Das Blog von Die neue Frau die Fahrad fahrer dreiβig Jahren wegwerfend mit fünffach Auswuchses

特殊人Die neue Frau die Fahrad fahrer dreiβig Jahren wegwerfend mit fünffach Auswuchses(5つの障害を持つ30年を捨て去ってきた自転車乗りの新女性)の書く御言葉が満載!

ここではお薦めサイトやお知らせ事項を表示いたします
----------------------------------------------------------------------------
 お待たせしました
「第4回沖縄・提案-百選事業」第1部テーマ「沖縄の米軍基地」が出版されました。
私と母の文書も載っています
取り扱い書店
今回は沖縄以外でも入手できるそうですので、是非ともお求めください
これは、今後、日本の国がどうあるべきかを示す書でもあります
政治屋にも読ませたい位ですが、馬の耳に念仏の可能性が高いかも
私としては第3作になります
ウサマビンラディン殺害事件で、アルカイダが米軍施設を攻撃することは火を見るよりも明らか
とすれば、沖縄は真っ先に矢面に曝されることでしょう
2010年5月4日に独立宣言すればよかったのに…
第6回の募集は8月31日まで延長されました
「第5回 沖縄・提案-百選事業」第1部 「私の成功体験」が発行されました
対米協会
400ページ程あるボリュームのある本が1000円ぽっきりです
大変お得です
今後の人生の参考にされてみては如何でしょうか?
私のもありますので、これも読んでみてください
ちなみに、今回のは、読み方が出ております
目から鱗が落ちる思いがするかも---------------------------------------------------------------------------
将来、SRS(性別再判定手術)を受けようと考えておられる方々には朗報です!
○○○○クリニックMTF手術パッケージのご案内
情報更新日: 2011年06月10日
実は、このコース、私がモデルなのです
しかも、更新日が、記念すべき3年に当たる日なんて!
確か、私の時ってこのコースはなかったのに…
帰国後、これがあるの
しかも、私の内容そのものだったし…
これ、お薦めですよ!
周りになんでもあるから不自由しないし…
声の手術を組み合わせるのもあり
500mだから歩いていける
でも、スタッフの人と一緒に歩いて行ったけど、13分掛ってる
あのペースに合わせるのって気の毒な気がする
その時はそんなことを感じる余裕もないけど…
両替は、ヨーサカンクリニックの隣にある両替所をお薦めします
買い物は側にあるIndra Reagentで行えるし、ここなら、McDonalds、Kentucky Fried Chickenもあるので、連れてもらったり、買いに行ってもらう必要もない
しかも、コインランドリーもあるから、洗濯には困らない
夜の食事は、ランドリーのところのタイ料理の店かスリランカ料理がお薦めかな
私は術後の経過が思わしくなかったので、あまり行かなかったけど、遠くまで足を伸ばせるなら、もっと奥にいくのもいい
元気があるなら、ヨーサカンの近くにあるBig-Cに行くのもいい
私は第4次でケーキを買ったのは2010年1月16日の書き込みを見ていただくとあります

何はともあれ、タイランドSRSガイドセンター で相談してみてください
---------------------------------------------------------------------------
3月28日月曜に、私が関わってきた機関で、連絡できるところに被災者の受け入れを提案していたところ、高知県の農業大学校より返信が届きましたので、紹介します

先日は、メールを送って頂きましてありがとうございました。
3月11日の東北と関東で起こった大地震、お亡くなりになった方や行方不明の方、また怪我や自宅などを失われた方々など、被災地の連日の報道にただただ心痛むばかりです。

 各県からは義援金をはじめ物資の支援、住宅の提供など各種支援を行い、住宅の提供も行っているところです。高知県につきましても高知県庁HPで「重要なお知らせ」の中で被災者の方々への支援に関する情報を提供させて頂き、その中で農業など一次産業への就労支援についても触れております。
高知県庁HP

 しかしながら本当に希望されている方々に、その情報が伝わっているのか、混迷の中にある被災地の受信側の体制の整備面も含めまして十分ではない点もあるのではないかと思いますが、ご提案のありました内容については、大変有り難く貴重なご提案として感謝致しております。

 高知県で農業がしたいと思われる方々への支援につきましては、県をあげて取り組んでいかなければならないと考えております。
 返信が遅くなりましたが、今後とも、ご助言の程、宜しくお願い申し上げます。

とのことです
今回の返信は農業関連についてで、農業に従事されていた方々には朗報です
しかし、本文でも述べられているように、この情報が被災者の方々に届いていないのではないかということを、先方でも気にされています
そこで、この文書をお読みになった方々にお願いです
上記の返信の内容をブログ等で発信してはいただけないでしょうか?
既に農業をされている方々以外でも、就農してみたいと感じている方々にもいい情報だと思います
6月頃に開催されるファーマーズフェアまで待つ必要はもうありません

私も、2000年から2006年まで農業を志した者として、高知県はお薦めです
支援体制もしっかりしています
準備として、スクーリングもあるので、1年間机上での勉強を経てから実践をして研修に入るということも可能です

先日の続報が再び届きました
2011年4月18日 月曜日 午後7:24

3月末にメール再送頂きましてありがとうございました。
返信しましたが、送れていないことが今日分かりまして
大変失礼致しました。
 被災地に当たる、仙台、福島、その他の都市への
斡旋の件、具体的な計画までには至っておりませんが、
ひとつのアイデアとしては面白いと思っています。
状況をみながらの検討も一考の余地があると思います。
ご提案頂き、ありがとうございました。

とのことで、どうなるかはわかりませんが、前向きに考えてもらえるかも知れません
他の道府県でも受け入れは充分にあります
農家の方々のみならず、漁業でも、同じようにあると思います
2000年でも、漁業従事者は高齢化しており、担い手不足の心配があると聞きました
こういうときこそ、他の地域で再起を図るように考えていただければと考えております

他の方々にもお願いです
ご存じの公の機関に1次産業担い手の受け入れを提案してみてください
熱心に行っているところは担い手はもとより、定住者をほしがっているところばかりです
復興するのはもう無理です
新天地で再起を図ってもらうようにするのが肝要です

