2014年09月01日 20時00分09秒

許せない 心ない人間の仕業

テーマ:ブログ
皆さま ごきげんよう

埼玉県で 7月 全盲の男性(パートナー)が連れていた

盲導犬「オスカー」が 電車内か駅周辺で 何者かに

刺され 怪我をしていたという事件がありました。

訓練された盲導犬は パートナーに危険を伝える時以外

吠えてはいけないため、 刺されても 鳴き声もあげず、

パートナーを しっかりと 職場まで 連れて行ったのでした。

職場到着後、 同僚が「オスカー」の怪我に気付き、

先端が鋭くとがったもので腰の辺りを2、3ヶ所

刺されていたのです。

後日、 フォークのようなものが 凶器と判明、

深さは 2㎝にも 達していたのです。

それも 意図的に 着ていたシャツをめくり上げて

刺したようです。 (シャツは 無傷でした。)

「オスカー」の 痛々しい傷の 写真です。

 



現在 「オスカー」は手当てを受け、回復、

元気にユーザーの方と暮らしているそうですが

こういう 心無い人間を 許せません 

男性(パートナー)は、 被害届を提出、 警察が 防犯カメラの

解析や 聞き込みなどの 捜査を始めました。

盲導犬といえども 動物を傷つけることは 犯罪です。

現在は ただ 「器物損壊」という容疑ですが、 これはあまりにも

悲しく、 法を改正して 〝動物虐待〟に 一刻も早く 歯止めを

かけていただきたいと思います。



悪質な事件は これが初めてではないのです。

最近10年間でも 顔を蹴られたり、 歩行中にしっぽを

引っ張られたりすることが 起きているのです。

10数年前に 盲導犬に たばこの火を 押し付けた 映画が

公開されると 香川県などで数件マネしたような被害が

出たのです。

福岡県の地下鉄内では 盲導犬の顔にペンで

落書きされたこともあったのです。

他にも 唾を引っかけられたり、 ガムを貼りつけられたりする

いたずら被害もあったり、 電車の中では 「邪魔だ」と

言われることも あるのだそうです。



目の不自由な方にとって 盲導犬は 身体の一部とも

言える働きをしているのです。 ペットとは 全く 違うのです。

生れて2ヶ月から1歳までの10ヶ月間、 〝パピー・ウォーカー〟と

いうボランティアの家庭で 普通の犬として 育てられ

そして 1歳を過ぎると 訓練センターで 訓練が始まるのです。

その期間は 約1年弱です。

そして 3回の試験に合格したら パートナーとなる

ユーザーと マッチング、 共同訓練が始まるのです。

4週間の訓練後、 いよいよ実戦の生活に入ります。

そこから 10歳前後になるまで 一人のユーザーの元で

働き、引退となるのです。

3歳位から 6年間盲導犬として 働くのです。

引退した盲導犬は 引退犬飼育ボランティアの家で

家族の一員として 新しい生活を楽しみ、第二の人生を

歩んだり、 「盲導犬の里 富士ハーネス」で

仲間たちと のんびり過ごすとされています。

(噂によれば 年老いた盲導犬を貰ってくれる里親は

なかなか見つからず、 用のなくなった犬とばかり

動物管理センターに預けられ、〝ドリーム・ボックス〟とは名ばかりの

ガス室に 送り込まれることも あるとか ・・・・・ )



私は そんな盲導犬制度に対して 強く 反対の気持ちを 持っております。

彼らは 本来の犬の ネイチャー通り 自由に飛び跳ねることも出来ず、
 
はしゃぎ遊ぶことも 出来ず、 吠えることも出来ず、 ただ黙々と

目の不自由な方に 仕えるのみ ・・・ それは 一種の〝虐待〟と

思っています。  可哀相過ぎます。 盲導犬にされた犬は

何と 不幸な 星の下に 生れたことか ・・・ 。

目の不自由な方は どうやって エサや 水をあげ

オシッコなどの 始末などを してあげることが

出来るのでしょうか

犬が大好きで 愛情深い人に預けられれば良いのですが

そうでない人に ぶつかると 犬は可哀相です。

犬を虐待死させる ユーザーもあると 聞いています。

まだ 災害救助犬や 麻薬発見犬の方が ラッキーです。

2012年8月13日の 私の 〝第5回 メルマガ〟に書いた

「アトム号」の 悲しい 悲しい物語を 読んで下さい。



目の不自由な方からすれば 「盲導犬」は 有難い

存在かもしれませんが、 白いステッキを 音が鳴るように

改造するとかして 「盲導犬」を 必要としないで済むように

出来ないものでしょうか



皆さま どう思われますか?
AD
いいね!した人  |  コメント(88)  |  リブログ(0)
デヴィ夫人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

