皆さま ごきげんよう

お正月が開けた途端、 芸能界から 大スクープが!

毎週愛読している週刊文春が、 “スキャンダル処女”と
称されている ベッキーさんと、 昨年の紅白にも 初出場を
果たした 人気急上昇の「ゲスの極み乙女」のボーカル・
川谷絵音さんの “禁断愛”の記事を 掲載。
文春の発売日に先駆けて行われた ベッキーさんの
謝罪会見を ご覧になった方も 多いことでしょう。
今まで スキャンダルのなかった ベッキーさんが恋した
お相手がなんと 妻帯者だったとは 世間は ショックでしょう。
しかし 更にショックだったのは ベッキーさん自身の筈。
川谷さんは アマチュア時代からの女性と 昨年夏に
結婚なさったばかりと 彼から知らされた時は すでに
彼一筋に 夢中になってしまって 恋した後のこと。
始めから知らされていたら、 自制心は 働いていたでしょう。

もともと 川谷さんのバンド、 「ゲスの極み乙女」の大ファンだった
ベッキーさんが 10月21日に 渋谷であった ファンクラブ限定イベントを
きっかけに 連絡を取るようになり、 より親しくなるのに 時間が
かからなかったようです。 短期間に急速に 愛が深まっていくなか、
“既婚者”と告げずに 交際を続けた川谷さん、 軽率な行動どころか、
ちょっと罪ですね。 この時点であれば、 ベッキーさんも
引き返すことが 出来たのではないかと思います。 
しかし 記事を読む限り お2人は相思相愛、 彼は 離婚を考え、
ベッキーさんと 結ばれることを願って 進んでいたよう。
邪しまな 略奪愛が 往々にしてある中で、 ベッキーさんの場合
「純愛」と 私は 見ています。

私が不思議に思ったのは、 記事の中に 掲載されたいた
お2人の間で交わされた “LINE”の メッセージと写真。 
文春は 川谷さんの将来を憂う 音楽関係者から入手したことを
明記していますが、 これは嘘! 本当に彼の将来を憂う人なら、
文春にたれこみ、 彼の将来どころか ベッキーさんの これまでの
キャリアや 未来を破壊してしまうようなことはしないでしょう。
お2人に最も近い 誰かが怒り狂って 復讐(?)を遂げたのでは
ないでしょうか。 この人は 彼を憂うばかり(?)に お2人の
LINEでの交換メッセージを 週刊誌に “売った” のですか(笑)
これが 彼を思う行動なのでしょうか!
犯罪にはならないとしても あまりに モラルに反する事で、 
私には 到底理解しかねるやり方です。。。 
ベッキーさんの謝罪会見、 皆さまに誠意は届きましたでしょうか。
元気で クリーンなイメージのベッキーさんの不倫騒動、
新年の幕開けと共に スクープ合戦の火蓋が 切って落とされました。

ベッキーさん、 私はあなたの味方。 こうなった以上、 堂々と
純愛を貫きなさい! 軽率だった 川谷さん、 責任を感じて
サッサと “卒論”を出し、 「愛の勝利」 を遂げて下さい!
お2人にとっては これからが正念場。
堂々と 晴れて 結ばれるお二人の姿を 願っています!

With love, Dewi
AD

コメント(117)