紅男と虎椿 (べにおととらつばき) 大澤雄介「爽遊」ブログ

家族で奏でる賛美歌”みたいなフォークデュオ 紅男と虎椿。生まれつき同じ名字の大澤家の旦那のブログ。


テーマ:
ヒントを探しに。今日仕事合間にひとり、ふと(こらこらぁ 笑)サザエさんの作家 長谷川町子さんの美術館に訪れてみました。姉妹お二人でサザエさん出版のために創設された「姉妹社」。その社長であるお姉さん 「毬子と町子 二人展」でした。

「才能」と「天才」の対比がとっても判りやすく、町子さんの作品のお人柄は「印象」だけで「感じられる全部」がひゅるりと心にも感性にも入りこんできてくれるから「受け取り」が「楽」です。やっぱり「本物」は違います。全部違う。単純を支える基盤が全く次元が違う。うーん。。この分からず屋めっ!えぇいっ!ちがー!!。。ハァハァ。。。ふぅ。。う。。うん。。ε-(´∀`; )

とにかく違います。笑 

興味深々すぎての戦利品はこの本。電車で読もっと。。じゅるりっ。。安らぎには戦いを。溢れ出す情熱の原点を見つめ直す機会になりました。

昨夜からまた新しい作品の曲の作業。詩をつけてピアノとギターを編曲する「恒例作業」が始まってます。その中においての(ミスター風)おっきなきっかけを頂けた気がします。また近々平日にでも再訪してみよう。ゆっくりじっくり見たいな。うん。←めちゃ混んでた。。

閃きは突然ピンとくるものです。ここ最近の僕やめぐまるの原曲は雑な走り書き程度の「メモ」でしかないものが殆どなんです。詩もそうかな。今回の作品はそんな断片を何百と創ることから始めてみました。今で丁度3年、えしかの曲創り終了以降はそれだけの繰り返しです。その中から気になるものを選って何十回何百回と聴いて。まずあらかじめ骨組みや外観をイメージしていく作業に力を注いでる感じです。←無駄の多いやり方どすえ。。かなり直感性には乏しい?!←いーや、これが一番の方式。。かな?笑 てか地味やし。。

それもこれも。ここ近年、以前よりは幾分も気持ちに余裕があるのかもしれません。仕事に割く時間を避けて出来た時間をじっくりゆっくりと使って。物事を吟味しながら取り組むことが出来るようになってきたのかなぁとも思います。

勿論、何百回も聴いてると飽きますよね。笑 それでも飽きてさえ興味を失わない曲があれば。それは要するに「選ばれた原曲」となる訳ですから。大したもんです。えっへん 笑 

「編曲」って要するに。基礎、骨組みにもって、資材であるイメージに基づくアイデアたちを組み合わせて「家を建ててく」のと同じことです。要は「完成」に向かってるんだよ?ってことですね(-_^)

女流作家さんに生まれて初めてハマりそう。
長谷川町子さん、追っかけてみます。

なんかこれ、
僕ら大澤家の探して求めてきた
「答え」な気がします。

さぁ、お仕事に戻りますか。←忘れかけてた。。笑

棚ぼた土曜日でした。
でわでわ。

{979B46CC-EC09-4895-90BD-6619094DA75C}

{8C15464E-B9B2-45F4-BAE7-D89879158EBB}

{A0868BF6-CD0D-410A-9CD9-BD6F2C927E1B}

{4D117B1B-0050-43E5-B25E-01EDBD8450A5}
{1E20679F-E9DA-4D61-8205-8CC8D2D8296B}

{68C67A35-E028-4223-B899-4140799D5189}

{614DF226-B98B-44A6-9D01-38C5DDF585A1}



AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
夏の装いに生活環境を変える会勃発。
今夜は少し涼しく過ごせそうだ。

{F658BD5D-808F-4E1B-82B4-E8199EAAEAC2}

いよいよ長年の夢、目標のお店オープンに向けて動き始めます。あと数年、東京から旅立つ日を目指して。移住したい場所もざっくりと。この3年かけて絞りこまれてきました(-_^)海が近くの素敵なところ。波乗りは絶対始めたい。鮫でるけど。。後は、出来るだけ肩の力を抜いて、力まず、やり残ししないように。精一杯頑張ってくだけ。