88 ■私もずっとそうおもってました

健常者が言える立場ではないとは重々承知しておりますが、
これだけロボットやら、機械やら、たくさんあるのだし、
もっと、安全で永久的な補助器具など作成するのはだめなのでしょうか。。
なぜ犬でなければならないのか?というのを
いつも考えていました。
盲導犬育成にお金がかかる。運営が大変。
これにも疑問です。。
当たり前じゃないですか。。生き物なんですから。。。
機械では、だめなんですか?

命あるもの、物じゃないんです。
どうして、こんなにも人間のために犠牲を払わなくてはならないのでしょうか。
短い命。。
走れない、吠えられない、怪我しても、具合が悪くても
気づいてもらえない。。。
本当に可哀想でなりません。

87 ■同感です

私もずっとそう思っていました。
デヴィ夫人の勇気ある発言に賛同いたします!

86 ■デヴィ夫人様、ありがとうございます

デヴィ夫人が盲導犬制度に対して反対とのご意見を、ブログで発表しておられるとのことを聞き、急いで見ました。

涙が出てきました。

盲導犬制度には十年以上前から反対で、以前ネットで「盲導犬反対」などと検索しましたが、何も出てこず、落胆したのを覚えています。

デヴィ夫人のような社会的に影響力のある方に盲導犬制度反対の意見を述べて頂き本当にうれしいです。

盲導犬の一生を、もし人間がやれば奴隷です。(少し言葉が乱暴ですが・・・)
人間と犬とは違うかもしれませんが、犬にも感情があります。
人間が感情を抑えつけられて、命令通りに生きなければならないとしたら悲劇です。
それは、犬や動物にも当てはまることではないでしょうか。

少しでも、人間のせいで不幸になる犬や猫が減って行く事を願います。

また、アメリさんが書いておられたように、動物園も無くなってほしいです。

85 ■夫人に賛同

夫人の考えに感銘し、コメントさせていただきました。
今まで盲導犬は盲導犬としか考えておりませんでした。
つまり、盲導犬になってからは大変だけど、余生はのんびりと過ごせる立派な犬。としか思っていなかったのです。
夫人は盲導犬に対して、人間なら人権。
として、盲導犬の犬らしく生きる権利を訴えていらっしゃる。そのように私には伝わりました。
私の勘違いでしたら申し訳ございません。
もし、少しでも夫人の考えに近いことであるならば、
私も夫人のご意見に賛同です。
盲導犬という過酷な生き方を生まれつき持たされることは
正しいのか否か。
犬の尊厳は…
様々な思いが葛藤され、非常に切ない気持ちでいっぱいです。
それは、犬が会話できないからですよね。
けなげに、文句言わず生きている犬の誠実さ、謙虚さ。
人間が人間の都合で犬の人生を全て握っているという身勝手さがありながら
あえて、悪質に傷つける。
許せませんよね。
盲導犬のパートナーも自分のせいで…と、傷ついているでしょう。
それも、同じ仲間、人間として切ない悲しいことです。
パートナーは責任を感じていることでしょう。
人間だけでなく、文句言わない、言えない弱い犬に対してなんたる仕打ち。
そんなことをする人間がいるなら、
犬を犠牲にしてはいけませんよね。
私も犬に負担をかけるようなことになるなら、盲導犬は廃止にすべきだと思います。
人間の役に立っているにも関わらず
ひどい仕打ちをするなら廃止すべきだと思います。

84 ■無題

良くぞ言って下さいました。賛同しております。多くの方が同じ考えをされていると思います。今回の件がきっかけになりアイメイト、盲導犬の考え直すべきです。口が聞けない犬にたいしての虐待にしか思えません。愛犬家でしたら誰でも思うことです。平気でいられる方の多くは動物、犬を飼ったことがないから分からないのでないのでしょうか。愛があるなら絶対に考えるべきです。

