DIALOGUE OF KATHAKAS

アート、ダンスについて思うこと。


テーマ:
“インド宮廷舞踊”といったときの「 宮廷 」
それは16世紀ごろからインドのデリー、アグラなど北インドを中心に栄えたムガール帝国のことです。


この時代の建築のインテリアや装束をイメージしていただくのには、
ボリウッド映画の大作、その名も Mughal-e-Azam 
をおすすめします。
(あくまでミュージカル映画ですから真のムガル帝国の人々がこのように唄い踊っていたわけでは決してないとは思いますが・・)


上は中でも私の大好きなシーン、


何年か前にエルメスでインドがコンセプトになっていたとき
このMughal-e-Azamの上映会がありまして、
そこでとても美しい日本語訳でこの映画を見ることができました。


中でもこのシーンの歌詞の訳が本当~に本当~に美しく、
日本語の意味とともに、この音楽と映像を味わう時間はまさに至福のときでありました。


これはダンス映像ではありませんが、そもそも「舞」と「踊」の違いは

「踊」が音楽にあわせて身体を律動させることであるのに対し、

「舞」というのは常に唄とともにあり、その唄の興が乗ってきたときに
唄い手が手足をハタ、ハタと動かすそのことをいうらしく、

この映像はまさに「舞」を感じます。そういうものに魅力を感じます。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
11月からヒラソル銀座ダンススクール講座が始まります

チラシ作りました!!

hirasolad



毎週火曜18:40~19:35 銀座、東銀座からほど近い素敵なスタジオです!
(今月だけ第一週がお休みで、11月10日からの開催になります。)


ダンスが初めての方でも全然大丈夫です!男性の方も大歓迎です!
ゆっくり進めていきますので、どのような年齢の方にも楽しんでいただけると思います。

まだあまり知られていないダンスですが、衣装、音楽、歴史、どの角度から見ても大変興味深く、
あらゆる曲を鑑賞、体験していただく中で、
タップやフラメンコ、バレエ、日本舞踊など
他のあらゆるダンスに通じる要素も感じていただけるかと思います。


一緒に楽しくインドの宮廷舞踊、カタックダンスを踊っていきましょう!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Bunkamura ザ・ミュージアムで行われている
ウィーン美術史美術館所蔵 風景画の誕生
に行ってまいりました。

ずっと前から気になっている
Hieronymus Bosch
の実物が見れる!と思いいそいそと出かけたのですが、、


絵を見た瞬間、違和感!
よくみたら
「ヒエロニムス・ボスの流れをくむ」
全然別の人の絵でした。。かなりがっかり・・
あまりにそっくりな画風なのでポスターにだまされました。。



↓こちらが今回
pachboss

↓これが本家
H Bosch


比べてみると
左のものがこの時代の風景画にありがちなちょっと曇ったような感じの色合いのものなのに対して、


右のbosch先生のは、

もう色彩に
15世紀の他の絵画とは明らかに違う明る~い色彩で、 ”きらきら感” がすごいです。



おそらくこの世の景色ではないのでしょう・・書き込みもぜんぜん違うのだとおもいますが



プラスチックや金属を思わせる素材も書き込まれていて、そこには時代を超越したオーラが漂っております、、



好き嫌いはべつとして、


bos1

間違いなく何かの境地に達しておられるな。
と。


ミュージアムショップでは
豪華版の画集、(もう一年くらいamazonのカートにはいったまま

・・見ていて心地よい絵ばかりでもないところがさらに購入をためらわせます。)

の実物をみることができました。

15世紀美術でありながら現代アートにすら見えてくる作風・・
スピリチュアルを感じさせる世界観。。
どれをとっても今後大いに流行らない理由が見当らないといった感じです。

折りしも来年はbosch先生の生誕500年イヤーらしく
きっと近いうちに実物も見れるだろうと期待しております。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。