。

 

 

上の写真の坂を越えしばらく行くと、きれいなお寺が見えてきました。

 

 

水間観音と書いています。

 

 

お寺の名前は龍谷山水間寺というらしいです。

 

 

↑うえの写真と同じ位置の街並み。

 

 

↑記念撮影w

 

 

この後、熊取町に少しだけ入って、泉佐野市へ。

 

 

泉佐野市からは国道26号線を使って帰路に着きました。

 

 

泉佐野市に着いた時点では体力も残っていて、

 

 

このまま和歌山市まで行こうか?

 

 

なんて考えもよぎったのですが、引き返して正解でした。

 

 

帰りは平地のみなのですが、海沿いのためかずっと強い向かい風で、

 

 

帰りのたった30kmで体力を使い切ってしまいました。

 

 

山道よりも風のほうがきついですねー・・・。

 

 

で、いつもの走行ログですが、今回は100km以下のショートライドの予定だったので、

 

 

心拍なしの通勤モードの記録になっています。

 

 

 

MAXスピード 46.6km/h
 
平均スピード 24.5km/h
 
平均ケイデンス 81rpm
  
走行時間 4時間08分
 
走行距離 101.43km
 
上昇距離 528m
 
下降距離 524m
 
消費カロリー 2977キロカロリー

 

 

写真にない数値はガーミンコネクトより。

 

 

今回はほぼ市街地走行で、さらに坂もあってですが、

 

 

それでも平均速度がほぼ25km/hというのは上出来だったと思います。

 

 

信号のストップアンドゴーは程よい休憩になりましたし、

 

 

そういう面ではいいコースだったかもしれませんが、

 

 

全体的に景色が良くなく、車も多いのは個人的にはテンションダウンです。

 

 

また、今回は走っていない、ブルベのコースのスタート部分、

 

 

枚方市 → 柏原市はもっと市街地ばかりになりますし、

 

 

特に寝屋川市を越えたあたりからは自転車向きではない道が

 

 

約20kmも続きます。当然ここは走る速度も落ちるでしょうし、

 

 

安全のためにも落とすべきだと思います。

 

 

そうなると、他の箇所で時間を取り戻さないといけなくなるので、

 

 

焦りにつながることもあるでしょう。

 

 

今回走っていない、残り約25km(片道)のコースで取り返せるならいいのですが・・・。

 

 

位置的には泉佐野市 → 和歌山市の間なので、

 

 

おそらく山岳コースになるでしょうから、スピードを出せるとは思えませんが・・・。

 

 

年始のブルベは見送って、4月のブルベに期待したほうがいいかもしれません。

 

 

まだもう少し悩んではみますが・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回ご報告したトレック7.4FXに取り付けたエアロバー

 

プロファイル デザイン PROFILE DESIGN T2+ DL アルミ ブラック エアロ ハンドルバー

 

 

バーテープを巻いて、試走を繰り返してポジションを合わせた結果、

 

 

↑上記の状態になりました。

 

 

 

 

↑ハンドルは基本の「地面と水平」より少しだけ前下がりに。

 

 

また、元が短めのT2+DLなので、グリップ位置はなるべく遠目に、

 

 

パッド位置は近めに設定。

 

 

ただし、先端がメインハンドルの位置よりも前に出してしまうと、

 

 

いくつかのイベントでレギュレーション違反になるようなので、

 

 

そこは気を付けて、ブラケットよりも出ないように調整。

 

 

あとはマウント位置がなくなってしまって取り付けができなくなったスマホケースを

 

 

ボトルゲージマウント・「ジョグマウントプラス」と用途によって着け変えることで、

 

 

通勤仕様と遠距離使用を使い分けようと思っています。

 

 

ただ、寒い時期だと補給用の水分は少なくても済みそうなので、

 

 

ジョグマウントプラスはよほどの遠出か夏までは

 

 

しばらく使用の機会はないかもしれません。

 

 

また、パッド位置を手前に近づけた結果、リラックスしやすくなったことに合わせ、

 

 

フラット部の肩を握ることができるようになりました。

 

 

以前からフラット部をしっかり握ることは少なく、

 

 

肩ばかり使っていたので、これはありがたいです。

 

 

ハンドルポジションも

 

 

メイン : ブラケット位置

 

