DIALOG IN THE DARK ☆ スタッフ ブログ

まっくらやみのエンターテインメント DIALOG IN THE DARK で働くスタッフのブログです♪


テーマ:
こんにちは。
スタッフのコスギです。

個人的な体感速度としては、8月が始まったと同時に8月が終わってゆくような。
あっという間の夏の一か月でした。

ダイアログ・イン・ザ・ダークの暗闇カフェでは、
この夏限定で、特別な冷たくて甘いプレゼントがありました。
夏の特別プレゼントを食べたお客さまの感想をちょっとご紹介いたします。

普段から食べなれているはずのアイスも、暗闇で味わってみると一味違ったようです。


***********************************

・自然な甘さ、ただ甘いというだけでなく、その甘さの中にある風味を感じられた気がする。
(男性 21歳 学生)

・食べにくかったけでど、大切に食べることができました。
(女性 20歳 学生)

・最初に渡して頂いて、少し待ち時間があったのがとても良かったです。
(男性 21歳 大学生)

・普段TVを見ながらとか何かしながら食べてたけど、暗闇で食べた方が豊かな香りを感じれておいしく感じた。
(女性 29歳 会社員)

・いつもだったら小さなカップでも半分しか食べられないくらいなのに、なぜか全部食べられました。
(女性 31歳 飲食業)

・香りをとても感じました。初めてバニラを実感した気分です。
(女性、30歳、会社員)

・少しずつ味わえて“食べる事”を楽しめました。食べた味や食感を今思い出すことができるほど、身体が覚えています。
(女性、27歳、自営業)

・いつもより物体としての存在感が強かった。
(女性、32歳)

***********************************


実は、この夏の特別プレゼントはハーゲンダッツでした。


暗闇カフェでは食べることに集中するから、生まれてくる言葉たちだなあと思いました。
待って食べてみることや食べることそのものに時間をかける、そういう豊かな時間が暗闇では流れているのではないかなあと思っています。
暗闇で豊かな時間を過ごすと、いつもと同じ日常がいつもと違う日常に感じられるのかもしれませんね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今年の夏も暑かったですね。

8月は夏休みやお盆もあってか、各地から体験にいらっしゃるお客様が多く感じられました。

北海道から沖縄まで、本当に各地からお越しくださる方に出会う日々です。
海外の学校から一時帰国中という高校生も来てくれました。
かと思えば、自転車で10分の近所から当日券で遊びに来て下さった方も。


そんなみんなと話していて、盛り上がるのがご当地自慢。

「どこから来たの?」という話から始まり、
お勧めの場所やおいしいグルメがひとしきり披露されます。

どんな場所なんだろう、
どんな風が吹いてるんだろう、
どんな香りなんだろう、
どんな言葉が聞けるんだろう、
どんな味なんだろう、
どんな気温なんだろう……。

聞いていると、どんどん想像が膨らんで、外苑前の真っ暗闇なはずだけど、
その時だけみんなのお勧めスポットに小旅行している気分です。

私も、高知県出身なので田舎自慢に加わります。
さらには、みなさんから聞いた各地の名所まで披露してます(笑)


アテンドの仕事を始めてから旅行が好きになったかも。
やっぱり、聞いてると実際に行きたくなっちゃうもん♪


今、気になっているのは岐阜県の「長良川おんぱく」です。

長良川温泉博覧会
http://nagaragawa.onpaku.asia/

この秋、10月の一ヶ月間、長良川温泉周辺で、さまざまなイベントやワークショップが開催されるそうです。
HPによると約100の体験交流プログラムが予定されているとのこと。

岐阜の魅力や長良川の歴史に触れられる他、健康、癒し、アートと、
さまざまなテーマでイベントが企画されているようです。


涼しくなったら、お休み取って、行ってきま~す☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
見習いアテンドの大林章子です。

ブログ登場は2回目。
今回は楽しかったハイキングのことを書きます。


東京が猛暑だった8月の中旬、標高1600メートルの霧ケ峰高原へハイキングに行きました。
中央線の上諏訪駅からバスで行くのですが、ここは標高が高いので、かなり涼しく、東京では見られない素晴らしい植物に触れることが出来、私の大好きな場所の一つです。

当日は快晴、絶好のハイキング日和でした。
今回は高原を1周するコースで、休憩を含めて約7時間の道のりでした。
湿原の周りを歩いて柳らんや白山風浪などの高原の花を楽しんだり、小さな野イチゴをとったり、
そして小さな山の頂上では心地良い風に吹かれながら休憩したりと、ハイキングの醍醐味を味わいました。
アップダウンがあったり、石がごろごろしていたりと道は歩きやすいとは言えないけれど、家族、彼氏、そして幼馴染の先生の素晴らしい誘導のお陰で、楽しく歩くことが出来ました。

こんな道を歩くときは相手の体の動きと、細かい説明が頼り。
道は一人がやっと通れるほどの幅しかないので、手をつないでいますが、縦に並ぶしかありません。
だから相手の手から道がどのような状況下(例えば段差はどれフライの高さか、足場はどこにあるか)を把握できます。

ただそれだけでは歩けない場所も多いです。
そんな時、説明は本当に助かります。
「両側に石あり、その間を歩いて。そうしたら右足で足場を探せたら左足を大きく1歩、そのあと石車(動く石で、のると動くので危険)に乗らないようにしながら少し歩いたらかなり大きな段差あり。降りた所にもいくつか動く石があるから足場をしっかり確かめてから降りて・・・」
と言うように私を見ながら道の状況を中継してくれるのです。
誘導する方もされる方もかなり神経を使うし、特に下りはペースもゆっくりになりますが、このようなコミュニケーションもなかなか楽しいし、歩き切った後の達成感は言葉では表現しきれません。

今回もう一つの感動は、最高に美味しいわき水を飲めたこと。
あと30分でゴールだというとき、体も疲れ切ったころでした。
このわき水の音を聴き、ひとくち口に含んだときは、もう疲労は消えていました。
ほんのり甘くて、喉に抵抗なく流れていくあの柔らかさ。
こんなに美味しい水がそばにあれば、どんな病気でも治癒してしまうのではないかと思うぐらいの、魔法のような水でした。


宿に到着してからは、高原の長く静かな夜を堪能しました。
ワインとともにシンプルな夕食後は庭で月や星を眺めながら酔いざまし。
そのうち外はかなり冷えてきたのでランプの灯った部屋に戻っておしゃべり。
それでもみんな歩き疲れていたのか、10時過ぎには床についたのでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。