農業と漁業は放射能の影響で当面操業できないでしょう
西日本ならまだ被害はありませんので、ここで再起を図るのが肝要かと思います
勿論、他の仕事をされている方も同様です
身軽な人なら、日本を飛び出すのも一考かもしれません

他には、以下で紹介したところもお薦めです
11年前にいったところです
-----------------------------------------------------------------
2011年の京都の桜です
桜を見てない方は、そちらから、日本一の文化都市、京都の桜をご堪能くださいませ
4月10日の写真 その1
4月10日の写真 その2
伏見稲荷大社の写真です
2011年は御鎮座1300年ということなので、是非見てみてください
2011年9月24日、伏見稲荷大社

2011年10月1日琵琶湖、8日自転車とお土産

2011年10月16日舞鶴、福知山

「夏の風物詩」



テーマ:
前回の献血から8週間経って、再び献血できる日がやってきました
1日には献血甲子園の情報を得に赴きましたが、その時は自転車で行きました
献血には徒歩で行くことで検討しています
前日は寝るのが遅くて、明け方ごろです
一旦は7時に目が覚めて、朝ドラを2つ見ます
その後眠いので寝ます
起きると12時前です
いずれにしても午前の部に行くのは無理で、歩いていくか、取水のために自転車で行くかが試案のしどころです
雨が降る予報であるのと、ちょっと体調が優れないのと、取水するのとで自転車で赴くことにします
飲むものは献血ルームに行くわけなので、持参の必要はありません
出発前の体重は82.6kgです
出発は13時3分丁度、いつもの道で行きます
学校の前の通りでは最初から27km/h程度まで上昇させ、交差点の先では回転数を上げます
34.2km/hまで上昇するのでケイデンスは110程度の模様
バイパスの手前にハウスがありますが、ここまで足を止めることなく回すことができました
このあと、近鉄を渡り、線路に沿った道を行きます
ここでは27~29km/h程度で流します
この速度が流す速度になったことはいいことです
向島を6分40秒程度で通過、順調に進みますが、観月橋に差し掛かるところで車が進まなくてここで時間を取られます
観月橋を渡り切る頃には11分になっています
最初のクランクを右に行き、そのまま山田音楽院の前を通りますが、この手前では自転車を次々と追い抜き、ここでは親子を追い抜きます
この先の月桂冠大倉記念館辺りでは車や歩行者が行く手を阻みます
ここを抜けて鳥せいのところまで行くと、今度は車が行く手を阻み、ここをやり過ごし、駐輪場に着いたのは13時18分で、所要時間は15分丁度です
行程は5.4km、走行距離5.28km、走行時間13分52秒、平均速度22.84615385km/h
入ってすぐに受付です
このあと、着替え、そして、記録をします
まずはアクエリアスを飲みますが、味がしない
その旨を受付で伝えると、確認して確かにとのこと
このあと、血圧測定で、上が120、下が75で、脈拍は115と、トレーニングには理想的な心拍数です
そのあとコーラを1杯飲みます
このあと少しして検査です
そして、リアルゴールドを飲みます
そのあとで採血です
土曜スタジオパークの時間となっています
この日は血小板献血です
見ている間にドリンクの出前をしてもらい、コーラとリアルゴールドを持ってきてもらいます
2杯持ってきてもらうのは初めてですね
採血後の血圧は上が115、下が79で、脈拍は72と回復しています
このあとは、テーブルのところを確保して、女性自身を読みます
そこで、目を引く記事は
6/14号
・正しい肉食で老けない女になる
これは、同じ日の百名山スペシャルでも出てきたことです
・チョイノリ派ならカーシェアリング マイカーの維持費年間30万円を縮小できます
これはいいことですね
車会社には不都合ですが
・大人気U-300(300円以下)激安弁当が子供たちお味覚を破壊する
これはある意味言えてるかも
餌という感じですし
・「一体何が売りたいの?海外有名ブランドは迷走状態ね」
そうなんでしょうね
・「全身ツルツル男子」急増中
これは、ロードレーサーでは行うそうです
脛毛が空気抵抗になるということで
水泳選手でも同じでしょう
・おひとりさま「老後」の頼り先
これは誰もが通る道ですね
6/21号
・辞職夫友人に漏らしたゲス本音 主夫は飽きた 合コン行きて~
宮崎謙介
ゲスはゲスのままで、死ぬまで治らないのでしょう
・まさか「笑点」での夫の姿に義母と涙で抱擁を
国分佐智子
やはり、名誉なことなんでしょうね
・結婚怖い、自分が嫌い…漏らしていた36歳の焦燥
小林麻耶
しかし、それから数日のうちに、妹があんなことになるとは…
隣の実は赤い、隣の木は青いとはよく言ったもので、身近なところに幸せはあるのかもしれませんね

と、こんな感じです
2冊読む間に17時を過ぎています
この後新聞を読みます
南海トラフ地震の影響が出ているようで、地震の発生率が高まるようです
ケイコフジモリが敗北を認めた記事もありましたね
採血後はコーラ2杯、リアルゴールド1杯、珈琲を1杯飲んだだけです
このあと、献血ルームを後にして業務スーパーに向かいます
消費増税以来なので2年3か月ぶりです
やはり、ぎりぎりの価格で行ってきていたのか、かなり値上がりしています
これがアベノミクスの結果です
物価が異常に高騰しただけで終わっています
伊勢田で買えばいいので、ここは値段を見るだけで立ち去ります
このあと、鳥せいに行き、取水します
駐輪場から鳥せいまでは0.3km、走行距離0.21km、走行時間41秒、平均速度18.43902439km/h
珍しく取水している人がいませんので、ゆっくりと取水できます
ボトル3本目に入るときに焼酎のボトルを8本ほどもった男性が来ます
5本に取水するころにはもう1人来ます
2本はホルダに装着し、1本はポケットに、2本はリュックに入れて帰途につきます
17時58分5秒出発、月桂冠大倉記念館の手前のところで、交差する車に行く手を阻まれます
この先、観月橋北詰の踏切では双方向でここも厄介です
観月橋南詰では小倉堤に入れません
あれほど車が連なっているのは実に30年ぶりです
朝にしか見ない光景ですが、夕方の時間にあれ程なのは過去に例がありません
ここは車が渋滞すると最早通ることは叶いません
ここでかなりのロスとなります
この先、速度は比較的あがります
向島第2踏切では渡れず、第3踏切で渡ります
帰着は18時13分53秒、所要時間は15分48秒、行程は5.2km、走行距離5.06km、走行時間13分40秒、平均速度22.21463415km/h
尚、往復では10.9kmの行程で、走行距離10.55km、走行時間28分13秒、平均速度22.43354991km/h
体重は82.2kgなので、飲んだドリンクは9杯と更に0.4㎏減っています

