DRIFTGANG! さんblog

みなさんこんにちは!
ふじおか総合カークリニック代表の小金澤です!
藤岡市の国道17号線沿いに店をオープンしました!
車検・板金塗装・修理何でも・中古車・レッカーと
幅広く営業中ですっ!ぜひチェックして下さいネ!!
↓--↓--↓--↓--↓--↓--↓--↓--↓


テーマ:










さぁ今回はヴェロッサのフェンダーを加工します。





クランケはドシャコタンのドレ車仕様。






随分前からどうしようかと相談があり、本人も相当悩んだことでしょう。







そうなんです。フェンダー加工ってのは悩みに悩むとこなんですね。







以前に何度かフェンダー加工記事をアップしていますが、自分の車のフェンダーだってなかなか予想した通りにはいかないものです。






過去のフェンダー関連の記事はブログのテーマ別の「フェンダー加工」を参照してみてください。










で、いざフェンダーをたたいて出すのはいいが、どのくらい出すのか?






アーチの高さは純正の高さに対してどうするのか?





この2つが決まらないとなかなか作業も難しいですね。

丸フェンダーにするのか?

逆Rフェンダーにするのか?

両方混ぜるのか?

この辺も出幅次第になります。








たとえば5㎝も外に出したいってなったらそりゃ~叩いてる場合じゃないですよね。








もう溶接です。









でも今回はオーナーさんの意向で3㎝程度で純正のラインを活かして!!ってことでした。








まぁそうなりますと3cmぐらいが妥当なとこになりますね。







それでもアーチの前後はもしかしたら切開&溶接にもなるかもしれないですね。












さぁそれでは作業を進めて行きましょう(≡^∇^≡)















まずはフロントから。




とりあえずミミを全部出します。







この年代の車のミミはけっこう折り返してある幅があるのでこういう加工はしやすいですね。








それからアーチ周辺は叩いて延ばします。鍛冶屋さながらに叩きます。あせる











やはりFバンパーとの合い目の所は切開し、延長溶接しました。






これやんないとアーチが不自然になりますんでね。









んで、ミミを作ります。



まぁプライヤーでもなんでもいいですから折ります。







まぁミミ作るって言っても1mmぐらいの折り返しですけどね。







でもこれがあるのとないのとじゃ全然見た目も強度も違ってきます。









かなり叩いて鉄板を延ばしてあるのでミミがないとベロンベロンの鉄板になっちゃいますんでね。








それからミミなしのフェンダー加工の車をよく見ますが、見た目がいまいちですよね。







切りっぱなしのフェンダーは今の時代、ちょっと・・・・。








ということでプレスをつくるなり、ミミ作って丸みを出すなりすることでクオリティが上がりますね。











ミミ完成。



まだ、ボコボコ&ささくれまくりで、きったないっすね。まぁ下地はこんなもんで。












で、何センチ出たのか、アーチ高さはどうしたのか?









まさか目見当でやってる板金屋さんはいないと思いますが(゚_゚i)居たらほんまもんのプロやな。




今回はこんな感じで純正位置などを全部記載しておいて、逐一計測しました。






やり方は人それぞれでしょうけど、これは結構正確にできるのでおすすめです。








このスケールはモノタロウで2000円ぐらいでかったやつなんだけど、結構便利ですよ!!








足回りの角度計ったりに使えます。大体の値ですけどね。






ナックルの切れ角計るときの目安にもなります。








でも間違ってもこれでキャンバーを図らないように(><;)キャンバーはだめだめ





そういえばヴェロッサのノーマルフェンダー撮り忘れました。

気になる人はよく見比べてみてください。

ぜんぜんバリッとしてきたっしょ(o^-')b








やってて思ったのですが、2cmぐらいの出幅ならフロントフェンダーに関しては前側から正Rで始まり、センター正R、後部ちょい逆反りかなぁと。






だけど3cm出すと、逆Rではじまり正Rでセンターになり、逆反りでアーチ後部は落としていく感じだなぁ。









俺のポリシーとして全部正Rとか、全部逆Rとか、そういうのはしません。

古いよね。作業はかんたんですよそのほうが。

でも今の時代、あんまかっこよくないと思います。


いわゆる貼り付けのバーフェンアーチのやつはこのタイプなんですね。

だからボディとの一体感が無いっていうか、・・・・無いとは言わないけど、損なわれている車はかなりあるかと・・・・・











アーチの高さですが、俺は純正の高さが良いと思いましたが、オーナーさんの意向で1cm上げました。









そういうのってのはただ気分で決めるのではなく、後々どんなホイルをどんなスタイルで履くかにモロに関わってきます。









ガッチンガッチンのハミタイ鬼キャンアウトリップとかなら純正高さが良いのではないかとはおもいました。








ただ、セッティングはもろに難しくなります。








今回は1cm上げで結構バリっとしたのでよかったとおもいます。






ワイトレをかまして完成後の想定を見てみます。







当然スクラブ半径が増すのでそのことも考えてタイヤハウス内をよく点検します。




















フロントを上から見た感じ。




ちょうどいい感じね(*^ー^)ノ





















お次はリヤ。






オーナー自ら叩いてきて頂きました。








・・・・がしかし、フロントにくらべてぜんぜん出幅が足りないため、せっかくパテまで貼ってきてもらったのに、全部はがして鉄板からやりなおしにo(TωT )












だいぶ端折ってパテ入りました。










フロントもそうですが、この時点ではバンパーとは段差もろにあります。
















フロントもパテ。





まぁはっきりいってパテが入るまでがホントの勝負所なんですよね。







ここまでくればあとはルーティンなわけで。








鉄板いじってる時が、その仕事のほとんどを決めているといっても過言ではありません。

車の完成度、センスにもろに響くわけです。




ですのでDIYでやりたいドリ野郎や、ドレ野郎もたくさんいるとは思いますが、かなり道は険しいということは分かっておいてもらいたいと思います。










もう写真もめんどくなってきてます。ヽ( )`ε´( )ノ

サフが入りました。


4輪分だから大変だよ~(;´▽`A``












てことでここまできたら塗装になるわけですね。
























はい、塗装完了後ですp(^-^)q



ちなみに前後ともバンパーは無加工で、フェンダーとの合い目はちょっとした加工で合わせてあります。



うほぉぉぉ~~~((((((ノ゚⊿゚)ノ


















くへぇぇぇぇぇぇ~~~~ヽ(*'0'*)ツ




























うひょぉぉぉぉぉぉ~~~~Y(>_<、)Y
























たまらぁぁぁぁぁ~~~~っっん(;´Д`)ノ



















神だなこりゃっ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:   (・・・・しつこいよっ)













けっこう頑張って作りました。



オーナーさんに喜んでもらえてたらうれしいですね。









ということでフェンダー加工を追ってきましたが、自分もいじりたいって思っている人はたくさんいるはずです。









今回のもその一例としてみなさんの参考になると思います。









本気ドリ仕様のばあいは5cmぐらいは最低でもワイドにしたいでしょうから、社外のバーフェンつけたほうが早いし安いかと思います。









まぁ貼り付けバーフェンてのはつけるといかにも付けたってことはバレバレなわけで、純正を加工し、スムージングしたものにはやはりそこには手間をかけただけの違いがあり、こだわりである部分だと思います。










今や他の車との差別化にはフェンダー加工が不可欠な時代になってます。


エアロや小物のパーツだけじゃ差がつかないです。









人それぞれ方向性があるでしょうから、そういうことをよく見極めて車いじりをしてもらいたいと思いますね。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。