皆さま ごきげんよう

今、国会で安倍首相政権が通過させた安全保障関連法案が
問題となっています。
野党がいろいろと反対し、 やれ 違憲だ、 国民の声に反するなど、
巷では 戦争反対と デモ行進があり、 大変な騒ぎとなっています。
でも、 日本の皆さん、 冷静になって考えてみましょう。
私は、 国会の討論を見るたびに 腹立たしい思いがします。
一部、 野党の人々は、 ど田舎っぺ、 どナイーブなのかと思います。
特に、 辻本清美議員。 この人は政治家にもかかわらず、 
国会において、NHKにハッキリ映る角度から、 粗末な日本語と
下品な態度で、 ヒーロー気取りで 泣き叫んでいますが、 
この人の姿を国会で見ると、日本が三流国家と見られて
しまうのではないかと 心配してしまいます。
英雄気取りで 泣き叫ぶ姿は、 吐き気をもよおします。

集団的自衛権の 限定的な行使容認を含む 安全保障関連法案が
違憲か、 合憲か問題になっているようですが、 そもそも
憲法 第9条は 変えられるべきものではないのでしょうか。
憲法は、 時代の流れの中で、 しかるべき 時代に合ったものに
変えられてよいものではないでしょうか。

それに どうしてこの法案の件で 直、 戦争に結びつけるのでしょうか。
誰でも、 戦争は反対です。
先の戦争に どうして 日本は 突入しなければならなかったのか。
あまりに多くの日本人は知らず、 只々 戦争反対といっています。
相手を殺さなければ 自分が殺される、 こんなことが あっては
なりません。 私も 戦争は 絶対反対です!
安倍首相の “安保問題”に、 なぜ、 人々は直、 戦争と結びつける
のでしょうか。
国民の声、 国民の声と言いますが、 国民に何がわかるのでしょうか。
ほとんどの国民は、 自分達の 生活範囲内でしかものを
考えられないと思います。
なぜなら、 日本や世界のトップにいる政治家のように、 情報が
豊富でなく、 また、 日本がどんな立場に置かれているか、 
日本がどうあらねばならないかを 判らないでいると思います。 
世界情勢に余りに疎い。
今、 日本の国民のうち、 何%の人が新聞をとっているでしょうか。
せいぜい、 テレビニュースか、 インターネットでしょう。

今、 南、東シナ海で 何が 起こっているでしょう。
野党の一部議員の方達は、 日本が 中国とロシアの脅威に
さらされているのが わからないのでしょうか。 
中近東では、 “イスラム国”が、 猛威を振るっています。
“安保問題”に がむしゃらに反対している 野党の人々は、 
日本をどうやって 守る気でしょうか!
野党の一部の人達は、 「井の中の蛙、 大海を知らず」 です。
この方達は 素人政治家。 アマチュア集団としか思えません。  
この方達には 「危機」の感覚が 無いのでしょうか。
私は、 本当に日本の未来を案じます。

中国の脅威は、 恐ろしいです。
 

南シナ海の埋め立てを強行する中国、  いつか軍事基地となる?
滑走路が 見えます。
 



公開された東シナ海のガス田開発をめぐる、 中国が
日中中間線の中国側海域に建設している新たな海洋
プラットフォームの航空写真。 
首相は、 東シナ海では中国公船が領海侵入を繰り返し、
南シナ海では埋め立てや施設建設を一方的に強行して
いる」と述べ、法案の前提である安全保障環境の変化を
指摘しています。

今年に入って 小笠原諸島に219隻の中国船が押し寄せ、
珊瑚を盗っていきました。 自衛隊は 只 手ぐすねひいて
見ていただけでした。 憲法 9条の改正は 必要です。

戦争は 皆 反対です。 でも、 攻撃されたらどうするのでしょう。 
国軍が無い国は、 ないでしょう。 スキがあれば 攻めてきます。
スイスは、 永世中立国です。 でも、どれだけの武装をしていると  
思いますか。 それが、 抑止力となっているのです。
日本は、中国と立ち向かえるほど 力があるでしょうか。
弱味を見せたら、 付け込んでくるのは当たり前。
チベットと ウイグルの例を見ても、 一目瞭然です。
中国大陸は、 あんな広大な土地を持っているにも
かかわらず、 外国人には 一㎡も 売りません。
日本は、 誰にでも売っています。
沖縄の土地、 資源の豊富な北海道、 富士山麓の土地、 
都心の土地などでも、 中国(人)が買っています。
そして、 日本は、 どんどん少子化となり、 人口が減っています。

