おもしろ画像とつれズレブログ

デイリー更新のおもしろ画像と、クロスバイク:Trek7.4FXネタ等。
いろんな嫌なことを一瞬でも忘れてもらえるようなブログを目指します!!(`・ω・´)ゞ
笑っていこうやー☆

そして、みそじおやじのダイエットブログ跡地w


テーマ:
久しぶりのセンシウム700記事です。
 
 
知人から
 
 
手放したの?
 
 
なんて聞かれることもあるくらいご無沙汰でしたσ(^-^;;
 
 
購入額が高かったことや、タイヤを購入時から代えていなかったので、
 
 
パンクリスクが怖かったこともあり、
 
 
完全にローラー台専用になっていましたσ(^-^;;
 
 
・・・が、よくよく考えてみれば、
 
 
通勤号であるトレック7.4FXも105化ビッグプーリー導入なんかで、
 
 
かかった費用的にはとっくにセンシウム700を超えていますし、
 
 
タイヤも代えればいいだけのことなので、今回サクッとタイヤを変えて、
 
 
晴天時限定通勤号としても稼働してもらうことにしました。
 
 
タイヤは前回購入したミシュラン パワー エンデュランスがとても気に入ったので、
 
 
今回は同じシリーズの中でも速度帯優先な位置づけの
 
 
ミシュラン パワー コンペティションを購入。
 
 
↑画面左にチラッと写っているのは、wiggleで追加で買ったアイテム達です。
 
 
↑買ったもの一覧。夜間用に視認性の高いdhbの蛍光ジャージと、
 
 
 
↑トレック7.4FX用の新しいチェーン(KMC - X11-SL 11 スピードチェーン)と、
 
 
チェーン交換用のアイテム一式です。
 
 
チェーン交換はまだ少し先の予定なので、今回はここまで。
 
 
 
↓タイヤ交換の終わったセンシウム700。
 
話は戻って、センシウム700の交換元のタイヤは
 
 
ミシュラン PRO 3 Light 700×23Cなので、
 
 
乗り心地はマイルドになりつつも、回転性能は落ちない・・・はずw
 
 
ただ、ここは実際に乗ってみないとわかりませんので、
 
 
出勤前に50km程走ってきました。
 
 
その結果、回転性能の違いはいまいちわかりませんでしたが、
 
 
ロードノイズを拾いにくくなったことと、路面への食いつきは良くなったと感じました。
 
 
路面への食いつきがよくなって、回転性能の違いを感じないということは、
 
 
回転性能自体は間違いなく上がっているのでしょう。
 
 
グリップ力の向上による回転性能への影響をカバーしきっているってことですし。
 
 
タイヤは長らくコンチネンタルの4000S2や4シーズンを愛用してきましたが、
 
 
今後はミシュランに乗り換えることになりそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャージも来ました。チェーンも来ました。予備機の用意もできました。
 
 
静かにですが、着々と準備はできています・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
長距離を自転車で走ろうとすると、
 
 
いろんな自転車用アイテムのバッテリーが不安になってきます。
 
 
私であれば、マイクロUSBで充電できるアイテムだけでも
 
 
○メインライト:FENIX BC30R
 
○サブライト:Cateye Volt 1200
 
○サイクルコンピューター(メインナビ):ガーミンエッジ1000
 
○スマホ(予備ナビ):ASUS ZenFone 2 Laser
 
○メインリアライト:Cateye RAPID X3
 
○予備リアライト:crops EZ300mu
 
 
これだけのアイテムがバッテリーで動作しています。
 
 
前照灯も尾灯も2個ずつ装備しているのは、
 
 
万が一の故障を考えてというのもありますが、
 
 
1個だけだと不安だからというのが大きいです。
 
 
少し話がそれますが、おそらくこの文章を読んでいる方も、
 
 
夜に自転車や車に乗っていると、
 
 
いきなり暗がりから自転車や車が出てきてびっくりした
 
 
なんて経験がおありだと思います。
 
 
それがびっくりですんだならいいのですが、
 
 
すまなかった場合は事故になってしまう危険性が出てしまいます。
 
 
そんな「他者(他車)に気づいてもらえない危険性」を少しでも下げるべく、
 
 
ライトは常に2灯体制を維持しています。
 
 
※もちろん私自身は交差点での減速や一時停止はする前提ですが、
 
私の勝手な思い込みかもしれませんが、無灯火で走るのが平気な人たちは、
 
同じように一時停止しないのも平気な人たちばかりだと思っています。
 
ですので、容赦なく突っ込まれてしまってはどうしようもないですからね・・・。
 
 
 
 
 
