でぃ~@のブログ

犬&フェレット&猫♪ものづくり、楽器、ギター、ベース、ドラム~時々ダーツ?
音楽♪


テーマ:
なんか公式ジャンル?ってのがどうのとか出てきたんだけど音楽や楽器ってジャンルが無いよね?(・・;

とりあえず作ったものとかをアップすればDIYジャンルでも行けるんかと思ったんだけど関係ない記事を連投すると一度外されて選び直せるみたいなのでやってみようかなと

なのでDIYとは関係ないうちの家族たちの写真でも(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「なんてことはない日記」 の記事

テーマ:

たくさん使ってきて結局どんなベースが理想なの?

って話しになったんだけど難しいですね

 

まず市販のベースだと

自分の中ではプレベかWarwick。。。?

 

なのに何故プレシジョンベースを持っていないか?

最低限に近いシンプルさがゆえに未熟すぎる自分には扱いきれないからです^^;;;

 

Warwickはタイトで太くはっきりとクリアな低音、主張するミドル、

スラップや強くピッキングした時にパキンと飛び出す高音

ボディーシェイプと相まって。。。

もうこれはただの中毒者です(笑)

 

それで話しは架空のベースになりL-2000を超える欲張りな感じで無駄を増やした上でバリエーションや使い勝手の良いものは?と

 

これが非常に楽しく難しい問題でした。

 

色々なベースアンプに対応するにはブースト&カットの3バンドEQでなおかつミドルを「250、500~600、800」くらいの3点で切り替えられるミニスイッチが欲しいところでしょうか。

このスイッチがボディー表に搭載されている機種は以前シェクターか何かに乗っていた記憶がうっすらとありますがあまりみかけませんね。

Lowは30や40で固定で良さそうだけどHighは2kや8kとかでまた切り替えが欲しい(笑)

アクティブ&パッシブの切り替えスイッチも欲しいですね。

そこにハイブーストまで追加したり。。。

9Vと18Vを切り替えられるなんてスイッチをつけたり。。。いらない?(笑)

 

PickupはMM系のぶっとい物だとどうしてもスラップなどで弾きづらいって人もでてくるので

ソープバータイプ×2 でシングルコイル&ダブルコイル、さらにプレベのようなスプリットも選択可能なタイプが良さそうです。

 

ピエゾピックアップや音源を操作できるローランドのGK-3Bのようなデバイデッド・ピックアップなんかが欲しい人もいるかもですよね。

 

ん~この記事はまだまだ書き換える余地がありそうですね(笑)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

もう少しで新しいアルバムが発売されるみたいですね~

この曲は勢いのあるスピーディーなツーバスが影の主役なドカドカサウンドで気持ちが良いですね♪

LiSA 『LiTTLE DEViL PARADE』-YouTube EDIT ver.-

自分は色々なバンドでドラムを担当することが多かったのですが

どのバンドのメンバーにも言われていた「ドラムの音がデカすぎる!」ってのがこの中では活かせそうな気がします(笑)

夏休みなんかは1日9時間はメトロノームに向かって毎日ひたすらリズム練習してましたね。。。

思い出したくもないゴミくず達に囲まれた高校時代ですが。。。ツインペダルどこいっちゃったかな。。。

脱線しました^^;;;

この曲のベースはスラップ叩きまくりの暴れ役なのでギターと同じ飛び道具というか賑やかしのような印象が強いですがLiSAはベースが格好良い曲も多いです♪

上手い下手ではなくて

ベースがかっこいいバンドは人気が出る!

さらにドラムのリズムがかっこよければ爆発する!!

って言い続けてきたのですが

前提にある「ボーカルが格好良ければ」もバッチリ当てはまるし

全員上手いのでなおのこと期待してしまいますね♪

今回のアルバムはどのような感じになるのでしょうか

こんな感じの攻撃態勢で勢いがある曲も好きなのですが

「アコガレ望遠鏡」や「BRiGHT FLiGHT」のような笑顔な曲もLiSAは似合いますよね。

アルバムの発売が楽しみです^^

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Oh!下書きに保存したつもりが公開されていましたっ

ん~やっぱり何か変だ。。。だま写真を撮っていないので下書きにしてるのに公開されてしまいますね。。。

このままこの記事でいってしまいましょう!

