2015年01月29日 20時38分49秒

大それたことをした 湯川さんと 後藤記者

テーマ:ブログ
無法 過激組織 「イスラム国」に 拘束されている 後藤健二さんの

解放に関する ニュースが 次々と流れています。

人命が何より 大事、 後藤さんを救出しようと

「I am Kenji」と掲げた写真を 交流サイトに 投稿する動きが

世界に広がっています。

私も 一刻も早く 後藤さんが 解放されることを祈っています。



しかし、 皆さん 冷静に 考えてみて下さい。

安倍首相が 17日、 (日本は 財政困難であり、

救済すべき事項が 山積にもかかわらず)

難民救済に 2億ドル(236億円)の

供与を 表明したことが 火種となり 「イスラム国」が
 
二人の日本人人質の身代金を 要求してきたのです。

とはいえ、 そもそも 殺害されたと言われている 湯川遥菜さんと

後藤健二さんが イスラム国に 捕まっていなければ

こんなことは起きなかったのです。

日本政府は 過去 再三に渡って 危険地域に近づくなと

警告をしてきました。

湯川さんは不心得にも 武器を売って 利益を得ようと

危険極まる シリアへ 足を踏み入れたのです。

後藤さんは 奥さんが 出産するというのに

湯川さんを助けに 行ったのです。

しかも 「自分の身に 何か起きても シリアの人を

責めないで、 自己責任をとる」という

メッセージまで 残しています。

ジャーナリストの後藤さんは、 これまで 悲惨な戦場の 模様や

犠牲となった子供たちの様子を 世界に知らせることに

懸命に 命がけの仕事をなさっていて、 素晴らしいことだと

思います。 が 、 湯川さんを救うことに どれだけの

意義が あったでしょうか?

生まれた赤ちゃんは 当然 父を必要としています。



イスラム国は 後藤さんと ヨルダンに収監されている

サジダ・リシャウィ死刑囚との 交換を要求しています。

この女性は 2005年 ヨルダンの首都アンマンの

ホテルで 連続 自爆テロに関与、 50人以上が

亡くなっているのですが 本人は 自爆に失敗、

ヨルダンに 死刑囚として 収監されているのです。

有志連合の アメリカ軍と共に イスラム国と戦っている

ヨルダン軍の パイロット、 モアズ・カサペス中尉は

エリート中のエリート、 しかも ヨルダンの有力部族の息子さん。

イスラム国に 捕らえられているわけですが、

ヨルダン国にしてみれば 自国の捕虜を救出したいに

決まっていますし、優先するのが 心情です。

日本の記者を助けて、 自国の勇士を 死に至りしめたら、

革命が起きるかもしれません。 

ヨルダン国王は 窮地に陥ってしまいます。



たびたび  後藤さんのお母様が マスコミに

登場していますが、 私は腑に落ちません。

苗字が違うのは 事情があるのでしょうが

2週間も前に 孫が生まれたことも、 再婚していたことすら

知らなかった 生みの母親。

自分の息子が 日本や、 ヨルダン、 関係諸国に

大・大・大・大迷惑をかけていることを

棚にあげ、 ひたすら 安倍首相に 「あと 24時間しか

ありません。 助けて下さい。」 と

訴えているのは、 どうかと思います。

ひたすら、 地にひれ伏して、

謝るべきではないでしょうか。

それからです、 母として 安否を願うのは・・・。

皆さんも、 センチメンタルに 浸っているだけではなく、

事件の真髄を 知るべきです。



私は 1970年6月、  3才3ヶ月になった娘のカリナを

連れて、 パリから スカルノ大統領の 死の床に

殺される事を 覚悟で 馳せ参じました。

その時、只 ひとつのことを 神に祈りました。 

「もし 私が銃弾に倒れることがあったら、

どうか 数秒でもいい、 カリナの命を 我が手で

絶つ力を与えて下さい」と 願ったのです。

カリナが 敵の手におちることなど

考えられなかったからです。

不謹慎ではありますが、後藤さんに話すことが出来たら
 
いっそ 自決してほしいと 言いたい。

私が 彼の母親だったら そう 言います。

我が子を 英雄にする為にも ・・・



湯川さんと 後藤さん、 この二人の日本人の為、

ヨルダンを巻き込み、 世界までも 巻き込んだ

イスラム国との人質 交換 解放 大事件!!