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
21、22日は絶好の走行日和であったにも拘らず、起きることが叶わず見送り
23日からの週も動くことが叶わなかった
27日からは姫路に行かないと31日は三木が休業なので為す術がなくなる
28日、29日が雨ということで、今期も姫路、三木、伊勢に行けなくなることが確定します
元々、29日までに応募ができなければ、この日は応募に充てる予定でした
ということで、応募なのですが、できるだけ近くで応募することにします
大山崎、島本、八幡の松花堂に行くことにします
近場ということもあり、食料は持って出ません
ドリンクはアクエリアスが900㎖のボトル1本分あり、これで十分だとは思いますが、乾燥していたり、暑い場合は足りない恐れもあるので、もう1本持って出ることにします
テープは1時間半分あり、少々不安もあるので、もう1巻持って出ます
出発前の体重は82kgです
出発は10時6分25秒、山音通り(市道小倉安田線)から府道81号線を通り、第2京阪では信号が青なので、そのまま突っ切ります
元々、大山崎、島本方面を先に行く予定だったので、その方が都合がいいのですが
このまま478号線に入りますが、安全な通路は反対車線でした
ここで、八幡の松花堂を先に行くべきだったかなと思ったのですが、ここまで来れば、大山崎に行くしかありません
このまま、高架の継ぎ目に悩まされながら府道13号線との交差を越えて、桂川を渡る橋を渡ります
自転車乗りは反対車線側にある通路を通っています
478号線の下りでは40.8km/hまで上昇、信号で止まらずにそのまま171号線を渡ります
そして、府道212号線に入りますが、登りを免れることはありません
府道212号線は山に迫る方に向かい、間違っているのではないかと思いがちですが、府道67号線に出るには最適の道となります
府道67号線に出ればあとはまっすぐ行くだけです
大山崎町歴史資料館には10時44分11秒に到着、11.6kmの距離を37分46秒で来た格好でまずまずです
大回りしたかとも思いましたが、それはなかったようです
走行距離11.29km、走行時間33分18秒、平均速度20.34234234km/h
ここでは2階が歴史資料館で、スタンプ台は1階ですが、ここは対象外となっているものの、スタンプはあります
集める台紙に押すのですが、かなり鮮明なスタンプが取れます
八幡で押したものに追加して、更に3通に押します
そして、ここでは台紙を6通確保します
そのあとで2階に上がっていきます
応募ですが、1人1通というのですが、代表者が最大10人分までは応募できますし、それ以上は応募しようもありません
それに、全てのチェックポイントを回れば5通分応募が可能になります
そう伝えますが、理解していなかったようですね
歴史街道の関係では、理解不足が際立っているなと感じます
その後1階に降りて少し休憩して18分31秒滞在します
次は島本町立歴史文化資料館に向けて出発します
11時2分42秒に出発、府道67号線を大阪方面に向かいますが、途中で山の方に向かうので、ここから171号線方面に行きます
阪急大山崎駅の脇を通る道がここに出るので、ここが一番効率的な道となっています
出発の直前にロードバイク乗りが通り過ぎていましたが、その格好の人物が少し前を通行しています
流石に追いつけないかなと思いきや、意外と追いつけます
しかし、30km/h近くで、短距離だからできる技であり、長距離では太刀打ちできない
42-17のギヤで走行しているので、ケイデンスは100近くなります
こんなペースは続きません
しかし、少しづつ引き離されますが、それ程引き離されはしません
そうしているうちに目的地にたどり着きます
11時9分52秒に到着、2.7kmの道のりに対して7分10秒なのでそれほど悪くはありません
走行距離2.50km、走行時間6分49秒、平均速度22.00488998km/h
やはり、少し自転車乗りを追いかけた分、速度は延びていますね
長距離向きではありませんが、短距離のスパートにはいいでしょう
しかし、以前なら長期間のツーリングの時のペースなので、いいとは言えません
ここでは応募をして、台紙は3通確保します
ここには独自のスタンプもあり、専用の台紙もあります
日付を書き入れられるので、記念としても最適です
見学は無料なので、これは少し見ていくのがいいでしょう
私ぐらいの年齢なら昭和は物珍しくもありませんが、若い世代にはレトロな感じがして新鮮かもしれません
少し見ているため、滞在時間は少し長めの21分11秒となります
次は最終チェックポイントの松花堂美術館に向かいます
11時31分3秒に出発、阪急水無瀬駅に向かって行きます
阪急の駅の手前にかなり急勾配から合流する道があり、こちらは大山崎で山の方に向かった道からの合流点で、以前、通ったことがあります
水無瀬駅から少し行くと171号線で、171号線を京都方面に向かいます
大山崎町に入り、名神と京滋バイパスのジャンクションの手前に信号があり、ここに新幹線を渡る道があります
ここに出る道が使えればかなり便利です
478号線との合流点手前で右折レーンに入るべきなのですが、それが叶いません
しかし、交差点に差し掛かるところで右折の信号が青なので、横断歩道を渡りこのレーンから右折します
余り勧められる手法ではありませんが、臨機応変に対応するにはこれも活用するといいでしょう
このまま行き、川を渡るために登りますが、ロードバイク乗りには置いてきぼりを食らいます
今度は通路を通りますが、府道13号線に入るしかなく、途中から本線に入り、本線の右折レーンに入り、回ります
府道13号線に入り、府道13号線と府道22号線が合流する場所で直進します
この道をまっすぐ行けばいいのはわかるのですが、地図がその範囲を細かく記していませんので、どこから東に入ればいいかがわかりません
後で気づいたのですが、この道をまっすぐ行けば辿り着けるのですが、手前で東に向かいます
これがいけなかった
結局は府道235号線に出ますが、避けたかった東に曲がる部分に差し掛かります
結局、遠回りしただけで終わります
到着は12時11分47秒、行程は10.1kmに延びてしまいます
もし、最短距離で来ていたならば10㎞を切っていたことでしょう
所要時間は40分44秒で、苦しんだことが窺えます
走行距離9.70km、走行時間30分27秒、平均速度19.11330049km/hで、かなり落ちていますね
ここでは応募をして、スタンプを押しますが、新しい台紙に押すも、鮮明ではないので、大山崎で押したものには押さないでいます
台紙を7通確保して、少し休憩します
21分30秒滞在して12時33分17秒に出発、帰途に就きます
府道を横切り、更にまっすぐ行きますが、信号で止まるところで左に折れます
この先は北東側に向かうように進路を取りますが、大通りに出て、これも途中で信号に引っかかり、北上します
結局は大通りが府道85号線で、それよりも京都よりの場所で1号線に合流することになります
久御山に入って3つ目の信号で右折、まっすぐ行くと第2京阪も渡れるのでまっすぐ、更にまっすぐ行きます
まっすぐ行って、水路に差し掛かるところで府道81号線に出ますが、突き当りから水路を向かって左に折れて、最初に左にある道を行けばもっと短距離になります
あとは府道81号線から山音通りを帰ってきます
帰着は13時2分2秒、所要時間は28分45秒、道のりは8.6kmなので意外と短い
走行距離8.37km、走行時間25分10秒、平均速度19.95496689km/hで、調子は良くない
尚、この日の総行程は33.0km、所要時間2時間55分37秒、走行距離31.86km、走行時間1時間35分44秒、平均速度19.96796657km/h
帰着時の体重は81.2kg、摂取水分はおよそ1ℓなので、2kg近くを消耗した格好です

