本当の自分に目覚め、幸せに生きるダイヤモンドの心の医療 (いずみハートクリニック / 神戸市 東灘区 心療内科)

心の医療はとても難しい世界です。
心の医療の目指す本当のゴールは、自分自身と相手の方が「本当の自分」に目覚め、幸せになることにあると思います。
人の心の奥にあるダイヤモンドの心を信じて、それを見つめる医療に挑戦したいと思います。


テーマ:

心の医療において、治療者がどこまでかかわるのか?

これは意外に難しい質問だと思います。

 

医療であれば、その人の病気の部分にかかわるのは当然のことです。

病気を直し、癒やすのが医療ですからね。

 

ただ特に心の医療においては、病気の部分だけを扱っていては治せないことがしばしばあります。

患者様のニーズを満たさないことがしばしばあります。

どういうことでしょうか?

 

例えば、人間関係のストレスによって心の病気がもたらされたとします。

そうすると、診療では病気の症状のことだけでなく、自然とストレスのことにも話が広がります。

それを「自分は医者なので病気の症状だけを聞いて、ストレスの話などは聞きません」とするならどうなるでしょう?

おそらく、その人の病気を治せる確率はかなり低くなります。

 

では、ストレスの話を聞くことにしましょう。

さてここからです。

ストレスというのは、外的要因と自分自身の内的な感じ方の掛け合わせです。

要するに、人間関係のストレスであれば、他人の言動とそれを受け止める自分自身の感じ方の両方に原因がありうるわけです。

 

外的要因については、第三者に相談をして調整を図るなり、その環境から離れるなりすることで対処できます。

問題は自分自身の感じ方に要因があるときです。

例えば、話を聞いていると以前の職場でも、その前の職場でも、あるいは学生のときにも同じようなパターンで、人間関係のトラブルに巻き込まれてストレスを感じるようになっていたとしましょう。

その場合、それは外的要因というよりも、おそらくその人自身の問題です。

 

もしそうであれば、その人自身に問題に気付いていただき、向き合ってもらい、問題を引き起こしてしまう自分のパターンを変えるように心がけていただくことが必要になります。

病気を治し、幸せになっていただくには必要なことです。

しかし現実には、その問題に向き合うか否か、自分のパターンを変えるように心がけるか否かは、その人自身の課題であり、その人自身に選択権があります。

 

個人的な話をするなら、医者になってまだ若かった頃は、その人になんとしても課題に気付いてもらい、向き合ってもらい、取り組んでもらいたいと思い、押しの強いかかわりをしてきました。

しかし今考えると、それはある意味、私自身のエゴだったのかもしれません。

その人にはその人のペースがあり、課題に向き合おうとするときと向き合いたくないときがあります。

それを無理にでも向き合わせようとしたことは、その人にとっては余計なお世話であり、心の負担だったのではないかと思います。

 

現実には、病気を治したい、悩みから脱したいと言いながら、課題に向き合うくらいならまだしばらくは今のままでいいという人がいるのです。

本人はそうしたことに気がついていないのですが、客観的にみると、まだ課題には向き合う気になれませんよという人がいます。

その場合、結局は自らそうした選択をして、「そのままでいれば、いかにつらく苦しくなるのか。いかに自分の考えが幸せからずれたものなのか」ということを知る心の修行をしているのです。

 

このようなとき、治療者は一定の距離を持ってかかわることを余儀なくされます。

その人に少しでも幸せになっていただきたいと思っても、その人にとってその時期ではなく、まだ修業をする時期であるとき、治療者は深くかかわることを控えざるを得ません。

これは治療者としての経験を経て、どこまでかかわるべきかということについて得た新たな気づきのひとつです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

泉 和秀さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。