イスラム国は 日本の国民 感情を 利用し、

アメリカ同盟国 ヨルダンに ゆさぶりをかけているのです。

冷静に 考えたら この二人が 私情で どれだけ 国家と 国民に

迷惑をかけたか、 それを知るべきではないでしょうか?

交換条件である 死刑囚を釈放することになり、

カサペス中尉が 無事でなかったら、

それは 大変な罪なことだと思います。

イスラム国のデマンドの時間は あと 3時間後、

日本時間 今夜 11時半です。



皆さん どう思われますか?
AD
いいね!した人  |  コメント(860)  |  リブログ(0)
デヴィ夫人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

860 ■無題

デヴィ夫人のおっしゃる通りです。
入国禁止と言われているので入ったら、その時点でもう見放すべきだと思います。
ですが一番悪いのはイスラム国。
一刻も早く平和になってほしい
ただ願うのみです。
そして、2人のご冥福をお祈りします。

859 ■禁を犯すなら国籍捨てろ!!!

これから、危険地帯へ、「渡航禁止」を犯して行くならば、『日本国籍』を捨ててからにしてほしい!
64279そしたら、国の方から助ける義務は生じませんから、ムダな税金の投入を避けられます。

858 ■その通りです

おっしゃること、全くその通りだと思います。

ニュースの報じ方や週刊誌など、マスコミの取り上げ方はジャーナリストという自分たちの身内びいきみたいな記事ばかりで全く事態を冷静に見ていないものが多いと思います。

だいたい責任を取るという言葉を残していながら、自己責任の意味が本当には分かってないと思います。

「朝まで生テレビ」に、わりと状況を冷静に見ているジャーナリストが出演していましたが、でもその人すら自己責任はあると言いながらも、誘拐されて国に迷惑かけやがってというのは違う、それなら老人やニートだって自己責任を問われなきゃいけなくなるなどという愚かな屁理屈を言ってて、せっかく優秀そうな人なのにすごく残念でした。

老人やニートは自主的に迷惑かけようとしてるわけじゃなく、やむを得ない事情や部分があるとまだ思いますが、危険な地域に乗り込むか否かなんて自分で選択出来ることであって、言わばジャーナリストの勝手なのにあまりにも愚かな屁理屈で誤魔化してるのには辟易しました。

夫人のように当たり前のことを堂々と発言されることは素晴らしいことであり、身内びいきの偏向記事ばかり書くマスコミはもはや犯罪的だと思いますね。

857 ■大賛成です。

私も、事件発生後憤慨していました。
全く同じ意見です。
あの二人の為に、多額の税金が使われました。
又、ヨルダンの方々に多大なご迷惑をかけました。国からの渡航禁止要請にも関わらず、自ら行ったのですから自己責任です。
今回の国の費用を、東日本大震災の被災者の方々に使ったほうが有益です。
きれい事ばかりだったので、スッキリしました。
ありがとうございました。

856 ■無題


デヴィ夫人の言っていることは
間違ってないと思います。

命懸けで世界の戦争状況を私達に
伝えてくれる後藤さんと湯川さんを
誇りに思っています。

後藤さんたちがいてくれるから
知れる情報もたくさんあるので
本当に感謝しています。ありがとう。

855 ■無題

その通り、正論です。

854 ■違和感

私もずっとモヤモヤしていたので夫人がズバリ言ってくださりスッキリしました。ここ数日で後藤さんの著書が爆発的に売れだしたという事らしいのですが、中東の情勢を理解し危機感を持つ前に何故そんな方向へ走ってしまうのか平和ボケした日本人にも呆れてしまいます。大人は自己責任で生きていくもの、むしろそれ以外に何があるのかと聞きたいくらいです。まずは今回の件を、しっかりと考え受け止め理解しなければメディアに踊らされる都合のいい消費者でしかありません。このような事が起きてもまだ客観的にしか捉えていない人が多くて、まだ日本人の中では他人事なんだなと感じました。だから怖いです、もっとみんなが危機感をもって中東の動きに敏感になってほしいです。そして何より行くなと言われた場所には行くべきではないです。

853 ■初めて読みました。

失礼な言い方かもしれませんが、
デヴィ夫人かっこいいです!!

