細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会(田中美紀代表)は3月23日、ワクチンの定期接種化を求めて約4万人分の請願署名を衆参両院議長に提出。その後厚生労働省を訪れ、長妻厚労相に要望書を手渡した。

 長妻厚労相あての要望書では、▽ヒブ(Hib=インフルエンザ菌b型)、肺炎球菌による細菌性髄膜炎を定期接種対象疾患(一類疾患)に位置づける▽ワクチンの医学的な必要性の明確化と有効性の確認のため、ワクチン関連疾患の原因病原体別発生頻度について全数把握を行う▽感染症対策やワクチン施策を迅速かつ円滑に行うため、現在の審査組織を改善し、小児市中感染症の専門家、ワクチン接種者の代表を加えた委員会および審査組織を構築する―の3点を求めている。

 同会が衆参両院議長に提出した請願署名は、過去3回分を合わせ、累計で約20万人分となった。


【関連記事】
日本脳炎ワクチンの接種勧奨を再開へ―厚労省
法改正も視野に予防接種部会を開催―厚労省
無菌性髄膜炎の集団発生、今年は早い?
はしかワクチン、中1らの定期接種継続を―保団連
乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン、定期予防接種に

海水浴場を原則禁煙に=都道府県初の条例成立へ-神奈川県(時事通信)
余ったワクチンは国が買い取って 自民議連が要望(産経新聞)
市橋被告への支援金100万円突破 「適正な裁判受けさせるため」恩師が募集(J-CASTニュース)
センバツ 小林繁さんの教え子夢舞台に 敦賀気比の3選手(毎日新聞)
二葉百合子さん 引退会見 「今が幕を下ろす時期」と語る(毎日新聞)
AD