愛しの Leo が天国に召されました。。

テーマ:
皆さま ごきげんよう



秋のような冷たい風が吹いた日、 長老  Leoが 天国に召されました。


 

23日 日曜日の朝、 Leo に何かがあった時、 私は 仕事で

四国の松山に おりました。

夜、 帰宅した時は まだ命があり、 両足で立ちあがろうとし、 

その姿を見て もしかしたら 大丈夫かと思いました。

翌朝、 Leo を抱いて かかりつけのお医者様の所へ行きました。

その日の午後は、 大阪で “ 特盛 よしもと ” の収録があり、 

最終便の飛行機に間に合わず、 新幹線での 帰宅でした。

最後に間に合いますようにと、 祈るような気持ちでいっぱいでした。

やっと、 帰宅し、 Leo を 抱き上げて、  そっと お水をふくませて

あげました。 

Leoは、 大きく あくびをしました。

Leo は 私を待っていてくれたかのように、 それから 5分後に、

私の腕の中で 静かに 息を引き取りました。。。


翌日、 しとしとと、 涙雨の降る中、 オフィス・スタッフ全員と
深大寺動物霊園で お別れをしました。
   
  

 

 
 
17歳ともなり、 視力も無く、 歩行も よろよろしていましたが、

食欲は 若い者と同じに 元気よく 食べていました。

突然のことで、 今だに 信じがたく、 Leo だけはお皿の所まで

だっこしていって いたので ...  今は亡き その姿を 追ってしまいます。

生きもの 全てに 死が訪れます。

生きものを飼って、 沢山の癒しをもらい、 愛し、  愛され、 

そして来る 悲しい別れ。 

Leo は ニューヨークから来て、 私と一緒に パリ、 ローマ、 

シチリア島や ギリシアの島々に行きました。

その頃は、 妻の Sabrina と一緒に、 娘の Lulu も一緒でした。

沢山の 思い出があります。


仲間の ワンちゃん達も、 Leo が居なくなったことがわかるのでしょう。

静かに、 悲しげにしています。

沢山のお花に囲まれ旅だった Leo、 天国では 沢山 美味しい

お食事をして、 元気いっぱい 走り回ってね 


Leoちゃん、 Sabrinaちゃん、  Lulu ちゃん、 Fabiolaちゃん
天国で 幸せにね ♡

 
  



AD