VIVAさくら&琴乃VIVA女子ゴルファー

さくらさんと琴乃ちゃんを中心に女子ゴルファーの皆さんを応援するブログです

NEW !
テーマ:

アメリカツアーの今シーズンメジャー第1戦、ANAインスピレーションの予選ラウンドペアリングが発表されました。

初日午前インコーススタートはさくらちゃん、野村さん、藍ちゃんです。

初日午後インコーススタートは彩子さん、アウトコーススタートはイボミさんと美香さんです。


過去の成績です。

       優勝スコア      予選カット さくらちゃん

2016 -12 リディアコーさん  +2   +5 CUT

2015  -9 リンシコムさん   +3   +1 41位

2014 -14 トンプソンさん   +5   +9 59位

2013 -15 朴インビさん    +5

2012  -9 ユーソンヨンさん  +4

2011 -13 Sルイスさん    +5

2010 -13 ヤニツェンさん   +6   +3 27位

2009  -9 リンシコムさん   +8

2008 -11 オチョアさん     +5   +3 19位

2007  -3 プレッセルさん   +9  +11 43位

2006  -9 Kウェブさん     +6   

2005 -15 ソレンスタムさん  +9


日本人選手の最終順位です。

      藍ちゃん 美香さん 彩子さん 野村さん     

2016   18位   56位   56位   26位

2015   41位   29位   35位   CUT

2014   67位   CUT   CUT    64位  

2013   55位   63位   19位

2012   56位   CUT

2011   33位    7位

2010   CUT   40位

2009   69位

2008   31位

2007   15位

2006   29位

2005   44位


この大会には、不動さん、上田さん、智恵ちゃんなども参戦しましたが、記憶の中では2011年の7位に入った美香さんと智恵ちゃんが一番惜しい試合だったですね。

藍ちゃんは2005年以降毎年のように出場していますが、絶好調時にも優勝争いに絡むことはできませんでした。

さくらちゃんのベスト順位は2008年の19位でしたが、2010年は3日目の17番ホールまで優勝を狙える位置でプレーしました。残念ながら、この時の経験を海外メジャーで活かすことはできていません。

いずれは、海外メジャーで優勝してほしいと思ってきましたが、年数を重ねてメジャー優勝の夢は近くなるどころか遠ざかっているのが現実です。


このコースは飛距離と正確で止まるショットが求められます。優勝するためにはグリーン上も好調でないといけません。全ての要素において高いレベルと調子の良さが求められます。

今の日本人選手には上位争いできる可能性は高くないと言わざるを得ません。


さくらちゃんも含めて日本人選手は20位以内に入れば大大健闘、30位以内に入れば大健闘、予選通過すれば健闘というところでしょう。トップテン入りすることが想定外という試合です。

しかし、始まる前から弱気ではいけません。最低でも予選通過して欲しいですね。予選通過すれば、決勝ラウンドでは今のさくらちゃんが出来るゴルフをするのみです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

国内ツアー、ヤマハレディースオープン葛城の予選ラウンドペアリングが発表されました。

琴乃ちゃんは初日午前アウトスタート、2日目午後インスタートで、藤田光里さん、江澤亜弥さんとのペアリングです。組み合わせの意図は見え見えです。1組後ろで絶好調、川岸さんがプレーします。

大部分の有力選手は初日午前インスタート、2日目午後アウトスタートになります。


120人出場の4日間大会ですから、メジャー並みです。コース設定についてもメジャー並みというか、メジャー以上と思われる年もあります。

72ホール決着となった2013年以降の優勝スコアと予選カットラインは以下の通りです。

       優勝       予選カットライン

2016 -9 イチヒさん   +6

2015 -7 渡邉さん    +6

2014 -5 アンさん    +6

2013 -4 比嘉さん    +3


少なくともバーディ合戦にはならない試合です。ショットの精度も求められるので、パットが入れば優勝できるというコースではありません。

       2016年   2015年

初日   75.3361  74.6471

2日目  75.1966  75.5424

3日目  74.1045  74.4925

最終日  72.7015  73.5075


注目したいのは3日目と最終日の平均スコアです。2年続けて最終日の平均スコアがダントツで良いですね。天候によるものなら仕方がありませんし、選手のモチベーションが高くて好スコアが続出するのであれば良いのですが、意識してバーディを獲りやすいピン位置にしているのなら、それは止めるべきです。


ホール別では、5番ロングがバーディホールです。続いてイージーなのが15番と18番のロングホールです。1ラウンドにこの3つのホールで2バーディ獲れれば良いですね。ショートホールにもバーディを獲りやすいホールがあります。逆にミドルが結構難しいのがこのコースの特徴です。