 

加速時 : ブラケット先端を握る

 

 

河川敷などの巡航時 : TTバー

 

 

登坂 : フラット部の肩

 

 

という使い分けができるようになりました。

 

 

ただ、TTバーポジションはリラックスできる反面、

 

 

安定性も悪く、当然ブレーキも握ることができませんので、

 

 

使用の機会はかなり制限されます。

 

 

ブレーキに関してはブラケットポジション以外はどこもそうですし、

 

 

ロードのドロップハンドルも同じような条件なのでまだいいのですが、

 

 

安定の悪さは個人的には手放し以下だと思っています。

 

 

ひとえに練習量の違いなのでしょうが、

 

 

最近は100kmを超える場合は手放しで漕ぎながらストレッチをしたり、

 

 

ウインドブレーカーを着たりすることも平気になってきたのですが、

 

 

TTバーは握っていてもまだ少し不安が・・・('A`) 

 

 

早く慣れないといけないのですが、

 

 

そもそも使用のシーンが限られるので、練習自体がなかなかできません。

 

 

慣れればブラケット先端を握るよりも加速性能も高いのでしょうが、

 

 

まだまだ先の話になりそうです・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

待ちに待ったTTバーが到着しました。

 

 

今回購入したのは、

 

 


プロファイル デザイン PROFILE DESIGN T2+ DL アルミ ブラック エアロ ハンドルバー

 

↑画像は上記リンク先、カワシマサイクルサプライからの引用。

 

 

今回も購入から到着まで1か月以上かかりましたが、

 

 

購入店のガッツサイクルさんの連絡はとてもマメ+迅速で、

 

 

以前のワールドサイクルさんの苦い経験のようなことにはなりませんでした。

 

 

注文確定メール以外にも欠品理由や納期の連絡をくださり、

 

 

こちらからの質問メールに対しても驚くほど早く返信をくれましたし、

 

 

その度に一歩先まで考えて対応をしてくれました。

 

 

こういうお店さんは安心できますので、

 

 

今後もお願いしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

話を戻して。

 

 

届いたPROFILE DESIGN T2+ DL(以下TTバー)は↓こちら。

 

 

↑包装はこんな感じ。箱は段ボール以外にはなし。

 

↓ビニール袋の中身。

 

 

 

↑このバーの間の箱の中に小物類が入っていて、出したのが↓。

 

 

パッド二枚と接続用のエアロバー、ねじ類が入っています。

 

 

ただ、開けた時点で↓の傷が目に入りました。

 

 

↑メーカー交換品か何かでしょうか?

 

 

これに気づいてからよく見てみると、他にも薄い傷が何カ所か・・・。

 

 

明らかに調整ねじを回すときについたと思われる傷です。

 

 

一瞬「返品」という考えが頭をよぎりますが、

 

 

そうなると、ずっといい対応をしてくれたガッツサイクルさんにご迷惑をかけますし、

 

 

また納期も不明になってしまいます。

 

 

ということで、とりあえず油性マジックでごまかして使うことにしました。

 

 

どうせこのくらいの傷は使ってればつくでしょうしね。

 

 

※購入元がワールドサイクルさんなら確実に返品してましたが(-∀ー#)

 

 

そうと決まれば、さっそくトレック7.4FXに取り付けを行います。

 

 

取り付けながら、ブログ用に細かな調整ができる位置の写真を撮ります。

 

 

↑アーレンキーで刺しているところの位置を調整して、パッドの位置を調整します。

 

 

↑さらにパッドの位置と角度は細かく調整できます。

 

↑バー自体の位置調整ねじ。

 

 

これでハンドル位置を遠くしたり、近くしたり調整します。

 

 

で、早速取り付けた状態が・・・。

 

 

↑こちら。

 

 

↑ハンドル位置アップ。

 

 

↑角度を変えて。

 

 

↑乗車位置から。

 

↑少し遠く目に、乗車位置から。

 

 

ハンドル周りがゴテゴテになってしまったうえ、

 

 

スマホホルダーが取り付けできなくなってしまいましたが、

 

 

何はともあれ、ひとまず完成。

 

 

あとはバーテープを巻いて、ポジション調整をすれば完成です。

 

 

そこはまた近いうちにご報告しようと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。