恥ずかしながら、私はあまり政治の事は分かりません。
今回の事件もニュースをちらっと見たくらいで詳しい事はほとんど分かりません。

ただ助かって欲しいな。って。
それだけでした。

でも夫人は客観的に見てるというか。
もっと冷静に判断されているんだな。
と感じました。

経験の違いを感じます。
素敵です。
こんな大人になりたいです。

852 ■これぞ日本人

まずはお二人のご冥福を祈ります。亡くなった方をとやかく言うのは気が進みませんが、これから日本という国が強くあるために、夫人のような強い意志を持った人間が増える事を願っています。
支援がまずかった→見て見ぬふり、国際社会から孤立するのは良くない。貢献できる所がそういった所にある
身代金を払うべきだった→テロリストの言いなり、日本人が良い金づるとの認識になってしまう
この小さい孤島で発展し生きてきた日本人は日本人として侍のような誇りを持つべきです。もし私が拉致され人質になった時には潔く死にます。

851 ■ISIL

デヴィ夫人最高。全く同感。マスコミはおかしな平和主義。もっともっと発言してほしい。

850 ■齋藤レイラさんに同感

コメントされていたように、私も安倍総理の中東訪問での演説は、もっともっと、慎重にすべきだったと思います!
勿論、紛争で苦しんでいる方達への人道支援はすべきです。
が、あの国旗の前でしかもイスラム国と敵対してる国への支援と言うような軽はずみな言い方は避けるべきではなかったのでしょうか!
あの演説によって、私達日本国民はテロの標的にされました。
安倍さんの事は、支持してますしずっと応援してますが、あの言動、行動は中東の複雑な歴史を考えると、疑問です。

849 ■同感です

初めてコメントします。

未だに複雑な思いでいます。
湯川さんに関してはみなさんご存じの通り問題外の人ですし、そして以前にも拘束されたことのあった湯川さんを再び救う為に結果自らの命をも奪われることになってしまった後藤さん。

幼い娘さんと赤ちゃんもいるというのに、守る相手が違うでしょと言いたい。

テロリストの声明文を読み上げ言いなりになったり、メールだか電話だか知らないが、奥様宛にも身代金の一報が入ったとなると、テロリストに家族の個人情報まで教えてしまっているんですよね・・・
自己責任とやらは口だけ・・・

それならば、我々一般人と同じ

であれば、なぜ禁止地域へ行ったのだ?

拷問を受けたのでしょう、爪が剥がされていたり
顔もやつれ、後藤さんの最後の表情がなんとも忘れられません。

それはいつの日か娘さんたちが見るかも知れないのです。

テロリストに拘束された自己責任なんて誰ひとり
とれるわけがありません。

行くべきではないのです。

どこにいても日本人を見つけ次第殺すなどという恐ろしい引き金のきっかけを作った2人。

みんなに心配をかけ、国益を使わせ、助けて下さいの前に皆さんに言うべき言葉は出ないまま
挙句には反原発とこの場において何を言うやら・・・

ある番組で、ジャーナリストの男性が
後藤さんが殺害されたからといって戦地へ行くのを止めることはしないと言っていたが
自己責任なんてとれないでしょう。
また、家族で泣きながら助けて下さいという切ない場面は見たくないので止めて欲しい。