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
大津辺りに行っている
山に登っているのか、かなりの坂にいる
そこを2回行く
自転車で帰ってくる
子供時代のメンバーが一堂に会し、生協で一緒の家の孫も集結する
そしてその家に入っていく
そこの孫が中学生の男子で、そこで話をする
そこの息子はわらわより2つ年下だが、ピロリ菌が見つかり、薬で除菌したと母から聞かされる
他の場面もあるが、そこは忘れてしまった

こんなところ
この辺りが出てくるということは、時空を超える前ということになろうか
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ツーリングのような場面がある
何かのイベントかレースのようなもの
出発点で先頭から4分遅れで出発し、歩いていくというもの
しかし、先頭に追い付いてしまう
オーレのようなところに行って食事
その日は4月27日ということになっている
参加者の1人と話をしている
その人物は京都市内に向かうとのこと
比叡山は自転車をもって登る必要があるなと感じている
この大会、北海道その他の場所でも行われる
別の場面では45番のゼッケンをつけて参加している
アイドルグループは90番から98番まで
そのアイドルグループと面識がある
先程話していた人物も参加している
アスリート型の大会

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
寺田でイベントがあって、寺田の駅には電車が止まらないという
そして、向島でも同様のことになり、急ごしらえの槙島の駅で電車が停車
南行の特急が通過する前に発車となる

そもそも、電車に乗ることもないのに一体どうしたものか?
電車も止められないほどの重要なイベントなんてあるとも思えないが

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ニューヨークにいる
滞在施設に滞在している
2階建てくらいの建物である
2、3日滞在していて、いろいろなところに行っている
滞在施設の人々とも顔馴染みになっているようだ
ある日、出かける用事があって外に出ると、地面が薄緑色になっているところに出る
そこに移動すると、突然、その部分が建物から剥がれる
継ぎ目は僅かな鉄筋が入っているだけ
そのあと、別の建物に入り1階分上がると最上階の展望台になっている
競技に出ていることになっていて、226番のゼッケンをつけている
ここから地上に降りるために、非常階段を探すが見当たらない
最上階では日本のような感じになっている
店などが日本風である
エレベータを探して下りることにするが、大会関係者になっている芸能人がエレベータに乗っただろと外から言っているのが聞こえる
エレベータの中でゼッケンを外す
競技はトライアスロンということになっているが、スイム、バイクなんかは行った形跡がない

