{FE223C51-C29B-47C2-8D1B-C35812B66DA1}

{01408D12-8887-4023-9F9C-0ACD29C29C1A}

{449CE841-A1BD-427F-BDAD-442A99370E0D}

{479D5638-D76D-4200-A392-E5B5706E5025}

{FC93C457-D113-4CA9-A736-44F037C40C4C}

第2節、いきなりの強豪甲府との激突!
前半は両チーム前への攻撃を試みるが中々お互いの守備を崩し切れず、ただここで評価出来るのは前節より守備陣のミスが目立たなくなった事だ。
前節までは畠中にボールが渡ると不安でたまにミスをする場面があったが逆にこの日はしっかりしたロングパスを出ししっかりしたクリアができていた。これは次節の山雅戦にも期待がかかる。
そして前半中盤、ドウグラスがペナルティエリアへ抜け出してあとはシュートのみというシーン、これを相手DFが後ろからのスライディングで完全にドゥグの足にかかっていたがこれがファウルにならずそのままゴールキックに。
実況も言っていたが主審の位置からははっきり確認出来ず副審もその目線からだとボールにいってるように見えたらしい。でも一々この事をいつまで言ってても仕方がない。前節の千葉だってあまりいいジャッジに恵まれなかった。そしてまずアウェイなのでこーゆーことはこれからも何回もあると考えられるので大事なのはしっかりいい状態でシュートを打つということだった。
こーしてスコアレスで前半終了。前半に先制ゴールを奪いたかったが前節の前半よりいい攻撃が出来ていたと思った。ただ期待のルーキー藤本があまり目立っていなかった。前節の方がどこかいきいきしてた。プロとしてはじめてのアウェイ戦だからとかも考えられるが山梨は藤本の地元だ。アウェイの中でも一番いきいきしていて欲しかったが後半になってすぐに交代してしまった。もう少し見たかったがあまりいいコンディションじゃなかったのだろう。次節に期待だ。そしてこの試合で一番存在感を示したのがサイドバックの奈良輪だ。奈良輪がリンスをしっかりカバーしてたお陰でほとんど真ん中での攻撃を許さなかった。奈良輪がもう少し攻撃的になれば攻撃面でも強意になるし、もっと余裕がある時はサイドハーフも試して見てほしい。そして陵平、優平が投入されてから攻撃リズムが変わった。優平は中盤から長いパスをバンバン出してそれが面白いくらい通るのだ。まるで中後を思い出させるようなプレイだった。そのクロスから陵平が飛び込むシーンがあったがそれを合わせきれず。
こーして第2節はスコアレスドローで終わった。
今回の試合の収穫はなんといっても優平のあの綺麗なパスだ。これにドゥグやアランが合わせられるようになれば強意の得点力が表れる。
そして澤井の公式戦復帰だ。
5分弱の短い時間だったが僕のずっと応援しずっと見てきた選手が復帰したのは本当に嬉しかった。次節はみどりダービー。もっと得点パターンを増やしてスタメンもしっかりと定まった万全な状態で挑みたい。