Today is the first day of the rest of your life.

今日という日は残された人生の最初の1日


テーマ:
さて、私の勝手な予想では、
健三くんと佑典くんは絶対に選ばれるのであと一人がだれになるか、をドキドキしながら観戦しました。

じゃあチーム貢献度としてだれが有力か?
と考えたときに、これはあくまで独断と偏見なのですが、
あん馬の誰か(智将くん、開人くん、亀さん、萱くん)
 なおかつ、この中でなら、鉄棒もそこそこできる智将くんか
 昨年AAで世界で9位に入った萱くんが有力かなと思っていました。
つり輪と平行棒が得意な雄也くんも可能性はあるのではないか。
つり輪と跳馬が得意な山室くんも捨てがたいけれど、世界大会では、日本ほどの高得点をつけてもらえないから、あん馬スペシャリストたちが稼げるだけの点数は稼げないだろうから、次点かなぁ。。。と思っておりました。



まずはゆか。
もうこればっかりは誰もが、"健三が決めるにきまってるやん!"っていう雰囲気になってしまっています。
とはいえ、その空気の中で、平然と決めてしまう健三は毎年毎年素敵すぎます。
航平くんと同じで、体操が好きで好きで仕方ないんだなぁって顔をしていますよね。

さてそんな健三くんですが、16.650(D7.6、E9.050)というとんでもない異次元のスコアをたたきだしちゃいました。

16点後半ってどゆことーーっ!!

もう、開いた口がふさがりません。
ここまでのハイスコアは初めてじゃないかなぁ?


あん馬。
私は、あん馬の4人の中の誰かが代表入りするだろう、と思っていました。
昨年代表になった萱くん、3年前の世界チャンピオンの亀さん、けがから復帰した開人くんと智将くん。
どの選手も高得点が期待できる逸材。

予選3位智将くん 13.900(D6.7、E7.200)
予選2位開人くん 15.750(D7.3、E8.450)
予選1位 亀さん 15.800(D7.4、E8.400)
シード 萱くん  15.900(D7.2、E8.700)

すごい演技でした。
智将くんは落下が残念でした。
開人くん、亀さん、それぞれ、少し停滞やミスがあったりしたけれど、
それでもこの高得点。
そこへ、萱くんがノーミスの美しい演技で、この得点!!

これは、いけるぞ!と思っておりました。

つり輪は、予選1位の武田くんが15.400(D6.6、E8.800)の演技。
山室くんは14.300(D6.8、E7.500)
雄也くんが降りで失敗してしまい、14.300(D6.8、E7.500)

ん~、やっぱあん馬戦士か?
雄也くん、無理かなぁ~いってほしいなぁ~。


跳馬は航くんのブラニク(屈身ローチェ)とロペスを美しく決めたのが素晴らしかったです。

平行棒
雄也くん15.800(D6.9、E8.900)
佑典くん14.700(D6.8、E7.900)

佑典くん、ミス・・。こりゃ、鉄棒でしっかりした演技しないとヤバいじゃないか・・。



鉄棒
佑典くん15.350(D6.8、E8.550)
航平くん15.700(D7.2、E8.500)

この日の鉄棒は、怖かった。

軒並み全員が落下していった。
最初に演技した佐藤匠くんは落下しなかったものの、そのあとは全員落下が続き、13点台の低調なスコア。

見ていた印象ですが、なんか、鉄棒が新しくてしなり方が違うんじゃないか、と思いましたが。。。真相は分かりません。
ただ、落下した全員が鉄棒に撥ねられているような印象がありました。

佑典くん、お願い・・・・。

これで落下はいやだ・・。

と必死に祈りながら応援しました。


無理をしない演技で美しくまとめ、落下なく、着地。


よ・・・よかったぁ~~。


そしてキングはいつも通りの演技をしてくれて、
"あれ?さっきの落下は? しなりがどうのとか思ってたのは私の錯覚?"
と思えるくらい、安心して見ていられる演技でした。





そして代表発表。

健三くん、佑典くんは確実。

萱くんか、雄也くんか?

スコアだけでいえば、萱くんのあん馬は15.900、雄也くんの平行棒は15.800。
でも雄也くんは本来ならつり輪もスコアかせげる。
つり輪+跳馬の山室くんか
つり輪+平行棒の雄也くんか・・・

ん~

雄也くんかなぁっ!