{86C5F477-B07C-4B72-A1EB-75D403AA021E}

{D1F6E5C8-739D-40C0-87E4-7FCDDE810432}

と、ゆうわけで。快適な暮らし、素敵な毎日を送るためには来週末 東京ドーム 交流戦 巨人 vs 日ハム!絶対勝つぞ、ジャイアンツ。

音楽はまず環境から。
野球はユニフォームからってのと同じ。

よし。この夏の間に。歌集、アルバム仕上げるよ。まずは小さなLPになるんやないかな。多分ね。しばし、よろしくです(*^_^*) 

あ、そうそう。久々に来月6/12日曜日にお友達主催のライブで新宿SACT!で軽めに歌を唄います。久しぶりにひとりでやるので楽しみです(-_^)!

出演は1番目になります。出演者さんはみんな素敵なくせ者(僕好み 笑)ばかりやけん、とっても素敵な夜になりそう。

何を歌わなあかんとかには全然囚われずに楽に(*^_^*)もしかして誰かと一曲くらい一緒に演るのもありかな。わかんないけど。。ま、いずれにせよ楽しみです☆

---------------

東新宿SACT! 
6月12日(日曜日)
しみりえpresents "うたの縁~uta-no-en~"

出演:シミズリエ/SELLPICO/チームしめちこちゃん(横田堅弘withみぶー)/大澤雄介

開場 17:30
開演 18:00
前売り券 ¥2000
当日券     ¥2500 
1drink別オーダーです。ごめんね?

来たい!なーんて。。奇特な方はfacebookメッセージとかでお願いしマウス🐭←極論、何でも大丈夫です。。チケットとかはないので(-_^)

良かったら是非遊びに来てみて下さい☆
よろしくー(*^_^*)

でわ、良い水曜日の夜をお過ごし下さいませ。

{B72D9802-66FB-4C0F-B139-82FC29B24C58}

{A7902039-1206-4B34-8D30-CF9663406EC8}

{E49FAA6E-B762-44C9-8039-2AF089D33F20}


AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕が子どもと親の問題になると急に躍起になるのんには理由がある。

ガキの頃、小学校2.3年から特に、中学1年までの間、酒に酔った親父に毎晩殴られてはTシャツは鼻や口から噴き出した血で血まみれ。腹や背中を蹴られては床をのたうち回る毎日を過ごした。何回も死にかけて何回も自殺しようとする度に「お前なんかはよ死ね。みんな迷惑してる。」って何度も何度も罵られてきた言葉がフラッシュバックしては「死んでやるもんか、ボケ」って何クソで生きてた。性格的な運もあった。その内野球部でも先生に毎日ボカスカ殴られるようになって「殴られること」に慣れていった 笑 痛くなくなったが正解かもしれない。そうこうしてる内に恐怖で泣き叫ぶ弟を守るために親父と戦えるようになったのは親父が家をでてく間際。中1の頃。最後の頃の話。理由なんて例えば。テストの点数が80点以下になると長時間殴り蹴られながら怒鳴られたし、永谷園のお茶漬けの袋をシャカシャカ振りすぎただけでマジギレされてぶん殴られてた 笑 最後はスクールウォーズ2のキャラ誰が好き、が親父の意にそぐわないだけで血を噴き出すくらい殴られてた。まぁそんな感じ。書いてるとさ?思い出すやん?。。よく死なんかったなぁって思う。笑 

運が良かった。それだけ。そうゆうのんがあるからニュースを観る度に絵が浮かんで、その子どもたちの辛さ、親の気持ちが染みてくる。

親父は後年「お前は自慢」とゆってた。酒を呑んでる時にね。親の気持ちは分かってるつもり。

「先に失敗することばっかり考えるんやなくて、とりあえずやってみる。失敗したらしたでまたそんときに考えたらいい。成功したらしたでめっけもんやん。」社会にでてこの言葉をかけられた時、嬉しくて涙がでた。今はもう、大好きな上司の人からしか聞かない言葉になっちゃったけどね。でも未だに失敗は怖い。ひとの気分を一々気にしちゃう。今もよく注意を受ける。笑 反省しなきゃ。それでも今も「おまえのせいで、みんな迷惑してる。早く死ね」と言われてる気がしてしまう。体に痛みで「刻みつけられた反射」は絶対に消えない。でもね?こんだけ恥をかいても、馬鹿にされても、何クソって今音楽を止めない理由が大事。こんな馬鹿な全部を終わりにしたいからさ。何でもいい「印」が欲しい。そんで次へ行く。超前向き。新しい自分になる。

