日中韓などアジア諸国と中南米の計34カ国の外相らが参加したアジア中南米協力フォーラム(FEALAC)外相会合は16日、都内で地球温暖化対策などについて討議した。岡田克也外相は環境保護と経済成長の両立を目指す「岡田グリーン・イニシアチブ」を提案。環境ビジネス推進に向け、参加国の実務者や有識者を日本に招く取り組みなどを表明した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

「砂の文化」発信 鳥取砂丘砂像連盟が発足(産経新聞)
大阪で遺骨収集シンポジウム開催 野口健さんらが意見交換(産経新聞)
<人事>最高裁(15日)(毎日新聞)
新型インフル、健康成人へのワクチン接種早める(読売新聞)
<告訴>ノリタケが子会社元従業員を 約4億円横領容疑で(毎日新聞)
AD