って思っていたら…5人目は山室くんでした。



まじでーーーーー!!


予想を覆されました。


航平くんの親友だもの、彼の心労を半分背負ってあげてね。


そして、今度は骨折しませんように!


日本ガンバ!!





種目別選手権男子結果PDF


以下は大会レポートのリンクです
ゆか決勝

あん馬決勝

つり輪決勝

跳馬決勝

平行棒決勝

鉄棒決勝

体操男子リオデジャネイロオリンピック日本代表選手 記者会見

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さてさて代表選考も大詰め。


先月のNHK杯で凌平くんが決まり、残りの切符は3人に。

選考方法は、昨年までとはちょっと異なり、
・NHK杯個人総合5位以内(航平くん、凌平くん、佑典くん、雄也くん、健三くん)
・NHK杯個人総合12位以内(上記+萱くん、山室くん、斎藤選手、野々村くん、航くん、山本翔一選手、武田くん)
・全日本・N杯・種目別決勝のどれかに出た選手(多すぎて書けません)

の三択の中から、それぞれ一人ずつ、「航平くん&凌平くんと団体戦に臨む際にチーム貢献度が最も高くなるように」選考するとのことです。

まぁ、同じ種目が得意な選手じゃなく、補足しあえるような、ということですね。


種目別予選結果PDF

種目別予選前半レポート


種目別予選後半レポート
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、オリンピック代表選考の一つ目の山場です。

代表は5名、そのうち1名は昨年グラスゴーで個人6連覇をした航平くん。
残り4名の選考のうち、1名は今回で決定します。
いつもは、全日本AAの決勝を1/2にしたスコアにNHK杯の得点を合計したスコアで、2位の人(1位は航平くんだから・・・)を選ぶ、となっていましたが、
今回は、少しだけ違っていて、
NHK杯の航平くん以外で1位の人(まぁつまりは2位ってことですが)を選ぶ。
NHK杯の点数というのがそもそも全日本の得点とNHK杯の合計になるのです。
昨年までだと、全日本の点数は半分にされ、NHK杯重視だったのが、今大会は同等に扱っているのだなぁと思いました。

とはいえ、全日本の得点で、今年のみんなの具合を推し量ると、
やはり凌平くんが逆転するのか、
あの波にのって、今回も健三くんが躍進するのか
佑典くんの巻き返しか?
とわくわくする展開です。


昨年までの私だったら、植松くんにどうしても代表に入ってほしいから、
どうしたら入れるかとか、"お願いやから、この選手失敗して~"なんていうスポーツマンシップとかけ離れたことを思ったりもしていましたが、
植松くんが引退してしまった今、少し達観して見れるようになってしまいました。


航平くん
ゆか 15.900(D6.9、E9.000)
あん馬15.300(D6.2、E9.100)
つり輪14.800(D6.2、E8.600)
跳馬 15.600(D6.2、E9.400) リ・シャオペン
平行棒15.600(D6.8、E8.800)
鉄棒 16.150(D7.1、E9.050)←なにこのスコア(笑)。すごすぎる。
Total 93.350+全日本91.300=184.650 優勝

健三くん
ゆか 16.150(D7.6、E8.550)
あん馬12.950(D5.9、E7.050)
つり輪14.200(D6.1、E8.100)
跳馬 15.550(D6.0、E9.550) シライ・キムヒフン
平行棒15.000(D6.6、E8.400)
鉄棒 13.850(D5.9、E7.950)
Total 87.700+全日本89.700=177.400 5位

凌平くん
ゆか 15.500(D6.7、E8.800)
あん馬15.000(D6.4、E8.600)
つり輪14.450(D6.2、E8.250)
跳馬 15.000(D6.0、E9.300、△0.3) ロペス
平行棒15.150(D6.6、E8.550)
鉄棒 15.600(D6.9、E8.700)
Total 90.700+全日本89.400=180.100 2位

雄也くん
ゆか 14.800(D6.0、E8.800)
あん馬14.150(D5.7、E8.450)
つり輪15.350(D6.8、E8.550)
跳馬 14.950(D5.6、E9.350) シューフェルト
平行棒15.550(D7.0、E8.550)
鉄棒 15.350(D6.9、E8.450)
Total 90.150+全日本89.250=179.400 4位