83 ■盲導犬制度は虐待

盲導犬アトム君(トイレの時間も与えらえず垂れ流しで視覚障害者と歩く)を見て
怒りを覚えます。
今回のオスカーの傷を見ると
悔しくて辛くて絶対に許せない。
吠えることもせず、盲導犬として
仕事を果たしたオスカーは、人間以上です。
人の目の代わりになるのは犬ではなく、
人間しかいないのです。
犬を利用して盲導犬制度を作ったのは
人間がラクをするためです。
この最低な制度が
早急に無くならないうちは
人間も罰があたると思います。

82 ■仰る通りです。

デビィ夫人、仰る通りです。私も犬本来の【人間と暮らすという】気持ちを人間のご都合主義に犬をコントロールして盲導犬にするのは前々から疑問に思ってきました。確かに盲導犬は立派です。私自身や家族に目の悪い人がいたら盲導犬が欲しいと思うかもしれませんが・・・しかしながらこれだけ科学が進歩しているのでロボットなどを開発することは可能だと思います。賢いから人間に使われてしまう犬たちは可哀想でなりません。夫人の勇気ある発言ありがとう。

81 ■同じ気持ちです・・・。

こんにちは。
私も以前から盲導犬は可哀相だなと思っていました。
モチロン目の不自由な方にとっては必要不可欠な存在なのでしょうが・・・。

私の実家でも依然ゴールデンレトリバーを飼っていましたので、ワンコの賢さは十分に実感しています。

今回の卑劣な絶対に許せない犯人!!
テレビを見るたびに心がしめつけられ、涙が出ます。
それでも今だにきちんと仕事をこなしているオスカーくん・・・。
とっても複雑です。

80 ■盲導犬に、反対です。

盲導犬は、いらないと思います。

どうしても犬が必要な事なのか、
なにか他のやり方で対応出来ないかを
検討すべきです。

後、余談ですが私は動物園も反対です。

79 ■同感です!

今回の事件は、すごく悲しくて腹立たしくて涙が止まりませんでした!!
私も盲導犬制度は大反対です!
犬が働かされるのは、虐待と同じだと思います。働かされるご褒美にたくさん美味しい食べ物を与えられるわけではないですし。盲導犬を見るだけで、なんというか、
苦痛なのです。ほとんどの愛犬家は同じ気持ちじゃないでしょうか。

78 ■無題

絶対に許せない犯罪だと思います。
 犯人を早く捕まえてほしいし、もっと刑罰を重くしてほしい。

 動物の命は、ものではなく、人間同様に、大切な命です。人を癒してくれる、最高の存在です。
それなのに、犯人は、きっと人間の心が無い人なんでしょうね。 醜い魂なのでしょうが、許せません。
人として、最低です。
 
 動物を大切に出来ない人が、社会に出て、まともに生きていけるとは思えません。

77 ■無題

ほんとに、こんな酷い人が世の中にいるのかと
信じられません!
私は、視覚障害を持った方の、ガイドヘルパーをした経験があります。
とても、神経の使う仕事ですが、健康で、気配りができ、秘密を守れる方なら、講習を受け資格を取ることも出来ます。

それでなくても、多くの善意ある人達の、ちょっとした、手助けや、ボランティアでも、ずいぶん違うと思います。

日本は、障害を持った方々が住みよい環境には、ほど遠いと思います。
レストランや、公共施設、盲導犬を使わなくとも、
もっと皆が共存できる社会。

まず、根本から変えていかなくては、このような
卑劣な人間がこれからも出てくるのではないか
とても心配です。

76 ■無題

私もデヴィ夫人の考え方を応援します。
愛犬家です。我が家にも大型犬がいます。今回の事件は、絶対許せないことです。犬を家族として側に置くものとして
日頃から盲導犬について疑問に思うところがありましたが嫌な形で的中したことは残念です。再度、盲動犬について考えなおしてほしいです。
自分の気持ちを抑え傷つけられても抵抗も吠えることも出来ずに血を流していたオスカー君に涙しました。
改めて盲導犬について考えるべきです。

75 ■デヴィ様へ

盲導犬がガスで殺される!なんて人間は酷すぎます今回の事件も器物損壊って事ですが器物損壊って物同然の言い方で私には悲しすぎます

74 ■同じく・・・

盲導犬は立派だなぁーと募金したこともありますが
今回の事件がきっかけで、アトムのことを知ったこともあり
デヴィ夫人とほぼ同じ意見になりました。

犬って、人間が思っている以上に感情豊かです。
うちの保護犬は5ヶ月目位から、心を開いてくれたように感じます。

厳しい訓練をし、長い年月(自分のほぼ一生)をユーザーに仕え
老いて働けなくなったら、老後は施設などでのんびり?