2番、8番、10番、14番、16番はいずれも400ヤード級で難関です。この5ホールでボギーを最小限にすることが大事です。


   コース実績トップテン    調子ポイントトップテン

1  渡邉さん    50.4     川岸さん   72.55

2  申ジエさん   41.4     全さん      45.25

3  アンさん    38.96    上田さん    42.15

4  笠さん     37.55    蛭田さん   40.25

5  全さん     34.14    若林さん   40.2

6  姜さん     31.8     アンさん    38.4

7  ハヌルさん   30.4     比嘉さん    38.1

8  福田真未さん 30.15    葭葉さん    36.8

9  吉田さん    29.95   イミニョンさん 36.25

10 テレサさん   29.7    森田遥さん   33.9


コース実績もあり、調子も良い全さんが本命になってしまいました。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

大相撲千秋楽の視聴率が凄いことになったそうです。

ネギックは相撲に興味が無いと何度か書きましたが、先日の日曜日は大相撲中継を見ました。つまり、普段大相撲に興味を持っていない人が相撲中継にチャンネルを合わせたということで、そういう人が多かったからこその視聴率です。

イボミさんが人気なのだから女子ゴルフ人気は安泰だとか、スポンサーが付いているから大丈夫だとかいうのは大間違いです。女子ゴルフから離れて行ったファンは黙って去って行きます。別に協会に文句を言って去ったわけではありません。なので協会は危機感が薄いのでしょうね。



アメリカツアーのキアクラシックが終了しました。

優勝スコアは20アンダーですね。今の日本人選手で、このコースで4日間戦ってこのスコアを叩き出すのは至難の業だと思います。優勝した李ミリムさんは4日間のパーオン率83%、1日平均のパット数が28.5でした。パーオン60回で24バーディですからバーディ決定率が4割ということになります。ショットとパットが見事に噛み合った結果ですね。


日本人選手の成績です。

35位 -5 美香さん、野村さん

59位  E  畑岡さん

64位 +2 藍ちゃん


日本人選手4人のパーオン率はほぼ同じでした。スコアの差はパット数の差でもあります。

畑岡さんは最終日のゴルフがあまりにも荒っぽくて、若い選手らしいと感じました。


藍ちゃんは2日目、畑岡さんは3日目に好スコアを叩き出しましたが、いずれも翌日に大きく崩れました。上位の選手はそれが無いですね。調子が良ければ60台、調子が悪くてもイーブンパー程度で我慢しなければチャンスはありません。結局4日間を終えると50位とか60位になってしまいます。

美香さんと野村さんは辛うじてそれができたので35位とまずまずの順位でしたが、ビッグスコアを2日、3日と続けないとトップテン入りできません。


どうも日本人選手は厳しいですね。

     賞金ランク パーオン率 平均パット数 平均スコア

野村さん   24   61.1%   1.736   71.00 

彩子さん   65   75.0%   1.753   70.417

美香さん   95   75.0%   1.731   70.00

畑岡さん   98   66.7%   1.760   72.69

さくらちゃん 120   63.3%   1.781   72.60

藍ちゃん  132   69.4%   1.824   72.10


野村さんは相変わらずショートゲームが好調のようですが、昨年ほどの勢いがありません。

彩子さんはショット、パットともに好調と言ってもよいのではないでしょうか。

美香さんは2試合しか消化していませんので何とも判断できませんが、まずまずだと思います。

畑岡さんは野村さんと並ぶ5試合出場なのですが、パーオン率と平均パット数でさくらちゃんを上回りながら平均スコアでさくらちゃんよりも悪いというのは何故でしょうか?リカバリー技術がまだまだだということは想像できますが・・・。

藍ちゃんはパットに尽きます。しかもこの傾向が数年も続いていますから、どうしたものでしょうかね?特にショートパットを外すシーンが多いですから、「読み」の問題ではないと思います。


さくらちゃんはパーオン率が物足りないですね。想定しているパーオン率よりも7%低いです。4日間大会だと5回パーオン数が多いわけです。やはり、ショットがまだ不安定ということです。

さくらちゃんが国内ツアーで安定した成績を残し続けたのは、ショットの安定感と高いパーセーブ率によるものでしたが、ショットが乱れてもパットで挽回できたからです。今はパットで挽回することは期待できませんから、ショットを安定させるしかありません。

懸命に調整していると思いますので、ファンとすれば待つしかありませんね。あまり長く待たされるのは困りますが・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。