トラウマを抱えたらこの世は死ぬも生きるも地獄。それでも残酷なこと、天国へ行く子どもたちは永遠にぼくみたいな気持ちになれることはない。もう死んだんやから。二度とない生きるチャンスを、自分で死ぬと決断するチャンスもあげずに親が暴力で殺しちゃうのはあまりに酷すぎるとぼくは思うよ。

やるせないね。ムカつく。

親の気持ちを子どもが分かることは美徳でも道徳でもなんでもない。善意、好意。喜んで欲しいから。

ま、親も子どもも、ある年齢からはお互いさまなんやけどね。そこに辿り着けるまで導くのが親の仕事。それを放棄するなら、それは親が悪い。

初めから出来るわけがない。沢山失敗させてあげなきゃいかん。学ばせてあげないかん。感じたり、考えたりする習慣を持たせてあげなあかん。

それだけのことが出来ないやつばっかで。
挙句我が子を簡単に殺す。

なんて情けない奴らだ。
ぼくは怒っている。

{ADAA855D-3495-4970-8C2C-C20D802C2B1C}


AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
我が子を親が殺す類のニュースが多すぎるわ。こんなニュースに違和感を感じてない自分にも嫌気がさすよ。「ある」やろなぁって感じ。毎日世田谷で飽きるほど出逢う光景と同じやもの。

もう誰もが「自分」以外に興味はないわけやから。我が子であれ「心底」は関心なくて当然。あくまでも「自分のステータスのお飾り」やけんベビーカーをショベルカー代わりになんか出来るわけ。子どもは本当に可哀想やった。やけど遅かれ早かれこうなったと思う。それが現実なんやから。どうにもなりはしない。

でも。。
せめて安らかに成仏さしてあげて欲しい。

ただ、ただ、悲しいよね。。

隣の芝生の青さばかりみてるから。
こうなるんだ。

「自分を生きる」の意味を
完全に履き違えてる。

感じることや考えることを拒否するなら
「生き物」を止めてしまえばいいんだ。

いっそ楽になる。
やから「そうして」こうなった。

それだけのことなんだ。

きっとまた、こんな文章なんて
何の意義もない。

まだこの世界に期待してしまってるんかな。
止めとけばいいのに。

どんどん孤立してくだけなのに。

でもそんなことなんか以上に、こんな時代に絶望的無意味、無力な自分に腹が立ってる。

答えは大袈裟なもんじゃないよ。

大多数の今の若い人たちにはもう団塊の世代と同じよな暮らしは無理。それだけ。子ども作って、結婚して、借金して、ローンで家買って、車持って、習い事させてとかが根本的に無理なんだよ。経済どうのなんて関係ない。単純に人として、そういった自分以外の誰かとタッグを組まなきゃならない「責任」を抱えられるだけの「素質」がない。

全部が全部、たったそれだけのことなんやないかなぁ。

「自分以外無理」それだけやと思う。それを当の本人たちが認めてしまってるからこその現実やないかな。

本人たちはもちろん、親が、大人が悪い。
それを毎日毎日、実感してる。

今の時代に合った、新しい人たちのための、新しい基準を作ればいいだけやのにね。新しい人たち自身でさ。

動いてかなくちゃいけない時期だね。

僕も考えてかなきゃ。だね。

{AE8B0006-3A91-4613-90F7-CDABCCCBF820}


コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
仕事の空き時間に詩書き。もぐもぐ。ベビーカーや電動自転車に子どもを乗せてさ。高速で走り抜ける暴走お母さんたち。そんな急いでどこいくんかな。いつか我が子ごと誰かを 跳ね殺しちゃいそ。生き急いでるね。もぐもぐ。そうゆう人らが聴く音楽ってどんなん?俺には関係ないけどさ。もぐもぐ。意図的なメッセージとか気づきとか。そうゆうのいらない。嫌い。もぐもぐ。

知らない。

{B2E338CF-065E-4366-93BF-12F11FD5F911}


コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。