犬の肛門嚢炎(こうもんのうえん)

犬の肛門嚢炎は、肛門の左右についている肛門嚢(臭いのある分泌液を出す器官)が炎症を起こてしまう病気です。


テーマ:
犬の肛門嚢で作られた分泌液は、通常であれば、排便とともに自然に肛門嚢から排出されるものです。

しかし、分泌量が異常に多くなったり、肛門嚢に雑菌が入り込むと、肛門嚢の小さな穴が詰まってしまい、化膿や腫れなどの炎症を起こす場合があります。

下痢や軟便が続く事も、肛門嚢を内側からの圧迫する力が弱くなるため、分泌液が排出されにくくなります。

また、加齢によって肛門周辺の筋肉が弱くなる事で、肛門嚢に溜まった分泌液を排出する働きが弱くなる場合もあります。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。