2017-01-15 10:00:00

成長する人、成績の良い人。

テーマ:ワークショップ

コーチングをしていておもうことがある。

技術的なことや特性はあるものの成長するのに短期間でできる人、

平たくいうと時間がかからない人とそうでない特徴は

シンプルにいうと、「自己認識」と「聴く(聞く)力」の差ではある。

「聴く(聞く)」ことはコーチングのトレーニングでよくやったりしているが、実は結構
難しい。だいたい「自分の聞きたい」ように聴いている。
これだと自分の既存の知識に照らし合わせて聴くことしかできない。
そういうモードで聴いている時には「成長」はない。

自己認識は「自分が出来ている」ことと、「出来ていない事」の違いわかっていないという
ことですが、出来ていない人ほど「まあまあいけてる」などとおもっている。
よくよく考えると出来ていないのに出来ていると思う人は自分よりも「上」がどのぐらい
あるかがわからないから「まあまあ」とか「ちょっと努力すればできる」と思い込んでいる
のではないかと思う。
 しかし、出来ている人ほど「何がどのぐらい難しくて、何が簡単か」というのが
ある程度経験上わかっているので、自分の位置を把握するすることが可能になる。

以前とある経営者と話をしていて、何が一番難しいか大変かということを質問したら
「自己認識すること」というようなことを言われた。ある程度成功している人はそういう認識が
あるのだが、できていない人ほど自己認識能力が低いのである。そして、自分の物差しで
物事を測るからますます成長するための道筋が甘くなる。

これをどうしたらうまくいくか、ということは一概に言えないが、一つには、いい失敗を
出来るかが大事だと思う。失敗も「出来事」としての失敗よりも、「失敗した」と素直に
認められる人だけが成長できるのだと思うのです。失敗から目を背けて「努力していない
わりにはよくできた」(ノーベンでもこれぐらいだからまあまあ、も同じ)とかいう人は
そもそも、努力しないことが一番だめだめだということに気づけていないのが問題であります。
やってないからまあまあできた、ではなくて、才能+努力(努力という言い方が嫌いな人には
「行動」でもOK)によって結果が生まれるということを再認識したい。

・・・・まあ、そもそも、「できない」人ほど「これがどういう意味を持っているのか?」という
ことを考える力が他人より少ないというのも問題だとは思うのだが、多分それは好奇心とか
興味の範囲の広さにも関係してくるのだと思う。未知のものに出会ったときに、「これって
なんだろう?」って好奇心が働かないということは、成長しにくい体質を持っている、とも
言えるのかもしれない。
某有名作家を以前店頭で見たことがあるが、好奇心の塊みたいな人だった。(ある意味、
多動症っていうべき人かもしれませんが)だいたい作家とか大学教授は、とんでもない常識が
欠落している人も多いが、どちらかというと、好奇心旺盛のいい意味での「子供」のような人が
多い気がする。だからこそ他人が興味をもてないことにでも、興味を持つのではないかと思う。

正確に「聴く」ことや、自己認識能力の土台となっているのは、究極的には、
外界(もしくは内面)への好奇心なのではないかとも思う。それがないことの方が、
「この程度でいいや」という変にできあがった(でも洞察力とか探究心がない)小さくまとまった
つまらない人になるのではないか、とも思うのです。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

nao_対話的学習の空間さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。