 

新しいベースの記事は当分書く内容がないと思うので

しばらくは弦楽器から離れてみたいなと思います^^
 
前にちょっとAkaiのEWIというウィンドシンセサイザーを載せたのですがあのUSBモデルだとパソコンから離れられないので
普段は音源が内蔵されていて本体とイヤホンさえあれば使えるEWI4000sってので練習をしていたのですが
デジタルの音にちょっと疲れてしまいまして。。。
もっと優しくアナログで行きたいなと
 
そこで昔から憧れというかとても素朴で優しい音色が好きだったオカリナを♪
 

いつも何度でも(オカリナ演奏)-Ran Ocarina

この方のオカリナの音色はとても澄んでいて心地よく

理想の音色っていう感じです。

 

異邦人(オカリナ演奏)-Ran Ocarina

これだけ音に表情がつけられたらいいですよね~^^

結構前になりますが何もわからずアケタのオカリナを譲ってもらい早速練習!といきを吹き込んだら想像以上に高音でΣ(゚Д゚)

どうやら本体がソプラノ?ピッコロ?だったらしくオカリナ自体も小さいし指も押さえ難くて
思ってたのと違って難しすぎる!!ってなり一度眠りに。。。
 
その後アルトCっていう標準的なキー?サイズ?のオカリナも頂いたのですが結構音もデカくて恥ずかしいのでなかなか吹けず^^;
でも勿体無いからいい加減練習しようと相成りました
 
EWIもそうだったのですが管楽器の繊細な息遣いはド素人には難しいです。。。
タンギングはまだしもビブラートは口笛のようにはいかないのですね^^;;;
高校時代吹奏楽部でパーカッションだった自分に前の人達はこんなに難しい事をしてるんだぞ!って教えてやりたいです
 
人前でふけるようになるにはまだまだ時間がかかりそうですね(笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ど~も~

前回の写真に反響を頂きましてありがとうございます!

なんだかWarwickとログハウスが似合うようで(笑)

Warwickのハンスさんも1850年に作られたウッドハウスを持ってるよ!って教えてくれたのですが。。歴史が違いすぎますが^^;

木の温もりは癒されますね~

 

さてさてそんな中で以前StreamerLX ウェンジ vs オバンコール

ってやつを書いたのですが

他にも年代別とかで何か違いはありますか?と。。。

 

Warwick社員ではないので細かくはわかりません(笑)

 

が。。。なんかあるかなぁと色々比べて見てみました。。。

カタログなんかの正面からの写真やスペック表じゃわからない事。。。

自分の所有するwarwickはすべて9vの2バンドEQなのですがプリアンプは全部じゃないけど微妙に違うっぽい?

ただ自分には違いを説明できません(笑)

ブラックボックスになっててSS1のやつは可変の何かが付いてます(*_*;

他はですね。。。

StreamerLX と古い Streamer Stage1 ではボティーの厚みが違う(笑)

新しいStage1はちょっと分からないのでお持ちの方がいたら是非教えて下さい。。。

(※どうやら近年のStage1はうちのLXのように厚いようです。)

一応。。LXはストリーマーシリーズのボルトオンモデルの総称。Stage1と2はネックスルーモデルです

 

ちなみにLXの98年製と04年製のボディシェイプはほとんど一緒でしたが

92年製のStage1はぺちょんとつぶれてます(笑)

92年にはまだLXの前身ストリーマーボルトオンも無かった?あった?

まぁどちらにしろ自分は見たこともないので同年代で比較が出来ず申し訳ないです。。。

とりあえずこの写真で違うのがわかるかな?