 
話がそれましたが、
 
 
距離だと200kmくらい、時間だと10時間を越えるくらいから、
 
 
上記アイテムのバッテリーが不安になってきます。
 
 
特にサイコンとスマホはナビ機能を使うと一気に減ります。
 
 
そこで、充電用のアイテムを用意してみました。
 
 
 
CGマルチハンドルホルダー(写真右)と、
 
 
ANKERのモバイルバッテリーPowerCore 5000。
 
 
まずはCGマルチハンドルホルダーから写真を。
 
 
↑パッケージ表面。
 
↑パッケージ裏面。
 
 
肝心の中身のゴムバンドの写真を撮り忘れましたorz
 
 
続いて、PowerCore 5000。
 
 
↑パッケージ開封。
 
 
↑中身一式。本体、ケーブル、お約束のポーチ。
 
 
ANKER製品は実はずっと愛用しており、
 
 
↑今回ですでに7個目です。足りない2個はお星さまになりました(-人-)
 
 
昔のモデルはLEDライトが標準でついているモデルが多く、
 
 
地味に便利だったのですが、最近はついていないモデルばかりで残念です。
 
 
話は戻って、この写真だと右から2番目がPowerCore 5000です。
 
 
サイズ的には一番小さく、容量も5000mAhしかありません。
 
 
ですが、前述のCGマルチハンドルホルダーと組み合わせることで・・・
 
 
↑ハンドルに取り付け、自転車用充電アイテムに早変わり!!
 
 
これは便利!
 
 
容量的に5000mAhというのは決して多くはありませんが、
 
 
ガーミンとスマホを1回ずつ充電するくらいはできますし、
 
 
フル充電するのでなければ、ライトなんかもまとめて充電が可能です。
 
 
これで夜間走行や長距離での走行の不安が少し解消されました。
 
 
 
 
 
 
準備は着々と整っています・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回、これまでずっと愛用してきたサドル:SELLE SMP EXTRAから、

 

 

Selle ItaliaのMax Flite Gel Flowというサドルに変更してみました。

 

 

セラSMPエクストラでも通勤で使う分には全然問題はないのですが、

 

 

走行距離が150kmを越えたあたりから、

 

 

さすがにお尻にダメージが出てしまうので、

 

 

長距離での安定走行を期待しての変更です。

 

 

ただ、前回のペダル変更と同じで、トライアルだと思っているので、

 

 

気に入らなければ戻すことも大いにあります。

 

 

さて、早速のレビューですが、

 

 

↑届いたサドルと説明書。

 

 

↑パッケージ裏面。

 

 

Selle Italia Max Flite Gel FlowとSELLE SMP EXTRAの比較1

 

 

Selle Italia Max Flite Gel FlowとSELLE SMP EXTRAの比較2

 

 

↑取り付け後。

 

 

アップ写真3枚。

 

 

実際に使ってみてですが、

 

 

ここ数年、セラSMPの特殊な形状のサドルばかり愛用してきていたため、

 

 

ポジションがとても不安定でドキドキ・ハラハラしますσ(^-^;;

 

 

セラSMPのサドルだと、基本的にお尻の位置はほぼ固定で、

 

 

よほどのことがなければ前後に動かすことはありません。

 

 

・・・ただ、これは一般的なサドルとは違って、

 

 

セラSMP独自(と言ってもいいくらい特徴的な)のデザインです。

 

 

ですので、一般的な「姿勢によってサドル位置の前後するサドル」に

 

 

お尻が落ち着きません・・・('A`) 

 

 

ただ、フラットバーを握っているときのアップライトな姿勢の時に、

 

 

サドルの後ろ側にどっしりと座ると、

 

 

とてもゆったりとした座り心地になるのは良いなと思いました。

 

 

ただ、通常のポジションで座っていると、やはり落ち着かない・・・。

 

 

特殊なサドルに慣れすぎている自分のお尻のせいではありますが、

 

 

これは少し矯正に時間がかかりそうですσ(^-^;;

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前から気にはなっていたのですが、デザインがいやで見送っていたペダル、

 

 

TIOGA(タイオガ) Dスパイダーペダル

 

 

をついに買いました。

 

 

パッケージは・・・

 

 

 

こんな感じ。

 

 

セイントの箱と比べると、かなり普通。

 

 

ちなみにセイントの箱は・・・

 

 

 

↑こんな感じで、かなり重厚です。

 

 

まあ、箱で性能が変わるものではないですが、

 

 

セイントの箱を見たときの衝撃からは正反対だったので・・・σ(^-^;;

 

 

ただまあ、セイントはかなり重量のあるペダルのため、

 

 

箱も頑丈にせざるを得なかったのかもしれませんが。

 

 

ペダル自体を比較してみると、

 

 

 

↑かなり肉抜きされているDスパイダー(写真右)に対し、

 

 

これぞ金属の塊!