1日の2度目のニューヨーク「お小遣い5万円で充実旅」、2日の浮世絵ツアー 中山道六十九次名所歩き「長野-東京」を見た影響が強そうな感じ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この日は朝方雨が降っていたのですが、朝には上がるので、少し遅めの出発とします
京都の禅寺一斉拝観のスタンプラリーを片付け、応募まで済ませることにします
ドリンクは前回同様の量、チョコレートは暑さで溶けることも考えて持つのを見送ります
電池は今回から新しいものを持っていきます
出発前の体重は84kg
11時19分40秒の出発、学校の前の通りを京滋バイパスまで行き、近鉄を渡って線路に沿って行くのは行くのはいつもの道で、このまま24号線を渡ります
名水スタンプラリーの応募は丹波橋駅から来るのがいいので、ここは見送ります
そのまま行って、24号線を潜って本町通りに入ります
府道35号線との交差の先の信号から東に登っていきます
少し登り、北上していきます
JR奈良線を渡り、少し登って地図を確認します
そこに、原付に乗った少し年配の男性が通りかかり、どこに行くのかと訊くので、地図で現在地を確かめているところと伝えます
そして、あとは北上すればあることがわかります
更に少し行くと、目的地の石峯寺の案内があります
そこに行くと、登り口があります
11時51分40秒に到着、8.6kmの道のりで所要時間は32分丁度、走行距離8.14km、走行時間24分24秒、平均速度20.01639344km/h
ここは入り口からひたすら登る構造になっています
山門を潜ると、比較的こじんまりした感じです
受付では参拝者に蚊除けの団扇を渡しています
受付にスタンプ台があり、ここで訊いてみると、快く押させてくれました
このあと、段を下りて行って、次を目指します
滞在時間は18分18秒で、12時9分58秒に出発、本町通り方面へ降りていくしかありません
JR奈良線を渡り、本町通りに出ます
この日は意外と伏見稲荷での混雑はありません
十条で師団街道に入ることも考えましたが、そのまま本町通りを直進、東福寺からの登りを嫌気していましたが、さほど登る感じでもありません
登りにかなり慣れたようです
東福寺で師団街道に出る場合は京阪を渡らないといけないのですが、このまま直進すれば、京阪線は地下に潜ってくれるので、踏切を渡らないで済むのがありがたいです
四半世紀前からこの恩恵は受けていますが、これはいいですね
当初、七条から烏丸まで行く予定でしたが、信号に引っかかる様子もないので、七条では直進、正面通りから入ることも考えますが、ここも直進、五条も巧い具合に渡れるので、このまま直進、四条は自転車が通れないので三条へ向かい、参上でも信号が青なのでそのまま行きます
御池で渡れず、ここで河原町に入ります
ここまで来れば、河原町から鴨川沿いに行くのがいいのでそうします
少し前を自転車が通っていますが、テープ交換で止まっている間にかなり進んでいます
どうしても追いつけません
今出川から鴨川沿いを行き、最初の信号から入り込みます
途中で突き当り、南に進路を取る格好で西に入っていきます
月極相国寺駐車場というところに出ますが、ここは駐輪できなさそうなので、ここから更に相国寺に沿って南下すると門があって入ることが可能で、方丈、本堂のあるところまで行き、自転車が多く停まっているところに停めます
12時42分30秒に到着、石峯寺からは9.3kmで、少し遠回りした感はありますが、意外と近いですね
所要時間は32分32秒で、これも手軽に来た感じです
走行距離8.65km、走行時間25分46秒、平均速度20.14230272km/h
早速、入口から入っていくと、受付のところにスタンプ台があるので、訊いてみると、快く押させてくれます
1つは満杯になったので、ここでもらい受けます
母と叔父が、烏丸中学出身だと伝え、母は相国寺というと懐かしいということも話します
次はいよいよ65箇所目の法輪寺(達磨寺)へ向かいます
20分26秒滞在して13時2分56秒に出発、方丈のあるところからまっすぐ南下すると山門を抜け、そのまま行くと今出川通です
今出川をまっすぐ行き、烏丸を越えて、途中で少し北に曲がるところで、まっすぐ入り込んでいき、突き当たる毎に南西方向に向かうようにすると、一条で堀川通に出ますが、堀川を渡ることができず、中立売で堀川を渡ります
中立売通りは意外と通りやすい
歩道は自転車通行不可なので、これもいい試みですね
千本を過ぎて、北に折れるところで南下、少し行って七本松通に出て、京都アスニーに来ますが、この日は定休日の模様
丸太町通りの歩道を西に行きますが、前を通行している自転車が邪魔で、結局は信号を渡ることができませんでした
ここで地図を調べて入る道を確認すると、その自転車も同じ方向に向かっているようです
途中で西に行き、川沿いに道を見つけそちらを行くと、目的地は少し東側です
13時21分36秒に到着、4.7kmの道のりに18分40秒掛かっていますが、通りづらい道が多かったことを考えればまずまず
走行距離3.87km、走行時間13分12秒、平均速度17.59090909km/hと、通りづらい道を通行していることがここにも現れています
ここは山門を入ってすぐのところにスタンプ台がありますが、ここは押しやすい感じです
この日は3か所すべてで押すことができて、65か所では23か所で押すことができました
押せる率は35%程度なので、こんなところでしょう
ここで、家族分は3回り目が5個集まり、自分の分は4回り目が2個なので、あと3個押して8個と5個にできるように調整することにします
ここでは10分4秒の滞在です
次は妙心寺に向かいます
13時31分40秒に出発、妙心寺道に出て、その道を西にまっすぐ
狭い道ですが、それ程通りづらさはありません
通用口から敷地に入るところでは、修学旅行の集団が横切っています
引率者が何とか通してくれます
55番妙心寺塔頭 大心院が近いので、ここに入ることにします
到着は13時38分32秒で、達磨寺からは1.4kmの距離を6分52秒できた格好です
敷地内も通っているので、このくらいは妥当なところでしょう
走行距離1.14km、走行時間3分28秒、平均速度19.73076923km/hで、妙心寺道が通りやすい道であることがわかりますね
中に入っていくと、建物には入れない感じで、他を目指します
中心部に来て本堂、方丈に向かいます
中に入っていくと、ここはスタンプを押せる環境にあります
次は54番妙心寺塔頭 退蔵院に入り、ここもスタンプは押しやすいところにあります
スタンプを押しやすいのは、受付の建物のところにあり、受付が窓を閉めている場合
これなら、関知せずという感じです
次は8番妙心寺三門で、ここでは三門手前に設営されているテントに受付があり、ここにスタンプ台があります
ここでも快くスタンプを押させてもらえます
漸く、目標の数が揃いました
ここでは、65か所すべてを訪問して23か所で押せたことを伝えます
趣味ですかと訊くので、最初は、自転車で走行する際に目的があった方がいいので始めたものの、次第にスタンプ集めがメインの目的になっていることを伝えます
妙心寺での移動距離は0.3kmで、歩いている部分も多かったですね
4か所に立ち寄ったので、滞在時間は26分33秒と、長めになっています
次は応募のために花園大学に向かいます
14時5分5秒に出発、妙心寺道を東に行って、前回に通った道を丸太町まで下り、丸太町を東進、今度は西口のある通りから入り込みます
敷地内に入り、事務局のある建物のところまで行きます
14時8分18秒に到着、1.0kmの道のりを3分13秒なので、上出来です
走行距離0.81km、走行時間2分44秒、平均速度17.7804878km/h
ここでは、応募をします
その後、外にあるベンチで少し休みます
女子学生がいて話をしています
今も昔も形態は変わらないかなという感じですね
16分22秒の滞在で、14時24分40秒に出発、西小路を南下しますが、御池が渡れず、ここで東に行きます
最初の道を南下して三条を通り過ぎて、六角に来ますが、ここで通りづらいので、西大路に出ますが、渡れず、1筋南下して蛸薬師で渡ります
あとは西大路を南下するだけですが、四条は突っ切り、高辻には引っかからず、松原を越えると、五条の信号は青になりますが、たどり着くころには赤になってしまいます
この先、七条は何とか渡りますが、八条はまたしてもやられてしまいます
東海道線を潜るのは歩道の自転車専用通路で、ここは少し危ないかなという感じがします
狭すぎるし、歩行者通行帯とは線が引かれているだけだし、下る部分が危ない
この先、九条を越えて、十条まで行きます
新千本では信号が青になったので、そのまま1号線まで行きます
十条では先に南に渡り、1号線を渡ります
あとは南下するだけですが、十条を過ぎるとかなりの渋滞です
この渋滞は名神を過ぎても収まらないので、城南宮に立ち寄ることにします
14時53分丁度に入ったので、所要時間は28分20秒、道のりは8.7kmで、ロスタイムがあった分、距離の割には時間が嵩んだ感じです
走行距離8.36km、走行時間21分34秒、平均速度23.25811437km/h
ここでは水を確保します
予め930㎖のボトルを3本持ってきているので、それに確保します
記録、水汲みなどの所要時間は8分23秒です
次は名水スタンプラリーの応募に向かいます
15時1分23秒に出発、ここから1筋東の道を南下、赤池で油小路に出て、そこから南下して丹波橋通りを東進、京阪を渡って、南下していつものところに自転車を停めます
丹波橋駅には15時14分33秒に到着、2.9kmの道のりに13分10秒掛かっている格好で、メインロードでないことを考えればある程度やむを得ないところか
走行距離2.54km、走行時間8分37秒、平均速度17.68665377km/h
ここで、自分の分を応募して、9通目の応募を終えます
次は猪口のお土産をもらいに御香宮に向かいます
丹波橋駅では7分39秒の滞在です
15時22分12秒に出発、京阪と近鉄の間にある通りを南下して、近鉄丹波橋駅の南側の踏切を渡り、1筋登った道を南下すると御香宮で、入口に向かって登っていきます
15時24分41秒に到着、0.5kmの道のりを2分29秒できた格好です
走行距離0.30km、走行時間1分9秒、平均速度15.65217391km/h、
社務所では少し忙しそうなので、休みがてら少し待っています
最後に猪口のお土産をもらって、こちらも完結
待っている時間もあって滞在時間は14分4秒となります
15時38分45秒に出発、24号線を下っていき、高架を渡ります
高架に差し掛かる前に42.3km/h、高架からの下りでは50.8km/hまで上昇します
ボトルの入った鞄が少し不安定なので、高架の頂上付近で安定した積み方に調整します
24号線を南下、填島の少し南で渡りますが、入るところを通り過ぎて、からふね屋から入ります
あとは線路を潜って帰ってきます
15時53分52秒の帰着で、5.4kmの道のりを15分7秒で帰ってきた格好で、上出来です
走行距離4.86km、走行時間11分56秒、平均速度24.43575419km/h
尚、この日の全行程は42.8km、所要時間は4時間34分12秒、走行距離38.67km、平均速度1時間52分50秒、平均速度20.56307238km/h
水分摂取はアクエリアス1本だけで、豆乳すら飲むことはありませんでした
体重は83.0kgとなり、比較的涼しかったためか1ℓ足らずしか飲んでいないにもかかわらず、2kg近く消耗した格好です

