皆さま ごきげんよう

ブータン3日目、 撮影も いよいよ終盤です。

 「笑神様は 突然に・・・」で 群馬県渋川に参りましたのを

憶えていらっしゃいますか?

今日は その時の 撮影風景を あらためて 詳しくご紹介します。

まずは 〝その1〟から ご紹介します。



今回のロケは 群馬県でした。

JR渋川駅から スタートです。


 

メンバーは ご存知、〝チーム デヴィ夫人&朝丘雪路〟の、 

朝丘雪路さんと 私。

 

そして、 「たんぽぽ」の 川村エミコさんも 登場です。

 

それでは 少しずつ ご紹介しましょう  

初めは 「渋川 スカイランド・パーク」 です。

 

最初に “メリー・ゴーランド”に 乗りました。

遊園地と言ったら 何はともかく キラキラ の “メリー・ゴーランド”ですね。

白馬にまたがると、 一瞬にして 別世界に連れて行ってくれる 乗り物です。

夜の “メリー・ゴーランド”は 格別ですが、 この日は 昼間のロケでしたので

ワクワク感は 少し 減ったかもしれません  

 

馬車に 乗った 〝お姫様〟 二人です  

 
 
 

“アドベンチャーズ・ツアーズ”という 乗り物です。

こちらは 3Dのメガネをかけて 深い海の中へ入ります。

すごいスピードで 走る乗り物から 見る深海の様子は 驚きです

スリル 満点、 「キャーッ 、キャーッ 」と 騒ぎながら

〝恐怖〟を楽しむ ツアーです。

これは 大変 面白かったです。  最高でした

 

続いては “列車るんるん”に 乗りました。

遊園地を 一周とまでは行きませんが、 それでも かなりの距離を 走ってました。

 
  
次は  “ロッキング・タグ” という 乗り物です。

ご覧のとおり 荒海を進む ゴムボートです。

右、 左、 上、 下・・・と 揺れる・・・揺れる・・・くるりと・・・

朝丘さんと 二人 きゃあきゃあと 思わず声出して 笑っていました。

 

観覧車 “はなまる”   にも 乗りました。 

  

高所恐怖症の私は 恐る恐るでした・・・

 

群馬の山々が きれいに 見えました。

関東が まる見え、 でも 上には風が ビュービュー音をたて

観覧車も揺れて 恐かったです。

 

観覧車の前には  噴水もありましたが 季節柄 寒そうでした

でも、 “ちびっこ・ウォーターランド”と言って 夏には 小さな子供たちで

賑わうのです。   色とりどりの ボールが浮かんでいました。

 
  
 続いては、 “スカイ・スライダー” です。

 

挑戦したのは お転婆な私です。

 

この遊園地には “氷の館 アラスカ・ランド”という 施設もありました。

今年6月に 北海道網走に行きました時、 “オホーツク流氷館”へ

寄りましたが、その時には マイナス15度、 タオルが凍ったりして

驚きましたが、 こちらは マイナス30度と その時以上・・・

超 寒かったですよ。  夏場には 最高の涼ですね。

 
 
白熊 と一緒に パシャリ 

 
 
お化け屋敷 “妖怪伝説” です。 夏の風物詩でもある お化け屋敷が

この季節にも 楽しめるのは おもしろいですね。

 

二人乗りと 一人乗りのある “ゴーカート” です。

ご覧のとおり、  私は 一人、 朝丘さんと川村さんには 負けていられません。

 

〝 ゴール  〟  思い切り アクセル踏んで 私が先に ゴールしました。

 
 
“アストロ・ファイター”という 乗り物です。

 

乗り物が上がったり、 下がったり・・・

結構 スピードが出ていて 楽しかったのです。 

髪が 風になびいて 爽快な気分でした。
 
 

可愛らしい ジェットコースターもありました。 

名前は “ネーブル・コースター”  

小さくても かなりの傾斜があったりして、 これは これで 怖そうです

 
 
“ 巨大迷路 ” です。    なかなか 出られず、 3人で 大笑いしながら

めでたく 出ることが 出来ました。
 
もちろん、 私のリードの おかげです。(笑)

 

カメラの前で 〝ハイ、ポーズ〟 

大きな 銀杏の木が 何本も 黄色い落ち葉の 絨毯を作っていました。

 

中には こんな 可愛らしい汽車も 走っているのです。

残念ながら この日は 一人もいませんでしたが、
 
楽しく 大喜びで にこにこしながら 乗っている子供の姿が 想像できます。


 

ここで、  「渋川 スカイランド・パーク」から お別れです。

こちらから 車で移動、 伊香保の温泉街に向かいました。

では、 次の ブログで お届けします。

どうぞ、  お楽しみに 
AD