前のExcel編でもちょこっとお話しましたが、

OpenOffice.orgでも進めて行きたいと思います。
ちなみに、元ネタはこちらダウン
リアルタイム&時系列データ for Excel 製作編まとめ

今回は、マクロうんぬんの前に、知っておく必要性
がある話を。
それは…

OpenOffice.org
        と
Microsoft Office Excel
        の

若干の操作の違いです。


例としてWebクエリにしましょうニコニコ
Webクエリは、どちらにもあります。

Excelだと
データ→外部データの取り込み→新しいWebクエリ
で、HPアドレスを入力して
テーブルを選択しましたね。忘れた方はこちら。
リアルタイム&時系列データ for Excel 製作編vol.2
リアルタイム&時系列データ for Excel 製作編vol.3

OpenOffice.org(以降OOoと省略します)では…はてなマーク
画像入りで説明しましょう。

OOoではまず、挿入→外部データのリンクを選択します。
FXめ~ん♪の金融メーン・経済MeeeNだ。め~ん!!!

次に、HPのフルパスを入力し、ENTERキーで
決定すると、テーブル位置がダイアログ内に
表示されます。
テーブル位置はわかりますねべーっだ!
分からない方はこちら。
リアルタイム&時系列データ for Excel 製作編vol.4

OOoでも複数選択はできるので、
キーボードの"SHIFT"キー+"矢印"キー または、
"CTRL"(コントロール)キー+マウス右クリック
を使うと楽です。
で、自動更新のチェックボックスもあるので、
チェックすると、秒単位で出来ます。
Excelは分単位でしたねにひひ
FXめ~ん♪の金融メーン・経済MeeeNだ。め~ん!!!

ちなみに"外部ソースのURL"はコピペが効くので、
何度も手入力ではキツイかと思います。
任意のセルにURLを入れて、コピーするか、
ブラウザのアドレスバーからURLをコピーして来て、

出力先セルを選択してから、Webクエリの作成作業
入ると楽かもしれませんべーっだ!

あぁ…話を元に戻して、アップOKを押すと…

キター(・∀・)ーっ!!

FXめ~ん♪の金融メーン・経済MeeeNだ。め~ん!!!
になるわけですが、Excelとはビミョーに結果が異なるのです。
ちなみにExcelだとこれダウン
FXめ~ん♪の金融メーン・経済MeeeNだ。め~ん!!!

そして、手動設定で更新をしたい時は、
編集→リンクを選択します。

FXめ~ん♪の金融メーン・経済MeeeNだ。め~ん!!!

するとダイアログが出るので、ここに更新ボタンが
あります。
誤って複数のWebクエリを作成した時も
ここで確認できます。

FXめ~ん♪の金融メーン・経済MeeeNだ。め~ん!!!


長文にお付き合い頂き有難うございますm(_ _)m
お疲れ様でしたにひひ


AD

コメント(4)