ゲームソフトやカードに使われるプロ野球選手の名前や肖像の使用許諾権が球団と選手のどちらにあるかが争われた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は15日付で、選手側の上告を棄却する決定を出した。選手側敗訴とした1、2審判決が確定した。

 上告していたのは、高橋由伸、宮本慎也、小笠原道大ら29選手。選手側は、所属球団を相手に肖像権の使用許諾権限が球団にないことの確認を求めていたが、1、2審は「選手と球団が締結する統一契約書の条項に球団が宣伝目的のために、肖像権を利用しても異議を申し立てない」と定めているとしたうえで、商業利用も「宣伝目的に当たる」と判断していた。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
岡崎女性殺害:木村被告の無期確定へ 最高裁が上告棄却
最高裁長官:裁判員対象事件「速やかな審理を」
最高裁:拳銃譲渡で無罪を破棄 大阪高裁に差し戻し
キャッツ粉飾:会計士の有罪確定へ 最高裁
土壌汚染訴訟:売り主に賠償責任なし…売却後判明に初判断

女子高生刺傷 保護者ら「いったい何が…」高校で保護者会(産経新聞)
<DVD販売訴訟>差し止め支持、賠償請求は棄却 知財高裁(毎日新聞)
業者に入札情報提供=職員を告訴へ―年金機構(時事通信)
首相、在任中は靖国参拝せず(産経新聞)
荒井戦略相 知人宅を「主たる事務所」に 活動実態なく(毎日新聞)
AD