鋼の錬金術師?> 鋼の錬金術師 (アニメ)?> 劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』(げきじょうばん はがねのれんきんじゅつし シャンバラをゆくもの、Fullmetal Alchemist the Movie:Conqueror of Shamballa)は、2005年7月23日に公開されたアニメ映画。概要2003年から2004年にかけて放映されたテレビアニメ『鋼の錬金術師』の完結編との位置づけがなされている。観客動員数は110万人、興行収入は13億円を記録。[1]2006年1月25日に発売されたDVDの売り上げは1月24日付けデイリーオリコンチャート総合部門で限定生産版が1位、通常版が3位。また、同デイリーオリコンチャートアニメ部門では1位2位を独占し、累計で17万枚以上を売り上げた。地上波で放送されたときは、深夜でありながら7%と高視聴率を記録した。地上波の放送前にWOWOW・アニマックスで一度(リピート放送除く)、地上波放送後、のちにBS-i(現・BS-TBS)でも2度放送され、更にNHK BS2でも放送された。 2009年1月26日発売のボックスセットには、DVDの他にもBlu-rayDisc版が同梱された。受賞歴2005年 第60回毎日映画コンクールアニメーション映画賞受賞2006年3月25日 東京国際アニメフェアで開催された第5回東京アニメアワードにて『アニメーション・オブ・ザ・イヤー』と音楽賞、原作賞受賞『アニメージュ』2006年6月号第28回アニメグランプリ作品部門第3位ファンタジア映画祭(カナダ・モントリオール)ベストアニメ映画賞受賞[1]ストーリー舞台は1923年のドイツ(ワイマール共和国)にあるミュンヘン。この頃のドイツでは、第一次世界大戦敗戦後の、インフレに伴う貧困に喘ぎながら、それでも人々は懸命に生きていた。アニメ最終話で錬金術世界から現実世界へと飛ばされたエドワードは18歳になり、元の世界に戻る為にロケット工学を研究していたが、先の見えない現実に焦燥していた。その頃、エドの同居人で「自らの手でロケットを作りたい」と夢見るアルフォンス・ハイデリヒは、パトロンを得て念願のロケット製作に着手する。しかしその裏には謎の組織・トゥーレ協会の陰謀が隠されていた。あるとき、街で行われたカーニバルに来ていた

雪 交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も 関東地方(毎日新聞)
婚姻届のため秋田に帰省、カップル事故死(読売新聞)
「ねずみ男」テーマに8劇団“競演”(産経新聞)
郵政ファミリー企業「聖域なく見直す」亀井氏(読売新聞)
路上で185万円奪われる 東京・千代田、会社の預金引き出し直後(産経新聞)
AD