本当にユーザーとの強い強い絆があるなら
老後だって、大好きな人とずっと一緒に居たいはずですよね・・・

最後まで面倒を見られない者、些細な変化に気が付けない者が
犬の能力(だけじゃなく、癒しや笑顔なども)を貰うことに
違和感を覚えます。

73 ■盲導犬反対!

私も断固反対です!
目の不自由な方の生活を支えるのは盲導犬ではなく、人が支えるべきです。
もちろん外出時も犬ではなく人が付き添うべきです。
国がきちんと制度を整えて、もっとガイドヘルパーさんや付き添いさんを毎日当たり前に使える様にして欲しいです。
どんなに痛めつけられても声も出してはいけないようにしつけるなんて虐待です!(涙)
同じ事を人間にしつける事を想像して欲しいです。
本当にひどい話です。

72 ■無題

私もずっと前から盲導犬制度に対して、疑問・・・虐待ではないかと思っていました。
飼い主さんはかわいがられていると思いますが奴隷のように見えるからです。
周囲の反応が怖くて口には出せませんでした。
私も盲導犬制度に反対です。
それに替わる制度を作ることは可能だと思います。
人も動物も植物もみんながしあわせに暮らせる国であってほしいです。
やさしい国になるようにみんなで力を合わせていきましょう。
私もできることからさせて頂きます。

71 ■その通りだと思います!

盲導犬でなく、目の不自由な方のために、優秀なロボットなどの開発ができるよう、暖かい世の中になるべきだと強く願います。

70 ■はじめまして

こんにちは
私は昔こそ盲導犬の美談ばかりテレビで見て、なんて素晴らしい絆だろうと思っていました。
盲導犬アトム号の事件で、初めてユーザーから虐待を受ける盲導犬がいること、そして欧米では盲導犬が虐待を受ければすぐユーザーから引き離され保護されるのに、日本では虐待で使い物にならなくなるまで捨て置かれることを知り、日本で盲導犬を使うことはあってはならないと思いました。
日本には動物愛護の精神がまったく浸透していませんし、することもないでしょうから、日本人に盲導犬というのはそぐわないのだと思います。
欧米並みに動物愛護が浸透し法整備もされるならともかく…そんな日は日本には来ないでしょうから。

69 ■無題

私も同じ意見です。以前から虐待に過ぎないと感じていました。ワンちゃんを飼われていれば 尚更そう思うと…。 どうにか廃止に出来ないのでしょうか?
署名を集めるとか…このままでは可哀想過ぎます。
うちのワンちゃんがもし…と考えただけで悲しいです。
夫人みたいな議員さんが居てくれたらいいのに…(涙)

68 ■ペットもどうだか

盲導犬制度も反対ですが、家の中で飼われていたり、首輪をつけられていたり、鎖で繋がれていたり、おしっこもしたい時に自由にできないようにコントロールされていたりするペット達すべてが可哀想です。
飼い主さんはさぞかし可愛がっているつもりでしょうが、そう思っているのは人間だけだと思います。
人間も犬に飼われたらわかると思います。

67 ■はじめまして 愛犬家です

私も盲導犬反対派です
私は、目の見えなくなった犬を飼っていますが
物言わぬ動物は、仕草で病気じゃないかなとか判断して日々、犬から目が離せません。
目の見えない一人暮らしの方の場合動物の世話ができるのでしょうか?

犬は人の癒しであって、愛すべき動物です。
介助犬等は、まさしく人間の偽善の犠牲だと感じています。

デビ夫人の発言が、一日でも早く動物に対する法改正につながることを願っています。

66 ■同意

デヴィ夫人

全くその通りです。私も盲導犬制度は虐待のようにしか思えません。

現在私はNY在住なのですが、DeBlasio新市長はHorse Carriageが動物虐待に値する為、選出後早くから禁止するよう働きかけてくれています。私はこの法案が通ることを望んでいます。動物本来の姿からはほど遠くお金儲けの道具にされてしまっています。

それと同様に盲導犬制度も何とかなって欲しいです。私にはただの虐待にしか思えません。

65 ■盲導犬は虐待!