未だに胸が締めつけられる思いです。

顔も知らない、なんの恨みもない人間に対し
あんな残酷なことができる人たちなんです。

亡骸も返してもらえるのやら・・・

渡航禁止地域とかではなく、禁止地域に行った者は生死関係なく日本から除籍にする位の法律改正すべきかも知れません。

848 ■悲しい出来事

理由はどうあれ、ただただ生きて帰って欲しかったです。

847 ■無題

目を閉じてじっと我慢。
怒ったら怒鳴ったら、終わり。
それは祈りに近い。
憎むは人の業にあらず。裁きは神の領域。
そう教えてくれたのはアラブの兄弟たちだった。


私もじっと我慢しています。

846 ■無題

完全に同意です。想像力と危機意識が欠如した人々が多いと思います。

845 ■全く同感です

心に思っていたことをデビ夫人がお伝えして頂きました。
その通りだと思います。
胸のつっかえの様なものが、取れた気がします。
ありがとうございました。

844 ■デヴィ夫人のファンになりました。

はじめまして。
私は早期退職して夫とのんびり第二の人生過ごしているものです。
こうしてのんびり過ごすことができるのも日本という立派な国で
生まれてきたおかげだと思っています。

デヴィ夫人のご意見、その通り、みんなそう思っていてもなかなか口に出して言えませんが、
一国の大統領夫人でいらっしゃったデヴィ夫人だからこそ言えるお言葉です!

ネットサーフィンしていてやっとその通り!と思うご意見に
めぐり逢いました。

今日からこちらの読者にさせていただきます。
デヴィ夫人これからも正論バリバリ頑張ってくださいね。

843 ■今後も勇気ある発言を期待します。

夫人は、はっきりとご自分の意見を発言される貴重な存在だとおもいます。

今回の件も後藤さんは、3回も渡航を止められていたのに行ったことの責任は重大です。
 (ご冥福はお祈りします。)
ジャーナリストの中には行ったことを擁護する発言をしている人もいましたが、その結果がどうでしょうか?

取材の自由も大切かもしれませんが、日本国民全体を敵視される結果になった責任はどう考えるのでしょうか?

最近は後藤さんの行動を正当化するかのような風潮が増しているのでおかしいと思いコメントしました。

842 ■国益と国民の命...

後藤さんが自己責任でシリア入りしたのは当然のこと。身代金も払うべきではなかったでしょう。
しかし同時に、国民が危機に陥った時、これを助けるのは「国民主権である日本」の政府として、これもまた当然のことなのです。
後藤さんの意志にかかわらず、まともな国ならば、国民の命を救うのは最優先事項です。
迷惑をかけるなと「被害者」を非難する人たちは、国民主権を放棄していることになります。言うまでもなく、それは自分にはね返ってくることです。
イラクの時など、解放され帰ってきた人質を皆が歓声で出迎えた、あの西洋の例を知ってください。
なぜそういうことになるか。
国も国民も皆、同朋の命を守ることが最重要と考えているからです。人としても当然の感情だからです。
このような全世界的な問題を、ご近所迷惑的なレベルで述べるべきではありません。
戦前の日本のことを、どうぞ今一度考えてください。
全体(国)のために個人の命が軽んじられた、あの頃のことを。

841 ■全くもって同感です

デヴィ婦人のコメントの他に何かありましょうか。

日本人もそろそろ目を覚まし、テロとの戦いに備えなければならないと思います。

840 ■同感です!!

自分が考えていたことと、全く同じ考えの方がいて、しかも発信してくださって嬉しいです。
思っていてもなかなか言えない発言、夫人さすがです。
色々な逆風があるかもしれませんが、これからも応援しています。

839 ■その通りだと思います。

私も最初の報道をみた時からずっと同じことを思っていました。
こいゆう意見を言ってくれる人が今後いないとまた同じことが起きると思います。

838 ■無題

デヴィ夫人様のおっしゃる通りかと思います。
なぜ危険な地域に行ったのかもキチンと報道してもらいたいです。

837 ■これからも素敵な発信してください。

デヴィさんのブログー今回のイスラムの事件の記事で始めて拝見しました。うなずくこと多しです。

相変わらずのマスコミ報道(後藤さんの美化)には憤りさえ感じますから。

836 ■無題

デヴィ夫人様のお考え、その通りです
本当に、その通りです…

835 ■麻さんにも賛同

婦人のお考えに賛同いたします、そして、コメントされておられた麻さまの御不安も御察しいたします。今回のような事案が、簡単に解決するはずもなく、先ずは、軽はずみな行動を謹むべきなのでしょう。マザーテレサがおっしゃってました(世界の平和を願うなら、まずは家族を愛しなさい)