野党は、 いったい、 どうやって日本を守る気でしょうか。
世界情勢を見たら、 反対できる筈がないのではないでしょうか。
世界で何が起きているか、 情勢を分析すべきです。
スイスには、 武器、 核シェルターが各家庭にあります。
韓国にも、 徴兵制度があります。
北朝鮮が 核を持って、 何が悪いのでしょう。
自分の国を守るための抑止力です。
世界中の どの国も、核を持つことを 禁止すればよいのです。
ある一定の国々だけが 持ってよいと アメリカが決めるのは
おかしい話です。

アメリカ式の民主主義は、 全てに正しいとは限りません。
人々は、 あおられやすく、 影響されやすいのです。
ある層の方々と そうでない方々とは、 一票の重みが違うのです。

大阪では、 ただの ノリで 横山ノックさんが 知事に選ばれました。
大阪の人々がよく判っていれば、 橋本徹市長の「都」構想が
良いに決まっているにもかかわらず、 都構想は駄目になりました。
大阪府と、 大阪市は利権争い。 
市民は 大阪市がなくなってしまうという 勘違いの恐れから、 
反対したのです。 24区が25区になるだけなのに・・・。

国民の声、 国民の声といいますが、 安倍首相が提唱している
ことが通らなくなったら、 日本がダメになってしまうと、 
私は危惧します。 全てに精通していない 感情だけの
国民の声は、国にとって逆に危険です。

私は、安倍政権を支持します。 が、反対することもあります。
北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の人々は、 日本と
日本人が好きです。 拉致事件は、 あってはならないし、
許されないことだとは思いますが、 日本が 戦争中に
行ったことを考えたら、 その比ではないでしょう。

拉致被害者のご家族の方々に、 伏してお願いしたい。
日本と北朝鮮両国の為にも、 諦めていただけないでしょうか。
70年も経って、 国交正常化がされていないのは、 悲しいことです。
2002年9月17日に 国交正常化に向けて、 小泉純一郎内閣総理大臣と
国家元首であった金正日総書記が 「日朝平壌宣言」に著名したの
ですから、 安倍政権は実行すべきです。

この両国が、 永遠に解決しそうにない 拉致事件の為に、
国交正常化が実行されないのは、 日本にとって 恥ずべきことです。
両国の 友好と繁栄の為に、 心を鬼にして お願いしたい。
諦めていただけないでしょうか。
日本において、何の罪もない方が 無残に殺されたり、 事故に
遭遇したり、 様々な 残忍極まる ひどい事件に巻き込まれて、
命を失う方も 少なくありません。 
酷な言い方かもしれませんが、 それを考えたら 無念であっても
諦めもつくのではないでしょうか。
少なくとも、 拉致された方々は、 丁重に扱われていると
聞いています。 横田ご夫妻は、 めぐみさんが生きていると
思っているから 苦しみが続き諦められないのではないでしょうか。 
なぜ、お嬢さんの、キム・ ウンギョンさんと、夫のキム・ヨンナム氏が、
(母と妻)は すでに亡くなったと言っているのに、信じられないのは、
なぜでしょうか。
遺骨の件も、 3人もの大学教授が調べ、 二人の方は判別不可能
といい、 もう1人の方は、 他の人の骨が混じっている(墓地が
洪水にあったため)と言いましたが、 違うとは言っておらず、 
偽の遺骨と 断定していないのです。 
しかも 金日成総書記は、 拉致を認め 正式に謝罪したのです。

北朝鮮の人々は、韓国の人々と違い、日本に恨み辛みを持って
いませんし、 それどころか、日本と日本人が 大好きです。
70年もたった今も、慰安婦のことなど ガタガタ言う韓国とは、違います。
韓国とは、戦争賠償金を払った時、これらの問題も含まれ、
既に解決済みのはずです。
政治の犠牲者となっている 北朝鮮の方々が気の毒です。
安倍政権の北朝鮮に対する、非人道的な迫害、制裁・弾圧は、
理不尽だと思います。
国交正常化が実行され、北朝鮮が豊かになり、潤えば、
現在の体制も変わり、 日本にとって アジアで 「最大の友」と
なるかもしれません。

アメリカは 韓国の肩を持ち、 北朝鮮を 目の敵にしていますが、
過去の歴史を考えれば、 不公平です。
アメリカは、 イラクのフセイン大統領が、 大量破壊兵器を
持っていると攻め、フセイン大統領は 絞首刑になりました。
その後のイラクは、 どうなったでしょう。
内乱続きで、 “イスラム国”が うまれてしまいました。

この続きは、ジャカルタから帰国してから 書こうと思います。
今から、私はジャカルタに向かいます。
それでは!

AD

コメント(42)