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この日は伊勢方面もしくは姫路方面を考えていましたが、起きるのが遅かったため、それらは見送ることに
その代わりに京都の禅寺一斉拝観のスタンプラリーを片付けることにします
ドリンクはアクエリアスを2ℓ、チョコレートは140gのカカオ43%のものを1つ、あとは豆乳1ℓ
この時の体重は83.4kg
出発は10時53分45秒、残っている部分を南側を先に片づけるか、京都市内のチェックポイントを片付けるかで、嵐山へ行くことを考えれば、先に南のチェックポイントを片付けるのがいいので、一休寺に行くことにします
ということで、高校の脇を通り、旧日産の敷地の脇を通り、府道15号線に出ます
イオン大久保店は閉店セールの垂れ幕が掛かっています
元々はニチイだったのですが、イオンになって、そこも閉店する
1982年当時はここが終着だったのですが、今では通過点となっています
この先、いつもの道で24号線に出て、山城大橋を渡ります
そして、307号線を行きます
本来は山城大橋を渡ってすぐのところから右の大通りに入るべきだったのですが、そのまま307号線を行ってしまいます
高架で近鉄とJR片町線を渡り、府道22号線に出ます
この先を行ってもよかったのですが、その先がかなりの登りで、ここは流石に登る気にはなれず、ここから府道を行きます
府道22号線は細い道で結構通りづらい感じですが、通行が少なければそうでもありません
これはよかった
このまま行き、一休寺入口から入っていきます
駐車場と駐輪場は大通りに面したところにあります
到着は11時46分50秒で、14.0kmの行程を53分5秒できた格好で、まずまずでしょうか
走行距離13.47km、走行時間38分49秒、平均速度20.8209532km/h
ここはロードバイク用の木材で作られた駐輪用のバーがあり、京田辺ではロードバイク乗りに配慮がされている模様です
桂川木津川自転車道は京都のロードバイク乗りの聖地とでもいえる場所なので、宇治よりも遥かに自転車に適した環境が整えられているのではないか
自転車を停めて、参道を登っていくと、入口に受付があり、スタンプ台は中にあるとのことです
12分50秒の滞在で次を目指します
11時59分40秒に出発、一休寺から大通りを奥に登っていきます
しかし、急な登りのところで、こんな登りがあるはずがないので、ここからは分岐する道を行くと、線路に沿った道に出ます
ここを線路に沿ってひたすら行くと、直売場のスタンプラリーできた道に出ます
ここを下っていきますが、これが狭い上に対向車が来るので厄介です
府道22号線に出なかったのが失敗の素とでもいえましょうか
しかし、この区間で41.5km/hまで上昇します
この先は手府道736号線を横切り、府道251号線に入ります
その先、府道から離れて、入り込んで、1号線に差し掛かります
出た合流点は大阪方面行だけで、京都方面行の車線に渡るのが難しい
あまりお勧めはできないですが、ここは中央分離帯まで行き、流れが途切れたところで京都方面行に乗ります
下奈良で府道22号線に入り、そのまままっすぐ行きます
次のチェックポイントは単伝寺で、もう少し近いかと思っていましたが、予想以上に遠い
直角に折れ曲がるところから右に折れて、少し行くとありますが、手前で地図を確認します
そこからはすぐだったのですが、少々不安になるような位置です
到着は12時36分2秒で、所要時間は36分22秒となります
ここまでの道のりは10.5kmで、予想したよりもはるかに長い
恐らく、府道22号線を来ていればもう少し短くて済んだかもしれませんが
走行距離10.15km、走行時間30分6秒、平均速度20.23255814km/h
ここは俗称らくがき寺というらしく、表札にもそうあります
親しみやすい名前がいいですね
ここもスタンプ台は中にあるようで、拝観料は100円と安いのですが、それが目的ではないので見送ります
滞在時間は20分6秒でいよいよ嵐山に向けて出発します
出発は12時56分8秒で、まずは府道22号線を行き、府道13号線に合流して御幸橋を渡ります
そして、478号線に向かって登っていきます
自転車乗りが多く通行しており、皆、自転車乗りの聖地となる桂川木津川自転車道へと入っていきます
478号線を行くあたりは、兵庫県方面に向かうコースで、これで171号線に合流、ここから京都方面へ向かいます
府道211号線に入り北上、サントリー通りの府道204号線を越えて、ガラシャ通りへと入っていくと、長岡京駅に出ます
そのまままっすぐ行き、地下通路を越えます
そして、西方向に向かって府道67号線に出ます
あとは府道67号線をたどれば府道29号線を経て嵐山に出ることができるので楽です
しかし、42-17のギヤでとうとう引っかかる感じとなってしまいました
こうなれば、ツーリングには不適となります
とにかくはレバーでなんとか引っかからないようにするのですが、それだと、要らぬところに体力を消耗する格好になるので、できれば避けたいところです
やむなく42-21に落とすと、チェーンに当たらずに走行が可能になります
それでとにかくは凌ぎます
長岡京駅には何故か京都市バスの停留所があります
市外局番も075なので、長岡京市は京都市の一部になる準備が着々と進んでいるようです
向日市に入るところの一文橋からは登りで、ここは辛いところです
その先、向日市文化資料館がある建物があるところで、ここは厄介なのですが、素通りできるのがいいですね
府道67号線は普通車が通れば他の車両が通る余地がなく、本町通りよりも酷い状況です
沖縄の507号線、162号線同様、世界3大難所とでもいえましょうか
169号線、170号線も酷いですが…
このまま行って9号線を越えて、府道29号線に入ります
松尾大社の交差点から四条通に入り、松尾橋の手前の道を北上します
途中から南行の一方通行なのですが、北行のタクシーがクラクションを鳴らして通り過ぎます
これって、道路交通法違反ではないか?
自転車道の終点近く、自転車が多数通行しています
嵐山に隣接する公園で、キャンプをする人やくつろいでいる人を多く見かけます
そのまま、嵐山公園に入り、渡月橋を渡ります
府道112号線の保津川沿いの道を行き、天龍寺の敷地へと入っていきます
31番の天龍寺塔頭 宝厳院には14時17分5秒に到着、八幡からは実に1時間20分57秒も掛かっています
テープの電池が切れてしまうことからそこでロスタイムがあったのは否めませんが、それにしても掛かり過ぎです
八幡市中心部近くの単伝寺からは17.2kmの道のりで、走行距離15.88km、走行時間51分22秒、平均速度18.54899416km/h
走行距離が短いのは、嵐山近くは走行できないところも多かったことが挙げられます
宝厳院では受付が門のところにあり、ここで訊いてみると、スタンプ台は中にあるとのことで、見送りです