834 ■今回は・・

まったくもって
デヴィ夫人に賛同です。
でも・・
誰も、ニュースもこうゆう風には
ふれてませんよね・・

833 ■Re:無題

他国の大変な思いをされている方々がいるのはわかりますが、ジャーナリストの方が行ったからと変えることはできないと思います。御自分の家族を大事にしてほしかったな。私は主人が自衛官なので、とても不安です。

832 ■無題

同感です。

夫人、後藤さんの妻の「夫を誇りに思う」といくコメントどうお考えでしょうか。

私は、その前にもっと言うことがあると思う。悲しいのは当然。でも…夫の軽率な行動、そして今そのせいで日本国民が恐怖で震えていること。謝るべきではないか?
最初のコメントで、心静かな生活を送っていきたいのでご配慮を…って言うわりにはまたコメントを出して。同情できない。
湯川さんのお父様のお気持ちはすごく伝わってきました。

お二人のご冥福をお祈り致します。

831 ■同感

亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

まさに、夫人と同感です。
気持ちがいいくらいに、同じ考えのことをズバッと書いてらっしゃるので
つい、コメントしたくなりました。

そして、起こってしまったことは
もうどうすることも出来ませんが、これからが凄く不安になってます。
日本の平和、世界の平和を祈るばかりです。

830 ■夫人に感謝致します。

夫人に感謝致します。
この場を借りて私も、今回のニュースは、居た堪れない思いで一杯でありました。

私は、長年中東で働いていたものです。

今回の悲劇を招いてしまったのも、渡航禁止地区に入り込んでしまった個人ジャーナリストが、いかに自分のする行動により、より多くの人々にも今後大きな影響を与え迷惑をかけることに繋がる、被害者がでることを、全く考えてなかったからと言わざる終えないです。

私の駐在中、イラク戦争がありました。
そんな最中、日本の某テレビ局から、現地で生活している日本人を是非紹介して欲しい。と依頼を受けたことがありましたが、あまりにも野次馬的な発想であり、大変不快な思いでした。

一部のイスラム国が、なぜ反米意識を持ち、今日も紛争が耐えないのは、長い歴史、またその現地での多くの被害者の方々がおられる。

ジャーナリストなら、なおさらのこと今後自分が
する安易な行動により、特に入国禁止地区に行く事により、多大な迷惑をかけることが何故分からなかったのか?


スカルノ夫人だからそこ、東南アジア等の貧困をもご存知であることです。

私もカンボジアで路上で暮らしている子供達と出会いました。日々子供達は、単にプリントしただけの本をUS$3ぐらいで、旅行者に売っていました。その様子を見て、私は近くのユニセフの学校へ子供達が行くように、その親御さんに勧めたのですが、きっぱり、この生活で幸せだから学校はいらない。と断れたことがありました。

その時、私は、自分の考えがどれだけ傲慢であったかを学びました。

私たちはマインドが、ウエストナイズされ、勉学や豊かな生活が幸せだと思い込んでいる節がありますが、

実際の家族が貧困であっても、それで幸せであれば何も不自由はないのだということを改めて感じたのです。

後藤さんがされてしまった行動は、世界平和というよりも、今後多くの方々への負担や、トラブルを招き入れてしまったように思います。

夫人ありがとうございました。


829 ■まさにその通りだと思います。

私も夫人と同感です。
2人の軽率な行動が日本人が標的の対象となるという大変な宣言までされてしまった事に繋がりました。
これでまた日本人が巻き込まれる何かが起れば大変です!
凄い課題を残してくれたのかも知れません。

828 ■自衛隊は関係ない

これで「海外派遣」てなったら
最悪です。
武器屋を助けにいく、っておかしいですよね。

827 ■まさにその通り

この問題には色々なご意見があると思いますが
私はデヴィ夫人のお考えに同感です。
デヴィ夫人、これからも発信をお願いします。

安倍晋三さんは国民を危険にさらし、
何を考えているのか。
怖いです。
日本人はお人好しなのかな?

