aaaについて

テーマ:

これは某音楽会社の某アーティストのことではなく、短編冒険小説『again…』『another』、パソコンRPG『and_end』のアルファベット頭文字をつなげた名前です。



以前も記事にしましたが、昔つくった同名アプリを『心の傷を癒す・克服する』をテーマに作り直しました。



で、知人のKさんに読んでもらい、ゲームをクリアーしてもらうと



「これは受け取る側次第でいいコンテンツになるんじゃないか?」



と言われ、意外な感想だったので喜ぶべきか肩を落とすべきか悩んでしまいました。



翌日、Kさんから「あああ、を別の角度から紹介させて」と言われました。



(あああって。せめてトリプルエーとかスリーエーとか読んで欲しい。といってもエーエーエーなんですけどねw)。



そしてKさんはあなたを強い人に変える『強化人間プログラム 』」というタイトルの無料レポートをつくりました。



ありがたいですが、正直へぇーという感じです。



AD

and_end

携帯アプリ版『and end』とパソコンゲーム版『and_end』について。



携帯アプリ版は『インナーチャイルド』がテーマだったような。



『again…』、『another』ときてこの『and end』で終わったお話は、まあなんというかモヤモヤ感が残るものだったなぁと。



ちなみに携帯アプリ版『and end』の舞台は、大人になった主人公が自殺する一歩手前の心象模様を表現したものです。



結局自殺は思いとどまりますが、あまりにも主人公が不憫でしかたないし、まずプレイヤーに共感されないよなーと今さらながら考え、修正しようとパソコンゲームとして『and_end 』を作成しました。



このパソコンゲームは電子書籍『aaa 』(小説again…、another)の最後の「a」としての締めくくりで、携帯版とはかなり違う内容となりました。



エンディングは2つでgoodかbadですが、テーマを『心の傷を克服する』に変更しましたので、goodは良い感じだと思います。



まずは無料の電子書籍『aaa 』を読んでいただければ嬉しいです。



[PR]慣用句辞典|正しい意味 変な用例

AD

another

携帯アプリ『another』について。そして電子書籍化について。



これは犯罪への衝動を止めるには? がテーマだったような。



again… 』の続編、というかおまけ的な位置づけだったんですよねぇ。



実際、ショートショートくらいの短さだったし。



で、文章化するにあたり「これはagainの続編としてand_endにつなげよう」と決め、内容を大幅に変更しました。



この記事をお読みいただいている方で『again…』『another』をPLAYされた方はいないと思いますが、もしご存知でしたら「あ、そういう流れにしたんだ」と思ってもらえるんじゃないかなぁと期待しております。



http://p.booklog.jp/book/17360



[PR]慣用句辞典|正しい意味 変な用例


AD