通勤列車からの読書日記

通勤列車内で読書をする時間が、日々のリフレッシュタイムです^^
勝手な読書感想ですがよろしくです^^


テーマ:

おはようございます。


台風は大丈夫でしたか?


こちらの方は、昨日はすごい風でした。

うちの裏にあるお家、結構木が生い茂っているのですが、1本斜めになっている~^^;


我が家も、ガタガタゆれて、2階にいると家が壊れるのではないか…?とふと不安になりました。

今日も雨がすごいです。


たくさんの地方で河川が氾濫する等被害が出ていますね。

東北であまり被害がないのが救いでしょうか。

でも、他の地方で風水害、土砂災害、これも大変です。

十津川…昔、山津波が起きて北海道に多くの人が開拓に出た…というようなお話(物語)を小学校の頃読んだ気がします。


本当なら、昨日は勉強会のはずだったのですが、中止。

実は子どもを連れて行って、図書室で自習させておこうと思ったのに、残念。

子どももちょっと楽しみにしていたんですよね~。


おかげでゆっくり過ごしたのですが、ボルト!さすがですね。

走りもパフォーマンスも素晴らしいことはもちろん、100mのフライングの時のコメントが素晴らしいと思いました。

人のせいにするでもなく、ルールの変更のせいにするでもなく、ひたすら自分の内面と向き合った様子、これぞ王者だなと感じ入りました。



さて、立て続けに東野圭吾さんの本を読んでいます。


この本はドラマ化されたって知らずにただ、本屋さんに行った時に一番に目に飛び込んできたので買ってしまいました。


流星の絆 (講談社文庫)/東野 圭吾
¥880
Amazon.co.jp

内容(「BOOK」データベースより)

何者かに両親を惨殺された三兄妹は、流れ星に仇討ちを誓う。14年後、互いのことだけを信じ、世間を敵視しながら生きる彼らの前に、犯人を突き止める最初で最後の機会が訪れる。三人で完璧に仕掛けはずの復讐計画。その最大の誤算は、妹の恋心だった。涙があふれる衝撃の真相。著者会心の新たな代表作。


とっても図々しいことを言ってしまえば、東野圭吾さんの作品は初期の頃は大好きだったのですが、このところ多作が過ぎてこちらが慣れてしまったのか、それとも作品自体がそうなのか、あまり魅力を感じなくなり、少し遠ざかっていました。


が、この本の前に読んだ「パラドックス13」が思いのほか面白くて、また、東野作品で目に飛び込んできたこの本を購入しました。


東野圭吾さんは、たくさんの引き出しをもった素晴らしい作家さんだと思います。

どうして、こうも色々な方面からの視点で、様々な作品を書けるのか…

著者名を隠して出したら、この人の作品だとはわからないものもあるのではないか(それは読解力が欠落した私だけかも^^;)と思うほど、沢山の引き出しを持っていらっしゃると思います。


が、その引き出しをある程度カテゴライズできるとしたら、私の中ではこの作品は「白夜行」「幻夜」と同じになるかな


ただ、私自身は「白夜行」「幻夜」を読んだ時、ホーッと思ったものの、とってもブラックな気持ちになりました。

正直言って読後1年以上経過した今、この2作はあまり好きではないです。


何故かというと、女性の描き方が好きではないからです。


登場人物に感情移入をそれほどするわけでもないのですが、この2作品については、全く感情移入できず、腹立たしかったり、ドロドロ過ぎてうつうつしてきたり…

白夜行の主人公の女性は、初めは被害者だったわけですが、その被害についてもあまりにも暗すぎて…



別に物語に明るさばかりを求めるわけではないのですが、救いようのない暗さは好きではないのです。


百田尚樹さんが、小説を書くのにわざわざこの世の暗いところに焦点を当てたくない…というようなことをおっしゃっていたことを思い出します。



さて、「流星の絆」の感想から随分それてしまいましたが…


色々だらだら述べたてた上記のことを考えると、この作品は救われた気持ちで終われるところが好きです。

悲しいかな、両親を失い、世間を信じることができなくなった兄弟が肩を寄せ合い、互いを大切にしながら、非合法的な生き方をしていく姿はありがちかな…と思います。


また、ラストもかなりご都合主義かなとも思います。

妹の恋のお相手、いい人すぎます。


それでも、人の心って性善説で考えたいと思う時、あぁ、よかった!と終われたことに、すっきりしました^^




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

ハシさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。