826 ■夫人のとおり

お二人は外務省にも止められましたが自分達が行きたくて行ったみたいです。人に反対されたら止める素直さも大事だと思いました。それだけで終わりません
国民に本当にこれからの安全の不安を全員が感じさせられることになってしまいました
敵を本気にさせてしまいました
マスコミが言わないこと、夫人ありがとうございます
これから安全保障本当に考えていかないといけなくなりましたね
ある意味、政府も被害者です また税金が使われることになりますし余計な審議が増える
何人にも反対されたら意志を止める力が必要であること改めて実感しました

825 ■無題

今回の事、ご冥福お祈りいたします
可哀想なのは湯川さんのご家族 後藤さんへの責任も感じておられるお父さま心痛お察しいたします
お二人の行動責任の後ろにはたくさんの人がいることを改めて感じ、また自分自身も考えさせられます

824 ■独断と偏見

独断と偏見は必ずしも悪い物ではないと思います。私はアメリカ在住の者ですがおっしゃっていることは全て正しいと思います。仮に二人の捕虜がアメリカとか日本から拉致されて、と言うことであれば話は別ですが自ら望んで日本政府が危険であるから退避せよ、といっている地域に入ったのですがそれはその個人の責任でしょう。今回のこの二人の無謀な行いにより日本とヨルダン、トルコなどの中東の穏健派との関係が悪くならないよう祈っております。独断と偏見、ありがとうございました。

823 ■緊張感が半端ない

東京オリンピックでテロがないか怖い

822 ■訂正

先程のコメントで、あべ総理の漢字に誤りがありました。大変申し訳ありません。正しくは安倍総理です。

821 ■賛同です

この人質解放事件について、新聞、ネットの記載を読み漁ってました。

先ずは、湯川遥菜さん、後藤健二さん、ご冥福お祈り致します。

デビィ夫人のご意見、賛同致します。

テロリストは、日本を標的にすると言っているのです。
感傷に浸っている場合ではありません。
冷静に現実を把握しなければ。
そして、早急に対策を実施しなければ、更なる犠牲者が増えることでしょう。

820 ■私の疑問

安部総理がイスラエルで、イスラエルと日本国旗の前で語ったのは、イスラム国批判と周辺国への支援。問題はイスラエルという場所です。総理がイスラエルの旗の前で語ったこの時、日本の中東外交は大転換しました。安部総理のあの声明が、日本国と日本国民を世界に散らばるイスラム過激派の標的にしたのです。湯川氏と後藤氏のご不幸は、日本国民への見せしめだったと思います。なぜ安部総理はイスラエルで声明を出されたのでしょうか。安部総理の中東情勢 への理解の低さと危機管理意識の低さが問題にならないのは何故でしょう。

819 ■。

日本でテロがおきて
私の大切な家族や友達が
テロに巻き込まれたら
火種を作った人達を憎みます。

戦争で辛い経験をしたお婆ちゃんが
普段テレビとか新聞とか見ないで
大好きな畑仕事してるのに
ここ数日、畑に行かないで
ずっとこの事件のニュースを
不安そうな顔でずっと見てる
それだけでも、もう憎い。

818 ■夫人に同感です

まず自分の周りをきちんとして、家族も守った上での人助けだと思います。
生まれたばかりの子供や大切な家族を犠牲にしてまで意義のある行動でしょうか?
そこまで現地の人達は後藤さんに感謝してくれているのでしょうか?
亡くなられた方に厳しい言い方で申し訳ないですが、残されたご家族に対して無責任すぎると思います。