左がStage1で右がLXですね^^

スペクターをぺと~んってつぶした感じでしょ?(笑)

短い方のホーンはこんな感じ

これも以前書きましたがワーウィックのストリーマーは

Spector NS-2のボティーシェイプを真似しているのですが

スペクターが全体的に丸みを帯びているのに対してワーウィックはレスポールのようにトップのアーチがスキーのジャンプ台みたいになっている箇所があるんです。

とくに98年製のLXはとても丁寧にくぼみが加工されています。

↓が98年製で白いのはスペクターですね^^

CA3F1593.jpgCA3F1589.jpg

あくまで手持ちの比較になってしまうのですが

丸いスペクターをぺちょんとぶしたのがStage1

NS-2のトップを数か所レスポール風に丁寧にくぼみを入れたのが98年製

そのくぼみを浅くしたのが04年製。。。

グリップも以前書いたので詳細は割愛しますが

一番細い98年製を気持ち幅広にしたのがStage1かな?

04年製みたいに明らかに分厚いわけではなく

握り比べないとわからない程度です^^

 

他のモデルだとこれも以前ちょこっと書いたのですがthumb bassだと年代なのかわかりませんが

97年製のbolt-onと91年製?のneck-throughはリアピックアップのスラントに結構な角度が付いています。

プロシリーズの12年製bolt-onは平行に近いですね。

写真は以前の記事から。。。

ざっくりではありますが

・90年前半まで

・中盤~98年まで?(トラスロッドが抜けて交換できるのはここまで)

・2000年位からのオバンコールネック期

・201?年~のウェンジネックに戻ってStage1もウェンジネックになった時期

 

他にもプリアンプや金属パーツの変更などマイナーチェンジは何度もありそうですが

比較的大き目な変更はここら辺を境にしているきがします。

個人的には特に98年までの交換出来るトラスロッドはでかかったです

中のちっこいネジが折れて効かなくなることもあるのですが秋葉原で一個数円で買えるのでそれが原因なら安く治せます♪

 と。。。他にも色々ありそうなのですが

ちょっと仕事の疲れがやばくて頭が全然働いていないので今日はここまで。。。

 

逆に最近のStage1のボティーは分厚いよ!とか

この年代のこれはここが違う!みたいなのがあったら是非教えてください^^

それではっ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

なんだか前回感じが悪かったのでとりあえず更新を^^;;;

 

手持ちのWarwickとSpectorをそれぞれ分けて並べてみました♪

miniワーウィックの3本を並べ忘れたことには後で気づきました。。。

 

まずはワーウィック!

左から

Fortress One (Fretless)

StreamerLX

StreamerLX

Thumb NT

Thumb BO

Thumb BO(旧Pro Series)

 

旧プロシリーズ以外はドイツ製だと思います。

詳細は以前のブログを参照してください。。。

偶然ですが左から右に行くにつれて音がカチコチになっていきますね(笑)

 

そんでもってスペクター

左から

ReBop4 DLX

EURO4LX

SSD NS-4CR

ReBop4

 

全部チェコ製のEuro Seriesですが真ん中から線対称に左が新しいモデルで右が古いモデルとなっています。

左2本はキルテットメイプルとフレイムメイプルトップアルダーバック&クラウンインレイ

右2本はメイプルとアルダーの単板&ドットインレイ

Spectorと言えばクラウンインレイ!それとフィギュアド
メイプルトップなので左側の2本はとても綺麗!ではあるのですが。。。

正直右側の2本の方がネックが細く弾きやすい&音も素晴らしいので好きだったりします^^;;;

 

そんな感じで?

今回はWarwickとSpectorに絞って紹介してみました。

最後に話だけで写真はアップしていなかった

Musicman USA S.U.B. X-02


ぱっと見はほぼStingRayなのですが

前にちょこっと書いた下のような感じで。。。

外壁のような塗装と外階段のようなアルミ縞板風ピックガード!

強そうでしょ?(笑)

一応本家と同じUSA製ではあるのですが唯一格好良いと思ったスティングレイタイプです。

 

それでは~

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

非情に失礼極まりなく不愉快なメッセージを頂いたのですが

会話が通じない方なのかこちらには理解ができないことが多く。。。

ってかわざとおちょくっているとしか思えないレベルですよほんと(笑)

とにかく話しにならないのでここに簡単に書いて終わりということにしたいと思います!

