民主党の有志議員による「宗教と民主主義研究会」(会長・池田元久衆院議員)は19日、国会内で会合を開き、宗教法人税制のあり方をめぐり意見交換した。池田氏は会合で「政治と宗教は明確に分離しなければならない。現状は大変問題が多い」と強調した。研究会は公明党と支持母体の創価学会を牽制(けんせい)するねらいがあり、今後、元公明党委員長の矢野絢也氏を呼んでヒアリングすることにしている。

<たわわちゃん>京都タワーのキャラ、仲良しの園児らと茶摘み(毎日新聞)
鍛冶屋 伝統守る現役3代 愛知・豊田の山間部で活躍(毎日新聞)
<ストーカー>規制法違反容疑で3回目の逮捕 松山(毎日新聞)
新幹線延伸は別問題=もんじゅ再開での地元要望に―前原国交相(時事通信)
山岡氏が請求放棄 週刊新潮名誉棄損訴訟が終結(産経新聞)
AD