次は天龍寺に来れば立ち寄る売店のところに来ます
ここには57番のスタンプがあるので、ここは確保します
4か所目にして初めてという感じです
次は30番弘源寺で、ここは祖母の通っていた弁財天の右隣に当たります
ここでも訊いてみますが、スタンプ台は中にあるとのことで、見送りです
次は64番天龍寺 妙智院に向かいます
ここは西山艸道という料理屋になっており、これまでに行ったこの手のチェックポイントでは、開いていなかった海宝寺以外ではスタンプを得ていましたので、これは期待が持てます
早速入っていくと、スタンプを押させてくれます
家族分押すことについても快く押させてくれます
これはありがたいです
次は32番の臨川寺で、敷地を出て、向かい側に渡り、嵐電の駅の脇を通ることになりますが、ここから駅構内に入ることもできます
足湯に200円で入ることができるので、歩き疲れたときなんかにはお勧めのスポットです
テレビでも度々紹介されているので、日本全国で知らない人も殆どいないでしょうが…
このあと、抜けていきますが、ここからは入ることができません
侘び寂庵が駅の東隣にあり、ここがかの有名な瀬戸内寂聴の庵のようです
あんな場所なら土地代もかなり高かろうに、よく維持できるものだと思います
信者みたいな著名人たちも多数押し寄せるようで、侘び寂とは程遠い
ここから細い道をたどると、府道29号線に出てしまいます
そのまま三条通に出て東に行くとありますが、暫く拝観停止とのこと
バスで来る観光客が多く、時間を聴いていると、かなり忙しい
ここで、チョコレートを見ると、ものの見事に溶けてしまっています
28℃で溶けるので、それよりかなり高い温度になっているということです
このあと、きぬかけの道に向かいます
天龍寺エリアでは移動距離1.4km、滞在時間は1時間7分35秒
出発は15時24分40秒、三条通を行きますが、バスが行く手を阻む感じです
ここも難所ですね
帷子ノ辻から北野線に沿って行きます
鳴滝から嵐電を渡り、北上して突き当りを東に行きますが、ここが凄まじい登りです
坂バカには堪えられない坂となるでしょう
162号線に出ると、その先が宇多野駅です
42-21ならある程度は登れますが、行く手を阻まれるともう登れない
162号線を福王子まで登り、ここから府道29号線に入ります
仁和寺を通り過ぎて、竜安寺方面に向かうと、ここが凄まじい登りです
42-21で登っていたため、何とか登れるに至りますが
登っていって、竜安寺に出ます
15時53分15秒に到着、5.2kmの行程に28分35秒掛かっています
走行距離4.7km、走行時間18分15秒、平均速度15.45205479km/hで、登りが影響している感がありますね
ここは敷地に入っていって、自転車と書かれた方に入っていきますが、駐輪場が見当たりません
修学旅行の中学生の集団がいます
ここで、入口の方に行って訊いてみますが、スタンプ台は中とのこと
次は等持院に行きます
山門から南に延びる道を下っていき、突き当りを東に行くと山門があります
そこから入り込んでいきます
ここは緩やかな登りで、その先に本堂と方丈があります
等持院には16時4分5秒に到着、竜安寺到着から僅か10分50秒でここまで来ました
竜安寺から等持院は0.7kmの道のりで、走行距離0.59km、走行時間2分9秒、平均速度16.46511628km/h
通りづらそうですね
ここでも訊いてみますが、スタンプ台は中にあるとのこと
次は真如寺に行きます
敷地を出て、東に行くとすぐのところにあります
等持院からは0.6kmで、敷地内を行くので殆どは走行できないため、走行距離は0.11km、走行時間は僅かに24秒、平均速度は16.5km/h、
ここは受付が16時までで、もう後片付けが始まっています
しかし、特設の受付があるということは、スタンプ台は中にあるということです
この日、新規に訪れた10か所では僅か1か所しかスタンプを得られませんでした
57番の天龍寺で確保して何とか2つ確保したに止まります
16時を回っているので、もう、他のチェックポイントに行くことも叶わないので、帰途に就くことにします
16時34分40秒に出発、等持院エリアの滞在時間は30分35秒、竜安寺、等持院界隈のきぬかけの道エリアに滞在した時間は41分30秒となります
この前の道ではロードバイク乗りが何人か通りますが、近くに立命館大学があるので、その学生でしょうか
30年前では考えられない光景ですね
前の道を東に行って突き当りを南下します
今出川通を越えて一条通に出て、一条通を西大路まで行き、西大路をそのまま下ります
十条に出て、そのまま府道181号線を行きますが、新千本で信号が赤になるので、ここから南下します
久世橋通りまで行き久世橋通りを1号線まで行き、1号線を南下します
名神京都南インタ、城南宮を通過、赤池も信号が青なので直進、次の丹波橋通りで東に行き、油小路を南下して、次の通りを東進、髙瀬川に出るのですが、男女が四苦八苦して登るところを42-21のギヤで楽々上ります
大手筋を東進、竹田街道に出て、竹田街道を1筋分南下、そこから東に入り込んで鳥せい本店に来ます
17時25分25秒に到着、13.8kmの行程に50分45秒掛かっていますが、ラジカセの電池が切れてそのためのロスや信号で止まる時間のロスなどが嵩んだ結果でしょう
走行距離12.86km、走行時間34分44秒、平均速度22.21497121km/hで、ギヤの調子が悪いために想ったほど速度は伸びていません
水を確保するためのボトルを3本持っていますが、ここで3本分確保することにします
水を確保して、中書島駅に行きます
長建寺の裏を通り、中書島駅に行きます
鳥せい本店からは0.6km、走行距離0.60km、走行時間2分20秒、平均速度15.42857143km/h
ここで応募をして帰途につきます
17時46分56秒に出発、伏見界隈には21分31秒いたkとになります
宇治川派流に沿って行き、渡っていつもの道に出ます
あとはいつもの道ですが、やっぱりギヤの調子が良くない影響が出ますね
京滋バイパスに差し掛かったところで、自転車屋に行きかけますが、この日はやめて帰ります
18時3分38秒に帰着、5.2kmの道のりに16分42秒なのでまずまずでしょうか
走行距離4.97km、走行時間15分15秒、平均速度19.55409836km/h
尚、この日の全行程は69.2km、所要時間は7時間9分53秒、走行距離63.33km、走行時間3時間13分24秒、平均速度19.64736298km/h
体重は82.4kgとなり、摂取水分が3ℓ近くなので、4kg近く消耗した格好です
この日は持って出たドリンクだけで足りたのですが、飲みきってしまうところでした
ついに42-17のギヤでチェーンが当たるようになってしまいました
最早、処置をしないと走行できない事態に陥ってしまいました