 

まず最初に「Spector EUROのボディが大きいのは嘘ですか?そもそも本当にReBopを持っているんですか?」というメッセに始まりですね(笑)

「グリップとかサイズとかモデルによってどれくらい違うの?」と。。。

俺がわざわざここで嘘を発信して誰が得をするのでしょう^^;;;

 

最近は自分で調べたり聞いたりしないくせに人には思い込みでケチをつけるなんて方が多いので

そんなの自分で見に行くかSpectorに直接聞けよ!!と言おうと思ったのですが

一応自分も気になったので直接Spector本社にメールして聞いてみたんですよ。

そしたらすぐ「モデルだけじゃなく年代でグリップもボティーシェイプも違うので一概には答えられない」というもっともな内容で返信が来たので

それをそのまま伝えたら

「年代のことは聞いていないのでモデルのことだけで答えてください」ですって。。?????

ん~塾の講師してた頃を思い出しました。。。

ただ小6の生徒でもこのくらいの国語は理解してくれていたような。。。

 

上記のような内容でやり取りが続くので

一応写真載せて書きますがこれ以上ここでお話をするのは無理と判断しました!

自分もSpectorに詳しいわけじゃないしあなたの言うことが理解できていないのかもしれないので

こんなところに聞きに来ないで楽器屋、代理店、本社などもっと詳しいところに行ってください!!

 

とりあえず疑われているようなので3本を並べた写真!(笑)

左:ReBop 中:SSD 右:EURO

もともと比較ように置いたのではないのでEUROだけスタンドが違いボティー1枚分くらい引っ込んで置いてあるからこの写真ではちょい難しいか。。。

サイズが違うことがわかりやすいブリッジ下の部分がにスケールを当てて撮影。

これでサイズが一緒とか言ったらもうお手上げです。

ついでに正面から(高さはEUROがノッポなので若干調整してます)

左が壁についた状態&ネックの右端がほとんど揃って写っているので右側もReBopとSSDを結んだ線の上にEUROがくるはずなのですが

右側がEUROだけ遠近法無視して飛び出しています。

本当は右端の出っ張ってるところだけを撮影したかったのですが

どうせ「左がそろってないんだろ」とかケチつけると思ったので

この動画を見ればホーンの形もくびれ方も何もかも微妙に違うものが混在するのがわかりますでしょう?

 

 

こんな感じで。。。

面倒くさいなぁ!!><

しばらくコメントやメッセージは封鎖しようと思います(笑)

それとネックのグリップ全部撮影して半分くらいまで調整できたのですがもうやめます

なんだかあほくさくなってきたからさ~。。。

それでは!!

いいね!した人

テーマ:

(※今日は下書きに入ってたちょっと前の記事を完成させてみました)

 

この曲かっこよくないか?って言われて隣で流してるの聴いてたんだけど

結構自分のツボな曲で「誰?」って聞いたらSCANDALと。。。

 

え!?うそこけ!

って何度も見返してしまいましたがSCANDALでした(笑)

HARUNAのボーカルどんだけ進化してるんだ!?とびっくり。。。

自分の中ではティモの歌声に押され気味だったのですが

ちょっと武器を増やして超えてきた感じがしますね^^

SCANDALっていうとこんな↓イメージでした

さらにこんな感じでライブ用のアレンジがぶっ飛んで楽しそうな曲まで。。。

女性ボーカルだとLiSAやDOLL$BOXX(Gacharic Spin)、ポルカドットスティングレイ、安田レイ等々。。。色々期待して次を待ってるアーティストはいるのですが

なかなか想像を超えてくるのは難しい中で期待を裏切らない感じはホントすごいです。

一時期の木村カエラやCoccoのような曲によってバンバンイメージが変わる柔軟さを感じて本当に楽しいです。

 

これは凄いよ!ってアーティストがいたら是非教えてください^^

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。