 

 

と主張するかのようなセイント(写真左)。

 

 

重さもほぼ倍にもなりますってw

 

 

さて、話は戻って、Dスパイダーペダルの添付一覧ですが、

 

 

先ほどの写真ではリフレクターもピンも取り付けていましたが、

 

 

このようにばらばらで入っているので、自分で取り付けが必要です。

 

 

リフレクターはつけるか悩んだのですが、安全性重視で取り付けました。

 

 

ピンは取り付けがかなり難航し、全部つけるのに30分近くかかりました。

 

 

なんせ、ピンが細いくせにねじ穴の塗料が邪魔で、なかなか締めることができず、

 

 

悪戦苦闘させられました。

 

 

↑全部の部品を取り付けた状態。

 

 

否が応でも目立ってしまうクモ柄('A`) 

 

 

削るか上から色を縫ってでもやりたいくらい、嫌いな柄です。

 

 

珍走団じゃあるまいし・・・。

 

 

デザイン的には私の好みだとセイントの圧勝なんですが、

 

 

いかんせん、セイントは重すぎる・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

 

 

Dスパイダーの315gに比べ、セイントは500g。1、6倍です。

 

 

通勤くらいであれば全く気にもならないでしょうが、

 

 

200kmを越えてくると、おそらくこの差は大きくなるだろうと考え、

 

 

今回は買い替えを決断しました。

 

 

使ったうえでセイントに戻す可能性も大ですがw

 

 

何はともあれ、付け替えた状態が↓こちら。

 

 

黒一色のボディには意外と合うかと期待しましたが、

 

 

やっぱりクモ柄は悪目立ちしています。

 

 

実際に通勤で乗ってみてですが、ペダルの横幅が短くなった分、

 

 

少し物足りなさがあります。

 

 

ペダルの重量差は7km程度の通勤では感じませんでした。

 

 

長距離を走る機会があれば、その時には違いを感じられることを期待しています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

でかい・・・。

 

 

今回はいつもと違い、冒頭から写真です。

 

 

ちらほらと書いていました、ビッグプーリーを導入しました。

 

 

取り付けたのは

 

 

RIDEA リアディレーラーケージ C66

 

フルセラミック ベアリング X16T

 

 

です。

 

 

最近よくお世話になっている、大杉相輪さんで取り寄せ+取り付けていただきました。

 

 

歯数は大きくはしたいですが、最大の18Tは存在感がありすぎるため、16Tをチョイス。

 

 

それに合わせ、カーボンのディレーラーケージ、C66を選択しました。

 

 

↑大杉相輪さんの店頭で18Tをつけている実車を見せていただいたのですが、

 

 

存在感がありすぎて、貧脚の私には荷が重かったですσ(^-^;;

 

 

で、取り付けた状態が・・・

 

 

↑こちら。全体から見てもでかいですね。

 

 

↑アップにするとさらに違和感大w

 

 

 

アップ。

 

 

たかがクロスバイク。

 

 

たかが通勤用。

 

 

けど、私にとってはメインの自転車でもあります。

 

 

投資してしすぎということはありません。

 

 

さすがに少し高かったですが・・・orz

 

 

で、実際に乗ってみてですが、

 

 

 

 

ヌルヌルしますw

 

 

 

 

もちろんオイルが、というわけではなく、漕ぎ味がです。

 

 

105のベアリングすらないプーリーとは大違い。

 

 

これまでだと漕ぎ出しは「よいしょ」って感じで発進していたのですが、

 

 

同じギアでも「よっ」って感じで軽く発進できます。

 

 ↑ギアをもう一枚落としておけ、というのはなしで。

 

 

セッティングもやってもらったおかげで、

 

 

他のブログで書かれているような変速のトラブルもありません。

 

 

ただ、導入前にも言われたのですが、音は大きくなりますね。

 

 

漕いでる最中のプーリーの回転音は少し目立つようになります。

 

 

これで、漕いでいないときはホイールのZONDAから音がして、

 

 

漕いでいるときはプーリーから音がするようになりました。

 

 

こう書くと嫌な感じですが、音的に嫌いな音でもないので、

 

 

全然問題なしです。

 

 

むしろ機械好きの人間にはいいかも?w

 

 

いろいろ確かめたいので走りに行く機会があればいいのですが、

 

 

師走も近づいているので、しっかり走りこめるのは少し先になりそうです・・・。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。