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
街中を行く
その先に広い赤土がむき出しになった土地がある
その先には、櫓のような場所で、行く手を阻んでいる
建物のような場所で、途中までは階段で上がることができる
その先は工事現場の足場のようなところを2階分上がることになる
高島礼子と数人の女優、男優が出てくる
誰かにここを行っていいかを訊く
危ないところは危ないといわれ、安全なところだけを行くことになる
足場の最上階に行く
足場は鉄パイプの上に細い板を載せただけの簡単な作りで、鉄パイプの上に載らないと足を踏み抜いてしまう
鉄パイプにつかまりながら対角線上にある階段に出る
ここで、パトリックハーランと一緒に階段を下りる
下りた先は広い道路で、その出来は川の土手のようになっている
その先、馴染みの荷物を預ける場所に行く
韓国ドラマスキャンダルに出てくる治療院の院長のような管理人が出てくる
その管理人とは馴染みとなっている
そこに犬と猫と旅行鞄2個を預ける
旅行鞄については鍵をすることと言われ、引き取りに来る際には350円を忘れないようにとのこと
それまで、何も持っていなかったはずだが、櫓から階段を下りている間に猫を拾う
昔のスーパーの紙袋に入れて運ぶ
犬はカードに乗せた箱の中にいて、道路を歩いている間にいつの間にか持っている
旅行鞄2つもいつの間にか持っている
この日はここで終わり
最後の場面となる荷物を預ける場所は池袋の設定

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。