在日韓国人の恥、 金の亡者 美元さん。

テーマ:

TBSの情報番組 「サンデージャポン」 は 何故


高嶋 政伸さんと 離婚裁判中の妻 「美元さん」を出演させるのか!


というブログを 以前 書きました。


( 「離婚裁判中の 片方の女性を 出演させるのは 公平でない!

 

まるで 彼女に 味方しているようなもの」 ということで )




6/1に 2人が家裁に出廷したことで また騒がれています。


離婚裁判では 異例の 傍聴席をめぐる 整理券が配られたとか。


17席の傍聴席に 400人以上の希望者が殺到!?


この一件で 至るところで 美元さんは メディアに取り上げられ


(出演し)私は それを見て 大変 不愉快でなりません!



25年の 芸能生活をなげうってでも、離婚したい」という 


尋常じゃない 覚悟の上で 離婚を望んでいる高嶋さんに対し、 


「別れる理由が無い」と シャアシャアとした顔でのぞみ


更々 別れる気などなく 修復を望んでいる 


(修復など 絶対 不可能なのに) 異常な 美元さん。


法廷で 「会えて 嬉しかった」ですって?!


気味が悪い 美元さん。



それはそうでしょう。 我慢しているのは 高嶋さんだけ、


美元さんは やりたい放題 やってきたのですから。


彼女が 離婚したくないのは “ お金のため ” ということは


あまりに明白! 


つまり 結婚していれば 別居中の今も 


月40万円の収入を 高嶋さんから 受けられるからです。


裁判が長引けば 長引くだけ 40万円を キチンと高嶋さんから


取り上げ続けることが 出来るからです。


きっと 彼女の企みは 「そんなに別れたいなら、 私の要求するお金を 


払いなさい。 そしたら 離婚してあげてもいい・・・」


というのが 見え見えの 図々しい女。



まるで 真逆の方向を向いている2人。 周囲から見て どう考えても


修復不可能は明白なのに 往生際の悪い 美元さんの言動に


見苦しさや 呆れを通り越して 恐怖を憶えます。


これは お金目当て以外の 何ものでもありません!!


離婚したくない人の ほとんどは 報復のためです。


裁判で 高嶋さんは、 美元さんとは 目を合わせず


美元さんのことを 「被告」と呼ぶのに対し、 美元さんは 


薬指に 結婚指輪を光らせ、 高嶋さんを 「夫」と呼び 


穴が開くほど ジーーッと見つめていました。


まるで ホラー映画のようです。 



高嶋さんの口から 淡々と語られる 美元さんの実態は


それはもう 恐ろしいものです。



月30万円の生活費では 足りないと言うので 300万円の現金を渡し 


400万円の車を 買い与え、 更に 月々の生活費を 50万円にUP。 


それでも まだ足りず 「私は 一月の生活費 100万円、 


小遣い 9万円、 合計109万円 必要な女なの」 と言う 


考えられない程の 浪費癖を持っています。


彼女は 億万長者と 結婚したわけではないのです。




また 高嶋さんが 仕事で地方に滞在する 先々に現れ、


勝手に ホテルの部屋に侵入し 彼が眠っているベッドに座り


高嶋さんの手を握るなどの ストーカー行為を 犯しています。


夜中に 突然ホテルに押しかけ 「私は妻だから部屋に入れろ」 と


ロビーで 押し問答になったこともあったとか。


仕事先で 散々つきまとわれ、 一緒に東京に帰る 新幹線の中では


抱きつかれ、 しつこく 「キスしてくれ」と迫られ、 断りきれず キスをすると


その様子を 写真に撮られたそうです。


普段も ベッドでは 「私は 強く抱きしめられないと 寝られない」 と要求され、


断れば 「それが私の夢だったのに」 と 責め続けられたのだそうです。


別居後 プールで泳いでいたら 彼女が現れ びっくりしたとも 証言。


その理由を 彼女は、 プールの管理人に 彼が お腹が空いているのでは?


と言われたので お弁当を持って行ったとのこと。 


そんなことを言う 管理人はいない(笑)


彼女は 何とも 云いわけが 上手です。



ここまで 聞いただけでも 精神が参ってしまいます。


これだけではなく まだまだ 他にも・・・。




家庭での 生ゴミがたまると、 置きっぱなしにするため


それを 高嶋さんが 注意すると、 「何で 私が ゴミごときに 


時間をとられなきゃ ならないの」と 激怒する始末。


美元さんは 怒ると手が付けられないため


高嶋さんは 美元さんの 怒りのスイッチが入らないよう、


毎日ビクビクして 生活していたそうです。


結婚生活の中で 気分が良かった日は 


ほんの 10日位しかなかったそうです。



何と 高嶋さんは 結婚式の前日に 思うところがあり


既に結婚するのを やめようと思ったが、


なりゆきで結婚してしまった と証言しました。 


結婚発表してしまったし、 披露宴の招待客も呼んでしまっているし・・・。


その時 勇気をもって決断、 結婚をキャンセルすれば 良かったですね。


“虫の知らせ”が 恐ろしい現実に・・・。


美元さんは 自分が先に 手をあげたのに、 夫のDVを証明するため 


秘密裏に 録音テープを 数個取っておき、 それらを裁判所に提出し、


その 裁判所のみに 提出した筈の “テープ” が、


ネット上に配信され 世間を騒がせ、 高嶋さんが一人 悪者になっていき


彼の役者としての イメージダウンは 計り知れませんでした。


テープをとった理由について 美元さんは、 精神科の先生に相談したら


テープに録るように 言われたのだとか。


そんな精神科医がいるのなら その人の名前を出すべき。


とにかく 云い訳が お上手ですね。


ついでに その精神科医は 「裁判所に提供せよ」 と


云ったのでしょうか?!



また 美元さんは 離婚裁判中に 沢山の人を呼んで


某レストランで 自分の Birthday Partyを 開催する


神経の図太さ。




暴力を振るわれる 理由を作ったのは 美元さん本人。 


それどころか 美元さんの方が 俳優である夫


高嶋さんの顔を殴り 左目が失明するかと思うほどの


激痛が伴う 負傷を負わせているのです。


俳優にとって 顔は大事な 商売道具なのに。 


大の男である高嶋さんが 「このままでは殺される」 と 


恐怖を感じたそうです。



この2人の結婚生活は ストレスそのもの。 むしろ恐怖。


本来 妻というものは


夫が仕事に集中できるように サポートするもの。



家庭が 仕事の疲れを癒す ホッとできる場所であるはずなのに


これでは 家に帰りたくなくなるのは 当たり前です。


「25年間の 芸能生活をなげうってでも、離婚したい」 という 


発言をするまで 高嶋さんの精神状態は かなり疲弊しています。



ここまで その 存在そのものを 否定されているのに


「離婚する理由がない」 という口実で 


最後の一滴のお金まで 搾り取ろうとする 美元さんは


在日 韓国人の 恥」です。


今に お金持ちの 別の男性が見つかれば 


サッと 離婚を承諾するかも!


世の男性諸君! こういう女性には 気を付けて!


クワバラ クワバラ・・・。




皆さん どう思いますか?


御意見 お聞かせ下さい。

AD

コメント(102)