デヴィ婦人の力で、どうか盲導犬を廃止してください!
餌や水だけでなく、身体を洗うこともしないのですから、盲導犬から匂いがでて嫌がる人間も多々居ます。まともな環境下で盲導犬の世話を出来ないのですから廃止にすべきです。犬のために。
目が見えないのも天命です。受け止めましょう。自力で乗り切りましょう。仕方ないのですから。それを犬(動物)に頼るなんて虐待以外の何者でもなりません。

64 ■そうですね…

盲導犬…献身ですよね…
街中で見かけると切なくなります。
盲導犬になるための辛い訓練を耐えられるのは、パピーウォーカーさんの愛情いっぱいで育った記憶があるからだと何かで読みました。
以前、小さな女の子が、あっ!ワンワン!
と盲導犬を触ろうとしたら、その子のお母さんが、触ったらダメよ、ワンちゃんお仕事しているからね、って話してました。
そんな風に優しく見守ってあげられる社会でありたいですね。
あの事件は許せません。
犯人が捕まることを祈っています。

63 ■無題

私も盲導犬制度には反対です。
というより無理がありすぎだと思います。
大型犬を適正に飼うのはただでさえ大変です。
それに真夏に犬が外を歩けるのは早朝と夕方6時以降くらいでしょう。
人間のことは人間がなんとかしなければならないと思います。

62 ■無題

まったくの同感です!
私も盲導犬について熱くブログで語ってますが、本当に言いたいことすべてデヴィ夫人が言ってくれました。

盲導犬の試験に落ちた、なんて聞くと
よかったね!なんて思ってしまいます。

61 ■理解しようとしたけれど

このような記事を書いてくださり感謝いたします。

盲導犬を理解しようと、講演会や関連の著作物にも触れましたが、私はやはり納得することができませんでした。
天真爛漫な犬の本来の姿を知っている分、人形のようになってしまった盲導犬は、見るに耐えませんでした。
痛みも苦しみも、悲しみも我慢して暮らすことを強要されているなんて、奴隷でしかありません。

毛先を染められ、邪魔なブランド物を着せられ、バッグに入れられあちこちつれ回される、「おもちゃ」化された犬、記録的な猛暑でも日向に繋がれたままの犬等、一般の犬の在り方にも問題は山積みですが、これらについては今すぐに解決できなくとも、盲導犬は「制度」なのですから、今すぐにどうにでもできるものです。

日本のマスコミには何ら期待できませんが、これまで、あまり大きく取り上げられることのなかった、盲導犬虐待について、外部からのことだけでなく、飼い主からについても、今後きちんと取り上げてほしいと切に願います。

60 ■無題

巷では反対意見が大方を占めているようですが私は婦人の意見に賛同します。

前に広島であった盲導犬虐待を知り怒り心頭でした。犬生を人の為だけに左右するなど立派な虐待です。

59 ■働く犬たちに反対です

はじめまして。
盲導犬の実情については、以前から薄々わかっていたものの、見ないように逃げていました。

犬は唯一、人に神をみる存在で
人と寄り添って生きる道を選んだ仲間なのに
愛情はないのでせうか

命とは何なのか
人間だけに与えられた特権なのでせうか
家畜に対する扱いに対しても憤りを感じています・・・
人間ってこんなに野蛮だったのでせうか
弱いもの無抵抗なものに刃を剝けるような時代になってしまったのでせうか
バーベキュウで目にする夥しい子豚の丸焼き
東日本大震災で、殺された家畜たち
家畜?家畜は命ではないのでせうか
欧米の加工肉業者(日本の)の労働者が、ヒヨコの嘴に煙草の火を押し付けてる画像を見て悲しくなりました。

無力な自分が恥ずかしいです
自警団でも良いから、何か動物達を救う方法を考えているのですが・・・

デヴィ夫人の正しい道標に、いつも賛同している一人でした。

58 ■許せない❗

初めてコメントさせていただきます。私も依然から盲導犬という制度に疑問を持っておりました。道徳心を養われず大人になっている人が何も声をあげる事が出来ない動物を虐待しているのにも関わらず未だ追い付かない法制度。
政治家の意識も薄い為犠牲になっている動物がどれだけいることか考えるだけで悔しさが込み上げてきます。
これを機会にこの制度を考え直して欲しいです。
一匹でも多くの盲導犬がパートナーに尽くす分、沢山の幸せや愛を受けられないのはまさに人間のエゴだと思います。

