部下を生き生きさせ、組織を強くするリーダーの作り方

画期的な診断テスト☆12個性診断での人材育成術
信頼されるコミュニケーションづくり
仕事ができる、必要とされる人材になれるそんな秘密をお伝えします。

<セミナー・コンサルティングのご相談>

関西を中心に全国対応しています。
セミナー2時間 (個性診断付)や採用コンサルティング
採用や人材のピンポイントの悩みを解決してゆきます。


http://dh-support.com/


お問合せ・ご相談は
メール info@dh-support.com

プロモーションビデオ(ACS個性診断のご紹介)
http://youtu.be/pkY_heQfAwM



テーマ:

子供も大人も成長するために必要なことは”失敗”です。


赤ちゃんがいろいろな物を覚えるのに
痛いこと、辛いこと、楽しいことを繰り返すことで
これは触ってはいけない。これは触ってもいい。と覚えてゆきます。

まず、知識がないから体で感じるのです。




そして
なぜ、失敗を恐れるか?


感情が育つから。


恥ずかしい、みっともないという感情と
人に良く思われたい。好かれたい。という感情が強い人ほど
失敗を恐れます。


だから”叱る”という行為が難しいのです。
上司から強く叱られると恐れるあまり、
行動や発言ができない社員も多いのです。
そのあたりは、また別の回でお話しますね。


成功体験も大事ですが、失敗体験も大きな経験
人生で失敗しない人はいません。


生まれながら、失敗続きなのです。


成長していくにつれて失敗する経験は減っていきますが、
それは、失敗を重ね、試行錯誤を繰り返した結果です。


天気のいい公園にいって、歩きが不安定な歩きだし、
赤ちゃんが転び泣き、そしてまた歩きだす。
そんな光景を見て、再認識しました。


今、新入社員が4月から入ってきた会社で行わる研修
子育て中のお母さん
新部署や異動で仕事がスタートした人など


新しくはじめることが多い中、1か月経過した時期
はそういった不安も多くなる時期です。


改めて、人間の成長のふたをしているのは
自分の感情や周囲の過剰な期待や環境だと思います。


あなたの恐れは何ですか?不安は何ですか?


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近は、上司よりできる部下が増えてきて
ろくに報告もせず、勝手にもの事をすすめている
ことが多いらしい。


出来る部下からすれば、
いちいち無能な上司に説明することが
わずらわしいと考えているようだ。


確かに、勉強のできる人に

あれこれ、わかっている事を伝えてもイラつくだけ。


私たち大人でも、知っていること、わかっていることを
何度も言われると腹がたつし、時間の無駄だと思うことがある


そんな時は
報告をさせるより、したいと思わせるように動くことだ。


その一つが”エンハンシング効果”と言われるもの

褒める効果のこと。


それは、上司が褒めるというより
人として、
『〇〇クン、さすがだね。こんな難しい案件は〇〇クンだから
出来たと思う。感謝しているよ。その秘訣をぜひ聴かせてくれないか』

と相手を尊重して褒めてみることです。


仕事ができる人の共通点として、プライドが高いことがあげられます
出来る人に、上司だからといって『もっとこいしたほうがいいんじゃなか』
なんて言ってみてしまってませんか?


できる人もできない人も同じ人間なのです。
褒められて嫌な気はしません。


表情はクールでも、内心は喜んでいることの方が多いのです。


外的要因として、お金をあげる、物をあげるということで
一時的にモチベーションをアップさせても続きません。


『褒める』という効果は、内的要因で
自信を持たせるだけでなく、自分はやればできるという確信や

人から認められる承認欲求を満たすことや

人から必要とされている、尊敬されている喜びからくる行動は

さらに、自分に自信を持たせる効果があります。



ただ大事なのは、その褒め方。


3つの注意点をお伝えします


1.「褒める」と「おだてる」の違いを理解する


  同じように褒める”おだて上手=調子のよい人”
  ただ、すごね。さすがだね。とかの言葉より
  具体的な事実に対して褒めること


2.人格をほめるのではなく、過程、努力を誉める

  結果だけでなく、その努力や過程に対して褒めるほうにする
  〇〇クンは違うね~、とか、さすが、□□出身!というとは別です。
  
3.他の人の前でほめる


  取引先の前や部下や上司の前で
  『本当にいつも〇〇クンには感謝しているんです。△△で・・・・』

  知らないところで、自分が褒められていると気づくと
  直接言われることよりもうれしくなるものです。


やる気の出る上司は自然にやっている褒め方です。

ぜひ参考にしてくださいね。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

目的や目標、利益や条件も大事だが


人のむずかしさは目に見える表面的なもので動くのではなく、


思考や行動は感情によって左右されるという点だ。


また、「あの人の言うことだから聞いてみようか」という
理屈抜きの感情が湧いてくることもあるでしょう。

そのためにも日々の努力と積み重ねが必要

とくにリーダーになりたてのころは




基本的な姿勢


つまり
自分のできる小さなことから努力してみる


朝、会ったらこちらから挨拶するとか、
帰る時もこちらから失礼しますと言うとか、

良いことを言ったりやったりしたら一言必ず褒めるとか、


そんなことの積み重ねです。


感謝するとか、評価するとか、名前を覚えて呼ぶとか。

当たり前だけど大切なことです。


”人望”があるかないか。


学歴とか社歴とかステイタス・地位・身分を振りかざしても意味がありません。


管理者が長くなればなるほど
つい忘れてしまう基本的な姿勢を忘れないでほしいものです。


人は最終的には感情で動くこと

時代が変わっても変わらない人間心理ですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。