斎藤優佑
ゆか 14.450(D6.2、E8.250)
あん馬14.650(D6.2、E8.850)
つり輪14.550(D6.2、E8.350)
跳馬 14.450(D6.0、E8.450) ヨー2
平行棒14.900(D6.4、E8.500)
鉄棒 14.100
Total

佑典くん
ゆか 15.200(D6.3、E8.900)
あん馬14.850(D5.9、E8.950)
つり輪14.700(D6.2、E8.500)
跳馬 14.350(D5.2、E9.150) アカピアン
平行棒15.950(D6.8、E9.150)
鉄棒 15.900(D7.3、E8.600)
Total 90.950+全日本89.050=180.000


残念ながら、健三くんは2位には入れないなぁ~と思ったあたりから、
凌平くんと佑典くんの熾烈な争いでした。
跳馬が終わった時点で、0.35だった差は1.2点の凌平くんのリード。
残り2種目は佑典くんの得意種目。
1.2は無理かとも思ったけれど、どちらも16点近くマークできる佑典くんだから、
できないこたぁない。
逆転か?
でもでも、逆転したら、それはそれで、凌平くんにとってはリオへの道が茨の道・・・っていうか、多分、出場できなくなるんじゃないか?
とも思いました。
まぁ、今回は、今までみたいに「派遣基準点」とかが決められていないので、
総合的に、チームが強くなるように、という会議のもの、選ばれるでしょうが、
とはいえ、種目別選手権で、何が起こるかわからない。
やはりここで、間違いなく決めておきたい、凌平くん。
でも逆転してほしい。
うーん。どっちも好きな選手なのでもう、どうしたらいいか分からなかった。
どっちもがんばれ!!としか言えなかった。



平行棒が終わって、点差は0.4に。



ゆーてん、逆転できちゃう♥

かっこよく決めちゃえ!!

と熱烈応援。

15.900!!

やったぁ!!と思ったけれど、凌平くんが15.500以上で逆転です。
全日本の時の凌平くんの鉄棒は15.000。

さぁ、本番に強い男、どうなる!?


そして、ちょっと思っていたのは
"ゆーてんは種目別で優勝して、代表選ばれるだろうけど、
凌平くんは種目別で優勝する種目がないから、
やっぱここで決めておいてほしい"
という気持ちも。。。

おそらく、多くの方はそう思ったのではないでしょうか。

JGAのお偉い様がたも同じことを思っていたようで、
ちょっと笑ってしまったのですが、
佑典くんが鉄棒の着地を決めて、高得点だったときに、お偉い様がたは誰一人喜んでおらず・・
凌平くんが着地ぴたーーーって決めて、万感の思いのこもった笑顔をはじけさせたときは、
お偉い方々は大喜び。立ち上がって拍手しておられました。

露骨ですよ、金メダリストの方々・・・(苦笑)。

佑典くんも、凌平くんも、団体金には必須のメンバー。
その選考を、ごちゃごちゃややこしくならないためには、
今大会で凌平くんが決まったほうが良いという意味だけで、
決して、誰も佑典くんを悪く言ってるわけじゃないんですが・・・
もうちょっと佑典くんの着地の時も喜んであげてよぅ・・・。

「佑典成長したなぁ」
って褒めてあげてよぅ・・。

と近くの席で思っておりました。


そしてまさかの凌平くん15.600
0.1差で逆転、オリンピックの切符をもぎ取りました。

初めて、あんなにはじけた笑顔みたなぁ~。


本当にいい大会でした。

今回は、世界大会のようにポディウムを組んであったので、すごく見やすかったです。
いつも、スコアが見にくかったり、クレーンが邪魔だったり、色々見づらかったので、
今後も毎回ポディウムがあるといいなぁと思います。


凌平くん、おめでとうございました。

佑典くん、絶対次に決められるから!!





第55回NHK杯体操男子結果PDF


男子第1ローテ

男子第2ローテ

男子第3ローテ

男子第4ローテ

男子第5ローテ

男子最終ローテ

航平くんインタビュー

凌平くんインタビュー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。