57 ■無題

確かに...
物とか道具みたいに扱われてますよね。
同感です。

56 ■無題

私、子供の頃、野犬に追い回されまして、犬は苦手です。
ですが、人間が他の生き物を好き勝手に扱う事には常々胸を痛めております。例えば単に美食のための屠殺。檻に入れての飼育。私なら、地球のどこかに連れ去られて閉じ込められるよりは、餌にありつけず明日死ぬほうがまだマシ。
盲目の人の苦労は計り知れませんが、犬以外に本当にサポート手段はないのか?
おとうさんの携帯会社がロボットを販売し始めましたが、盲導ロボットなど、福祉分野での活用が急務と思われます。
デヴィ様の財力と人脈で、働きかけが可能であればお願いしたいところです。

55 ■同感です!

盲導犬制度…ブログ呼んで見えなかった部分や現実に起こってること…よくわかりました 盲導犬になった子達は、本当に幸せなのかな?って思ってしまいました どうなかできないんでしょうか

54 ■賛同します。

家族みんなで、読ませていただきました。
私たちも、賛同します。
盲導犬は、物扱いとゆう社会が許せないです。
器物破損?腹立たしいったらないです。
盲目の方は、本当に、歩くのも怖いし、大変な苦労をされているのも分かります。
でも、盲導犬は、愛されるために育てられることもない。人間のために、使われているとしか思えません。
生まれながらに、それだけのために、生かされている。可哀想でなりません。
わたしも、盲導犬より、この社会を、盲目の人に歩きやすい環境を作ったり、杖を改良したりして、動物を使うことをしないでほしい。
廃止してほしいと思います。
もっと、動物愛護団体が、この件で大きく動いてくださることを期待しています。


あと、犯人。絶対に許せない。
便乗している人間。絶対に許せない。

53 ■無題

こんにちは!
このような記事をアップしてくださったことにとても感謝しております。
私も盲導犬には反対派の一人です。
ラブラドールと暮らしていますが
一緒にいればいるほど盲導犬が不憫でなりません。

テレビ等でよく盲導犬の特集番組とか見ますが
お涙ちょうだいで作られたものばかり。
きっと人間なら耐えられないであろう訓練。
そんな映像は一切流れませんよね。

デヴィ夫人のように著名な方々にもっと取り上げていただけると一歩でも進めるのではないかと思います。

この記事も一人でも多くの人の目に留まりますように。



52 ■盲導犬

確かに虐待に近いかもしれません。私も犬を飼っていますが、元気のない時やご飯を食べない日もあり、目の不自由な方にはそういう変化は気づくことが難しいですよね。お腹が空いていたり、トイレに行きたい時はうちの子は吠えたり、手で教えたりしますが、そういったことも全て我慢するように躾られているのは可哀想です。寿命が他の犬より短いのも気になるところです。

51 ■盲導犬制度

麻薬犬も含め、私も動物虐待としか思えません。同じ地球上に生まれて、人間に一生を捧げ犬として産れて来た喜びも自由もなく一生を終えるです。
デビィ夫人に全く同感です!

50 ■賛同します

盲導犬は、悶絶するような痛みにも声をあげず、炎天下の中も飼い主が出かけるとなれば火傷するようなアスファルトを歩き、神経を使って10年は生きる現代において、わずか7年ほどで生涯を終えると聞きました。以来、盲導犬の在り方に疑問をもっています。

募金活動では、目の見えない人に自由をと高らかに主張していて、正直、聞いていてヘドがでます。盲目のために、本来活発でやんちゃな性格をもつラブラドールをしばりつける。エゴ以外のなにものでもない。

パートナーで犬も幸せなのよーなんていうおめでたい人は、ただの観測的願望をさぞ代弁かのように話しています。

ラブ好きとしては、こんな虐待を直ちに廃止してほしいです。

盲目の方には同情はしますが、炎天下に犬をつれ回して募金活動する行動力で、権利を高らかに主張するその行動力で、本当の意味でのツールを見つけてほしいものです。

49 ■無題

初めてコメントさせて頂きます。
今回の事件を知った時は、私も本当に悲しかったです。
人と動物たちの間には、本当に様々な問題がありますね…。

一人一人が、他人にも、動物にも、命への労りの心を持てるような優しい社会になってほしいな、と願っています。

48 ■無題

私もデヴィ夫人さんと全く同じ意見です!
前から私も思ってました。

もし盲導犬として育てられてなかったら、もっと犬にとって生きてることが楽しいって思えるようなことがたくさんあったのではないか…
盲導犬は何があっても吠えないように育てられてるが、それだったら、もし人間が何か痛い目に合わされても喋ってはいけないと同じようなことではないかとか思います。
盲導犬も人間と同じように命や気持ちがあるっていうことをもっと社会は深く考えるべきだと思います。

