イナワラという呼び方

テーマ:

最近になって、そういう呼び方をするようになった。


イナワラ

釣り船の船頭さんやルアー船の船長さんたちが、釣り客に対して気遣って、イナダ以上ワラサ以下の魚をそう呼び始めたもの。


ま、イナダだと言ってしまうにはちょっと可哀そう。

だけど、ワラサというには小ぶりだし…。


イナダとワラサの中途半端なサイズを『情け』をかけてそう呼び始めたと推測できる。



イナワラ

船宿のホームページや釣果速報ブログなどにそう書き始めたことから、ルアー船など狭い範囲で使われるようになった。

が、今、定着しそうな雰囲気はある。


言葉は、生きているからね。

造語が定着することは多々ある。



ブリは出世魚

モジャコ→ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリという出世階段は今も昔も同じ。

イナワラというのはない。



ただ、このイナワラサイズを、房州の漁師言葉としては『サンパク』という呼び方が昔からある。


サンパク…ブリの成長過程で呼び名。ワカシ→イナダ→サンパク→ワラサ→ブリ。

房州だけの呼び方。

鴨川では2-4kgものをサンパクという銘柄として取り扱っている。




AD

コメント(4)