本日より販売開始です。

 

レザージャケットに合わせられるレザー以外のバッグが欲しい。

そこから始まった今回の企画。

やってよかったなと心から思います。

デザイナーの渡部さん、本当にありがとうございます。

 

 

今回、私が求めたものはまず第一に当たり前ですが、『かっこいい』そして『タフ』、『軽い』、『シンプルでコンサバティブ』、『合わせやすい』『使いやすい』です。

 

 

DF TOKYOで取り扱うアイテムの前提として、品があるというの大前提としてあります。

生地を選ぶ時もそれを意識して選びました。

 

 

実は最初につくったサンプルと生地を変えています。

最初に選んだ生地は生地だけ見れば高級感がありよかったのですが、実際バッグにして

みると印象が弱く、安っぽく見えてしまいました。

その後にこの少し粗いキャンバスに変更したらこれが大正解。

生地だけ見るとカジュアルなのに、rewords/rewordsdesignの金具に合わせると不思議とマッチし万能バッグとなりました。

 

以下デザイナー解説

 

プロダクトナンバーに”DF”の名を冠したrewords/rewordsdesign 初となるコットンファブリックをメインに使用した
DF TOKYO別注ショルダーバッグ。
形状は16AWシーズンで展開された、捻じれを取り入れ体に添うよう設計されたスクエア形状の変形ショルダーバッグを元に、ストラップ部分に3.5ミリ厚オイルヌメを使用し、rewordsオリジナルの真鍮鋳物・太丸カンとピンバックルにより一枚革で最短70Cから最長105Cまで調節可能なベルト仕様にアップデートしています。

 

 


表のコットンファブリックにはタテ・ヨコ共に太番手双糸を使用し、力織機により密に織られた強度に優れるコットン100%のキャンバス素材を採用。
裏地には2つのポケットを設けたしっかりとした肉感のコットンツイル素材を使用しています。
開口部にはハンドル付きのスライダーが2つセットされた頭合せ仕様のRaccagni T8ファスナーを使用し、装飾・補強の両面からキップレザーを使用しパイピングを施しています。

 


製作はrewordsのレザープロダクトを製造する都内の同じ職人によって行われ、その高度な縫製技術により可能なZ型の鋭角な一本縫い目もこのバッグの特徴の一つとなっています。

 


コットンを使用することでオンでもオフでも使用可能な表情となり、rewordsインラインのレザーバッグとはまた異なる魅力を持ったショルダーバッグに仕上げました。

 

 

今回の企画でネックとなった部分は価格と納期です。

お店としてはできるだけ安く、できるだけ早くと思うのが当然。

通常、企画から生産まで早くて3ヶ月というのが常識ですが、今回なんと約1ヶ月でここまでしてくださいました。

それが出来たのもrewords/rewordsdesignの渡部さんだからこそ。

豊富な知識に柔軟な発想。

私のわがままを形にしてくれました。

価格も3万円台というのを先に提示させて頂いたので、無理矢理合わせて頂きました。

本当に感謝です。

 

これだけ内容の詰まったバッグ、あまりないと思います。

ぜひお試しください。

 

DF TOKYO別注【rewords/rewordsdesign】リワーズ/リワーズデザイン キャンバスショルダーバッグ ブラック

¥36000(tax out)

 

もちろん通販可能でございます。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

DF TOKYO
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西2-18-6 #101
TEL / FAX:03-6416-0391 MAIL:info@df-double-faced.com
営業時間:12:00~20:00
定休日:水曜日・その他 不定休

HP:
http://www.df-double-faced.com/

INSTAGRAM :

https://www.instagram.com/df_tokyo/
LINE@:
ID:@xbj1467j
face book:
http://www.facebook.com/pages/Select-shop-DF/180250668743995

 

DF TOKYO Aki

 

AD