前に盲導犬を連れておられる視覚障がい者の方が、盲導犬に暴言みたいな言葉で怒ってばっかりおられましたが、それを聞いて本当に残念でした。動物のことが大好きで、愛情を持ってこれから一緒に生活できるという視覚障がい者の方だけが盲導犬を選んでほしいです。

47 ■同じ事を思いました

この事件を知り夫人と同じことをふと思いました。盲導犬訓練の在り方、なんと人間に都合よく仕立てあげられているのかと。
しかし実際盲導犬のおかげで生活が成り立っている方が多いのも事実。犬の力をかりる事なくやっていけるよう、ガイドヘルパー等の充実を願います。

46 ■愛犬家

とても深い問題でありますが、答えは簡単なことだと思います。デヴィ夫人も大事にされている可愛い犬達に注がれている愛情、そこから生まれる信頼関係、犬はこたえてくれます。その信頼関係と愛情はご本人と犬達が一番わかっていると思います。その信頼関係や愛情は犬を愛していて生き物だときちんとわかっているパートナー同士なら二人とも家族でありそれが幸せだと思うのです。どんな世の中になっても、ロボットだけでは片付けられない温もりや、愛情、ありがとうとごめんね?って思える感情が人を優しくしてくれて、成長出来るものだと思っています。
必要として必要とされる事は必ずや何かを生み出しています。どうか、少しでも幸せな形もあることを知って頂きたいと思いコメントしました。

45 ■私も思っていました。

是非ペットショップのワンちゃんの悲惨さも記事に上げて欲しいです。

ペットショップの狭いゲージに閉じ込められているワンちゃんを見ると奴隷にされて檻に入れられてるようにしか見えません。

是非ペットショップの廃止も一緒にお願いします。

44 ■是非警察犬と麻薬犬も。

警察犬と麻薬犬も酷い制度です。

特に麻薬犬は強い嗅覚を活かして麻薬という危険物質に最接近させる虐待の極みとも言える行為を強制的にやらしています。

全ての犬を解放させてあげましょう!

43 ■盲導犬制度に私も反対です!

今回の虐待事件があったからではなく、以前から疑問に思っていました。
目の不自由な方のサポートは、もちろん必要。でもそれを一手に引き受けるのは、犬じゃなくていいと思います。おかしいです。
デヴィ夫人、いつも大切なことをブログ発信してくださりありがとうございます!応援しています!

42 ■ 同感です

私もずっと以前から、盲導犬制度に疑問を抱いていました。目の不自由な方が全て盲導犬をパートナーにされている訳では無いと思います。むしろ、無くてもご自分の力で頑張って、生活しておられる方のほうが殆どだと思います、なので、人間と同じ魂を持つ犬を器物として躾ける
なんて、私的には解せません。人間の思い上がりではないでしょうか、時々盲導犬と出会う事が有りますが、健気な姿に涙が出ます。人間の奴隷みたいに感じてしまいます。本当に哀れです。
色んな考えをお持ちの方この世にはいらっしゃいますが、あくまでも私個人の思いです。

41 ■デビ夫人に賛成します

盲導犬は、絶対に反対します。
よくぞ、言って下さいました!
デビ夫人のような影響力のある方の発言を待っていました。

何故、天使のような犬達があの様な目に合わなけれはいけないのでしょう。

可愛がるだけの存在で、良いと思います。

40 ■無題

私も盲導犬に強く反対します!
以前からずっと思っていました。
何かできることはないでしょうか。

39 ■初めまして

初めてコメントさせて頂きます。
私も、レトリーバーのオーナーとして、盲導犬は反対です。
昨今では、ペッパーなどのコミュニケーション能力に長けたロボット技術の進歩がめざましく思えます。早く、盲導犬に変わるようなロボットの開発がなされることを期待します。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み