817 ■無題

デヴィ夫人の言葉に周りはいちいち反応しすぎです。
気になってデヴィ夫人のブログ読ませていただきましたが、真っ当なことが書かれていて、その通りだと思います。


日本人はなぜ周りを見ず、すぐ一部分だけをピックアップし、避難するのでしょうね。
すぐ揚げ足をとりたがる。
情けない限りです。

私はデヴィ夫人のおっしゃること支持します。

816 ■本当の有名人

メディアの情報だけしかわからないので本当の事はわかりかねますが、自己責任と言いますが、後藤さんの勇気、覚悟は、世界平和にとって素晴らしい貢献だと思います。お金で贅沢して、自分の利益しか考えていない人より、お金にならなくても、現地の子供たちを笑顔にして、平和に為るため、現地の本当の姿を提供してくれる人は本当の有名人にならないといけないと思います。後藤さんを始め殺害されたアメリカ人やイギリス人今も現地で活動している方、とても真似出来る行動出はありません。確かに政治家は、去年から後藤さんの件もわかっていながら600億も使い選挙も行い、高級車を乗りランチは5000円も使い、給料も月額20万も去年から上がり、不信感はいだねませんが、元々人気投票で受かるシステムじたい問題です。自分もそうですが、メディアだけの知識しか無いのに偉そうな事は言えませんが、メディアはバラエティーばっかりで芸能人お金持ちばっかり取り上げ、本当社会貢献している人を取り上げるべきかと思います。

815 ■無題

まあ、自己責任でしょうね。
覚悟していったのでしょうから、仕方が無い。

814 ■無題

まず、お二人の御冥福を心からお祈りいたします。今回の事案、どの部分にスポットを当てて…、皆様が、それぞれの社会的立場でどう考え感じるのか、で意見が多種多様にわかれると思いましたが、自己責任論が圧倒的に多数な事に少し私としては驚いています。11月は総選挙でしたし 今回の事を利用して世論の緊張感を煽り色々な事柄を一気に右よりに持っていきたい政府の意図が見え隠れ致しますので、今回の事案での、相手側との交渉等の政府の対応には不透明感が否めませんが。しかし 戦後から先人達が作り上げてきた経済大国日本、平和な日本、の形が現在の社会情勢に少なからずマッチしなくなってきているのも事実では無いでしょうか?と思います。戦争をする為にではなく、相手側から日本に(日本人に)戦争を仕掛けられない、そういう威力を発揮する仕組みに移行する時期に来ているのではないかと思います。日本人を誘拐などすれば日本から特殊部隊なり軍隊が即刻出動する…ような意識付を世界に発信する事で外国の日本企業や従事邦人を結果的守り、日本経済の為にもなると思うのですが。自衛隊はその事を理解した上で入隊し賃金を貰っているのですからそこに障害は無いと思うのですが。今回の事案でのお二人の死が今からの日本にとってより良い方向に向かう布石になればと願います。長々讒言失礼いたしました。

813 ■同感

今、世界中で1番危険とされる地域に踏み込むのであれば死ぬ気で行く位の覚悟で行くべきだったと思います。
本人のコメントでも「生きて帰ります。」と、言っていたけど覚悟が足りない!
命をもっと大切に考えるべきだったと思います。
あえて自ら危険な地に足を踏み入れる本当の覚悟!家族にもキチンと伝えるべきだったかと!
私も親の立場です。いい大人の行動に
あれよ!これよ!と、指図出来ないとは思いますが、私だったら「そんな危険な地域に行くのであれば帰っては来れない位の覚悟で行きなさい。」と言っていたと思います。
そしてもし拘束されてしまったのなら
「息子の責任です。これ以上迷惑はかけられません」と頭さげていたと思います。

みんな可哀想!可哀想とか言ってる場合じゃないと思う。
これで日本に対する目も厳しくなって
足を踏み入れてない人でも拉致され拘束される人も出て来る可能性もあるのですから。
デヴィ夫人の意見はごもっともです。

812 ■正義感難しい

良かれと思った事がかえってとんでもない事になる
今回学びました
気の毒ですが後藤さんも反対されてましたが、押し切っていかれたのですから政府の責任でもありません
また本人も話された通りです多額の税金賛成しますか
ちょっかいを出しに行ってしまったが、結局敵を本気にさせてしまいました
自分の身の守り方、自己責任もこれから考えないといけませんね

811 ■無題

夫人の意見に同感です。この事件のニュースを見るたびに違和感を感じていました。
夫人、ありがとう。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み