ペルー チャリティー マーケット

テーマ:
皆さま ごきげんよう

先日、 ペルー共和国大使公邸で 行われました

「ペルー チャリティー マーケット」へ 行ってまいりました。


 
エラルド・エスカラ 駐日ペルー大使閣下と。

 

このチャリティー・マーケットは、 ペルーの リマ郊外にある
 
「エンマヌエル協会」のためで、  この協会は 老人ホームと

孤児院、 病院の 3つの施設を 運営しています。

1981年に 日系2世の 加藤マヌエル神父が

貧困に苦しむ 人達を助ける為に 設立した

カトリック系の NPO団体です。

協会の施設のある地区は もともと砂漠地帯で

低所得者が多いところだそうです。

テロの被害によって 親を亡くした子供達の生活や

職業支援、 地域の医療活動、 老人ホームの

運営等を 支援する為の チャリティー・マーケットが

開かれたのです。 



会場には ペルーから 直輸入された アルパカの

ニット製品や マフラー、 手袋、 伝統的な刺繍製品など

沢山 出品されていました。

  
  
  
 
 他に ペルー料理などのブースが あったり、

アンデス音楽の演奏が あったり

まるで ペルーに いるような 気分になる演出が

なされていました。

今、 日本で 大評判の ビタミンCが レモンの 60倍、

アセロラの 2倍という 「カムカム」 のドリンクの

ブースもありました。

こんな愛くるしい アルパカも いました。

フワフワで いつまでも 撫でていたかったです。

私は ベビー・アルパカ 100 %の スウェーターを

2着 買わせていただきました。

 

ペルーの 民族衣装を着た 子供と一緒に

インドネシアから来た 新しいスタッフ テレシアさんと。

 

アルパカと 共に エラルド・エスカラ 駐日ペルー大使閣下と。

 

当日は 沢山の人が 集まり、 民芸品のコーナー、

アルパカのところは 特に 賑やかでした。

入場料は 500円、 これは 寄付金として

協会へ 渡されることに なっているそうです。

AD